スーパーカット 逆ヒネリ 国別対抗チーム戦のときにご紹介した「シュートアウト」、カットを交互で入れ合うというもの。あの配置もかなり薄かったのですが、今回ご紹介するのは、一見、物理的にありえなさそうな配置。では、ご覧ください。



 90°を越え100°はあろうかという角度をスーパーカットしています。

 もうすこし距離が短く、的球が短クッションのセンターにある、カットはよく見かけるのですが、このアングルでのイレはスゴイ。逆を切ってカーブを上手くコントロールし、ジャストのタイミングで当たらないと出来ない球ですよね。

ス―パーカット 順ヒネリ さて、こちらは以前にも紹介しましたが、先ほどのが逆ヒネリのカーブを利用したショットならば、こちらは順ヒネリでスロウを相殺し、90°を超えるカットを入れるというもの。これ、本当にありえるの?ってな動画です。



 こういうショットを見ていると、見慣れない景色だからといって、イレがない、と決めつけるのは早計なのかも、と思わせますね。