【構築】
trainercard-Maraiste

グライラキヤドランを主軸とした受けループの形からスタートし、辛い積みポケやサイクルに対する回答で補完してこのような形に落ち着いた。


以後個別解説


imageミミッキュ
@ゴーストz
【特性】ばけのかわ
【性格】いじっぱり
【努力値】228-204-4-0-4-68
【技構成】 シャドークロー/のろい/おにび/トリックルーム

S~最速テッカグヤ抜き

この構築のもうひとつの軸。
主に受けまわすのが難しい役割破壊を持った積みサイクルに選出します。(例:テテフリザXボルトやルカリオ入りフェローチェ入りオニゴーリ入りなど)
ばけのかわを盾にトリルを張ることで裏のバナヤドピクシーなどと合わせて上から制圧するトリルスタンに早変わりします。
ミミッキュを選出した際、本来の受け回しができなくなるためミミッキュ@1で相手の三体を全抜きする必要があるので、トリルを始動する前に相手の三体を絞って全抜きのためにどれだけ削っておく必要があるかなどよく考えることが必要になります。

大まかな動かし方の例としては、
ラキバナミミッキュを選出→ラキバナ2体で回して相手の裏を絞りつつ全抜きに必要な削りをいれる→ラッキーを切ってミミッキュ死に出しからトリル→ミミバナで全抜き

ここまで綺麗な流れを作るのは難しいですが、積みに対して変な読み合いをせずに盤面を返せるため、受けルのミミッキュは個人的にはとても高く評価しています。



グライオングライオン
@どくどくだま
【特性】ポイズンヒール
【性格】ようき
【努力値】228-4-4-0-68-204
【技構成】 まもる/みがわり/じしん/どくどく

s~準速ガブ抜き

今や普通の毒グライ。
ギルガルドやヒードランを見る他、ラキヤドサイクルのお膳立てや逆にラキヤドサイクルからグライの一貫をつくるなどして動かします。
ガルーラの弱体化もあって、七世代ではかなり動かしやすなったと感じました。TODがなくなったのは痛いですがね。


imageヤドラン
@ヤドラナイト
【特性】さいせいりょく→シェルアーマー
【性格】ずぶとい
【努力値】244-0-156-4-100-4
【技構成】 なまける/ねっとう/てっぺき/れいとうビーム

HD~リザyのソラビ耐え

物理受け。
現環境では下手なタイプ受けよりもヤドランのような指数受けのほうが不意の高火力Zなどに崩されにくいことと、環境にいるほぼすべてのメガ物理をわりかし安定して受けられるという点に着目して採用しました。
しかし両刀のマンダやソラビZバシャなどのイレギュラーも環境に多く存在し、安定しなくなりつつあるとも感じました。六世代と流れが似てる。


メガフシギバナフシギバナ
@フシギバナイト
【特性】ようりょくそ→あついしぼう
【性格】ひかえめ
【努力値】252-0-4-164-36-52
【技構成】 こうごうせい/ヘドロばくだん/ギガドレイン/めざめるパワー(炎)

メガ後D>B
s~無振りロトム抜き

この枠に一番欲しかった条件がまずカプ・レヒレに安定して後出しができるということ。そしてある程度火力があって相手のサイクルに多大な負荷をかけられる、トリルからの抜きエースになりえるなど、これらをふまえてフシギバナを採用しました。実際にサイクル破壊やトリルエースとして活躍してくれましたが、ラキバナと並べたときにテテフのショックの一貫を作ってしまったり、ヤドバナ同時選出の際にメガの取り合いになったりと扱いは難しく感じました。




ラッキーラッキー
@しんかのきせき
【特性】しぜんかいふく
【性格】ずぶとい
【努力値】44-0-252-0-172-28
【技構成】 タマゴうみ/ちきゅうなげ/どくどく/でんじは

HB~珠ゲッコのけたぐり2耐え
S~麻痺した準速テテフ抜き

特殊受け。
毒電磁波によって周りの一貫や受けサイクルを形成します。
ラッキーを起点に積みZに崩されることが多いので安定して居座れる場面は少なくなったように感じました。



imageピクシー
@オボンのみ
【特性】てんねん
【性格】ずぶとい
【努力値】252-0-228-0-0-28
【技構成】 つきのひかり/ムーンフォース/かえんほうしゃ/コスモパワー

S~麻痺した最速100族抜き

主にミミッキュを安定してみる枠。
積みで崩してくるパーティには選出できるが、月ピカのppが少ないため相手の回復持ちを絡めたサイクルに対して選出しづらいのが難点であると感じました。



重いポケモン
ゲンガー ガラガラ  受けルミラー


【戦績】
使用ロム TN Maraiste 最高レート2100




サブロムで2100は達成したものの本ロムでこの構築をしたところ1900~2050の間をさまよい続けてレートが伸びなかったため解散しました。
また使うことはあるかもしれないが、公開しても問題ないと判断したためこのように構築記事としました。

この記事を読んでもし興味がでた人がいれば是非つかってみてください。


それではここまで閲覧ありがとうございました。
質問などあればTwitter(@t_ama_poke)まで気軽にどうぞ!