アマがプロに挑めるチャレンジマッチ。プロのプレーを対戦相手として間近で見られるとても良い機会ですよね。さて、そんなチャレンジマッチの光景をご紹介します。 

スティーブン・ヘンドリー 先日エントリーしたヘンドリーと李とのエキシビジョン、その際に行われたチャレンジマッチだと思われます。割烹着を着た中国人女性がヘンドリーに8ボールで挑んでいます。

 では、ご覧ください。 



 食堂のおばちゃん(失礼!!)がスヌーカー界のスーパースターと勝負をするという、なかなかシュールな光景ですよね。正直そんなに上手くはないものの、残り1球の勝負まできたので善戦した部類ではないでしょうか。
ジャネット・リー そしてこちらはジャネット・リーのチャレンジマッチ風景。

 バーテーブル上で、こちらも8ボールで競っています。

 ジャネットがターンを渡した(4:30辺り)から見ものですよ。



 こんな色仕掛けされたらイレ続ける自信ないです…。エディさんはよく8まで辿りつきましたよねぇ。見せ場を心得ているジャネット、指定されたポケットへの8バンクもお見事。

 そして、こちらは子どもとの勝負。マイケル君という10〜12歳ぐらいの少年とジャネットが9ボールで対戦しています。



 さすがに子どもには色仕掛けは通用せず、マイケル君の勝利。

 それはそうと、マイケル君のブレイク、見習いたい…。思い切りの良いストロークしてますし、将来が楽しみな少年ですねぇ。ジャネットを本気にさせただけでも大したもの。

 チャレンジマッチの光景もそれぞれですよね。

 色仕掛けのあるチャレンジマッチは是非やってみたい!!