こんばんはだっぴ(^0^)/ 今日は両金杯をまとめて回顧してしまいますっぴ('◇')ゞいやぁ、新年早々やられてしまいましたっぴ・゚・(つД`)・゚・。

★中山金杯

1△シャドウゲイト
2−アサカディフィート
3−ブラックタイド

全着順・配当は→コチラ
レース映像は→コチラ

ハロンタイム:12.6-10.8-12.6-11.6-12.2-12.1-12.5-12.6-12.2-13.2
上り:4F 50.5 - 3F 38.0

今年の金杯は雨の中重馬場で行われる。レースはワンモアチャッターが逃げる意外な展開に。番手に控えたシャドウゲイトが4コーナーで先頭に立つとそのまま後続をどんどん突き放し2着のアサカディフィートに7馬身差をつける圧勝。1000万下快勝の勢いそのままに重賞初制覇を成し遂げた。

勝ったシャドウゲイトはレース自体は快勝したが、馬場が味方した印象もある。2番手からのレースで、最終的にメンバー中2位の上がりを計上したのがそれを物語っている。ラップタイムを見ても最後はいっぱいいっぱいになっているように、今回の勝利でこの馬が本当に強い!!とは言い難い。ただ、先行馬が総崩れの中でのこの快勝は評価できるし、番手でレースができたのは収穫。しかし何でこの馬が単勝3番人気だったんだろう…。新聞の推定オッズだと50倍とかもあったのに…。大口投票だったっぴかね?当たった方はおめでとうございますっぴ(^0^)/

2着に突っ込んできたアサカディフィート。メンバー中1位の上がりで追い込んできたが、勝ち馬にあのレースをされたら届かない。しかし、老いて尚盛んとは良く言ったものだ。9歳でトップハンデを背負っての2着は立派。得意コースなら終い確実に伸びてくるだけに、中山・京都のレースに出てきた時は常に警戒しておきたいっぴね。

3着のブラックタイドは復帰後毎回善戦はするものの勝ちきれない。今回も2着はあるかと思っていたが、最後差されて3着。G靴覆蕕泙世泙世笋譴襪、この内容だとG兇砲覆襪箸匹Δ…。もしAJCCに出てきたら武豊騎手鞍上でも嫌ってみたい。

4着に入ったロジック。復調気配とも言えるが、離された4着なだけにどうか。アグネスタキオン産駒は一度頭打ちになるとなかなか復調でしてこない印象がある。まだしばらく様子見か。

5着のフォルテベリーニはこのメンバーで良く頑張っている。ローカルの重賞なら十分狙えるだろう。中央場所だとこれが精一杯か…。

本命に推したマヤノライジンは8着。先行して積極的なレースをするも、直線で半ばで力尽きた。初めての中山コースが影響したか。今回のレースは馬場が馬場なだけに参考外。次に人気が落ちたらもう一度狙いたい。

6着に敗れたトウショウシロッコは追い込み一辺倒な脚質だけに、この展開はキツかった。馬体が増えていたのも影響したか。馬体が絞れていれば次も狙いたいが、勝つ姿までは想像できない…。2,3着候補として狙ってみたい。


今回の中山金杯はかなり馬場悪の中行われたので、着順などは参考外でも良さそう。今回惨敗した馬の巻き返しも今後十分ありそう。


★京都金杯回顧

1▲マイネルスケルツィ
2−エイシンドーバー
3−サクラメガワンダー

全着順・配当は→コチラ
レース映像は→コチラ

ハロンタイム:12.3-11.2-11.7-12.2-11.6-11.0-11.6-12.3
上り:4F 46.5 - 3F 34.9

レースは積極的に逃げる馬がいなく、マイネルスケルツィが押し出されるように先頭に。そこから淡々としたラップを刻み、直線でも良く粘り、襲い掛かる後続を抑えて昨年のNZT以来の重賞制覇を成し遂げた。

勝ったマイネルスケルツィは自分のペースでレースを運べたのも大きいが、やはり得意条件なら走る馬だっぴね(^0^)/ ただ、開幕週で前が残る馬場も味方した感じだっぴね…。それとラスト3ハロンのタイムが徐々に落ちていっているのが不満だが、馬場状態(やや重)を考慮すれば問題ないっぴかね…。今後も右回りのマイル前後のレースなら安定したレースを見せてくれそうだっぴね(^0^)/ もしかしたらこの後高松宮記念に出るようなことがあったら軽視したいっぴ(;´Д`)個人的にこの馬は左回りでは用無しだと思っているので…。あ、あと大先生新年早々重賞勝利おめでとうございますっぴ('◇')ゞ

2着に入ったエイシンドーバーは中団から鋭く伸びての2着。休んで調子を取り戻した印象だっぴ。これまでの成績を見ると大敗したのはG気琉妥諜念のみ。今後もG掘腺猫兇覆藹淑戦えていけるっぴね(^0^)/

3着のサクラメガワンダーは2番手から粘りこんだ。マイネルスケルツィに最
後突き放されたレース内容には不満が残るっぴね。まだまだ上を目指すには力不足だっぴね。でも、関西圏のレースでは常に安定しており、今後も関西圏のレースに出てきたら押さえておきたいっぴね(^0^)/ 

4着には追い込んできたマルカシェンク。しかしね、開幕週で前有利な馬場で最後方から大外ブン回しで届くわけがないっぴよ…。今回は赤木騎手の騎乗ミスと言っていいと思うっぴ。もう少し前でレースできたら突き抜けていたかもしれないっぴね。でも競馬に「たられば」は禁止だっぴね…(;´Д`)敗れはしたけど1番強い競馬をしたのはこの馬。次はもう少し積極的なレースをしてもらいたいっぴね。この馬は次走も狙いたいっぴ(^0^)/

5着にはスズカフェニックス。直線でゴチャついてしまったのが残念。まともなら馬券圏内には入っていただろう(競馬に「たられば」はk(ry)。重賞でも十分やれる力は付けているし、次走は頭まであるだろう。しかし幸騎手は中央の重賞だとダメだなぁ…。

1番人気のキンシャサノキセキは6着。道中掛かりっぱなしだったのはが痛かった。まずは気性面の成長を待ちたい。重賞だとまだ力不足なんだっぴかねぇ…(;´Д`)

本命のホッコーソレソレーは8着。スタートでやや出遅れ、直線外に出すロスも痛かった。しかし、同じぐらいの位置にいて同じようなコース取りをしたマルカシェンクが4着に来ているところから見ても、まだこのメンバーで勝ち負けするには力不足か。できたら次は安藤騎手が乗ってください…(;´Д`)

人気の一角だったフサイチリシャールは13着惨敗。直線いい感じで追ったが全く伸びず失速。目に見えない疲れがあったのかも!?松国先生、そろそろ休ませてあげたら…?


結局暮れに阪神を使っていた馬が上位を占めたっぴね。来年以降も前走阪神組は注目した方が良さそうだっぴね(^0^)/ あと、ホッコーソレソレーはずっと追っかけることに決めましたっぴw今年はホッコーソレソレーと心中だっぴw


まずは案の定、金杯で惨敗…(;´Д`)ガーネットSで更に傷を深める予感…。毎年相性がいいシンザン記念で負債を取り戻したいっぴね…。

ランキングに参加しています。最近ランクダウン気味なので、良かったら応援のクリックポチッとお願いしますっぴm(_ _)m

クリックはコチラ→人気blog ranking