瞬き、終わりました。

始まったと思ったらすでに終わって5日です。
なーんにせずに地味に部屋のゴミを拾ったり・・・。

明日はしゃきっとしていろいろなところへお礼に行ったりそれようのお買い物をしたりなど、きちんとすごします。


観た頂いたお客様に「よかった」と言って頂けるのがなによりも嬉しいです。うれしいけどすこしこころもとなくなります、私は。


照明も音も舞台美術もすべて喜安さんが考えて具体化してくださいました。わたしは何の役にもたたず。おまけに美術館とのやりとりも喜安さんでした。


こうしてわたし自分の無力をしるのです。ひとさまにご迷惑をかけて・・・。


でもね、ほんとうに作品はこれまでで一番好きな作品です。台本を読み合わせしながら泣いたのは生まれて初めてです。



この作品にかかわったくださいました皆様。わがままを聞いて下さった若山美術館のみなさま、なによりも銀座まで足をお運びくださいました皆様、本当に本当にありがとうございました。


深澤千有紀
 

タマゴ第1回公演 朗読と劇「 瞬き-またたき-」

※公演終了までこの記事がトップにくるようにしておきます。


タマゴ第1回公演
(主宰:深澤千有紀)


朗読と劇「 瞬き-またたき-」

作演出:喜安浩平(ナイロン100℃ ブルドッキングヘッドロック)

もうすぐ祖母が亡くなる。母が、叔母が、襖の向こうで語り合っている。縁側から夜空を見上げれば、無数の星が瞬いている。

田んぼを抜けて冷たい風が頬を撫でる。ついつい気持ちよくて、星を数えてみたりする。

ふと、見たこともない祖母の人生が、瞬いて見える。
よし、「祖母座 」でも作ろうか。祖母の瞬きが消えてしまう前に。

 

期間とお席状況
●10月2日(土)15:00--×
●10月2日(土)19:00--×
●10月3日(日)13:00--×
●10月3日(日)16:00--▲あと少し
●10月3日(日)19:00--×      
 全5ステージ  

会場 若山美術館 東京都中央区銀座2-11-19國光ビル

出演 ◇ Itsco,井内ミワク(はえぎわ),川上友里(はえぎわ) 藻田留理子,永井幸子(ブルドッキングヘッドロック), 深澤千有紀(ブルドッキングヘッドロック)

チケット発売開始 ◇ 9月11日(土)
チケット料金 ◇ 前売当日ともに1500円
チケット取扱 ◇ チケット予約フォーム(←ココ。シバイエンジン)、タマゴ
問い合わせ ◇ タマゴ tamago_info@yahoo.co.jp 


※会場には靴を脱いでご入場いただきますことをご了承くださいませ。 

瞬き、始まりました

おはようございます。あんだけずーっと雨だったのに。昨日今日と晴れてて嬉しいです。

昨日始まりました。今日で終わってしまいます。さみしい。


キヤスさん、美術館の方々、共演者みんなに感謝。

今日1日頑張ります。

チラシ地図のことと会場の椅子のこと

こんばんは。いや、おはようですね。お伝えするのは2点。
深澤です。

なんと、ついこないだ作成したときに目印とした若山美術館近くのコンビニがampmからファミリーマートに返信していました。なので、チラシをお持ちの方、ファミマ。どうかご確認くださいませ。
以前わたしがこのブログで説明した銀座駅A13出口から会場までの説明文はこちら

もひとつね。
全席自由の今回。前列と後列しかないのですが、前列のお客様は以下のような椅子に腰をかけていただきます。
100922_161151
女性の方、ミニスカートだと足があらわになるやもしれません。気になる方はおズボンでいらしてください。また、やはり暑がり寒がりのかた、脱ぎ着可能な服装で。暑がりのわたしは、他の全員が長袖の中、汗だくです。 エアコンは効かせるつもりですが、体感温度が人それぞれですものね。

このような時間にブログを更新しておりますが。本番前のいつものこと。台詞、当日運営の事などなど脳内循環中。

ちっとも頭の回らないわたしはいろいろな方々の助けを得ています。かなりのわりをくっているのは喜安さん。今、私は自分の芝居のことにしか時間を割けないでいる。

こんな頼りない主宰で申し訳ないけれど、瞬き、昨日最後のページがあがってきました。台本初見で自分の喋る番がきているのにきづかぬほどに気持が揺れたのは実は初めてです。

今は、いろんな方の助けを得る事でしか、過ごせません。
がんばります。晴れよ来い。
 

お席状況:9/29現在

大急ぎで更新。お席状況のみ。

期間とお席状況
●10月2日(土)15:00--×
●10月2日(土)19:00--×
●10月3日(日)13:00--×
●10月3日(日)16:00--▲あと少し
●10月3日(日)19:00--×      
 全5ステージ  

お席状況:9/27現在

こんばんは。28日から会場の若山美術館さんをお借りしてお稽古です。終日。こじんまりと楽しい会になれば、と思います。あと4日。


すみません、何か書く、という頭の容量が今あまりないので、お席状況のみですみません。実際明日会場に入ってみて増やせればここに載せますが3日の13時&16時の回以外は売りどめにさせていただいてます。あまりにも窮屈なのは、いかがかしら?と思ってまして。 

期間とお席状況
●10月2日(土)15:00--×
●10月2日(土)19:00--×
●10月3日(日)13:00--▲ほんのあと少し
●10月3日(日)16:00--◎かなり大丈夫
●10月3日(日)19:00--×      
 全5ステージ  

お席状況:9/26現在

稽古より今帰宅。写真まったく撮れず。
そして、お席状況がまた少し変わりました。なのでそれだけお知らせいたしますね。
時間が足りません。

●10月2日(土)15:00--×
●10月2日(土)19:00--×
●10月3日(日)13:00--▲あと少し
●10月3日(日)16:00--◎かなり大丈夫
●10月3日(日)19:00--▲あと少し      
 全5ステージ 

お席状況と稽古場写真

先日若山美術館さんにおうかがいして会場の寸法をはかり、以降ずっと稽古場では会場と同じスペースの中で芝居しております。で、前回の日記でも申しましたが、わたしどもとの距離や芝居の伝わり方などのこともいろいろ考えてお席数を変えました。しましたら。以下のような状況なのですね。


一番上の公演詳細の部分にもまったく同じ内容を入れておきました。


今からご来場をお考え頂けます際にはご考慮くださいますと助かります。

●10月2日(土)15:00--×
●10月2日(土)19:00--▲あと少し
●10月3日(日)13:00--○大丈夫
●10月3日(日)16:00--◎かなり大丈夫
●10月3日(日)19:00--○大丈夫      


といった、感じに初めての企画公演は出演者のみんなとか演出の喜安さんの助言であたふたしながら様々な事項を決断してます。 

稽古場では
100924_1910_01
柔軟運動をし(呼びかけたら顔を隠されましたが永井幸子さん)
100924_1911_03
とにかく台本を眺め
100924_1910_02
実際にやってみる。

今日もこれから稽古。もう少し上手に写真撮れるようにします。 

上演時間は

100923_1940_01
わたくし深澤はぼそぼそ自分の台詞を言っていると。
気づけば、ボイストレーニングのような風でいらっしゃる。
100923_1939_01
喜安さんがピアノを弾けるのをわたしは知らなかった。


台本は徐々に。面白い。


そう、今日お問い合わせメールがありました。
上演時間について。60〜70分と考えてます。

素敵な時間を共有できますように。
銀座、若山美術館にてお待ちしております。

チケットフォームはこちら

お客様と私たちの距離を確認しつつ作品づくり中

100922_1938_010001
みんなで見ているのは、稽古場の諸注意で、「みだりに私語をして他人の邪魔をしない事」という文言に驚いているところです。
100922_1938_02
 で、その拡大図がこの井内ミワクさんです。落語家さんみたいです。

台本がうっすら見えますか?もらった台本は数回読みまして既に立ち始めます。本番まであと・・・9日しかありません。


稽古の前に永井幸子さんと会場の若山美術館さんへ。寸法やら役者の動線がどう可能になるか、を確認させて頂きに。実際にお借りする椅子を見せていただいたりしました。


で、ですね。いざ稽古場でみんなで喜安さんと確認。稽古場の椅子を並べてみて、芝居してみると、ありゃりゃ意外とお客様に沢山入っていただくのは、厳しいのかしら?


稽古中に台詞を言いながら、空いている人間が客席の位置に座り、お客様が近すぎるよ、と感じないかどうか。シーンを返しながら「気持悪くならない?」と聞いたり答えたり。まだまだ考える事がやまほど。


結構、演じ手とお客様が混在するかもしれません。それらを込みで楽しんで頂けるような作品にしていけたらな、と思います。


といったような事を考えていたらもっと沢山稽古場の様子を写真におさめるつもりが2枚だけでした。明日からはたくさんお伝えできるようにいたします。

というわけで、結論を言うと、客席数を改訂します。お席の残数具合も変わりますので、その様子なども近々こちらで分かりやすくするつもりです。公演を打つという初めてのことに、バタバタしておりますが、いろんな方の力を借りて進みます。

チケットフォームはこちら
 

なぜ「タマゴ」という団体名なのかというと

100922_0046_01
ちょうどそのとき、目の前にあったのだ、と言うのが本当です。
今回企画をするにあたり、作・演出を依頼した喜安浩平氏に何か命名してください、と言ったそのときに。ま、実はウズラでしたけども。

初めて、会場の若山美術館さんに見学に行った帰りのこと。なんでもこの辺に美味しいカレー屋さんがあるのだ!と喜安さん。んで行ったのが「3丁目のカレー屋さん」(←これはPC版)※携帯版ははココ。ウズラがついてたのは牡蠣のカレー。牡蠣のお出汁が効いていてさっぱりとでも食べがいのあるそれはそれは美味しいカレーでした。ま、実際そのとき食べてたのは永井幸子さんで、この口コミサイトも彼女から教えてもらったのですが。わたしが食べたのは焼きチーズカレー(両方美味でも牡蠣はすごく美味)。


で、タマゴと。耳心地も楽しいし白いし、で気に入りそうなりました。


写真は、見えますか?どうでしょう。会場の若山美術館から徒歩5分弱。牡蠣のカレーは13時以降。ランチにいかがでしょ?そしてその後、「瞬き-またたき-」を観にいらしてくださるというフルコースもありではないでしょか?わたくしどもももう一度食べにゆきたいわね、などと言い合っております。

今公演のチケットフォームはこちら


 
タマゴ
チケット予約フォーム

ただいま発売中です。
QRコード
QRコード
tamagosan
  • ライブドアブログ