【使用構築】
46fa9b42cc8d39d55bd081b7484c0f1c

今期特に多いと感じたメガボーマンダギルガルドメガクチートorメガガルーラミミッキュに強いグライオンラッキーエアームドから構築をスタートした。そのほか辛い部分をドヒドイデメガゲンガーメガプテラで補完して完成した。特にラッキーの電磁波と毒を生かして立ち回れるような構成を意識して組んだ。

【個別解説】

グライオングライオン
@どくどくだま
【特性】ポイズンヒール
【調整】177(212)-115-145-×-104(68)-158(228)
【技構成】まもる/みがわり/じしん/どくどく

sは最速ランドやビビヨン意識。
このポケモンより遅い奴を一方的に嵌め殺す。
特にラッキーの電磁波と相性がよく、身代わりを残して後続のポケモンと対面させられる可能性が高く一貫が作りやすかった。またマンダやテテフなどの本来速いポケモンがsを落としている構築が多く毒が刺さる場面が非常に多かった。


エアームドエアームド
@ゴツゴツメット
【特性】がんじょう
【調整】172(252)-100-210(244)-×-90-92(12)
【技構成】はねやすめ/ドリルくちばし/てっぺき/ちょうはつ

主にボーマンダやギャラドスやクチートキノガッサに繰り出すために採用。
後出しからしっかり受けるというよりは状態異常とゴツメと合わせて無理やり落とす、といったような使い方をすることが多かった(追加効果をもらうことが多いので遂行速度を上げるのが目的)。
挑発は身代わりマンダと打ち合えるようにするのが一番の目的であったが、(運も絡むが)オニゴーリやビビヨンの嵌めから抜けられたり相手の受けサイクルに強くなるという利点があった。



プテラメガプテラプテラ
@プテラナイト
【特性】プレッシャー→かたいツメ
【調整】メガ後155-205(252)-105-×-116(4)-202(252)
【技構成】おいうち/ストーンエッジ/じしん/ちょうはつ


追い打ちの打てる潰し枠として採用。具体的にはカバリザ、レボルト、ゲンガー、アーゴヨンなどに対面から遂行できる。挑発はリザカバにイージーウィンするために採用した。
対ゲンガーに関しては後出しからでは怪しさがあったため、釣り交換で無理やり対面させて遂行することが多かった。エッジの機嫌で勝敗がわかれることも多かった。
決して安定はしないポケモンであり終盤の上振れ狙いで採用した部分も大きかった。


ゲンガーメガゲンガーゲンガー
@ゲンガナイト
【特性】のろわれボディ→かげふみ
【調整】メガ後165(236)-×-102(12)-191(4)-116(4)-200(252)
【技構成】たたりめ/ヘドロばくだん/おにび/まもる

潰し枠であり構築のもう一つの軸。具体的な対象としてはコケコorレヒレグロス、カミツルギ、レボルト、アーゴヨン、高耐久ポケモン全般。
軸としての使い方は今までと一緒だが、守るがあることでテテフやランドがみえても初手におけるのがより使いやすく強力であると感じた。ラッキーの電磁波や毒と合わせて積み特殊を落としにいくことが多かった。


ラッキーラッキー
@しんかのきせき
【特性】しぜんかいふく
【調整】331(44)-×-62(252)-×-152(212)-70
【技構成】タマゴうみ/ちきゅうなげ/どくどく/でんじは

今期一番の功労者。受けるというよりは状態異常を撒いて周りのサポートをして一貫させることを目指して使うことが多かった。特に電磁波がとても強く、受けまわしのしやすさとゲンガー軸の展開がより強力になった。一方で補助技の命中不安に頭を抱えることも多々あった…


ドヒドイデドヒドイデ
@コオリz
【特性】さいせいりょく
【調整】157(252)-×-224(252)-73-163(4)-55
【技構成】じこさいせい/ねっとう/トーチカ/くろいきり

補完であり、サイクルバーン戦法の核。バトンパ、サイクルパ、毒サイクルのできる構築などに選出する。トーチカは毒ダメを稼ぐためと、こだわりチェックするためと、Z技透かしに役立つなど大いに活躍した。特殊をある程度受けられたり、クチートやギルガルドも電磁波が入ってるとこのポケモンでみれたりするため、4枠選出の解消などにもなった。


【選出】
imageimageimage
一番多かった選出パターンで、主にカバマンダガルドやガルorクチミミガッサなどの特に多かった並びに刺さった。ラッキーで状態異常をばら撒きながら詰める。


imageimageimage orimage

コケコorレヒレグロスやカミツルギアーゴヨンレボルトなどがいるパーティによくする選出。
ゲンガーから展開して詰める。

imageimageimageorimage

コケコランドやサイクルパにする選出。毒ダメを稼ぎながら受けまわして詰める。



ほかにもあるにはあるが大体これらのパターンだった。

つねにアグレッシブで安定的な思考でプレイすることが特に大事。


・重いポケモン
眼鏡テテフ
雷パンチクチート
剣舞ガッサ
ポイヒガッサ
ゴチルゼル
両刀羽マンダ
など

【結果】
使用ROM 
TN ゆきうさぎ
最高レート2150
最終レート2016


【あとがき】
今シーズンは約一年ぶりに2100から潜って戦えました()
結果はまったく満足のいかないものとなってしまいはしたけど、久しぶりに本気で勝ちたいと思えたシーズンでもあったのでよかったのかなと思いました。s8はぜひまた最終1ページを目標に頑張りたいです。



それではここまで見ていただきありがとうございました。
何か質問などあればtwitter(@t_ama_poke)やこの記事のコメント
またはお題箱(https://odaibako.net/u/t_ama_poke)
にて気軽に聞いてください。


IMG_3826

↑久しぶりに2100から勝てて嬉しくなって撮ったやつ

IMG_3829

↑使ってた教祖から貰ったプテラ