クロスウォーカー久しぶりの「クロスウォーカー」の記事になります。

今年の5月でちょうどクロスウォーカーを着用し丸3年となりました。現在も愛用しウォーキングを続けていますよ。そのお陰か大きな病気もせず、不惑を迎えることができました。身体の変化などは後述するとして、まずはクロスウォーカーそのものについて書いてみようと思います。

買い足し続け10枚近くあったクロスウォーカーですが、現在は4枚だけになってしまいました。というのも、一応履けるものの機能性が失われるものが出てきたので。やはりモデルによって耐久性は、かなり違いますね。使用頻度にもよると思いますが、ローテーションして履いても「持ち」のバラつきが見られます。

ダメになってしまったものとして、“メッシュタイプ(BROS)”、これはわずか3ヵ月ほど。最初のほうに購入した高級モデルの“DAMS”、こちらも2年ほどでダメになってしまいました。生地感が編み込み風で凝っているので、そのへんから破れが見られました。あとスポーツモデルの“CW-X”、これはまだ大丈夫そうですが、生地の伸びやスレが目立ち始め、あと半年持つか持たないかという感じ。概ね1年〜2年でダメになってしまいます。クロスウォーカーは、それなりに酷使するアンダーウェアなので、消耗品として割り切ったほうが良さそうです。

耐久性に関しては、やはりスタンダードな“BROS”が一番。こちらは丸3年経っても生地に傷みなど見えず、若干ウエストの伸びはある気はしますが、機能性を失わずに履けています。これからの時期、メッシュタイプも涼しくて良いとは思いますが、耐久性がないのでオススメできません。(もしかすれば、私が購入したものは初期タイプのものだったので、新しいものは改善されている可能性も)。ノーマルのクロスウォーカーで普通に通気性もよいので、あえてメッシュタイプを購入するメリットは感じられませんね。
そして身体の変化。1年経過の時点で体重が-4.3kg、体脂肪が-6.2%となっていました。その後、体重がほぼ元に戻りかけ、体脂肪も増えたこともありましたが、現在では、1年経過時よりも落ちました。これはクロスウォーカーのお陰ばかりでなく、ここ1年ほど軽い筋トレとストレッチをやっていたのも効を奏したと思います。ただし、意識的な食事制限はしてませんが、毎日体重計に乗ってデータを記録しています。その陰でちょっとした身体の変化にも気がつき、自重できたような気がします。

それでも、クロスウォーカーだけでは、やはり限界がありますね。

ある程度体重が減ってしまうと、冬に備え体重は増え、春から夏に向けて減る、という生理的なものには抵抗できません。自分の場合、3ヵ月でかなりの成果がでて6ヵ月でピーク。なので6ヵ月続けて効果のない方は、厳しいかもしれませんね。クロスウォーカーの良効果により、他のトレーニングや健康法にも目が行き始めたので、そういう意味では視野が広がりました。

さて、174cm(現在40歳)の男が37歳からクロスウォーカーを履き、どう変化したか。

体重】 63.6kg59.0kg
体脂肪18.6%11.3%
腹囲】 79cm73cm
太もも50cm48cm


体重が4.6kg、体脂肪が7.3%、腹囲が6cm、太ももが2cm、それぞれ落ちました。さらにウォーキングを始める前(4年前)から考えると体重は12kg、体脂肪は10%以上落ちた感じですね。腹囲は測ってないので、わかりませんが、ジーパンのサイズが3インチは落ちましたよ。30代後半から始めてもこれだけ効果がありました。20〜30代は無論のこと、40代50代の方でも効果が出るのではないでしょうか。

これからもバンバン歩きますし、クロスウォーカーも履き続けます。続々と新しいクロスウォーカーも出てきてますし、そろそろ買い足して行こうかなと。女性用だけにあった、骨盤を支えて姿勢をよく見せる“シャキッと”タイプが男性用にも出たので、これも良さそうですね。購入した際は、またインプレさせていただきます。