11月のインコ菜園です。

トレーは2つ、ほぼ小松菜ですが、ちらほらタアサイやレタスも見えます。
PB051293

色も濃くておいしそうです。
PB051285
気温は、寒いと10℃を下回りますがここは日当たりのいい場所なので今月中は大丈夫そう。

雪が降ったら家の中でも無理だろうな~(^▽^;)

ほぼ毎回、毎日のように2羽のごはんに入っている小松菜。

寒さに強く、思っているよりも栄養豊富です。

関連記事:9月のインコ菜園 小松菜の栄養



はるちゃんも最近は野菜たっぷりのごはんでも嫌な顔をしなくなりました。

6月から手作りインコごはんをはじめて6、7,8、9、10、11で約半年。
PA262095
発情のイライラなのか水入れをぶちまけたりしてますがごはんに八つ当たりしなくなりました(笑)

チラッ
PA262096

2羽の大好きなバジルさん。もうヤバそう~~でももう少しがんばって(^▽^;)
PB051277
大きい葉はもうかなり固いので新しく出てくる小さい葉を少しだけ入れています。

寒くなってきて、ブロッコリースプラウトの成長も夏より3倍ぐらい時間がかかるようになりました。

夏は、朝種をまいたら、夕方には芽が出てたんですが、いまは3、4日かかります。

ブロッコリースプラウトは楽だし、使い勝手もいいので最近は朝のシードにもチャチャッとカットして混ぜたりもしています。

ブロッコリースプラウトの育て方はこちらの記事で↓

関連記事:インコ菜園の様子と新しい味に挑戦、手作りインコごはんでの2羽の変化

PA090636

最近わたしがちょっと気になっている研究の情報を少し。

ミネソタ・メディカル・スクール大学でポリフェノール類のフラボノイド「フィセチン」が老化細胞のレベルを減少させるというマウス実験の研究がありました。

老化細胞レベルを減少、記憶力の向上、寿命や健康状態を大きく改善・・・なんだかすごくよさそう。

夏ぐらいのものなので新しい情報ですね!!

「フィセチン」はリンゴ、イチゴ、タマネギ、キュウリ、柿、など野菜や果物、ほかにお茶にも含まれているそうで

リンゴ、イチゴが特に多いようです。

この研究情報を頭に入れて、インコにNGな野菜や果物以外は、もう少し取り入れていこうかな。

キュウリやリンゴなんかがいいかもな~と思っています。

リンゴは10~12月がまさに旬の時期。

そういえばリンゴ何個は医者いらずとかなんとか昔から言いうのはあながち間違いではなかったんだなああ~~~って。

キュウリはよく買うし、2羽も大好きなのでこの先小松菜が育たなくなってもごはんに使いやすい食材です。

換羽以外でも積極的に食べさせたい野菜ですね。

換羽の時、サプリメントも大事だと思いますが、野菜の力はやっぱりすごい。

これからシニアに入っていくきみちゃんは特に野菜のごはんで元気にシニアをすごせるような体をつくっていけるといいな。



きみちゃんは3、4歳の時に大きく体調を崩したことがあります。

5歳の今、これからの体調管理にミスがあるときっと寿命にも大きくかかわると思っています。

例年のようにぼーっと過ごしているとわたしのことなのでまた凡ミスが・・・

そうならないように1日1日毎日しっかり確認。夜は2回、ケージ内の温度を見に行きます。

これからくる寒い冬をのりこえて、春になったらイチゴをみんなで食べよう!



ちなみに「フィセチン」は人間にも効果があるようです。

長々とお付き合いありがとうございます( ̄▽ ̄;)

こういう研究とかの話は好きなのでついつい長くなってしまう~


いつも遊びにきてくれてありがとうございますლ(╹◡╹ლ)

ブログランキングに参加しています☆
にほんブログ村 鳥ブログへ

Instagramやってます
tamagono_nakami
お気軽に#followme~♡




インコ菜園ほかの記事はこちらから
P3200132-1