たまきんです。

毎年、釣れ釣れカラーとなっている「TOMMYオリジナルシリーズ」

2010年 クロダイ用TOP ジャクソンRA-POP「みどり」発売(完売)
このルアーがきっかけで、クロダイTOPに火がついたといっても過言ではありません。
DSC_0276

2012年 満を持して?発売となったクロダイ用ペンシル フェイキードッグDS「スイカカーニバル」(完売)
DSC_0277

TOPのコンセプトである『楽しい釣り』にプラスして『釣れる』カラーを作りました。

良く釣って、楽しんでいただけたカラーでした。


2012年 冬 ダイワ ランカーハンターLH15 『日本海SP』
DSC_0278
15cmの2フック、しかもST56#1 34g 流行と逆のファットなボディ。

重量&あまりの抵抗故に、キャストできるタックルを選ぶww 売れるのか?

一部の業界の方(複数)からは『よりによってそのルアーですか??苦笑』とプレッシャーも。

しかし、激釣れ・・・話が話を呼び・・・完売。

2013春 ダイワ ショアラインシャイナーSL14F&R50SSRが只今大人気中
DSC_0279
シャローランナーで今時期のサーフにぴったりでシーバス・ヒラメに活躍しています。
売り切れのLH15と並び、ピンク3兄弟になりました。


そして、2013 7月 トミーオリジナルカラーシリーズに新たな仲間がラインナップ!

シマノ サイレントアサシンシリーズで登場です。
0109ef93ea4e85c1a79edfb2e9333624DSC_0261

まずはサイズ 99F 140F 160Fの3サイズで作りました。

XM-099J 99mm14g フローティング 30〜80cmレンジ
OM-140F 140mm23g フローティング 60〜70cmレンジ
XM-160K 163mm32g フローティング 40〜80cmレンジ
ここで疑問が・・・スタンダードな1番売れる129Fは何故作らないのか?(笑)

何故129Fを作らず、売れない160Fで作ってしまったのか???

大いに疑問な部分です(爆)

でも、そこには理由があります。

理由:とっても良く飛ぶのは当たり前ですが、とても釣れちゃったから!!です。

実は160Fを使用していたアングラーは、かなりの釣果を出していたのです。

ジャークしてもバランスを崩さず、荒れた冬の海のシャローでもはるか沖からシーバスを引きずり出してきます。

IMGP0419
実際にこの時なんかは160の「何か」がこの魚を呼び寄せてくれました。
この直後に、樋浦が場所パクで掛けてバラシた魚も、やはり160

他のルアーでバイトすらない状況で、ヒットした1本です。

万能なルアーはいくらでもありますが、何かに特化したルアーは強い。

それが、飛びなのか、泳ぎなのかはその時次第ですが、やはり「160という大型」という強みを特化させたサイズ。これは譲れません。

飛べば、波打ち際から下がることも可能です。

釣れるけど売れないサイズ。。それが160です。

売れないけど、可能性を広げるサイズ。。それが160です。

で、カラー紹介。4色展開となります。
0109ef93ea4e85c1a79edfb2e9333624

まずは TMクレイジーブラック(160・140・99)
DSC_0264
シリーズ唯一のタテホロ採用の強烈アピール仕様。どの角度でも激しく反射します。
DSC_0266
ブラックバック&ブラックベリー(ベリーはラメ入り)。
DSC_0265
ブラックマスクの部分を当初の予定よりも拡大した事により、シルバーキャンディー部分がより際立ちます。
シルエットもハッキリとする1本。


続いて、
TMクレイジーグリーン(160・140・99)
DSC_0262
3Dホロ採用のグリーンゴールドオレンジベリー。3Dホロは見る角度で光り方が違います。
DSC_0267
シーバスルアーのカラーリングでは殆ど見受けられないグリーンゴールド。
どちらかといえば、フラットフィッシュのイメージが強いようなカラーですが、実際にはナイトゲームのシーバスにおいては、驚異的なヒットカラーになる時があります。特に冬の濁り時に爆裂しました。
グリーンはチャートっぽいグリーンよりも、ライブカタクチに近い?イメージのグリーンです。
ローリング時に全体が鈍くフラッシングするような配色です。
DSC_0263
オレンジベリー採用。ラメは入れてません。
BlogPaint
この時13キャッチ(&リリース)。けっこう濁りきつい中、グリーンゴールドは強かった!


お次は、
TMスミシオチャート(160・140)
DSC_0272
シマノ定番カラーにも採用されないクリアーカラーの登場です。

ハッキリ言って『売れないカラー』(爆) 4兄弟カラーで必ず最後まで売れ残るカラーでしょう。

なのに、何故そんなカラーを作ったのか?
これは、クリアーの必要性を感じずにはいられない場面があるからです。
濁りの中では、なかなかバイトしないカラーでも、スミシオ(澄み潮)時に1人ヒット連発。。。
例えば月夜、常夜灯などの灯り、そこに加えての澄み潮。釣りをしていて必ず訪れるシチュエーションにマッチする1本。
DSC_0274
なんとなくわかるでしょうか?
DSC_0275
ボディーはクリアーながら、うっすらホログラムを纏ってます。
そして、イカがベイトになってる時。クリアーは強いんです。
DSC_0273
ベリーはクレイジーグリーンよりも抑えたオレンジベリー。

と、いろいろ書いても、結局一番最後まで売れないのはこのカラー(爆)

いいんです。使った人がクリアーの必要な場面に遭遇して、その1本を獲ってくれれば。


最後、
TMクレイジーピンク(160・140)
DSC_0268
寺泊周辺のスタンダードとなったピンクキャンディー。
クレイジーグリーン同様3Dホロを採用しました。キャンディーは薄め。
DSC_0270
ブラック同様、ピンクマスクで、全体的にシルエットはハッキリ出ます。
DSC_0269
ベリーはクリアーゴールドでラメ仕様。
もはや説明不要のカラーリングですね。


それでも、根本にあるものは『ルアー本来の性能が優れている』事です。

信頼して使用していただけるルアー・カラー。

ルアーケースのお供に是非♪

数量限定です。160は売れないので販売期間は長いと思いますが、140・99は・・・。

DSC_0283
けっこうお買い求めいただいてます。本当にありがとうございます。


                                  おしまい