この記事は、ボドゲ紹介アドベントカレンダーhttps://adventar.org/calendars/3266
の18日目の記事です。


17日目はキャロル公のエンデバー新版でした。

残念ながら旧版しか持っていませんが、
パラメータ管理が好きな人はたまらないゲームだと思いますので是非是非。



さあて・・・

去年のアドベントカレンダー(王と枢機卿:対決)ぶりですが、今年は何を書きましょうか・・・




この一年間、関東管領は色々な事がありました。







結婚したり・・・






子供が産まれたり・・・





胡椒袋が20年経って『フランチャイズ』の
名前でリメイクされたり・・・





ヤフオクで胡椒袋が33100円になったり・・・






あー

これでいきましょう


ボードゲーム紹介アドベントカレンダー!2018!

18日目の紹介は!!


IMG_8698


「「「「胡椒袋です」」」」!!!!




【胡椒袋ってなんやねん】

胡椒袋(豪商)は約20年前に、
クリストヴェルト・コンラート(ナゲット作った人)が世に出しました。

舞台は中世のヨーロッパ辺り。

当時は香辛料が大変高価であり、
その中でも最も象徴的な品は胡椒でした。
同じ重さの金と取引されてたとか。

その高価な胡椒を袋単位で持てるような豪商(胡椒袋)となって、多くの地域に影響力を持つ事が目標です。(ってしゅだっちさんが言ってた)

【ルール】
①自分の手番になったら、手元の大都市タイルを一枚ボード上に配置します。

条件は配置する大都市タイルと、配置する大都市の数字が一緒であること!

IMG_8689


※手元にタイルが無い時は、①はスキップされます。

②大都市タイルを見回して・・・・

自分の商館が1件でも建っているタイルを確認します。

IMG_8695


写真だと赤は三か所の大都市タイルに自分の商館が建っています。

この「タイルごと」に2つの選択肢があります

・その壱
お金が貰えます。

空いてるマスを確認して・・・

IMG_8690


そのマスに応じたお金が貰えます。

写真だと8の大都市では3×3の9金が貰えます

・その弍
お金を貰う事を放棄して、
自身の商館をもう一軒増やす事が出来ます。

IMG_8691


→この時、大都市タイル上の置けるスペースに対して、自分が過半数を獲得していると
(大都市が8なら5、7なら4軒目の自分の商館を建てると)、即決算が起きてタイルに書かれた数字の点が入ります。写真だと青が5点を貰えます

→この時、大都市タイル上の置けるスペースが全て埋まると、1番商館を建てている人がタイルに書かれた数字の半分の点が入ります。

③タイルの処理が終わると、
新規で一軒商館を建てられます。

建てられる場所は・・・



自身が建てていない大都市タイルか・・

このボードに描かれた小都市!

IMG_4218[1]


どちらも既に自身が建てた商館と繋がること、そして間の費用を支払う必要があります。

IMG_8693


例えばこことここ、
一手で商館を置くには28金必要ですが、

IMG_8692


間に小都市を挟むなら(二手)15金で済みます。

①、②、③を繰り返し。
大都市タイルが全て決算が起きるか、
小都市に全て商館が建つと終了。

点数の高い人が勝ちます。

【なんで好きなの?】

このゲーム、やってみると分かりますが、
悩みどころは陣取りとしての「どこに置くか」以外は、

②の時に「点を貰うか・金を貰うか」をどうするかに尽きます。




◯このラウンドは誰も来ないだろうし、お金を貰ってしまおう、

◯誰かが新規で建ててくるかも知れないから先に一軒商館を増やしておこう、

◯ここは暫く決算が起きないから、お金を貰うためだけに建ててしまおう、

これを毎ラウンド、自分がいる全ての大都市それぞれで判断します。

常に「点かお金か」を突きつけてきます。


アレアの傑作「フィレンツェの匠」は、
競りの報酬としてやはり点を貰うのか、お金を貰うのかを問ってきます。

去年のエッセン話題作「ヘヴン&エール」は
取得したタイルは常に「お金にするか」「点にするか」を選ばないといけなかったと思います。


多分そういうのが大好きなんですね。


胡椒袋に奇抜な要素はありません。
(マップは奇抜ですが)

『競りの無い電力会社』と評する人もいますが、このゲームのリソースはお金ただ1つです。


年々大量のリソースを、大きなフィギュアを、派手なシステムエンジンを搭載をしたゲームが出てきますが、

私はそれにひけを取らない面白さだと思います。


胡椒袋は確かに入手がやや難しくなりつつありますが、今年はリメイクの『フランチャイズ』が出るので、是非遊んでみてください。


明日?

あと1時間でぬん様の記事が公開されますよ!

それではまた。





来年はOne hundredに胡椒袋を載せますからね!!!!

私は本気ですよ!!



皆様ご無沙汰しております。

この記事はボドゲ紹介 Advent Calendar 2017
 20日目の記事です。


昨日はファボの速さに定評があるハルバラドさんの記事です。


私が初めて大森の大田非電脳系ゲーム倶楽部に行った時、最初にやったゲームが「ウォーターディープの支配者達」でした。


ウォーターディープ面白いですよね。

久々にやりたいな。





さて、皆さんこんなマークの会社をご存知でしょうかね。


IMG_4305[1]


ゴルドジーバーシュピーレ

それはかつてドイツで隆盛を誇った作品群・・


トイバーの大傑作「レーベンヘルツ」

ドラの線路引きゲー「一号線で行こう」

カルカソンヌに影響を与えた(?)「エントデッカー」

プレミアゲームの代名詞「十二星座ゲーム」

デロンシュのデビュー作品「ビックシティ」

テンデイズから再販もあった「ウントチュース」

年間ドイツゲーム大賞「ミシシッピークイーン」

ハインツ・マイスターのギャンブルゲーム「ピーナッツ」



2時間半級の大物から小箱(マネーとかニエットとか酔いどれ猫のブルースも元々はここだよ)、子供用まで今も残る人気作を出しました。





私が狂ったようにごり推ししてくるクリストヴァルト・コンラート作「胡椒袋」もこのメーカーですよ(^ω^)


IMG_4218[1]





しかし今日の記事はこれらではありません( ˘ω˘ )コショウブクロカキタカッタナ



じゃあ今日は何なのか、






おそらくこの記事を見るような人は一度は見たことがあるでしょうこちらです


IMG_4283[1]






ミヒャエル・シャハト作の王と枢機卿ですね!




今では日本語版が出てて購入しやすくなりましたが、これも元かつてはプレミアで手に入りづらいゲームでした。





今日はそんな王と枢機卿のご紹介です!





三人ゲームのベストにあげる人も多いでしょう。

逆に5人はイマイチ世間的な人気が無かったり・・・






・・?






・・・ん?







・・・・なんだって??







・・王と枢機卿くらい知っとるわ??







( ˘ω˘ )スマンナー






実は王と枢機卿の基本ルールを、この場で説明する気毛頭はございません・・







今日は個人的に推してる!





王と枢機卿の!



IMG_4303[1]






2人対戦を紹介したいと思います!!!!






王と枢機卿の2人用「王と枢機卿:対決」は

ゴルドジーバー版では通常版に付属されておらず入手難でしたが、

日本語版には初めからついてきます。

素敵!抱いて!






用意するものは

2人分の駒と・・・


IMG_4286[1]


IMG_4287[1]






第三勢力として

IMG_4288[1]



王の配下、国王軍が出てきます!







・・・







王様初登場なんだけど・・







今までの「王と」枢機卿は一体なんだったの?


国王はどこにいたの?


『枢機卿と枢機卿』だったのでは??


IMG_4284[1]





何しれっと通常版の箱絵にいんだよ!!!!!!!!!





IMG_4285[1]






漫画だって途中から出るキャラは
一巻の表紙にいねーだろ!!!!




分かったこと:王と枢機卿は対決になって初めて完成(違う)







気を取直して次に進みましょ( ˘ω˘ )


ルールとしての追加は大きく分けて2つです。



①使用したカードでの優劣争い


IMG_4300[1]



出番で使用した地域カードのうち1枚だけ・・


IMG_4293[1]



自分の手元に1枚並べて残しておくことが出来ます。
(今回は青を残しました)


その際に残した地域カードを相手と比べて・・・

【相手の並べている枚数を上回った】or相手の並べている枚数と並んだ】場合


IMG_4298[1]


その地域の影響カードを取り手元に置いておきます。


これがどんな効果があるかはまた後ほど



②国王軍の操作


自分の出番の後に国王軍を動かす事が出来ます。


IMG_4296[1]


常に国王軍を動かすためのカードとして三枚が場に出ているので、



カードを使って駒を1つだけ配置出来ます。

この時配置するのは修道院駒でも枢機卿駒でも構いません。

使用したカードは山札から補充されます。



この①と②が効果を発揮するのは決算の時



IMG_4295[1]

決算時、上のBurgundは通常ルールでいくと赤が点、青が3点、白が3です。


点と3点はプレイヤーに加点ですが、白の3点は誰に加点されるのでしょうか。


・・・そう


IMG_4301[1]



その地域の影響カードを最終的に所持しているプレイヤーに国王軍は味方をしてくれます!


これにより通常の王と枢機卿とはまた違った

思考が求められます!



そして中間決算で一回並べたカードは破棄・影響カードも返却し、

再度両者は国王からの支持を得るべく奮戦するのです。




ちなみに国王軍の枢機卿駒にはそういった効果はありません。単なるお邪魔コマです。(勿論非常に強力ですが・・・)





後は2人用だけで使える特殊カードもあります。2つの地域においたり、国王軍を先に動かしたり・・


IMG_4297[1]


以上が王と枢機卿:対決のルールになります。




一般的には、マルチゲームを2人でやる際の調整は、何かしらの簡略化をしてるように感じます。




本来のシステムからマイナスで作っているというか・・・



しかしこの王と枢機卿:対決にはそれがありません。

完璧にプラスの上に成り立っています。

それには少し興味を持ちました。


3勢力(国王)の扱いも、もっと凡庸なアイデアだと、単に「相手を邪魔するだけの存在」になっていたかも知れません。

そこを上手に、それもテーマに沿った要素を

入れてくるあたり、は流石人気作の拡張というべきでしょうか。




じゃあ実際の面白さはどうなんだというと、
私個人は王と枢機卿は2人プレイも
3人プレイに引けを取らない面白さだと思います。ᕦ(ò_óˇ)


なんなら大概の2人専用ゲームより

面白いと思います。


ぜひ皆さん遊んでみて下さいね。

ちなみに・・・

王と枢機卿2人用と聞いて・・・


IMG_4302[1]



こっちを思い浮かべた方もいるでしょうが・・・

それはまた別の話にて。



明日はishowtaさんの記事になります。
何が出てくるのでしょうか・・


それでは皆さんまた明日~








おーはよーございますー

5月の10日は第10回の開催でした。
今回からお部屋を予約できるようにしたので、参加者にも余裕が・・・??

ゲムマ後でしたけど、買ったゲーム持ってきてる人がいませんでした。意外だな?

それでは遊ばれたゲームです。


○なんとかかんとか建築ゲーム
私が到着した時点ですでに怪しい面子で始まってました。
分かっていることは去年のゲムマでボドゲ2000個持ってる人が2000円で買っていった「画商」と同じメーカーということだけです
IMG_0345[1]



○ガイスター
IMG_0346[1]

ランドルフ神の2人用。
自分の赤を倒してもらうか、相手の青を倒す。
侘び寂びを感じる。
プレステに付いてきたミニ版が欲しい

○ラー
IMG_0347[1]

色んな版が出てるクニツィアの三大競りゲー。3人でやるのいいよね。
アレア版結構レアなんですよ。

○ハイソサエティ
IMG_0348[1]

お金で得点を買うけど、お金を1番使った人は問答無用で脱落のえげつないゲーム。大勝負の親戚。

○バヌアツ
IMG_0355[1]

開幕でやる人を募集していたゲーム。
南の島で砂浜に絵を描いたり、ピンクのお魚を釣るほのぼのとしたゲームだよ。
一歩間違えると死ぬよ。
今度新版が出る。

○シップス
IMG_0350[1]

オー○モービルにパッと見似てるけど、全然違うワレスのゲーム。長いよ。でっ、何するゲーム?

○ビザンツ
IMG_0351[1]

小箱三大天(後の2つは、豆じゃないよ・マニトゥ)
実は一度しかやったことない。
箱絵のヒゲのおじさんが◎

○外人ダッシュ
IMG_0356[1]

ボザとルブラ。
まだやってない。

○な、なんだこれは・・
IMG_0357[1]


○画家ネズミのクレックス
IMG_0358[1]

多分そんな感じのタイトル
ディアシュピスタッフさんお気に入り。

○ジャポラン
IMG_0360[1]

日本のランキングで、どっちかというと4位とかその辺り当てたいやつ。
中学生あたりのテストかな?

○ナビゲーター
IMG_0365[1]

立ててみましたザ・ロンデル。
航海プレイが勝てないって?
当たり前でしょ海はロマンだよ。
2人とかからでも面白い。

○ムガル
IMG_0362[1]

シャハトの車窓から。
個人的にはボードのおじさんが気に入って買いました。
新版は結構変化があるらしいですよ。

○スパイフォール
IMG_0363[1]

あれ?しょっちゅうたってる・・・

○スピードカップ
IMG_0366[1]

名前あってる?見ればルールが分かるシリーズ

○ラック・オー
IMG_0368[1]

古典派。最近アバカスから出た「ゲームオブトレイン」はこれが元のシステムですよ。スタッフさんお気に入り2

○クイズいいセン行きまshow恋愛
IMG_0369[1]

正解の無いクイズゲー。
モテゲーモンドセレクション金賞。
実は収容人数が多くてゲーム会にも向いてる。

○ストライク
IMG_0370[1]

「オクトダイス」が始まる前からルールが怪しく協議終了したので、急遽登板。
実は1番六火亭で立ってるゲームです。

○ブラーノ
IMG_0385[1]

台湾からの刺客。何と二卓同時立ち。
アクションをするのに、お金を払う・色を揃える等縛りがきつい重ゲー。面白いよ。
レース工場主軸は無理。

○パッチワーク
IMG_0372[1]

綺麗なウヴェ様。
高級路線でも、低価格路線でもどうにかなるの面白いね。実は強いタイルがあるとか。

○ビックショット
IMG_0373[1]

競りで人のコマを「好きに弄ぶ権利」が手に入るえげつないゲーム。
ル・
アーブルと違って借金の怖さを教えてくれるね。

○壬辰の戦い
IMG_0399[1]

朝鮮出兵テーマのウォーゲーム。
補給とか、ダイス戦闘な所はウォーゲームだけど、
ユーロ的ロンデル・武将効果のテキスト感とか、色々混ざってる。最近押してる。

○なんだこれは・・・2
IMG_0377[1]


○ミスターダイヤモンド
IMG_0380[1]

テーマ、コンポーネント、システムどれも他の追随を許さないバース様のそこそこレアゲー。バーとかでやるとどうなるんだろ

○海賊組合
IMG_0387[1]

他人の海賊と協力して船を襲うゲーム。
実は初めて行ったオープン会(袋小路)でやったから、結構思い出深い。

○もっとホイップを
IMG_0383[1]

ケーキの切り分け問題そのまんまのゲーム。
わいわいするのもいいけど、全員本気だと頭痛くなる。

○アブルクセン
IMG_0386[1]

ちょっと流行ったクラマーのカードゲーム。
インスト結構伝えづらい。
所でこの動物狐じゃないんだっけ・・・

○メンバーズオンリー
IMG_0396[1]



○ハイパーロボット
IMG_0395[1]

こちらも遊ばれてました。
世界同時対戦が出来るすごいゲーム(しない)
ランドルフ様は偉大

N    F    M  !

○7つの紋章、7つの部族
IMG_0401[1]

7を4つ集めるゲーム。
もっとやりこむ必要がありそう

以上ですーo(`ω´ )o

主催の趣味嗜好の割には軽ゲーも結構経つから、立ててくれる人はすごい助かっております(mnmさんとか)

今度は5月の24日です!

というかこれを書いてる今日です。

それでは皆さんまた後ほど

↑このページのトップヘ