七世代も一区切りついたということでSMリーグを振り返っておきたいと思います。




s1 最高2174 最終2142 (29位)



過去作産が使えないシーズンで受け回しするには色々と足りないシーズンだった。ただメタ対象も絞りやすかったため、うまく環境に合わせて構築を組んでそこそこ上位にくい込むことができた。
同時にミミッキュとカプテテフのやばさ、ついでにマッチングシステムのやばさも知ることとなった。


s2 最高最終 2202(16位)



受けループがめちゃくちゃ勝てたシーズン。SM環境の受けループを代表するグライラキドヒドムドーゲンガー追い討ちの形を作り上げることができた。当時新鮮だったこの構築は崩し方を知らない人がほとんどだったためうまく勝ち進んで2200まで行くことができた。
シーズンが終わると同時に燃え尽きた感もあった。


s3 最高最終 2101



モチベがあまりなく、終盤にちょっと潜っただけのシーズン。
この辺りからテテフが脅威で、鋼なしの構築が考えられなくなってしまった。
他にもグロスが多いからちゃんと受けられるのいないとなんかモヤモヤしたからヌオー入れてた気がする。


s4 最高2094 最終2001



ついに2100を超えることなく終えてしまったシーズン。構築はシーズンの序盤にあったBossRushに使ったものをそのまま使っていたが無限にテテフにボコられた。明らかに考察不足である。
モチベはどんどん消失していった。。



s5 最高2076 最終1964



勝てなくて色々荒れてたシーズン。
新しいものを生み出そうと試行錯誤していたものの全てズレていた。1位のバンビーさんとショコラティさんが新しい形を誕生させていて自分の考察不足を激しく痛感した。


s6 最高最終2101



SM最後のシーズンだったから早めにレートを上げ始めたが、途中からリリースされたドラクエライバルズにモチベを吸い取られて結局ギリギリの結果になってしまった。久しぶりの2100達成で安心して辞めてしまった。悔いはないけど満足はしてません。構築はそんなに強くないけど見た目が好きで結構気に入っている。





2200は達成できたものの、後半はまったく結果が出せてないしプレイヤーとしてはあまりにも弱かった。モチベの低下も結果に顕著に出ていたと思う。
マッチングシステムをまずちゃんとして欲しいですよね(愚痴)

USMではがっつりレートやるか分かりませんが、もしやるからにはまだ達成出来ていない最終1ページめ、あわよくば最終1位を目指してやっていきたいです。