s13お疲れさまでした!
結果は…

最高レート 2144

最終レート 2054

リアルのほうが忙しくて数100戦程度しか潜れませんでした…
2100行けたのが不思議なくらいです
相変わらず終盤はレートが伸びずに、溶かしたまま終わってしまいました。



【構築紹介】

高速高火力アタッカーの中でも比較的通りが良くて、選出誘導力のあるバシャーモを軸に構築を組み始めました。
最初はナットレイやロトムがいましたが、気がついたら受けルのメンツになってました…笑

周りの高耐久ポケモンで毒を撒いたり相手の耐久ポケモンを削り、バシャーモの一貫を作って全抜きを狙うのがこのパーティのコンセプトです。
嵌めるというよりは崩すことを意識した受けルチックな構築となりました。

image






image
image

バシャーモ
【持ち物】バシャーモナイト

【特性】かそく→かそく

【性格】いじっぱり

【実数値】メガ前 171(124)-189(252)-91(4)-×-92(12)-115(116)

メガ後 171-233-101-×-102-135

【技構成】フレアドライブ とびひざげり まもる ストーンエッジ

A~ぶっぱ

BD~ダウンロード対策

S~メガ後S+1でメガゲンガー抜き


パーティの基軸でありエース。
特性の"かそく"と高火力による抜き性能が魅力的。ルックスもよい
等倍であれば、ほとんどのポケモンを確1~確2で倒すことができるほどの高火力です。
ストーンエッジは後出しでよく来るボーマンダやギャラドスやファイアローに刺すために採用。どれもほぼ確2で倒せます。
周りの受けポケモンでこのポケモンを通しやすくすることで、簡単に全抜きができます。
しかし実際は選出率はあまり高くなく、受けメンバーで比較的処理のしやすい耐久型を誘いだすための"見せポケ"としての活躍のほうが多かったと思います。
選出の段階でバシャーモを受けられそうなポケモンが出てくることが読めるので、比較的有利に試合を進めるられることが多かったです。



image

グライオン
【持ち物】どくどくだま

【特性】ポイズンヒール

【性格】わんぱく

【実数値】179(228)-116(4)-187(196)-✕-105(76)-116(4)

【技構成】まもる じしん がんせきふうじ ハサミギロチン

H~ポイヒ回復効率最大

B~特化メガバシャーモのフレアドライブ耐え A+2ガブリアスのげきりん耐え
メガハッサムのA124振り+6バレットパンチ耐え

D~メガサーナイトのスキンハイパーボイス耐え メガゲンガーのたたりめ耐え
ヒードランのマグマストーム確2耐え


受けループの主人公
今回はBに大きく振り物理受けとして採用しました。
いつもはヤドランでみていた、バシャーモやファイアローやルカリオをみることができます。
また、こちらのバシャーモをみて出てきやすいカバルドンやスイクンを倒すためにハサミギロチンを採用しました。
一方で、ヘラクロスやギルガルドに弱くなってしまいバシャーモがいるとはいえ、崩されることが多かったです。
選出率は高めで、ラキグライのサイクルの強さを改めて実感しました。


image

バンギラス
【持ち物】ラムのみ

【特性】すなおこし

【性格】しんちょう

【実数値】207(252)-160(44)-131(4)-×-160(204)-82(4)

【技構成】かみくだく おいうち ほえる ねむる

H~ぶっぱ

A~成功おいうちでメガゲンガー確定

D~すなあらし込みでメガゲンガーのきあいだま耐え


いつものゲンガー対策枠
鬼火(催眠術)持ちゲンガーが増えたと感じたのと、イバンのみが読まれてきあいだまを打たれなくなったので、今回はラムのみを持たせて採用してみました。
ねむるはエルフーンに複数回投げたり、クレセリアやサンダーに負けないために採用。
しかしやはり、ゲンガーに対して確定で勝てるわけではないのが弱いところですね…
そして、今の環境でHPマックスのバンギラスに対面からグロウパンチを撃ってくるガルーラももういませんね…


image

エアームド
【持ち物】ぼうじんゴーグル

【特性】がんじょう

【性格】わんぱく

【実数値】172(252)-100-190(100)-×-110(156)-90

【技構成】アイアンヘッド はねやすめ どくどく てっぺき

H~ぶっぱ

B~鉢巻ガブリアスのげきりん確2耐え

D~メガサーナイトのスキンハイパーボイス確2耐え


グライオンで受けられないマンムーやクチートやボーマンダを受けるために採用。
ゴツゴツメットがとられているため、今回は草枠がいないということもあってぼうじんゴーグルを持たせてみました。
受けループ対策に採用されるつるぎのまいキノガッサやポイズンヒール型のキノガッサに負けることがなかったので、持ち物はこれで正解でした。
ラッキーで相手するのが難しい、スキルスワップ持ちのクレセリアにも安定して出すことができます。
遂行速度がどうしても遅くなってしまうため、積みあいになり急所を引いて負けることも少なくはなかったですが、こいつほど安定して受け出せる物理受けもなかなかいませんね。



image

ラッキー
【持ち物】しんかのきせき

【特性】しぜんかいふく

【性格】ずぶとい

【実数値】338(100)-×-62(252)-×-145(156)-70

【技構成】タマゴうみ ちきゅうなげ どくどく カウンター

H~ゲッコウガの珠補正けたぐり確2耐え
ミラー意識

B~ぶっぱ

D~あまり


唯一の特殊受けであり、ちょっとした地雷枠。
どくどくを持つことであらゆるボルトロスやウルガモスに勝つことができます。
カウンターは基本的にはガルーラの型判別やサイクルが不利なときに無理やり一体倒すために採用。打ちどころさえ間違えなければ最強の一手になります。
ヌオーで起点回避もできるので、この技構成はこのパーティにぴったりだったと思います。



image

ヌオー
【持ち物】ゴツゴツメット

【特性】てんねん

【性格】のんき

【実数値】201(244)-×-150(252)-85(12)-87-39(個体値10~11)

【技構成】ねっとう じこさいせい たくわえる ねむる

H~奇数最大

B~ぶっぱ

S~メガヤミラミ抜かれ


参考元︰ おもしろきこともなきよをおもしろく-ゾンビヌオー
※無断転載なので申し立てあれば一言頂けると幸いです

バシャーモが誘いやすいマリルリをみることができる物理受けとして入ってきたポケモン。
詰ませ性能が非常に高く2、3回積んでしまえばほとんどの技を確2耐えすることができる。
"てんねん"により積みの起点にならないので、ガルーラのグロウパンチに合わせて出したり 流行りのバトンパに勝てたり、さらには積み技+ねむるにより、対策のしにくい毒菱パに勝てたりとかなり役に立ちました。
被弾回数が多いので急所でやられることも多々ありましたが、かなり信頼できるポケモンだったことは間違いないです。
メガヤミラミに抜かれることで、TODで最終ターンにねむればメガヤミラミ入りにも勝つことができます。
受けル使いが最も嫌う、ボルトロスからのガルーラ展開に1匹で対応できるのはこいつくらいです。


【総括】
今期も相変わらずガルーラを軸にした構築が多くて、受けループは非常に動きにくかったと思います(毎回言ってる)
パーティ全体的に耐久不足で、高火力でゴリ押しされると勝てないのでもうちょっと見直す必要があると思いました。
しかしまぁ、今回は完全にテンプレから外れて並びも自己作だったので、回してて楽しかったです^^



来期からはリアルのほうも少し落ち着くので、がっつりポケモンできそうです^^

ここまでみていただきありがとうございました

質問等ありましたらTwitter @angeltama_pokeまでどうぞ!


(これしかスクショ撮ってませんでした…)
image


image