2012年03月

2012年03月31日

【お知らせ】明日・来週のcheck番組&WEB:TAMAXAY更新

TAMASORAをご覧の皆さん、こんばんは。
覗きに来てくれてありがとうございます。

明日の玉木さん登場番組のお知らせです。
[明日のcheck番組]
『平清盛ダイジェスト第12回「宿命の再会」』 NHK総合 4:15〜4:20
『平清盛第13回「祇園闘乱事件」』 NHKBSプレミアム 18:00〜18:45
『平清盛第13回「祇園闘乱事件」』 NHK総合 20:00〜20:45
ご覧になられそうでしたら、checkお忘れなく!

来週の玉木さん登場番組のお知らせです!
【TV番組情報】
4/2(月)
『華麗なるドラマの序曲〜大河ドラマとオペラの音楽』
NHK FM 7:20〜9:20
※全国放送

4/7(土)
『平清盛第13回「祇園闘乱事件」』 NHK総合 13:05〜13:51

4/14(土)
「いま裸にしたい男たち 『氷の世界を突き抜けて!』〜俳優 玉木宏〜前編」 BSプレミアム 23:15〜

4/21(土)
「いま裸にしたい男たち 『氷の世界を突き抜けて!』〜俳優 玉木宏〜後編」 BSプレミアム 23:15〜

4/7(土)〜毎週土曜日 大河ドラマ『篤姫』 NHKBSプレミアム 18:00〜
毎週日曜日 『平清盛』 NHK総合 20:00〜(BSプレミアム 18:00〜)
※『平清盛』の再放送は毎週土曜日 13:05〜

※放送日が近づきましたら改めてお届けします。
※放送は予告無く変更になる場合があります。

ご覧になられそうでしたら、checkお忘れなく!


WEB:TAMAXAY更新されました!
[情報元:TAMAXAY]
【OFFICIAL情報】
WEB:TAMAXAY内がリニューアル!
ダウンロードページの画像に新たなフォト登場です!

さらにTAMAXAYメンバーさん、オフステ更新です!
WEB:TAMAXAY内Off stage styleが更新されました!
TODAY'S UP…Naked放送終了

Naked終わっちゃいましたね〜…
放送終わって、しばし茫然としてしまいました。
ラストの『希望の海』はダメだわ…
ちょっと、ウルウルしてしまいました。

玉木さん、2年間ありがとう。
そしてひとまずお疲れ様でした。

また、楽しい冠ラジオ、聴けたら良いなぁ!
どんな形であれ、これからも、楽しませてもらいます!

今日もお付き合いありがとうございました。
お疲れ様でした!

ほな、また。
from MIZUHO

tama_sora at 20:33|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 予告 | OFFICIAL

2012年03月30日

【お知らせ&レポ】明日のcheck番組&3/23『Naked』文字お越しその6

TAMASORAをご覧の皆さん、こんばんは。
覗きに来てくれてありがとうございます。

このあと。
『Naked』最終回 bayfm 22:00〜23:00
お聴きになられる皆さん、お聴き逃し無く!

明日の玉木さん登場番組のお知らせです。
[明日3/31(土)のcheck番組]
『めちゃ2イケテルッ!イツザイだらけの春祭り当て逃げのSP!!(再)』 テレビ西日本 12:00〜14:25
『平清盛第12回「宿命の再会」』 NHK総合 13:05〜13:50
『平清盛ダイジェスト第12回「宿命の再会」』 NHK総合広島 17:49〜17:54
放送をご覧になられそうでしたら、checkしてみて下さいね!


3/23に放送されました『Naked』の模様をお届けしています。
今日もお付き合い頂けたら嬉しいです。

【3/23『Naked』文字お越しそのΑ
bayfm 玉木宏の『Naked』
今夜はまるごと大河一色でお届けしましたがいかがでしたでしょうか?

えー、これでますますドラマ大河ドラマが『平清盛』が楽しめるはず。

日曜夜8時をどうぞお見逃し無く!

えー、あと一点ね、気になった方がいるかと思いますが、えー、僕のね源義朝という役は、幼名は鬼武者。
えー、このスタジオには、影武者がおりました。

えー、今日もね、実はね、イトウくんが目の前に座っていたんですけど、出番が中々無くてね、えー、差障り無い所で声の出演を頂きましたが、いかがだったでしょうか?イトウくん。

(笑)新鮮な感じでしたね。
ねぇ。
はい。
まぁね、ま、大河ドラマもね、イトウくんも楽しみにしてるという事で
はい。
是非今後も引き続きしっかりと
はい。
日曜夜8時にTVの前に
はい。
お尻かじりついて
(笑)
見て頂きたいなと思いますね。
そうですね。

はい、そして先週お知らせしたとおり、この番組、玉木宏の『Naked』、今月あと残り1回で終了という事になりました。
という事は、来週が…ね、もうこれが最後なんですよ、本当に…はい。

という事で、スペシャルな企画を用意してお届けしたいと思います。
お楽しみに。

えー、またね、皆さんからのメッセージも出来る限り紹介したいと思いますので、どんどんメールも引き続き送って下さい。

宛先はいつも通り、
tamaki@bayfm.co,jp。
また番組のケータイサイトからメールを送ることも出来ます。
アクセスするにはbayfmのケータイサイトから番組一覧をクリック、玉木宏の『Naked』を選んで下さい。

更にこの番組は、インターネットでも聴く事も出来ます。
パソコンでwww.bayfm.co.jpにアクセスして下さい。
毎週番組終了後に更新されます。

というわけで、今夜もこの辺で。

玉木宏と

イトウケンタでした。

また来週!バイバイ!


さてここで、インターネットで『Naked』を聴いてるリスナーの方だけにお届けするメール紹介コーナー!

『私書箱・ネットオンリーーー!』

今夜は…ここはね、イトウくんも一緒に参加して頂きたいと思います。

はい。

 先週のお題、私のチョイ自慢ですが、私の場合は、体のパーツ、二つが自慢です。
 一つは、両手の親指が反らない事です。
 ふつうは親指を机とかに押し付けると弧を描くように反りますよね。
 私は反らないんです。
 チョイ自慢二つ目は、足の裏にほくろがある事です。
 こんなのが自慢?って思うかもしれませんが、聞く所によると、どちらも大金を掴む運がある印と言われているそうです。
 それを信じていつか大金を掴もうと、毎日頑張っていますが、まだそれは叶っていません。
 玉ちゃんは、この様な変わった体の特徴とかありますか?


ちょっとね、えー、このメールに対して、反論したいと思います。(笑)

(笑)
親指が反る人、反らない人は、まぁ、半々くらいですよ。
はい、僕はあんまり反らない
えー、僕はねかなり反るんです。
(笑)
だからね、ここでも、フィフティ・フィフティなね、確率パーセンテージで、えー、二つに分かれてますから
はい。

えぇ、だから、これは別にチョイ自慢というか
(笑)
えぇ、4人に聞けば2人は多分反らないと思いますよ。
うん、でしょうね。
(笑)
(笑)

そして2つめ、足の裏にほくろがあると大金を掴む。
うん。
これは僕が知ってる限りでは、手のひらの中にほくろがある
あぁ。
掴める中にあると大金を掴むというね
うん
のは、聞いたことありますね。
僕も聞いたことありますね。
だから、足の裏っていうのは、初めて聞いた感じがするんですけどね。
えぇ。
イトウくんはどうだと思いますか?
僕は
手だよね?
うん。手の方に聞いたことありますね。
手のひらにあるって。

足の指使っても掴めないしね。
ま、ちょっとしか掴めない(笑)
(笑)指の第2関節の裏ぐらいにしか掴めないからね、ちょっと、もしかしたら違うかもしれませんからね。
ま、一概にどうとかね言えませんけど。

そうですね。

えー、まぁねぇ(笑)
(笑)
だから、ごめんなさいね。
二つとも否定しちゃった感じで終わる感じになってしまいますけど、えぇ、まぁね、ま、良いです、自慢しといて下さい(笑)

(笑)あのー、そう思う事が大事
そうね。
えぇ。
えぇ。病は気から来ますから。
(笑)
(笑)チョットよく分からない人になっちゃいましたけどね。
うん。

はい、『私書箱ネット・オンリー』もあと1回ですからね。はい。

以上、『私書箱ネットオンリー』でした。

ネットで聴いてくれてる皆さんもまた次回更新まで。

バイバイ!



以上で3/23に放送されました『Naked』の模様をお届けしました!

もう残す所、今日放送される1回のみですね…
なんか寂しいなぁ…

最後の『Naked』、楽しみましょう!

今日の地元は暖かかったし良い天気で、春が来た!って感じで、気持ちよかったですけど、明日はまたお天気崩れそうで、中々良い日が続きませんねぇ。
寒さもまだ残ってますので、体調崩されませんように…

今日も1日お付き合いありがとうございました。
お疲れ様でした。

ほな、また。
from MIZUHO

tama_sora at 20:53|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 予告 | RADIO

2012年03月29日

【お知らせ&レポ】明日のcheck番組&3/23『Naked』文字お越しその5

TAMASORAをご覧の皆さん、こんばんは。
覗きに来てくれてありがとうございます。

このあと。
『のだめカンタービレin ヨーロッパ二夜』 フジテレビTWO 23:00〜25:00
『D.Actors File #32 玉木宏』NHK BSプレミアム 23:45〜23:50
『BS先取り情報「4月号」』 NHKBS 27:45〜27:50
の放送が予定されています。

明日の玉木さん登場番組のお知らせです。
[明日3/30(金)のcheck番組]
『世にも奇妙な物語20周年SP〜人気作家競演編〜』 テレビ新広島 15:00〜17:00
『Naked』最終回 bayfm 22:00〜23:00
確認出来そうでしたら、checkしてみて下さいね!


3/23に放送されました『Naked』の模様をお届けしています。
良かったらお付き合いくださいませ。

【3/23『Naked』文字お越しそのァ
“足のかけ方、その次に掴む枝の選び方、それを間違えなければ誰よりも早くてっぺんに登れる―”

bayfm 玉木宏の『Naked』

今夜は
“義朝から目が離せない、大河ドラマ『平清盛』スペシャル”
と言う事でお届けしておりますが、今のセリフ、第9話の木登りのシーンのセリフは、義朝らしさが出ていてすごく良かったという感想をたくさん頂きました。

えー、あのシーンはですね、実はあの前後もしっかりあったんです。
ですが、放送の都合上、バッサリとカットされてしまいました(笑)けど…あれ?みたいな所があったんですけど、まぁでもあのぉ、ね、そのセリフはやっぱり一番大事なところだったので、その伝えたい事、大事な所いっぱいありますからね、ま、放送上、尺がありますからね、えー、そこに収める為には何かが削られてしまうというね。

朝の早〜い一番にね、遠くまで行ってロケしたんですけれども、えー、「寒かったなぁ…」とか(笑)っていうのはね、思いましたけど、それは仕方ないんです。
それは、僕の思いしかないですからね。
そんなもの、放送上なにも分かりませんからね。はい。

えぇ、っていう所です。はい。
まぁでもね、義朝のやっぱりね修行に出ていて、心が折れそうになる事は、何度も何度もあったわけですよ。
で、自分の部下である、正清っていう者が、ちょっと心が離れそうになるんです。
義朝に付いていって良いのか、これから先も…って迷いが見えていて、それが、その何故このセリフを言ったかというと、子供の時に正清から木登りを教えてもらったわけですよ。
でも、正清には、木登り、未だに敵わないで、木登りを人生に例えてちゃんとその木登りの様に、“手のかけ方足のかけ方を間違わなければ、誰よりも早くてっぺんに登れる”、だから「今後も一緒にいてくれ」と義朝がね、素直じゃないんだけど、何かその義朝らしさがね、僕もすごく出ていたんじゃないかなと思いますけどね。
ちゃんとね、大事に思って演じましたからね。はい。

はい、続いて、まだメッセージがあります。
この方です。


えー、大河ドラマ『平清盛』で、チーフ演出を担当している柴田です。

えー、今回の『平清盛』では、“たくましき平安”をねキャッチフレーズにしてます。

で、源義朝役の玉木さんがですね、武士のね代表を源氏の源頼朝の父と言うと、一番分かりやすいと思いますけども、源義朝役で出て頂いてます。

この義朝役はですね、ようするに、えー、平清盛=松山ケンイチさんが演じる平清盛と同じ武士。
この当時、武士はそんなに身分が高く無いので、これからのし上がっていく為に、二人はライバルでしのぎを削って、で、ライバルであると同時に実は武士同士仲間でもあるんですね。
同士という関係でもある、そのライバルでもあり、同士でもある二人が、時にはお互いにね友情の姿を見せながら、時にはお互いにねライバル同士、「絶対相手に負けない」蹴落とすぐらいにやる、そのね、両面を両方描いて行きたいなと思ってます。

で、その辺を是非ね、皆さんにも見て頂きたいと思ってます。

玉木さんと仕事をするのはですね、今回初めてなんですけども、

(うん)
実は僕、玉木さんとお会いする初めてじゃないんですね。
(え?)
あの、随分前なんですけども、玉木さんがあの『ウォーターボーイズ』出た後ぐらいだったと思うんだけど
(うん)
すごく面白い役者さんがいるなと言う事で、ちょうど、当時僕もあの…別の番組ドラマをやっていて、えー、若い、えー、男の俳優さんを探してる時だったので、それで、1回ねあの、お会いしたいと言う事でね、えー、お電話してね、会った事があるんですよ。
NHKに来て頂いて。

(笑)

それで、やっぱり思い通りすごい面白くて、あの、絶対一緒にやりたいなぁと思ってたんだけど、ちょうどその時はね、スケジュールがうまく合わなくて、
(うん)
結局残念ながら、あーダメになってしまったんですけども、実はそれ、『ウォーターボーイズ』の後とかも、随分前なんですけども、それ以来ようやく(笑)玉木さんと仕事がね実現したというね
(あぁ)

僕にとっては、すごく今回嬉しい感じなんです。

えーっとその『ウォーターボーイズ』に出ていた直後ってのは、けっこうあの、なんていうのかな、すごくあの役柄自体がそうだったし、すごくユーモアがあるね、ちょっとお茶目な感じもある、面白い俳優さんだなと思ってたんだけども、その後、あのけっこうね、二枚目の役とかも多くやられて、今回『平清盛』ではですね、是非あの、玉木さんに“たくましくて男っぽい”感じを是非、えー、玉木さんの中で出して頂きたいなぁと思って、今ご一緒してますが、今ね、ガンガンそれが出てきてる感じでね、次のシーンを撮るのもものすごく楽しみです。

あの、“競べ馬”あの競べ馬って、馬に乗ってね、えー、清盛と競争するシーンが3回目でありましたけど、

(うん)
その他、武士っていうとね、色々大変なんですよね。馬の稽古も。

で、ま、あの競べ馬のシーンを見て頂いた方は分かるかもしれませんけど、えー、かなり練習してくれたと思うんですよね。
だから、えっとー、実際にこう画面に出てくる裏にあるその玉木さんが、すごくね実は努力してるなって感じがね、シーンを撮るごとにすごく感じられて、それがすごく頼もしいと思うし、あの、現場としては、すごく嬉しいとね思いながら今撮ってます。

えー、今後の義朝はですね、ま、激動の時代って言う事で、実は、肉親同士がね、えーつまり、義朝のお父さんと、玉木さん演じる義朝が敵味方に分かれて戦わなければいけないという運命なんですね。

それで、なんとその後、まぁ、義朝が勝つんですけども、お父さんをね歴史的に有名な事実ですけども、斬らなきゃいけないっていうそういう非常になんていうかな、あの厳しい状況ね、を、乗り越えながら、尚且つ自分の夢“武士の世を作る”為に、えー、更に先に行くという、悲しみを乗り越えた先に行く、その辺がね、非常に大きな今後の見所になっていると思います。

えー、たぶん、回数で言うと、どのくらいかな?

(23です)
是非、義朝のね、更なる試練とそれをどうやって乗り越えるかって言う所を、是非あの、楽しみに見て頂けたらと思います。

玉木さん!

(はい)
えー、これからいよいよね、源義朝のクライマックス、人生のクライマックスのシーンが続くと思います。
えー、是非、そこに向けてね、えー、撮影を楽しみにしていますので、これからもよろしくお願いします。

えー、演出の柴田でした。


はい、柴田さん、ありがとうございました。

いやぁ、10年前にねお会いしていたとは、全く記憶にございません(笑)
失礼な話ですね(笑)

いや、初耳でしたからね、えぇ、ビックリしましたね。

ま、えー、ホントに柴田さんがね、あの、チーフとして演出されてますから、えー、一番最初にこの作品を通してお会いしたのも柴田さんでした。
だから、すごく頼り甲斐があって、えー、ま、例えば気になった事をね、聞いた時にその間が無くすぐに答えてくれるというのがね、すごく頼り甲斐がある方だなと思っております。

で、柴田さんも、その皆でね、初めてねその『平清盛』のメンバーキャストがスタッフ、顔合わせした時に仰っていた事、「たくましき平安を生き生きとえー、皆さんを撮影したい、撮りたい、それをそして、視聴者の方に伝えたい」っていう言葉が、僕の中でしっかりと残っていてですね、えー、ホントにだから、生き生きと、えー義朝という人物を演じようとこれからもね、撮影に臨んで行きたいと思っております。

それがね、その武士の、武士としての大変革期、うん、だと思うので、えー、見所は、ホントにこれから、その23回というね、すごく悲しい事実なんですけど、ま、歴史的にもあった事を僕がねするという、ま、そこも一種の肝だと思うので、えー、そこのしっかりと演じたいと思います。

ありがとうございました。

えー、bayfm 玉木宏の『Naked』
今夜はですね、“義朝から目が離せない 大河ドラマ『平清盛』スペシャル”
と言う事で、大河を支える様々なスタッフの方、そしてキャストではね、由良御前役の田中麗奈さんからメッセージを頂きました。

えー、改めてね、こうして皆さんのコメントを聞いてると、それぞれ皆さん、その『平清盛』という作品に賭ける思いが、このコメントの中でね、いかにあるかというのがね、伝わってきた、えー、回だと思いました。
なのでね、これからもまだ放送は始まったばっかりで、撮影もまだ中盤戦という事でね、えー、今後たくさん大変な事もありますが、皆で力合わせて、視聴者の皆さんに伝えるべく頑張って行きたいと思います。

はい、日曜日夜8時 大河ドラマ『平清盛』
どうぞお見逃し無く!

それでは、今夜のラストナンバーです。
聴いてください。


FALL OUT BOY『SATURDAY』


一旦ここで切らせて頂きますね。

いよいよ、明日『Naked』最終回!
寂しいけど、しっかり聴こうと思います!

あちこちで、桜便りが来てますね!
今日は、こちらもポカポカ陽気。
桜もだいぶ膨らんできました。
今年は、好い桜見に行けるかなぁ?

お付き合いありがとうございました。
お疲れ様でした。

ほな、また。
from MIZUHO

tama_sora at 20:24|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 予告 | RADIO

【雑誌】玉木くんみっけ♪(3/29)

TAMASORAをご覧の皆さん、こんにちは。
覗きに来てくれてありがとうございます♪

今日発売されました、玉木さん掲載雑誌のお知らせです。

【雑誌情報】
本日3/29(木)発売
『歴メンBOOK』1200円 東京ニュース通信社刊
P14 武士としての生き方を貫いた源義朝

少しですけど、良かったらお近くのお店でcheckしてみて下さいね!

ほな、また。
from MIZUHO

tama_sora at 12:24|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 雑誌 | ドラマ

2012年03月28日

【お知らせ&レポ】明日のcheck番組&TV出演番組情報&3/23『Naked』文字お越しその4

TAMASORAをご覧の皆さん、こんばんは。
覗きに来てくれてありがとうございます。

このあと。
『のだめカンタービレin ヨーロッパ一夜』 フジテレビTWO 23:00〜25:00
『BS先取り情報「4月号」』 NHKBS 27:45〜27:50
の放送が予定されています。

明日の玉木さん登場番組のお知らせです
[明日3/29(木)のcheck番組]
『のだめカンタービレin ヨーロッパ二夜』 フジテレビTWO 23:00〜25:00
『D.Actors File #32 玉木宏』NHK BSプレミアム 23:45〜23:50
『BS先取り情報「4月号」』 NHKBS 27:45〜27:50
ご覧になられそうでしたら、checkしてみて下さいね。


玉木さんが宮部みゆきさん原作のSPドラマに主演です!
[情報元:TAMAXAY]
【ドラマ出演情報】
《宮部みゆき4週連続"極上"ミステリー》
推理小説、時代小説、ファンタジー小説など幅広いジャンルで数多くの作品を生み出している人気作家、宮部みゆき氏の作品をドラマ化し4週連続で放送される、宮部みゆき"極上"ミステリーの最終夜、「レベル7」への出演が決定!
原作以上のスケール感と、現代が抱える問題へのメッセージを加えたサスペンスの最高峰をお届けします。

宮部みゆき4週連続"極上"ミステリー 最終夜 「レベル7」
2012年5月28日(月)TBS系全国ネット 21:00〜
《出演》玉木宏/杏/瀧本美織/伊原剛志 他
《原作》「レベル7」宮部みゆき
※敬称略

※放送日が近づきましたら改めてお届けします!


3/23に放送されました『Naked』の模様をお届けしています。
良かったらお付き合いくださいませ〜!

【3/23『Naked』文字お越しそのぁ
bayfm 玉木宏の『Naked』
今夜は…

“義朝から目が離せない!大河ドラマ『平清盛』スペシャル”

ということで、続いては、今回の大河で非常に大きな役割を担ってらっしゃる方らと言いますが、誰なんでしょうか…


大河ドラマ『平清盛』で人物デザイン監修を担当している、柘植です。

えーっとですね、僕の人物デザイン監修という仕事はですね、そのどういう事を実際やるのかって言いますと、まぁあの、扮装というとですね、衣装だとか、メイクとか、まぁカツラとか小道具とか、あー、まぁ、刀とかそういう類のものですね、そのキャラクターにまぁ付随するものを含めて、統括してデザインしたりだとか、あるいは、そのNHKにはあの非常に優秀なスタッフがいますので、その方達に数々の部に分かれているんですけど、その方達とやりとりしながらその一つのキャラクターというものをまとめて作っていくって言うのが人物デザイン監修の仕事です。

で、えー、今回の『平清盛』の衣装なんですけれども、ま、一言で中々難しい、言うのは難しいんですけれども、えーっと、僕らが決めたその、なんていうんでしょうか、コンセプトが“たくましい平安”っていう事なんですね。
それで、あの、それは、まぁ色んな平安時代って方達がいて、貴族とか、あるいはその、ま、義朝もそうですし、武士、清盛もそうですね、とか、あと、ま、ふつうに一般に暮らしている市井(しせい)の人々がいるんですけれども、そういう人達、それぞれがホントに生き生きと見える様なそういうドラマを作りたいって言うのが、“たくましい平安”というコンセプトになってる訳です。

ま、そういうその中で、衣装は汚しっていうものは、その、まぁ、あのどこかで皆さんご覧になってるかもしれませんけど、“ストーンウォッシュ”をかけて、着物にストーンウォッシュをかける事は、まぁ中々あんまりしない事なんですが、まぁ、ようするに、なぜかと言うと、壊れちゃうからなんですけども、あの、まぁ、デニムにはストーンウォッシュをかけたりとかしますけど、えー、そういうまぁ、技を使って傷めたりとかしてるわけですね。

で、それはあの、ま、武士の平家とか源氏もそうですし、で、それに始まってその市井の人達、ま、そういう方達の着物はほとんどストーンウォッシュをかけて、ダメージをかけて、着古したみたいな感じをだしているんですね。
で、一方、その朝廷とか、貴族とか、えーまぁ、天皇の方達の法皇・上皇はまるで違う、それに相反するような、あの雅やかなというあ、色彩もキレイな状態で衣装はこだわって作ってます。

で、まぁ、あの、リアリティって言うものを重んじてはいるんですけれども、うーん、なんていうんだろ、汚いからリアルだとか、雅やかなだからリアルではないとかリアルだとかという、あんまり考え方はしてなくて、その状況にどういう風にあった衣装や扮装してるのかって言う事を、その場にどういう風にあってるのかな、と言うことを考えながら、そのリアリティっていう事は考えて作るようにしています。


はい、うん、そうなんです。
えーっと、柘植さんって言う方はですね、えー、ま、ホントに全体を統括されて、えー、ま、こういう方がいるんだなっていうのが僕のやっぱり初めての印象でしたね。

スタイリストではなくて、その全体のイメージを整える、うん。
ま、新しい、ですね、部署としてって感じでしたね。

だから、あの、うん、実際ね、やりながらその撮影をしているとですね、ま、そこまで追いきれない部分もあるんですけど、この柘植さんのような方がいらっしゃると、えー、ちゃんとバランスよく、えー、見えるんじゃないかなというのがありますからね。

だから、その着物をホントにストーンウォッシュで汚しをかけるというのがね、まぁ、斬新ですよね。えぇ。
まぁ、柘植さんのやっぱりそういうやり方というものがね、この『平清盛』の中に入っているんじゃないかなと思います。

はい、それではさらに、メッセージの続きを聴いてみましょう。


えーっと、義朝役の玉木さんですけれども、今回初めてお仕事させて頂いたので、えー、僕が持ってた印象というのは、色んなメディアで拝見する中で、やっぱりクールな感じを受けてたんですね。

で、まぁ、お会いするまでも、まぁ、そういうパブリックイメージを自分の中で持っていたので、どんな方なんだろうなという風に思ったんですけども、こうなんていうんだろうかな、えー、お話をしてみると、どっか少し天然な所があるな(笑)って思ったんですね。

それで、あの、それは僕すごい好きだったんですよ。
それで、そのなんていうか、そのあの、天然さっていうのは、一種の骨太さみたいなものに感じられたんですね。もちろんそのパブリックイメージで持ってらっしゃるそのクールな感じっていうのも、当然まぁあるんですけれども、あの、それは、もう、単に非常に色んな面のあるうちの一つだけだなという風に感じたんですね。
で、とかく、クールな感じというと、そのなっていうのかな、こう色んな事をすぐスパッと切り取れるとかそういう印象を持ちやすいんだけれども、彼はそういう人じゃない感じがしたんですね。
人間味ある感じがして、で、その義朝っていう人間を作ってく時に、どの彼の部分っていうものを引っ張り出してくるのか、あの、良いんだろうかな?って。
で、えーっと、まぁ、源氏ですし、源氏と平家だと、その、追々分かれてくるわけですけども、テイストみたいなものが。
源氏はやっぱ渋いんですよね、で、その源氏の渋み、ゆくゆくの渋みっていうものをもちろんその、初めっから渋いわけですけれども、あのぉ、それがどんどん渋みを増していくわけで、その中での、義朝の位置づけっていうのは、極めて重要ですね。

清盛のライバルでもあるわけだし、で、その中で玉木さんとの正誤性は、やっぱりなんていうのかな…あ、そうだ玉木さんが…と初めて会った時に、黒とか紺の格好をしていたんですよ、実際問題。

(うん)
それで、それがすごく印象深くて、あの、好きだったんですね。

それにかなり引っ張られてましたね。
あのぉ、その様子をみていてすごいステキだなって僕は思ったので、あ、義朝には、やはりその深い色、黒に近い紺というか、そういう色を持っていこうかなと思ったのは、実は玉木さんとの初対面の格好がそういう感じで、すごく似合ってらしたっていう事と、やっぱりさすがにご自分がその選んでらっしゃるので、なんかきっとフィットするものがあって、という形になっているんだろうなと思ったんですね。

なので、そういう所にも、引っ張られてあと、まぁ、源氏というのが渋好みだという事もあって、そういう色を選んでいったっていう所はありますね。はい。



はい。
えー、やっぱり、その無理にそのあるイメージを当て付けるのではなくてそのそれぞれが持った物にあわせて、柘植さんがイメージをして色も作り上げていくというのは、うーん…やっぱりね、そういう事は、やっぱり無いんですよね。。

衣装合わせとかした時とかも、ただその先をイメージして衣装合わせに柘植さんも参加されて、どういう色が良いんだろう、ま、義朝プラス僕が演じるからどういう色が良いんだろうという事を、やっぱり考えてくださるっていうのはね、すごくやっぱりね、楽しいですね。

一緒になんかこの人だったらどんどん良いものを一緒に作って行けるんじゃないかな?っていう、えぇ、思いがありました。

はい、それでは、更にメッセージの続きを聴いてみましょう。


あのー、まぁ、これから、義朝、ま、玉木義朝が、あの、ま、どうなっていくのかっていうのは、常盤とのね、あの関係も、武井咲さんですね、の役どころの常盤との関係っていうのも深くなって行くし、あとその、正妻の由良姫との、その、ま、関係っていうものも、微妙なものが出来てくるし、そしてなにより、やっぱりお父さんとの関係というのは、保元の乱を通じてやっぱり複雑化していくっていうことがありますね。

で、その中で、あのー、彼の、まぁ直垂っていう衣装ですよね、衣装の形なんですけど、色彩がやっぱり変わります。
ま、それまで紺だったものが、あの反転して、淡いグレー、ブルー味あるグレーみたいな形になります。
だから、明るくなるんですね。
ヒゲもたくわえられますね、あの、綺麗なヒゲがたくわえられます。

で、それは、その僕はね、正直紺で通そうかなとも思っていたんですね、似合っているから。
で、あの、質感だけを綺麗にしていく事によって表現しようかなとも思ったんですけれども、なんかたぶんその義朝という人物がどこかでなにかチャンネルが変わったんじゃ無いかなっていうふうに感じたある一瞬があったんです。
ちょっと、ごめんなさい、何話のどこか忘れちゃったんですけれども(笑)それを感じて、あの、義朝は少し反転させてみようかなと思ったんですね。

一方、これ、清盛との関係があるので、清盛はそれまで明るいベージュ色だとか、その元服前の格好って言うのは、やはり派手、激しかったりもしたので、男性にしてみれば、。

で、それと、義朝の対比っていうのは、まぁ、オセロに例えれば、白が清盛で黒が義朝の様な状態だったわけですけど、その何か感じた、僕が感じた瞬間に清盛は黒に転換して、義朝は白に転換してるんですね。

なので、あの、そういうやっぱりあの、感じで義朝は変わります。

それと同時に清盛との関係というのもあの形作られていきます。はい。

玉木さん、あの、ホントにご一緒させて頂いて僕もとても光栄です。

それに、あの、玉木さんの義朝姿っていうのは、ホントになんか僕が男性として見ても、スタッフではなく男性として見ても、あの、カッコいいなという風にホントに心から思っています。

えー、これからもよろしくお願いします。
柘植でした。


はい、柘植さんでした。ありがとうございました。

えー、ま、ホントにねその今もう実際演じてる所がですね、もう今仰いましたけど、そのちょっとブルー味がかったグレーの明るいもの…なので、えー、それはね、あまり汚しもかけられていない状態なんですね。
だから、雰囲気をホントにガラッと変わりましたし、で、ヒゲももちろんたくわえてますからね、えー、ホントにだから、清盛と終世のライバルという事で、相対する色になってると思いますね。

だから、それも映像でちゃんとしっかり感じられるものになってると思いますからね、これもホントにだから、柘植さんの力だと思いますからね。

そして、プライベートではね、柘植さんともアサクサノミ(?聞き取れませんでした)を約束しましたからね。
是非中々最中には難しいかもしれないですけどね、実現する事を願っています。

ありがとうございました。

それではここで1曲聴いてください。

NO DOUBTで『IT'S MY LIFE』


一旦、ここで切らせて頂きますね。

柘植さん、いっぱいしゃべってくれましたね。
でも、大変重要なお仕事されて、すごいなぁと思います。
私だったら、出来ません…(爆)


今日もお付き合いありがとうございました。
お疲れ様でした。

ほな、また。
from MIZUHO


tama_sora at 20:43|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 予告 | RADIO

2012年03月27日

【お知らせ&レポ】明日のcheck番組&TV出演&雑誌掲載&3/23『Naked』文字お越しその3

TAMASORAをご覧の皆さん、こんばんは。
覗きに来てくれてありがとうございます。

このあと。
『のだめカンタービレ#11』 フジテレビTWO 23:00〜24:00
『BS先取り情報「4月号」』 NHKBS 27:45〜27:50
の放送が予定されています。
checkしてみてください。

明日の玉木さん登場番組のお知らせです。
[明日3/28(水)のcheck番組]
『BS先取り情報「4月号」』 NHKBS 18:45〜18:50
『のだめカンタービレin ヨーロッパ一夜』 フジテレビTWO 23:00〜25:00
『BS先取り情報「4月号」』 NHKBS 27:45〜27:50
ご覧になられそうでしたら、checkしてみて下さいね。

玉木さん登場番組と掲載雑誌の発売情報のお知らせです。
[情報元:TAMAXAY]
【テレビ出演情報】
・3/29(木)NHK BSプレミアム23:45〜23:50 「D.Actors File #32 玉木宏」

※スケジュールは予告なく変更となる場合がございます。 2012/03/27
※放送日が近づきましたら改めてお届けしますね!

【雑誌掲載情報】
・4/11(水)発売「TVfanCROSS」「平清盛」インタビュー ※Tvfan増刊号
・4/11(水)発売「NHKウィクリーステラ」 「裸にしたい男」特集

※スケジュールは予告なく変更となる場合がございます。
※確認出来ましたら改めてお届けしますね!

3/23に放送されました『Naked』の模様をお届けしています。
良ければお付き合いくださいませ!

【3/23『Naked』文字お越しその】
bayfm 玉木宏の『Naked』
今夜は

“清盛も良いけど、義朝からも目が離せない大河ドラマ『平清盛』スペシャル”
ということで、お届けしておりますが、続いては…

「おい!そこの醜い女!」出会いのシーンのセリフでお馴染みのというのもなんですけどね、この方からのメッセージです。


bayfm 『Naked』をお聴きの皆さん、そして、玉木さん、こんばんは。
(こんばんは)
大河ドラマ『平清盛』で由良御前を演じている、田中麗奈です。
(はい)
えー、12月に『Naked』のスタジオにお邪魔した時には、映画『山本五十六』の話が中心だったんですけども
(そうですね)
玉木さんと、えー、じっくりお話したのが実はその時が初めてだったので
(そうだそうだ)
えー、ちょっと緊張していたんですけど、あの、玉木さんが色々お話を振って下さって盛り上げて下さったので、とっても楽しかったです。
闇鍋クエスチョンとか(笑)またやりたかったですね。
すごく楽しかった。

(ねぇ)
で、それから、大河ドラマの撮影に入って、あの、何度か共演シーンがあったので、だいぶ打ち解けてきたと思います。
呼び方はまだ、変わって無いのかな?
田中さんとも呼ばれて無いし、麗奈ちゃんとも呼ばれて無いので

((笑)呼んで無いじゃん)
なんかその辺はまだ(笑)曖昧な感じですけど、あの、プライベートの話とか、色々あの、出来るようになって、あ、こういう生活されてるのかな?謎が多い印象なので
(お互い様でしょ)
カメラがお好きだったりとか、割と単独行動であったりとか、あの、映画が好きだったりとか、色々知れて楽しいです。
源氏のファミリー皆で、TV見てだらだらとこうしゃべったりする時も、すごくこう、あの、ホッとするというか、撮影の合間とかも、すごくこう、緊張感から抜けて皆でこうゆっくりいれる時間とか、すごく私も救われているので、はい、すごく楽しいですね。
えー、大河ドラマで、義朝と由良御前夫婦役で最初の出会いはたしかあの「醜い女!」って言われるんですよね。
すごいセリフですよね、あれ(笑)
今振り返ると、あの、えー、それなのに由良御前は好きなってしまって、一目惚れが始まって、何年も待ってやっと夫婦になると言う事で、最近は、あの、子供が出来て、えー、家族のシーンもあるので、嬉しいなと思いつつ、どんどんこう、義朝がやっぱり強くならなきゃということで、どんどんどんどん、こう自分自身を磨いて、遠い所に行っちゃいそうで、ハラハラしながらでも、妻として、支えたいしって、色んなこう感情があの、義朝さんのお陰で芽生えているので、それがすごくあの、刺激を受けてお芝居も楽しいです。
そういえば、この間、うーん、撮影の時、私、転びましたね(笑)

(転んでたね。笑ってごまかす)
覚えてますか?
あの、すごく、えー、緊張するシーンで、えー、義朝さんが為義さんにお父さんに反発するシーンがあるんですけど、由良はそれを心配しながら、義朝さんの後ろをこう付いていくっていう所で、あの、下を見ないでホントに旦那さんだけを見て、スルスルと歩いていたら、トーンと躓いて

(うーん)
すっ飛んでしまいました(笑)
(ねぇ)
そうですね、本番中で誰もカットをかかんなかったので、あ、このまま続けちゃおって
(いやムリだろ)
思ってたんですけど、えー、玉木さんが「大丈夫?」って言ってくれて、あ、現代語だって思って
(笑)
そこで、あ、これは、続けられないんだ、そうかそうか
(大事無かったら続けてるっていうね)
あの時、目が覚めました、あの、やっと自分に戻りまして、素に戻って、はい。
お家に帰ってちゃんと足は冷やしたので

(そうだね)
大丈夫です、スイマセン、ご迷惑をおかけしました。
(いいえとんでもないです)
えー、これから、義朝と由良御前は、えー、少しづつ、ま、義朝さん、そうですね、源氏の方は大きな動きがあるので、ま、由良の心情は安心するものではなく色んな、母親と女として色々な試練が待ち構えているんですけども、どんどんどんどんストーリーが展開してくのがあの面白いので、私のあの一緒に協力しながら良い作品作りを出来たらなと思っています。
えー、玉木さん。

(はい)
えー、それでは、これからも、妻としてそれから同世代の役者仲間として、末永くよろしくお願いします。
田中麗奈でした。


はい、田中麗奈さんでした。
ありがとうございました。
あの、そうなんですよね、だんだんこの番組に出てゲストでね出て頂いた回から、えー、現場でもね、話するようになって、そうですね、この番組のお陰で結構距離が縮まったんじゃないかなと思ってますけどね、うん。

意外とその、ま、パッと見ね、というか、もちろんしっかりされてるんですけど、ちょっとおっちょこちょいな所もちょこちょこ、えぇ、あるんですよ。
だからね、その躓いて転んだりとかですね、あんまりこっちしゃべってるのに、全然人の話聞いて無いなという時とかね、あったりとかね、あの、ご自分のペースを保たれてる(笑)方なんだなというのがあったりしますけどね(笑)

ま、ホントに同世代ていうことで、えー、まぁ役柄もね、僕の妻由良御前ということで、えー義朝は由良に対して、結構ヒドイ事をね、妻になってからでもヒドイ事を言ったりするんですけど、ま、それは由良がちゃんとしっかり付いてきてくれるという事を信じているからこそ、えー、ね、あの、言ってると思いながら、言ってるんですけどね(笑)

まぁ、でも、ホントに由良御前に対してのセリフはけっこうキツイなぁと思うのは、正直な所です。

これからホント大変なシーンの撮影が続いていますが、今後ともよろしくお願いします。

えー、それではここで1曲聴いてください。
ALL TIME LOWで『MY ONLY ONE』

♪♪

bayfm 玉木宏の『Naked』
お知らせを挟んで、後半も

“義朝から目が離せない 大河ドラマ『平清盛』スペシャル”

お楽しみに!



一旦、ここで切らせて頂きますね。

すっとーんと転ばれて大変だったんですね。
現代劇と違って、重い着物を着て、歩き方にも決まりがあるだろうし、後々の撮影に影響でなくて、皆さんホッとされたでしょうね〜。
そのシーン、いつかなぁ…

風邪ひいてしまいました…
弟もひいていたのでそれをもらったかも…
そんな弟はもうすっかり治っていますが…

こんなんいらーん!

首のリンパ腺が腫れて、声も別人で(^^;
早く治さねば…

今日もお疲れ様でした。
お付き合いありがとうございました。

ほな、また。
from MIZUHO

tama_sora at 20:30|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 予告 | RADIO

2012年03月26日

【お知らせ&レポ】明日のcheck番組&3/23『Naked』文字お越しその2

TAMASORAをご覧の皆さん、こんばんは。
覗きに来てくれてありがとうございます。

このあと。
『のだめカンタービレ#9』 フジテレビTWO 23:00〜23:48
『のだめカンタービレ#10』 フジテレビTWO 23:48〜24:35
『BS先取り情報「4月号」』 NHKBSプレミアム 26:40〜26:45
『BS先取り情報「4月号」』 NHKBS 27:45〜27:50
の放送が控えています。
checkしてみて下さいね。

明日の玉木さん登場番組のお知らせです。
[明日3/27(火)のcheck番組]
『のだめカンタービレ#11』 フジテレビTWO 23:00〜24:00
『BS先取り情報「4月号」』 NHKBS 27:45〜27:50
ご覧になられそうでしたら、checkしてみて下さいね。


ここからは、3/23に放送されました『Naked』の模様をお届けします。
長くなりそうですが、お付き合い頂けたら嬉しいです。

【3/23『Naked』文字お越しその◆
bayfm 玉木宏の『Naked』

今夜は…


“義朝から目が離せない 大河ドラマ『平清盛』スペシャル”

と言う事で、まずはこの方からメッセージを頂いています。

えー、大河ドラマ『平清盛』で、制作統括を務めています、磯です。
(磯さん)
よろしくお願いします。
(はい)
僕と玉木さんの出会いはですけども、僕は、今、あの、プロデューサーの仕事をしているんですけど、それ以前に、演出の仕事もしてまして、
(うん)
あの、昔、朝の連続テレビ小説『こころ』というドラマがありまして、ま、僕はその演出をしてたんですけども、そこで、こう、ヒロインの相手役を探していて、ま、オーディションもやったんですけども、色々あったんですけど、中々良い男の子が見つからないという事がありまして、どうしたものかな?という風に考えていた時に、ちょうど、あの、うちの班でアルバイトをしている女性がいましてですね、
(うん)
で、その女性に誰か良い人いないの?って言ったら、「玉木くんですよ」って、あの、クリアファイルの中に、玉木くんのプロフィール用のなぜか持っていてですね
(笑)
それをね、持ち出してくれたんです。
それで、見て、「あぁ、ポカリスウェットのCMに出てくる男の子だ」という風に思って、中々そのCMはね、頭を坊主刈りにしてね、インパクトがあったんで、ま、ちょっと会ってみるかな?という風に思って、ま、お電話して会ってみたんですよ。
なんかその時の格好が、短パンにサンダルみたいな、あまりオーディションで皆気合入っている中でいうと、なんかこう、なんていうかナチュラルというかですね、あの、そういう感じだったので、我々にしたら、すごく良かったんですよ。
で、しかも、あのー、度胸がいい子だなという風に思って、そのCMのお話とか、あと、『ウォーターボーイズ』のお話とかも伺ったんですけども、

(うん)
その役に入り込む時の、非常に心構えとかが、気持ちいい感じがしたんで、ま、こういう子が、あの朝ドラっていうのは、まぁ、女優もそうだけど、男優も育てる場なので、一緒にやってたら、こう1年間半年間非常に面白いんだろうなと思って、皆の気も批評も非常に良かったんで、やってみたんですよね。
(うん)
で、実際僕が演出してやってみて、ちょうどあの、僕が演出してやってみて、ちょうどあの、僕が演出する回が玉木さんがいっぱい出てくる回がたまたま巡り合わせが多かったので、花火師の仕事なんで、こう、花火のこう色んな騒音の中でやってる仕事の事を、シーンの撮影をやってる時に、すごい、こう、思いっきり声を出せる役者さんだなと思ったんですよね。
「イケー!」だとかそういう声を出してて、中々、その今上品にそつなくえー演じる方が多い中で、端から失うものが無いとばかりに、思いっきりやる役者さんて、中々いなかったものだから、あぁ、中々この子は、こう、いいセンスというかな、やっぱいい度胸を持ってる子だなというふうに思って、ま、その頃から、あぁ、ホントに玉木さんという俳優と出会って注目して、ま、あの『こころ』が終わってからも、あれよあれよという間に、色んな仕事を請けていて、今回、あの、僕が大河ドラマのプロデューサーをやるにあたっては、ま、是非とも、玉木さんとやりたいというまず思いが非常に強くあったというのが、今回の、えー、大河ドラマで玉木さんに関して一番の理由ですね。
この、いままでこう、僕もその『こころ』の演出を通して今、プロデューサーを通して、ま、自分もね色々経験を通じて過程ではあるんですけども、そういう意味で、やっぱこう自分がある程度経験を積んだら、また一緒にやってみたいという役者さんが玉木さんで、まさに今回大河『平清盛』で、彼、とにかく彼とやりたい、という思いがまずあって、オファーしました。


はい、ホントにね、あの、コメントの中にもありましたけど、『こころ』というね、朝ドラからなので、長いお付き合いなんですけど、こうして、この今回『平清盛』の作品で、義朝という役をオファー頂けた事は、やっぱね、どっかで、その気にかけてくれてるっていうのが、すごく嬉しく思っていますし、やはり、やっぱね、磯さんのね、期待にも応えたいなという思いもありますので、今後もね、しっかりやって行きたいなと思っております。

それでは、さらに、メッセージの続きを聴いてみましょう。

今回、6年ぶりに玉木さんとあの、ご一緒させて頂いて、初めの印象はね、非常に大人になったなと、昔はホントに会った時は、ホント失うものは何も無い様な向かう所敵なしみたいな様なね、こうエネルギーが前面にって感じられたんだけれども、今はそういうエネルギーみたいなものをなんか自分の中でコントロール出来るというか、内に秘めた芝居も出来るし、そう、、表に出すお芝居も出来るし、あと、その、ま、いっぱいドラマを重ねてきて、コメディ的な部分も出来れば、シリアスな部分も出来るって言う様な所があって、やっぱ一緒に仕事しなかった6年間の間に、彼はすごいこう努力をしたんだろうなという風に思いましたね。
で、あと、やっぱ、元々玉木さん努力家の方なんで、あの、今回も非常にこう努力して、役作りをしてらっしゃるし、ま、たぶんこれからもきっと、この役が終わった後も、色んな仕事をしていくんだろうけども、きっと、役柄とかね、年齢に応じて、こうすごいこう成長して行くんだろうなと思いますし、それも、非常に楽しみでもあるし、また、何年後かにご一緒させて頂いた時に、今度どういう玉木さんと出会えるのかな?というのが、ホント今から楽しみの様な感じがします。
ドラマの展開としましては、今、この3月に放送される頃は、まだ義朝が清盛と再会して源氏の棟梁として頭角を現していくという所になっていくと思うんですけど、ここから先は、ホントにその平清盛対源義朝という二人のライバル関係を軸に話は展開していきますので、ようするに、その二人は武士の世を作るという同じ志を持ちながらも、敵味方に分かれてしまうという関係となっていきまして、えー、平治の乱という戦いで、ま、二人敵同士に分かれて、戦っていくという所があるんですけども、玉木さんのなんていうかな、単純に武将としての勇ましさじゃなくて、ま、今のドラマの中でも、小日向さんの父親との微妙な関係みたいなのも描いてるんだけども、実は彼にはそういう勇ましく強く生きなきゃいけないという思いもあったんだけども、その裏にもね、きちんとそのお父さん演じる小日向さんや田中麗奈さんはじめ、そういう家族にもきちんと思いがあったっていう様な彼のホントにこう優しい内面みたいなものを見え隠れしていくので、その辺りの彼の中の葛藤というか、その強さと優しさのバランスみたいなものを是非ね、見ている人楽しみにして欲しいなっていう風に思いますね。
ホントにあの、玉木さんのいろんな表情が出てくるドラマだと思いますので、ドラマの中盤のクライマックス、玉木さんがねほぼそれを引っ張っていくと思いますので、そこを注目して見て頂きたいなと思います、
台本的には、これから、ホントにあのシリアスなシーンが続いていくと思いますので、焦らず力まず、玉木さんの持ってる良い所も存分に出して頂きながら、えー、義朝という役を演じきって頂けたらなと思います。
玉木くん、これからもよろしくお願いします。
磯でした。


はい、ありがとうございました。

いやぁ、もう、たくさんしゃべって頂いたのでね、僕は何もあの(笑)補足する所もなく、今後の見所はね、しっかり皆さんに伝わったんじゃないかなと思います。

えー、ま、ホントにね、あのぉ、今後中盤戦ね、クライマックスと仰いましたけど、ホントにこれからがね、あの見所たくさんありますからね、え、今の時点で、台本は僕は23回まで頂いておりますからね、もう、結構スゴイですよ。
この本が、映像になったらどうなるんだろうっていうのはね、今からすごく楽しみにしてますので、えー一緒に良い物を作っていきましょう。

そして、皆さん、楽しみにしていて下さい。はい。

それではここで1曲聴いてください。

BLURで『PARK LIFE』


一旦ここで切らせて頂きますね。

23回という部分についつい反応してしまいました。(笑)
やっと義朝さんが帰ってきたので、登場シーンが増えそうでますます放送が楽しみになりますね!
シリアスシーンは苦しくとちょっと苦手だけど、しっかり見届けたいと思います。

今日もお疲れ様でした。
お付き合いありがとうございました。

ほな、また。
from MIZUHO

tama_sora at 20:53|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 予告 | RADIO

2012年03月25日

【お知らせ&レポ】明日のcheck番組&3/23『Naked』文字お越しその1

TAMASORAをご覧の皆さん、こんばんは。
覗きに来てくれてありがとうございます。

このあと。
『平清盛第12回「宿命の再会」』 NHK総合 20:00〜20:45
『平清盛ダイジェスト第12回「宿命の再会」』 NHK総合 24:05〜24:10
『BS先取り情報「4月号」』 NHKBS 27:45〜27:50
の放送が控えています。
checkしてみて下さいね!

明日の玉木さん登場番組のお知らせです。
[明日3/26(月)のcheck番組]
『BS先取り情報「4月号」』 NHKBSプレミアム 8:55〜9:00
『のだめカンタービレ#9』 フジテレビTWO 23:00〜23:48
『のだめカンタービレ#10』 フジテレビTWO 23:48〜24:35
『BS先取り情報「4月号」』 NHKBSプレミアム 26:40〜26:45
『BS先取り情報「4月号」』 NHKBS 27:45〜27:50
ご覧になられそうでしたら、checkしてみて下さいね。


3/23に放送されました『Naked』の模様をお届けしたいと思います。
最後まで良かったらお付き合いくださいね。

【3/23『Naked』文字お越しその 
こんばんはー、玉木宏です。
金曜の夜10時『Naked』の時間がやってまいりました。

えー、いよいよね、残す所あと2回という放送なんですけどね、えー、98回の放送です。はい。

えー、今日もよろしくお願いします。

今日はまずメールから紹介しましょうかね。

 『平清盛』毎週楽しく拝見させて頂いてます。
 私は小学生の時からいわゆる歴女です。
 先日電車でたまたま久しぶりに会った友達と話をしていたら、その子も最近歴史にはまっていて、『清盛』も毎週見ていると言うのです。
 嬉しくて、二人で歴女トークが炸裂してしまいました。
 電車の中で女子高生が“源平”とか“上皇”とか“義朝がかっこいい”とか、周りから見たら少し異様かもしれませんが、同世代の子とこういう話は出来ないので、良かったです。
 ずばり、玉木さんは歴女どうですか?


うん、歴女、良いじゃないですかね。
あの、歴史を詳しく知っている方、まぁ、男女問わずですけどね、ま、それが、常識ならなお良いんじゃないですかね?うーん。

あのー、ま、僕のね、あの、一緒に出てる、杏ちゃん、北条政子役のね、一緒のシーンは中々ないですけど、えぇ、彼女もね、杏ちゃんもね、すごい歴女なので、その馬の練習とかもね、一時期一緒になったりしていたんですけど、やっぱりね、詳しいと言うのは魅力的ですね。
えー、負けたくねーっていうのもありますけどね。

でも、すごく魅力的に感じます。はい。

というわけで、平の話題からSTARTした『Naked』
今夜は!!

“義朝から目が離せない、大河ドラマ『平清盛』スペシャル!”

はい、ドラマを盛り立てる、キャスト・スタッフの方から、メッセージを頂いています。
それをご紹介しつつ、今後の見所も探って行こうという企画です。

まるごと大河一色の『Naked』お楽しみに!

玉木宏の『Naked』
では、今夜のオープニングナンバーです。

OASISで『STAND BY ME』


一旦、ここで切らせて頂きますね。

あ、もうすぐ『清盛』が始まっちゃう!
今夜も楽しみですね!

お付き合いありがとうございました。
お疲れ様でした。

ほな、また。
from MIZUHO

tama_sora at 19:46|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 予告 | RADIO

2012年03月24日

【お知らせ】明日・来週以降のcheck番組情報

TAMASORAをご覧の皆さん、こんばんは。
覗きに来てくれてありがとうございます。

このあと。
『BS先取り情報「4月号」』 NHKBSプレミアム 20:50〜20:55
checkしてみて下さいね。

明日の玉木さん登場番組のお知らせです。
[明日3/25(日)のcheck番組]
『BS先取り情報「4月号」』 NHKBSプレミアム 12:50〜12:55
『BS先取り情報「4月号」』 NHKBSプレミアム 14:25〜14:30
『平清盛第12回「宿命の再会」』 NHKBSプレミアム 18:00〜18:45
『平清盛第12回「宿命の再会」』 NHK総合 20:00〜20:45
『平清盛ダイジェスト第12回「宿命の再会」』 NHK総合 24:05〜24:10
『BS先取り情報「4月号」』 NHKBS 27:45〜27:50
の放送が予定されています、checkしてみて下さいね。

来週以降の玉木さん登場番組のお知らせです。
【TV情報】
3/26(月)
『BS先取り情報「4月号」』 NHKBSプレミアム 8:55〜9:00
『のだめカンタービレ#9』 フジテレビTWO 23:00〜23:48
『のだめカンタービレ#10』 フジテレビTWO 23:48〜24:35
『BS先取り情報「4月号」』 NHKBSプレミアム 26:40〜26:45
『BS先取り情報「4月号」』 NHKBS 27:45〜27:50

3/27(火)
『のだめカンタービレ#11』 フジテレビTWO 23:00〜24:00
『BS先取り情報「4月号」』 NHKBS 27:45〜27:50

3/28(水)
『BS先取り情報「4月号」』 NHKBS 18:45〜18:50
『のだめカンタービレin ヨーロッパ一夜』 フジテレビTWO 23:00〜25:00
『BS先取り情報「4月号」』 NHKBS 27:45〜27:50

3/29(木)
『のだめカンタービレin ヨーロッパ二夜』 フジテレビTWO 23:00〜25:00
『D.Actors File #32 玉木宏』NHK BSプレミアム 23:45〜23:50
『BS先取り情報「4月号」』 NHKBS 27:45〜27:50

3/30(金)
『世にも奇妙な物語20周年SP〜人気作家競演編〜』 テレビ新広島 15:00〜17:00
『Naked』最終回 bayfm 22:00〜23:00

3/31(土)
『めちゃ2イケテルッ!イツザイだらけの春祭り当て逃げのSP!!(再)』 テレビ西日本 12:00〜14:25
『平清盛第12回「宿命の再会」』 NHK総合 13:05〜13:50
『平清盛ダイジェスト第12回「宿命の再会」』 NHK総合広島 17:49〜17:54

4/2(月)
『華麗なるドラマの序曲〜大河ドラマとオペラの音楽』 NHK FM 7:20〜9:20
※全国放送

4/14(土)
「いま裸にしたい男たち 『氷の世界を突き抜けて!』〜俳優 玉木宏〜前編」 BSプレミアム 23:15〜

4/21(土)
「いま裸にしたい男たち 『氷の世界を突き抜けて!』〜俳優 玉木宏〜後編」 BSプレミアム 23:15〜

4/7(土)〜毎週土曜日 大河ドラマ『篤姫』 NHKBSプレミアム 18:00〜
毎週金曜日 『Naked』 bayfm 22:00〜
毎週日曜日 『平清盛』 NHK総合 20:00〜(BSプレミアム 18:00〜)
※『平清盛』の再放送は毎週土曜日 13:05〜

※放送日が近づきましたら改めてお届けしますね。
※放送は予告無く変更になる場合があります。


今日は、急に雨が降ったりやんだりの変な天気で、こちらは今年初めて、雹が降りましたよぉ。
おかげで、お店は雨宿りのお客さんで、ごった返していました。
今日はホントに忙しかったぁ…はぁ、疲れた。
明日も休日出勤、今日は早く寝よっと。

今日も1日お疲れ様でした。
お付き合いありがとうございました。

ほな、また。
from MIZUHO

tama_sora at 20:05|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 予告 | TV

【雑誌】玉木くんみっけ♪(3/24)

TAMASORAをご覧の皆さん、こんにちは。
覗きに来てくれてありがとうございます♪

今日発売されました、玉木さん掲載雑誌のお知らせです。
【雑誌情報】
本日3/24(土)発売
『GOETHE』 5月号 750円
P126〜127 玉木さんインタビュー

以上です。

良かったらお近くのお店でcheckしてみて下さいね!

ほな、また。
from MIZUHO

tama_sora at 12:27|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 雑誌 
Archives
玉木くんみっけ♪
TV
TBS系
『地球大紀行SP
情熱カリブ躍動紀行』
14:00〜
ラジオ情報
『Naked』
bay fm 22:00〜
TVドラマ
2011年春
テレビ朝日2夜連続放送予定
『砂の器』
LIVE TOUR
「TAMAKI HIROSHI
LIVE TOUR 2011(仮)」
7月2日(土) 台湾
Lagecy TAIPEI 詳細未定
7月3日(日) 台湾
Lagecy TAIPEI 詳細未定
7月9日(土) 香港
HITEC Rotunda 3 詳細未定
7月10日(日) 香港
HITEC Rotunda 3 詳細未定
7月23日(土) 福岡
Zepp Fukuoka 17:00/18:00
7月31日(日) 北海道
Zepp Sapporo 16:00/17:00
8月6日(土) 愛知
Zepp Nagoya 17:00/18:00
8月7日(日) 宮城
Zepp Sendai 16:00/17:00
8月19日(金) 大阪
Zepp Osaka 18:00/19:00
8月20日(土) 大阪
Zepp Osaka 17:00/18:00
8月27日(土) 東京
Zepp Tokyo 17:00/18:00
8月28日(日) 東京
Zepp Tokyo 16:00/17:00
Tamaki's DVD@amazon
livedoor×FLO:Q パック