浦和 2-1 大分


【得点者】   浦和:江坂(6分)、槙野(90+3分)   大分:ペレイラ(90分)


リアルタイムでは見ていません。でも、良い試合だったのでね。記録としてです。

WEリーグもまともに見れていない管理人がJクラブを語るなど片腹痛いのですが、そこはどーぞお見逃しを・・・(苦笑)

では、早速・・・。

お堅い立ち上がりが常のタイトル戦にしては両チームとも上手く試合に入ったと思います。

お互いの志向するサッカーを全く知らないですが、失点を恐れリスク回避を優先する腰の引けたサッカーではなく、自分たちの良さを出そうとしていることが伝わってくるプレイが多かったです。

その意味で最も目立ったのが浦和関根のドリブルでしたね。大分がその対応に手こずってる間の先制点でした。関根を止めるために人数をかけ、江坂をフリーにしてしまいましたが大分の守備を責めるより浦和を褒めるべき時間帯だったと思います。

その後、大分もボールを保持し相手を押し込める時間帯を作りますが、大分の攻勢というより浦和の『やらせていた』感が強いです。実際に前半はシュート1本でしたしね。

解説の福西さんと中村憲剛さんが指摘していた通り、後半の大分はWボランチに変更して圧力を高めます。代表戦もそうですが、最近の解説者はより戦術的だったり、ピッチレベル(選手個人)に近いことを喋ってくれるので非常に良いです。*松木さんも嫌いではないですけどね(笑)

リードする浦和はそれを受ける形になりましたが、慌てる様子はなく淡々と守備のタスクをこなしていっていました。前半よりは攻め込まれましたが、浦和の守備レベルは高く、それほど危ない場面を作られたわけではありません。

ただ、カウンターが今一つだったかと・・・。

『2点目を獲って試合をほぼ決める!』という意識よりは明らかに『凌いで時計の針が進むのを待つ!』意識の方が強かったです。江坂がGKを交わしかけたシーンは惜しかったですが、それ以外は見せ場がなく、サブにFW登録がいないのもあって采配も守備的なものにしかならなかったですね。

浦和が質の高いカウンターを仕掛けられないので大分の攻勢は止まず、逆により攻撃に集中していけた点がプラスに働きましたね。下田の逆足クロスも決め切ったペレイラも素晴らしかったですが、それを導いたのは守備重視で行くにしても、浦和のマズい攻め方だった気がします。

延長に入っていたら攻め駒を下げてしまっていた浦和より、勢いを増す大分だったかな・・・とも思いますが、決め切った槙野が“持っていた”としか思えないですね。

ただ、大分の同点弾も浦和の決勝点も、きっかけはどちらも何でもないファールからです。直接ゴールを狙えるような、所謂危険なエリアではないですが、無駄だったとも思える、気を付けていればしなくても良かったファールなんですよね。

それはしっかり認識しておくべきだと思いますよ。

いずれにせよ、良い試合でした。NPBの日本シリーズもこの試合も、どちらも特別応援してるチーム同士ではなかったですが、コロナ禍の中レベルの高い、面白い試合をしてくれた選手たちに感謝したいです。

来年は観客数だけでなく大音量の声援も聞きながら観戦できれば良いな~♪