2008年03月18日

美猫・コユキちゃん

 もうすぐ20歳になろうかというコユキちゃん。人間でいえば百歳くらいかな?真っ白なきれいなねこちゃんです。この頃少し弱ってきてもう時々しか餌を食べれなくなってしまいました。大好きなカニかまぼこも練り状にしてやっとすこ〜し食べれる程度。でも、トイレはちゃんと自分で行けるみたいで、さすがいくつになってもネコのプライド保っているってすごいな〜(^O^) 年をとってもコユキちゃんみたいにシャキっとしていたいですね。

  
Posted by tamagawavet at 13:06Comments(0)

2008年03月13日

あったかくなりましたね!

735dc69e.JPG 今年の冬はとっても寒かったから、お洋服を着てお家で、床暖でゴロゴロしていたワンちゃんも、そろそろしっかりお散歩できるようになりましたよね。冬の間ちょっと太ってしまったかも・・・?って思ったら、飼い主さんも一緒にダイエットするのもいいかも!・・・でも、仔犬さんはダイエットしないでね。いっぱい食べて、いっぱい運動してください。近頃、痩せすぎの仔犬さんいますよね。半年くらいまでは、食事は1日3回はあげましょう。

  
Posted by tamagawavet at 20:08Comments(0)

2006年08月13日

お盆

世間様もお盆休みに入りました。今年は14,15だけ休み…という所の多いこと。ちなみに当病院も14,15だけ・・・それも午後だけ休み。ってわけで毎日働く院長なのでした。あ、でも薬屋さんはお休みなのでフードの注文はできません。

盆を過ぎると家ではちょっとの間クーラーが切れるかな?という感じで涼しくなります。この時期のワンコニャンコは夏疲れ、クーラー疲れでお腹を壊す子が多いので要注意。帰省でお孫さんが帰ってきて、美味しいものをもらい過ぎて・・・なんて子が毎年お盆過ぎに何頭か居ます。くれぐれも暴飲暴食には気をつけて。

なんて書いている私も昨日は焼肉食べすぎて胃が痛い・・・さらにお腹が減っても胃が痛い・・・過去の十二指腸潰瘍と胃潰瘍の再発かしら?さらに蚊にかまれてかゆい〜〜〜っ!!O型、美味しいのかしら?

 

  
Posted by tamagawavet at 09:26Comments(0)

2006年06月17日

恋季節

にゃぁ〜〜っ♪(タケモトピアノ?)発情期がやってきました。毎夜起こされる飼い主さん、ご苦労様です。今回はちょっと恋の季節のお話を。

まずワンコの生理。ペースには個人差がありますが大体年1回から3回。期間は1週間から3週間。それ以上の場合、4ヶ月より短い周期で生理が来た場合は要注意!子宮の病気などの可能性もあります。

ニャンコの生理。発情はあれど生理の出血は無し。年に一応2回ですが、出産後すぐに次の発情が来ます。つまりは年2回ですが1回の幅が長い&何度も繰り返すのです。大体2週ごとの発情が2ヶ月…飼い主さんご苦労さん。ウサギとニャンは交尾排卵なので成功率ほぼ100%!怖くて外にも出せやしない。もし「うちのこ毎回生理の出血が〜」なんてあったら病院へ!

人間の生理。あぁ、もう嫌だねぇ。人間の医者は健康体の避妊はしてくれんのかなぁ…

 

  
Posted by tamagawavet at 12:26Comments(0)

2006年06月03日

病院ネコ勢力図

ぴかちゃんが亡くなってもうすぐ1年。病院裏庭のネコ勢力図はどうやらコロちゃんが制した模様。あのへたれコロちゃんが!?

昔々、10年ほど前のボスは白にキジの姉御「ミーコ」。彼女はけんかを売るものには容赦せず、新入りに優しく、まさしくボスでした。そのミーコが亡くなって勢力争いを制したのは病院最若手のピカ。ミーコの兄弟のラビも、片目のチビニャンも差し置いて…。彼は子供には優しく、裏庭を狙うオスには厳しく。入院猫や犬の面倒も見てくれる兄貴。そして今のコロちゃん。何と言うか…この子に番が張れるのか?何となく順番に「ゴッドファーザー」→「仁義なき戦い」→「極悪がんぼ」って感じで、レベルが落ちている気がするのでした。

  
Posted by tamagawavet at 16:11Comments(0)

2006年06月02日

フィラリア予防シーズン

フィラリア予防シーズンがスタートしています。最近増えているんですよフィラリア症。「うちの子お散歩行かないから〜」なんて甘い甘い!美容院にも病院にもいきませんか?飼い主さんは蚊を連れて帰って来ることはありませんか?皆が予防していれば罹る可能性は減るかもしれませんが、予防率はまだまだ低いんです。毎年実家の子もワクチンとフィラリアの予防は欠かさない!とは言え『あんなに大事にしているのに何で予防しないんだろう?』って飼い主さんには勧めるかどうか悩みどころ。これを見ていたら自分から言って〜と思う、気の弱い獣医師のぼやきでした。

  
Posted by tamagawavet at 20:05Comments(0)

2006年05月02日

かゆい〜!

f6f79196.JPG皮膚の痒み、発疹などで病院に来られるときは、シャンプーせずに連れてきてください。カビやダニなども一時的に洗い流されて、検査をしても正しく結果が現れません。「今、シャンプーしてきたところです。」って来られる方、意外と多いんですよね。『かゆい』といっても原因はいろいろです。痒みの原因をきちんと調べて、正しく治療してあげましょう。  
Posted by tamagawavet at 20:30Comments(0)

2006年04月25日

ちびにゃんの受難

tibinyan

春です。人間では花粉症の季節。よく聞かれますが動物にも花粉症はあるんです。(最近になってですけどね)私たちのように鼻グスグスではなく胃腸に来ることが多いそうで、つまりはくしゃみするのは花粉症ではないことが殆どだそうです。じゃぁこの時期の鼻のグスグスは??ネコの場合、発情期に行動範囲が増えるため伝染病からくる鼻グズが多くなります。(予防欄参照)病院ネコちびにゃんは毎年ワクチンを打っていますが、産まれた時に片目を潰すほどの重症だったために後遺症として残ってしまっているのです。それでは治療…という訳でインターフェロンに抗生剤を注射され、とどめは鼻を通すための点鼻薬され、「はい、くしゃみして!」。『そんなもんできるか〜!』というちびにゃんの声が聞こえそうです。嫌な事をされてヨダレダーダーなちびにゃんでした。

 

  
Posted by tamagawavet at 12:48Comments(0)

2006年04月24日

気がつけば

もう4月です。狂犬病です、フィラリア予防です(もうちょっと先だけど)。

フィラリア症については予防欄参照で、って事で蚊が出て1ヵ月後から予防しましょう。

病院に新人さんがはいりました。覚えることはいっぱいで大変です。

そのうちゆっくり登場させましょう!お楽しみに。

 

  
Posted by tamagawavet at 09:44Comments(0)

2005年10月28日

ひも食べちゃいました〜

b69068db.JPG遊んでいるうちに、いつの間にかヒモを飲み込んでしまいました。吐けないし、ウンチにも出ないし、そのうち血便が出たり、気持ち悪くてご飯もだんだん食べなくなってきたので、しかたなく手術をすることになりました。幅5ミリ位のなが〜いヒモが出てきました。手術後の経過も良く、回復に向かっています。でも、点滴は嫌いみたいです。(猫、5才くらい、オス)  
Posted by tamagawavet at 11:00Comments(2)

2005年10月26日

犬のワクチン

735dc69e.JPGワクチンを打った後は、今日一日はできれば外出などしないで、よく見ていてあげましょう。ワクチンを打った後に具合が悪くならないとも限りません。特に、仔犬の時は気をつけてあげましょう。何か変わったことがあれば、すぐにワクチンを打ってもらった動物病院へ連れて行ってあげましょう。病院の休診日の前日に接種するのは避けたほうが良いかもしれませんね。  
Posted by tamagawavet at 20:16Comments(0)

2005年10月19日

ブラッシング

1af24fbd.JPG

 毛玉がいっぱいできてしまった為、来院。

今の時期は、換毛期(毛の生え変わる時期)で、まめにブラッシングしてあげないと毛玉ができてしまいます。放っておくと皮膚病になってしまう可能性もありますので、気をつけましょう。ブラッシングは、皮膚病の早期発見にもなるので、習慣づけたいものです。

  
Posted by tamagawavet at 20:20Comments(0)

2005年10月04日

天高く

ポメ朝晩少し涼しくなって、わんちゃんたちにとってお散歩も快適になってきましたね。食欲も出て、しっかり運動してしっかり食べて、健康でいて欲しいものですが、食欲が出て、すっかり肥満になっちゃいました。なんて事にならないように気を付けましょう!  
Posted by tamagawavet at 20:32Comments(0)

2005年09月12日

薬の飲ませ方 その2 〜液剤〜

d9b6f39c.JPG
片方の手で鼻先を少し持ち上げるようにし固定します。
もう片方の手にスポイトを持ち、犬歯の後ろに差し込んで液体をゆっくり流しいれます。少し鼻先を持ち上げたままにします。
  
Posted by tamagawavet at 19:52Comments(1)

2005年08月26日

薬の飲ませ方 その1 〜錠剤〜

bca0bb9d.JPG犬猫の場合、上あごを固定して、少し持ち上げるようにして口を開きます。
口の中の、なるべく奥のほうへ錠剤を入れます。
口を閉じさせて鼻先に息を吹きかけ、舌で鼻を舐めるのを確認したらオッケーです。  
Posted by tamagawavet at 18:13Comments(0)TrackBack(0)

2005年08月23日

今日子犬が来たの

cb743d5e.JPG 子犬が家に来たらすぐにでも遊んであげたいでしょうけど、ちょっと待ってね!  
Posted by tamagawavet at 20:03Comments(0)TrackBack(0)

2005年06月22日

ピカちゃんさようなら

f10752e4.JPG ネコのピカちゃん天国へ逝っちゃいました。ここの病院の看板ネコでしたが、一週間ほど前、ふらっと何処かへでかけて、4〜5日帰ってこないと思っていたら、帰ってきて二日目に逝きました。お世話になった仲間にお別れの挨拶回りしてたんですね。長い間、皆さまにかわいがっていただきまして本当にありがとうございました。  
Posted by tamagawavet at 11:03Comments(1)TrackBack(0)

2005年05月17日

プッチ君

c303f5b7.JPG今日はフィラリア予防の薬をもらいに来ました。去年の最後に飲んだ日が少し早かったので、念のため検査をしました。ちょっと気の強いプッチ君ですが、ちゃんと血をとらしてくれました。検査結果も異常なかったので、良かったね。ちゃんとお薬のんでね(●^o^●)  
Posted by tamagawavet at 19:46Comments(0)TrackBack(0)

2005年05月16日

ノミ

fd63bb8b.JPGペットに寄生し、血を吸うノミ。不快な痒みを与えるだけでなく、ノミアレルギー性皮膚炎になって、脱毛や湿疹、発赤なども引き起こします。また、ノミがネコの口に入ると、瓜実条虫という寄生虫が腸管内で繁殖します。ノミの駆除にはネコの体に寄生しているノミだけでなく、周囲環境(ジュータンや、ソファーやベットの下など)に潜む幼虫やサナギの駆除も忘れないであげて下さい。  
Posted by tamagawavet at 20:54Comments(0)TrackBack(0)

2005年05月11日

この頃あったかくなってきたけど〜

bb2366c5.JPGこの時期ワンちゃんの飼い主さん達はちょっと忙しいかも知れませんね。そろそろ蚊も飛んでいるところもあるようですし、お散歩の途中で蚤なんかと仲良くなって痒い〜なんて言ってるワンちゃんいるんじゃないですか?フィラリア予防もノミの予防もとっても簡単です。予防薬の種類もいろいろあるので、そのワンちゃんに合うものを動物病院の先生と相談して、選んであげてください。かかってしまったらとっても厄介なものですから、ちゃんと予防してあげてくださいね!!  
Posted by tamagawavet at 19:23Comments(0)TrackBack(0)