第4回目の講習でイベントに参加してきました。


お店に入る前に参加者の女性らしき人が2人いました、

河木さんと1人の子が知りあいのようでした。

そのままお店の中に行くと、主催者の方しかいなかったので、

一旦部屋を出たのですが、河木さんに意見を聞き、

戻って入り口で会った女性の隣に座りました。

今思うとこの選択は正解でした。

参加者のうち主催者以外の女性はほとんどおらず

後は全員男性という男女比の偏ったイベントでした。

 

僕はとなりに座った黒髪の和風な子をターゲットにしました。

河木さんの知り合いの女の子と河木さんも近くに座りました。

女の子は久しぶりにこういったイベントに参加したみたいで、

何となくテンションが高く見えました。

事前に河木さんと話し合った今回の課題を意識して、

女の子や周囲の人と話しをしました。

 

最初のうちは、隣の和風の子と楽しく話していましたが、

反対側にいたそこそこイケメンの男性が会話に割り込むようになってきて、

女の子達との会話の主導権を握ってくるようになりました。

こちらが和風の子と話をしていても、大声で「それって~でしょ」、

見たいな感じで参加して、自分の話をして女の子達を自分の側に引きこもうとします。

女の子もそれに参加してしまい、僕との会話が途切れることが何度もありました。

この男はくだらない冗談を結構言って、女の子からもよくイジられて盛り上がっていました。

中盤はこの男性の勢いに、若干呑まれてしまったと思います。


河木さんとこっそりメールのやり取りをしてアドバイスを頂いたので、

なんとかくじけずに和風の子と会話を続けていけましたが、

僕一人ではこの流れに負けていたかもしれません。


ただやり返してやったぞ、と言うのもありました。

それは、この男があまりにも会話の単語(地名とか)に割りこんで来るので、

僕が、僕の住んでいるOOでは何かありました?と聞いてみると、

男は別にないな~と言ったので、

周囲から女性に関することだけはよく知ってるんだね~、

と冷やかされていて、気分が良かったです。

 

その後席替えがあり、和風の子からだいぶ離れた席に移ってしまいました。

イケメン男は和風の子の近くに残り心配しましたが、

河木さんが和風の子の近くにいたので、男からガードしてくれているように見えました。

遠くからでも、河木さんと和風の子も含めた周囲がだいぶ盛り上がっているな~、

と羨ましく感じていました。

途中僕がトイレに行くと、和風の子がいきなりハイタッチしてきました。

だいぶ楽しく酔っ払っている感じでした。

こんな雰囲気を作るなんて、河木さんはさすがだなと思いました。

トイレから帰ってくると、河木さんがなんと近くに席を用意して待っていてくれました。

これは全然予想していなかったでびっくりしました。

このおかげで僕もこの集団に参加することが出来、会話のチャンスが出来ました。

 

本当に些細なことでみんな盛り上がっていて、

あんまり深く考えなくても、盛り上がることは出来るんだなと実感しました。

和風の子はかなりハイになっていて、ボディタッチもしてくるし、

こちらからしても嫌がらない感じでした。

今までの人生であまりこういう盛り上がる場面にいることが少ないので、

ちょっと戸惑いましたが、すごく楽しかったです。

早くこういう雰囲気を当たり前のものにして、

自分で雰囲気を作れるようになりたいと思いました。

河木さんの女性を笑わせるツッコミもすごく勉強になりました。

そのまま楽しくイベントが終わり、番号交換しました。

 

河木さんは終電のため先に帰り、女性達が帰るのに合わせて僕も一緒に帰宅しました。

もう一人の子が別の路線で帰ったので、和風の子と一緒の電車で帰りました。

途中結婚の話題になったので、彼氏はいるのと聞いてみると、

気になる人がいるとのこと。ちょっと残念でした。

その後も過去の恋愛話などをして、今度また話しようよと誘ってみるも、

みんなとがいいな、と軽くバリアを張られてしまいました。

帰宅後のメールでも「みんなで」を強調しておりガードが固そうです。

 

それでも、今回のイベントはすごく盛り上がりましたし、

河木さんのメールでのアドバイスや、

河木さんの会話などいろいろ勉強になりました。