♬・里山を歩く会・♫

      活動の記録とメモ

歩きたいところ・行って見たいところ情報満載! 
  http://tokyo-satoyama.jp/  
  http://machida-guide.or.jp/nature_event/
  http://www.sato100.com/?page_id=133

第38回 里山を歩く会 「ヤギ牧場~五柱神社・巨樹大杉」 養沢エリアを歩く

東京最後の秘境と言われている「養沢の里」。
その一端のエリアを14名で歩いてきました。その活動記録です。

・資料2 ヤギ牧場 7月の「アサココ」タウン誌にここ養沢のヤギ牧場の記事が掲載されていた。これは里山を歩く会で使える情報だ・・!とひそかに温めていたものです。当会のスタッフ4名でミーティングをして、一度下見に行こうということが合意され、10月末開催を目途として中旬に出かけてポイントや休憩場所、見るべきチェックポイントなどを見分し、情報をまとめて開催案内、参加者募集を公開しました。
昼食休憩場所としてあきる野市営「養沢センター」の利用と途中の移動に際してのマイクロバス手配も確保できたので、全体像のイメージが出来上がった。


今回の催行に際しての目玉
養沢・ヤギ牧場 ②五柱神社にそびえる巨樹の大杉 ③瀬音の湯至近の石舟橋。これらを結ぶ養沢の里・乙津花の里を歩く来ました。

催行日  2022年10月27日(木)a参加者名簿
参加者  14名(別添参加者名簿の通り)
催行詳細案内 (別添催行案内の通り)
歩数計による歩数 16716歩と表示されていました
             「注」家を出てから帰宅まで
bウオークマップ 








ヤギ牧場
PA270249_512若いご夫婦が切り盛りしていて、山奥のどん詰まりの場所でヤギ24頭と生活されている。
生まれて1年未満の子ヤギたちは、広い高台のところで生活していて、私たちが行くと一斉に降りてきて、歓迎してくれた。メィメィと鳴く声がなんとも言えない癒しとなる。
まるで私たちの来るのを待っていてくれたかの如く、出迎えてくれた。


・・星野1_512・・福谷2_512・PA270229_512私たちを歓迎のため、上の小屋から降りてくる





かわいい、実にかわいい。その子ヤギたちをバックにして、PA270233-1_512私たちは集合写真を撮る。

養沢ヤギ牧場チーズ_01奥村2_512



うらの小さな工場でチーズを作っていて、これがまた美味で、多くのチーズコンテストに入賞されている。






昼食
PA270260_512中島3_DSC_0838_512ヤギ牧場から降りてきて30分ほどのところの「養沢センター」を利用させていただき、おいしいランチタイム。気持ちもおなかも一息ついたところで、中島6_DSC_0845_512マイクロバス古林3の配車をお願いしていたので、途中のウオークを端折って、次のポイントの五柱神社への入り口まで運んでもらう。この区間を歩かず移動できたことは、時間もさることながら、肉体的疲労を避けられ、時間の余裕も確保でき、的確な対応だったと思う。

五柱神社
奥村5_512奥村6_512PA270271都内有数の巨樹、大杉が目玉。樹齢400年以上、幹回り8m余、高さ50m以上。村全体を見下ろす高台に鎮座していて、上り下りが急坂で、足にかかる負担はかなりのものだった。
神社そのものは、ただ社があるだけで境内といえる境内はなく、大杉だけがそびえて居るところだった。
この大杉は確かに一見の価値はある。木の肌に触れてみるとぬくもりに近い感触を感じる。
よくもまぁこんなところにこんな大きな杉の木が、生えているものだと不思議なくらいだ。

石舟橋
東海林3_512石田3星野5_512








五柱神社を後にして、乙津花の里エリアを散策、道端に出ている農産物直売の品々を求めたり、花々を写真に収めたり思い思いのスタイルで、瀬音の湯に到着。
帰路のバスは、十里木停留所から乗車するので、もう一息そのバス停まで石舟橋を渡ってバス停着。一息つく間もなく乗車予定のバスが、定刻より2分早く来たので全員乗車して、終点武蔵五日市駅に到着する。

ここで解散。今日一日のウオークは終わりました。
反省材料はいくつかありますが、次回以降に生かしていきたいと思っています。



参加者の皆さんから寄せられた写真スナップ集

(1)ヤギ牧場
渡辺千3福谷4_512石田1石田2









PA270228_512・PA270253_512PA270235_512PA270238_512PA270239_512PA270240_512PA270241_512



PA270242_512





PA270243_512PA270244_512PA270245_512PA270246_512PA270247_512奥村3_512三品2_512


中島7_DSC_0779_512

渡辺千2中島 1_ひげ自慢だ~_512










(2)ウオーク風景

PA270213_512PA270214_512PA270219_512PA270220_512PA270227_512福谷5_512中島5_DSC_0907_512中島2_DSC_0730_512福谷1_512














(3)五柱神社
PA270266_512PA270267_512奥村5_512奥村6_512飯野0_512福井1





















(4)沿道スナップ
古林1 - コピー渡辺千1 - コピー東海林2_512 - コピー飯野1_512 - コピー福谷3_512














PA270223_512PA270226_512PA270256_512PA270257_512PA270273_512
星野3_512








中島8_DSC_0798_512
福井4星野4_512福谷6_512








第37回 里山を歩く会「茶の香り・狭山大茶畑を歩く」

前回・前々回に続き、今回もこの上ないお天気に恵まれ、広々とした大茶畑をおいしい空気と茶の香りを胸いっぱいに吸って「狭山茶のふるさと」入間の大茶畑を歩きました。

  ◆催行日 2022年5月30日(月曜日)快晴
37里山ウオークマップ 参加者名簿・催行案内(jpeg)  37茶畑風景1
P5300257_640
JR八高線・金子駅を10:15分にスタート。しばらく川沿いの道、町中を歩いて丘陵地帯に入ります。 
この林間一帯は加治丘陵「緑のトラスト・唐沢流域樹林帯」と言われ、地元の「埼玉緑のトラスト協会」によって管理されているようです。
P5300259_640P5300263_640

今回のウオークコースでもっとも急登で竹林が続き、獣をとらえる籠などが設置されていて、少し息の上がるほどの道でした。登りきると左側からの道と合流し、それからは平たんな道となり、心地よい山林山間の道が続きます。しばらく急坂を上ってきましたが、見事な竹林の中を歩いたので幾分気持ちも軽いものがあったといえるでしょう
ジョギングされるランナーの方々が数名走り去っていき、元気な様子に見入って、私たちは歩いて最初の休息ポイントの金子神社を目指して、樹林帯を抜ける風を受けながらゆっくりと歩きました。

P5300271_640
最初ののぼりの時だけがちょっと心配でしたが、全員登り切って安心したものです。
金子神社につきました。神前にはお賽銭箱がありませんでしたが、保安上の措置かなと思い賽銭なしで頭を下げ柏手を打ち、今日のウオークに大事ないことを祈願しました。
ここで20分ほどの小休止。腰を下ろして一息つき、おやつと水分補給。元気を取り戻して次のポイント地点を目指してスタート。足取りは言うまでもなく快適快適、道標の整備された山道を歩きました。大きな木が大きな根っこを引き抜かれた状態で横たわっていましたが、避けながら皆慎重な足取りで歩を進めました。
P5300279_640
一息ついてここを出発したのが11時。次の八幡神社まで30分足らずで着きました。
これから先の行程を考えるとき。少し早いがここで昼食をとることにして、思い思いに散らばり、楽しく食事を済ませました。

ここから新茶製造元の「茶工房比留間園」に向かい、12時過ぎに到着。3年前にお邪魔した時の若奥様とご主人のお二人に出迎えていただき、しばしお茶にまつわるお話を伺い、新茶の試飲を楽しませていただきました。玄関先の天井にはツバメが巣を構えヒナを育てている姿に、全員癒されました。
思い思いに新茶を買い求め、お二人にお礼の挨拶を済ませて、いよいよ今回のメーンである「大茶畑の中をウオーク」を楽しみながら歩きました。

埼玉県茶業研究所に前もってアポをいただいたいたので、茶畑を横切る形で研究所に向かいました。訪問することには了解をいただいていたのですが、「たいしてお見せできるものはありませんよ」と聞いていたので、大した期待を持たずに訪問して、ここでしばらくゆっくりする時間が過ごせました。

P5300307_640
あとはゴールの金子駅に向かうだけです。茶畑を抜け住宅街に入り、生産農家の無人売り場の野菜を買い求めながら、駅までの平坦な舗装された道を歩いて無事駅に到着。

拝島で下車。ここで今日の里山を歩く会の全行程を終わり、解散といたしました。
あとは有志のものが反省会と称して、乾いたのどを潤す居酒屋に入ってビールで乾杯。
お互いのコミュニケーションに話の花が咲きました。


以下参加者からの投稿写真をアップしますのでご覧ください。
                  (順不同・敬称略)
◆石田久生
石田久生 (1)石田久生 (2)石田久生 (3)
石田久生 (4)石田久生 (5)石田久生 (6)

◆東海林巳芳
東海林己好 (1)東海林己好 (2)東海林己好 (3)東海林己好 (4)

◆星野茂角
星野茂角 (1)星野茂角 (2)星野茂角 (3)

◆福谷三郎
福谷三郎 (1)福谷三郎 (2)福谷三郎 (3)福谷三郎 (4)福谷三郎 (5)

◆三品和彦
三品 (1)三品 (4)
三品 (2)三品 (3)三品 (5)

◆依田由恵
依田由恵 (2)依田由恵 (1)

◆山浦政子
山浦政子 (1)山浦政子 (2)山浦政子 (3)

◆浜田美智子
浜田美智子 (1)浜田美智子 (2)浜田美智子 (3)

◆橋本晴美
橋本晴美 (1)橋本晴美 (2)橋本晴美 (3)橋本晴美 (4)橋本晴美 (5)

◆神保和子
神保和子 (1)神保和子 (2)神保和子 (3)神保和子 (4)


集合写真
   金子神社前      茶工房比留間園     茶業研究所
集合写真 (1)集合写真 (2)集合写真 (3)

反省会
反省会 (1)反省会 (2)反省会 (3)

                                      
                                                              -完ー                        


第36回 里山を歩く会 「ならばい谷戸-小野路丘陵を歩く」

・催行日時  2022-04-25(月) 10:00~16:30
・コース場所 町田市内に残る、多摩ニュータウンの開発を免れた小野路の里山をあるき、タケノコのお土産付き、ピアノの生演奏を聴くウオーキング
・集合  多摩モノレール「多摩センター」駅 10:10
・参加者 14名
・昼食  小野路宿里山交流館名物の「コロッケ付きうどんセット」
・今日の天候 今年一番の暑さ。でも快晴に恵まれ程よい汗をかく
36参加者名簿&催行案内   36ウオークマップ

小野路一帯は、当里山を歩く会のホームグラウンドです。
これまでに何回もコースを変え歩いてきました。
これからも時期を変え、季節を愛でながら歩いてまいります。
いろいろな谷戸があり、適度にハードなアップダウンがあり、変化に富んだ私たちシニアにとっては絶好のハイキングエリアです。
様々な谷戸がある中で、今日は最も負担の少ない初心者向けの、やさしいコースを歩きました。
新緑に目を楽しみ、耳に鶯や姿こそ見せない小鳥たちの鳴き声を聞き、歩く仲間とは楽しい会話を弾ませながら、日常から離れた環境・場所に心を洗われ、「この花なんていうの? あっヨモギだよ カエルの鳴き声はするけど姿が見えないね…など、ある意味童心に戻り、山里に声をこだまさせながら、楽しいハイキングの歩を進めました。
途中世話人の地図の読み間違いで、本来歩く予定のコースを大きく外れ皆さんに負担をおかけしてしまったことは、誠に申し訳なかったと思います。予定のコースは添付した地図の黒線の道なのですが、実際に歩いたのは赤線のルートでした。そのことを浅間神社に着くまで理解できてなく、リーダー失格の汚名を着せられても弁解の余地はありません。

お天気は最高に恵まれました。真夏を感じさせられるほどの気温でした。
前回の清瀬・柳瀬川のお花見ウオークの時も当日は素晴らしい天候に恵まれました。
今回も催行前後の天気はあまりよくありませんでしたが、催行当日は見事に良い天気に恵まれたこと、里山を歩く会のメンバー皆様のお陰と、感謝しています。
この種のイベントは、「天候とメンバーに恵まれればそれだけで90%成功」と言われます。メンバーの皆様とご縁のありがたさに改めて感謝です。
コーヒーをいただき、ピアノの生演奏を聴き、お土産のタケノコをいただき、帰りのバス停でバスを待ちました。
朝と同じく多摩センター駅で解散の区切りをつけ、あとは有志で反省会。
ほとんどの皆さんが参加され、きょう一日を振り返っての話題や、その他もろもろ話題に事欠くことなく、のどを潤しました。

長いコロナ禍の中で、里山を歩く会の活動も制約され、自粛を余儀なくされてまいりました。
出かける機会の少なさでストレスも溜まっていました。
最近のコロナの落ち着き具合で当会も少しづつ、活動を始めてまいりましたが、引き続きコロナ対策の基本を守って実施しています。

早く制約のない時間が戻ってきてくれることを願ってやみません。
暫くは参加員数の制限も致し方ないと半ばあきらめています。

参加された皆さんのスナップ写真をご覧いただいて、多少なりとも当日の楽しさや雰囲気を感じ取っていただければ幸甚です。


▼参加した皆さんのスナップ写真
(1)石田さん
石田1石田2石田3石田4石田5石田6石田7←ピアノカフェ・ショパン会場

(2)東海林さん
東海林2東海林4東海林5東海林6東海林1←今日のタケノコ筑前煮

(3)福谷さん
福谷3福谷1福谷2福谷4

(4)星野さん
星野1星野2星野3

(5)飯野けい子
飯野けい子1飯野けい子2飯野けい子3

(6)井手和子
井手00

(7)奥野冨久子
奥野1奥野2

(8)奥村矩子
奥村 (1)奥村(2)奥村(3)奥村(4)奥村(5)

(9)熊坂弘子
熊坂1熊坂2熊坂3

(10)栗田さん
栗田1栗田2栗田3

(11)神保さん
神保1神保2神保3

(12)溝口さん
溝口1溝口2溝口3

(13)渡辺さん
渡辺1渡辺3渡辺5

渡辺2渡辺4


スナップ特集
・36里山タケノコ・ピアノ (35)_800・36里山タケノコ・ピアノ (33)_800・36里山タケノコ・ピアノ (19)_800・36里山タケノコ・ピアノ (28)_80036里山タケノコ・ピアノ (45)_80036里山タケノコ・ピアノ (46)_800
・36里山タケノコ・ピアノ (32)_800・36里山タケノコ・ピアノ (53)_80036里山タケノコ・ピアノ (57)_800



     ピアニスト(伊藤富貴子さん)

      ・36里山 伊藤富貴子(5)_800


   集合写真
   ・36里山タケノコ・ピアノ (58)_800 ・36里山タケノコ・ピアノ (15)_800


感じたこと・ワンポイントコメント
星野00 渡辺00 石田00  栗田4 熊坂00 心身ともに癒された一日でした。






第35回 里山を歩く会 清瀬・柳瀬川長堤満開の桜を歩く

この日を置いて「好天に恵まれた日は無い」というほど快晴・無風・温暖な条件に恵まれました。絶好のウオーキング日和でした。
なだらかに流れる柳瀬川沿いには、カタクリの群生地、オタマジャクシ、甲羅干しの亀、蛇の青大将、そして満開の桜の下で踊っている桜の妖精の乙女、網を持って小魚やザリガニを追いかけるかわいい保育園児など、歩きながら様々な情景に恵まれ、16人の私たちは陽春の日差しを受け思い思いにカメラを向けながら歩きました。
皆さんに伺うと歩行万歩計で1万数千歩の数値を示したそうで、アップダウンこそありませんでしたが、かなり長い距離を歩きました。
お昼は金山遊水公園のベンチでおいしくいただき、ゆっくりしました。
その時、YDさんが「あっ ヘビだ !・・・」と指をさして示してくれました。食事中の面々はどこだどこだと食事もそこそこにカメラを持って走り寄り写しました。
皆さんのアップ写真をご覧ください。木の枝に横たわっている結構長い「青大将」だそうですが、蛇を直に見たのは何年繰りのことだったでしょうか。

オミクロンから「BA-2」にまた変異したというウイルスによる第7波の蔓延が心配されていますが、マスク着用・三蜜防止に努め、十分な間隔をあけて歩きました。
反省会は清瀬駅前の居酒屋で、乾いた喉を潤し今歩いてきた話やよもやま話に、ここでも満開の花が咲きました。

今回の参加者募集に際しては、2時間そこそこで定員に達し、世話人としてはうれしい悲鳴でしたが、コロナや感染のリスクが解消して、定員枠設定に縛られることのない日が早く来てほしいと念じています。
今回は多くの方々に現地下見や現地の情報、地域観光Mapなどを提供していただきました。この場を借りて厚く御礼申し上げます。


・催行日時  2022-03-30(水) 10:00~15:30
・コース場所 清瀬市内を流れる「柳瀬川」流域のカタクリの花・桜を見て歩く
・集合  JR武蔵野線・新秋津駅10:00
・参加者 16名
1参加者名簿&催行案内2清瀬散策コース1_00013清瀬散策コース2_0001集合写真1_640



★ スナップ ★
  ①カタクリ群生地カタクリ連結   ②満開の桜桜連結
  ③水辺の風景  水辺連結   ④春の妖精 4




◆ 参加者の写真集 ◆

・古林 繁さん
小林4 小林3 小林2小林1 

・東海林巳芳さん
東海林1カタクリ 東海林3 東海林5 東海林9 東海林11 東海林13 東海林12 東海林14ヘビ

・染谷友之さん
清瀬3832TC(1000)清瀬3839TC(1000)清瀬3855(1000)清瀬3866T(1000)C

・福谷三郎さん
福谷1カタクリ福谷2福谷3福谷4

・松本誠治さん
20220330-新秋津駅(里山を歩く会)-img-5462-ts20220330-金山緑地公園(里山を歩く会)-img-5632-ts20220330-金山緑地公園(里山を歩く会)-img-5656-ts

・三品和彦さん
せせらぎ公園DSC03692金山緑地公園DSC03703金山緑地公園DSC03708

・熊坂弘子さん
1234

・栗田君子さん
P3300127_青大将640P3300147_640P3300193_640P3300197_640P3300202_640P3300022_640

・佐藤多美子さん
佐藤多3カタクリ佐藤多1佐藤多2佐藤多3

・野口都美子さん
IMG_0563IMG_0658IMG_0616

・浜田美智子さん
浜田1浜田2浜田3

・依田由恵さん
IMG_3974-1提出用IMG_4015-提出用IMG-3991-1-3青大将

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

◆番外情報

①橋本晴美さん
今回都合で参加されなかったが、地元にお住まいでほぼ毎日この界隈を散歩されているということで、今回のコースに対して非常に親近感を持たれ、桜の開花状況や地域情報とともに写真を送っていただきました。番外参加者として写真をアップいたします。
金山橋下流サクラ0324柳瀬川堤の桜2柳瀬川堤の桜11橋本晴美1オタマジャクシ橋本晴美3


②また、この里山を歩く会のblogをアップした後、ksnc会員のお仲間の方がお二人、このblogをご覧になって、「素晴らしいところだ。参加者募集には間に合わず参加できなかったので、一人でここに出かけて、こんなに近くにこれほどの場所があることに、思いを新たにした。」という投稿をいただきました。ここにアップしておきました。

ご本人がFacebookに投稿されたものを、こちらに転用させてもらった次第です。
ぜひ、ご覧いただきたいと思います。

★中嶋幹忠さん
   中島2中島110_DSC_1768_80009_DSC_2808_80008_DSC_1816_80007_DSC_1638_80006_DSC_1603_800


★奥村矩子さんも、後日おひとりで出かけられたということが、ご本人からfacebookに投稿されていました。 盛りは少し過ぎていたらしいのですが、近くにこんな場所、穴場ですねと感心しきりであったようです。

その時の写真を送っていただきましたので、ここにアップいたします。
参加メンバーの写真に勝るとも劣らない素晴らしい写真です。
柳瀬川1 (1)柳瀬川1 (2)柳瀬川1 (3)柳瀬川1 (4)柳瀬川1 (5)柳瀬川1 (6)柳瀬川1 (7)







第34回 里山「小野路ならばい谷戸」を歩く

■参加者名簿&催行案内■小野路マップ+里山とは PC060093_512

コロナ禍の落ち着いている12月、里山を歩く会では本年納のウオーキングを開催致しました。
・催行日 2021年12月6日(月)
・参加者 14名
・集 合 多摩センター駅 10:00am
・コース 小野路ならばい谷戸~展望広場~里山交流館~関谷の切通し~   
      布田道~別所~聖蹟桜ヶ丘    歩行距離 約7㎞+ 

PC060095_512昨日までお日様の温かい日差しの好天でしたが、今日は曇天、天気予報では念のため折りたたみ傘を持参されたほうが・・・と報じていましたが、幸いにも雨に見舞われず、歩くにはむしろ良いほうでした。
10時多摩センター駅集合。10:30分の日大三高行きPC060099_512バスで扇橋下車。ここからスタートです。




  
PC060101_512ならばい谷戸とは、昔新田義貞が鎌倉攻めでここを通ったとき「者どもみな並べ~」と言って、兵を並ばせて点呼したということに由来しているとのことです。私たちはそのなだらかな道をゆっくり上っていきましPC060121_512た。気持ちの和む谷戸の風景を写真を撮ったり、色づく木々の葉に手を添えて触ってみたり、なかなか見ることのない炭焼き小屋に歓声を上げ、思い思いにカメラを向け、これが里山という自然に溶け込んで、コロナの日常を忘れて遊びました。

のどかな田園風景や雑木林をPC060134_512PC060133_512PC060137_512PC060141_512抜け、黄色い果実をたわわに実を付けた樹に足を止めながら、待望の展望広場に到着。ここで小休止。
お天気が良ければ横浜方面のランドマークが望めるのですがのどを潤しおやつをいただき、里山交流館に向かって再スタート


PC060020PC060131_512スタートしてすぐ、萩生田牧場があり、牛が放牧されています
広々と広がる田畑・風景はあたかも里山のキャンパスです。

                              PC060147_512
■食事風景「小野路里山交流館」に到着しました。
楽しい食事は交流館定番の「コロッケ付きうどんセット」。結構ボリュームがあり、お腹はいっぱいになりました。
  


食事を終わり、ここから関谷の切通し・布田道を歩く後半に入ります。

交流館から2~3分で、関谷の切り通し入口の標識。
ここを右折して本日一番の登坂にかかります、登りきったところが切り通し。背丈を凌駕する左右の切り立った土壁とその上に林立する竹林。
PC060154_512PC060155_512PC060157_512




PC060158_512布田道・関■関谷の切通1谷の切り通しは、その昔新選組の近藤勇や土方歳三などが、剣の修行に通った歴史的な古道です。その説明版が立っています。


PC060160_512PC060161_512
ここを下れば道なりに別所です。
別所でバスに乗り聖蹟桜ヶ丘に出ました。


ここで今日のウオークは終わり、互礼をもって解散といたしました。

この後、時間と都合の許す方で、反省会をもち久しぶりでジョッキを傾け■反省会風景乾杯!
おいしく喉を潤し、きょう一日の思いの歓談と次回への願望等を語り合ってしばしの時間を過ごしました。
時間的には小一時間ほどでしたが、ちょうどよい時間配分だと思います。

けが人や故障者がなく、皆さんそろって完歩しました。無事帰宅されました。
世話人としてこれに勝る安堵はありません。

長いコロナ禍で二年近く開催することができませんでしたが、先の横沢入りに次いで、今年やっと二度目のウオーキングでした。
今年はこれでお仕舞。
この期に及んでまた変異ウイルス「オミクロン」が発生してきています。
どうぞ第6波が来ませんように。切に願うところです。
来年無事に開催できることを願ってやみません。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

皆さんからの投稿写真・スナップ(五十音順)
・新井陽子さん
アルバム

・石田久生さん
小野路宿、名物手打ちを満喫し菜の花や、ススキ従え鮮やかに




「ぽっとん」の順番を待つ里の暮


・熊坂弘子さん
kumasaka (4)kumasaka (1)kumasaka (2)kumasaka (3)kumasaka (5)











・東海林巳芳さん
shouji (1)shouji (2)shouji (3)



・福谷三郎さん
fukuya (1)fukuya (2)fukuya (3)fukuya (4)fukuya (5)








・三品和義さん
関屋の切通し2021.12.06見晴らし広場手前2021.12.06奈良ばい谷戸2021.12.06布田道小野路側口2021.12.06








・依田由恵さん
yoda (1)yoda (2)yoda (4)ヨーダ (3)











・福井直枝さん
hukui (1)hukui (2)hukui (3)









・神保和子さん
jinnbo (1)jinnbo (2)jinnbo (3)jinnbo (4)jinnbo (5)jinnbo (6)









■久しぶりに今回参加した感想から
  
今回の里山、小野路からならばい谷戸の散策はとても歩き易く気持ちの良いコースでした。お陰様で里山の原風景を思い切り味わうことが出来ました。‎また、久々に参加会員の皆様と顔を合わせての交流が出来、とても楽しいひと時となりました。 ‎

②‎おかげ様で楽しい1日を過ごさせていただき有り難うございました。

晩秋の里山ウォーク、落ち葉の上を歩きながら長閑な風景に接し、コロナ禍を忘れるような気持ちの良い一時を過ごせ感謝一杯でした。有難うございました。

参加者の皆さまが満足されたウォーキングでした。小野路コースは穏やかでゆったり歩ける気持ちがいいルートです。初参加の方も満足されたようで歩くことに自信が生まれたようです。

おかげさまで多くの方と出会え、大変楽しい一日を過ごさせていただきました。オミクロンが大したことなく、また早めに里山を歩けるとよいですね。


⑥楽しい時間を共有できてありがとうございました。
 反省会はコロナ禍でなくても中ジョッキ一杯くらいが丁度いいですね。
 夕飯の支度にも支障なく帰れました。 

ウオーキングには最適の気候で、全て印象に残る楽しい一日でした。来年の再会を楽しみにしております。

⑧何年ぶりかでゆっくりと落葉の初冬を堪能いたしました。
お仲間も和気あいあいと、お昼をいただいた交流館も素敵でした。
土蔵にも足を延ばし、ゆずが軒にぶら下がっているのも良かったです
皆さんに感謝です。またの企画を楽しみにしています。



ギャラリー
  • 第38回 里山を歩く会 「ヤギ牧場~五柱神社・巨樹大杉」 養沢エリアを歩く
  • 第38回 里山を歩く会 「ヤギ牧場~五柱神社・巨樹大杉」 養沢エリアを歩く
  • 第38回 里山を歩く会 「ヤギ牧場~五柱神社・巨樹大杉」 養沢エリアを歩く
  • 第38回 里山を歩く会 「ヤギ牧場~五柱神社・巨樹大杉」 養沢エリアを歩く
  • 第38回 里山を歩く会 「ヤギ牧場~五柱神社・巨樹大杉」 養沢エリアを歩く
  • 第38回 里山を歩く会 「ヤギ牧場~五柱神社・巨樹大杉」 養沢エリアを歩く
  • 第38回 里山を歩く会 「ヤギ牧場~五柱神社・巨樹大杉」 養沢エリアを歩く
  • 第38回 里山を歩く会 「ヤギ牧場~五柱神社・巨樹大杉」 養沢エリアを歩く
  • 第38回 里山を歩く会 「ヤギ牧場~五柱神社・巨樹大杉」 養沢エリアを歩く