2008年10月14日

浜メグリ キャンドル

2f650385.JPG昨日
秋の浜メグリ キャンドルシェードにお絵かきWS参加下さった皆さん
キャンドルナイトでご一緒にゆっくりじかんをおすごし下さった皆さん
ありがとうございました☆
  
Posted by tamalele at 08:08Comments(1)TrackBack(0)

2008年10月11日

お詫びとお知らせ

1103e849.JPG
明日12日に予定しておりました
「浜メグリキャンドルシェードWS&キャンドルナイト」の日程を変更させていただきます☆

翌日の13日へ変更
時間割は変更無し

13日に予定していたライブペインティングはおやすみにします


風邪をこじらせてしまい
通院自宅療養しておりましたが、仕事してもよし☆とお医者さんからゴーもいただけました♪(ムリはしちゃダメと釘はしっかり刺されましたが)
準備など12日には間に合わず、日程の変更をさせて頂く事お許しください。

予定に入れて下さっていた方、関係者の皆さま
ご迷惑とご心配おかけして申し訳ありません


13日越前浜でお待ちしておりますm(_ _)m
  
Posted by tamalele at 14:52Comments(0)TrackBack(0)

2008年10月07日

浜メグリ キャンドルシェードWS

0e7084f4.JPG越前浜 浜メグリ
10月12日
10:00〜
おえかきキャンドルシェードWSします

チビッコからオトナまで
絵の具を使って思う存分おえかきしましょう

夕方から点灯
キャンドルに照らされた絵はとてもステキですよ


浜メグリ案内所から程近い古民家の庭先で

夕方からは冷え込みますので、あたたかくできる服装をご用意下さい☆

たくさんのご参加
お待ちしております!
  
Posted by tamalele at 19:31Comments(0)TrackBack(0)

2008年09月30日

秋の浜メグリ

10月8日から10月15日まで
越前浜に在住のクリエイターさんたちの工房めぐって
作品展示やワークショップ
工房公開など
ゆっくりのんびり秋の浜をめぐりませんか?

わたしもライブペインティングとおえかきWS&キャンドルデコで参加します☆

12日 10:00〜おえかきキャンドルシェードWS
17:00頃からキャンドル点灯
20:00頃終了

13日 10:00〜夕暮れ頃
ライブペインティング

浜メグリ期間中ミニマムなインスタレーションもエリアのどこかで展開します♪
ふらりふらりと会場のどこかしらにおじゃましてる予定なのでご都合合う方は一緒にゆるりとお散歩したりお茶したりしましょう。


お問い合わせは携帯の方か
コメントでおねがいします☆
ライブドアのメールは端末非対応になっておりますので見れなくなっておりますm(_ _)m

お会い出来るのを楽しみに
お待ちしております  
Posted by tamalele at 23:17Comments(0)TrackBack(0)

2008年04月21日

浜メグリ

d97760b9.JPG4月11日から20日まで越前浜で開催していた越前浜工房メグリはそめいよしのの満開から山桜の満開へと移りゆき

12日、13日とライブペインティングさせていただきました


浜の春は鶯やひばりの啼えとともにゆるやかに





次回ライブペインティングは
earthday越後
5月4日
ナカゴグリーンパークにて

賑やかに
大好きなアーティスト
大好きなお店が大集結です

ゴールデンウィークの予定に是非筆頭に☆
  
Posted by tamalele at 08:09Comments(4)TrackBack(0)

2007年12月21日

だいじだいじ

今年もFMportのクリスマスに
「だいじだいじ」紙芝居上演です!
23日新潟県立植物博物館(新津)
24日FMportスクエアにて

原画も展示だよ〜♪

紙芝居のストーリーはナビゲーターのhiroeさんとギリクン作。絵はわたくしtamaleleです☆

ラジオはportにあわせて下さいね♪
24日万代へでかけたらcosmixビル1Fへもお立ち寄りクダサイナ
わたしも昼過ぎに駆け付けます

詳しくはFMportのホームページをチェックしてください。

ヨロシクっ♪
  
Posted by tamalele at 00:40Comments(0)TrackBack(0)

2007年11月16日

巡る音、光、渦

df8ab478.JPG北印度古典音楽
cycles

おとといの夜のこと

でもまだ五感のあちこちに
音がめぐりつづけてる


「Omoi no kanata」
と名付けた絵をメインビジュアルとして採用して下さったりえさん。
ありがとう。

あの絵はわたしにとってとても想い入れのあるもので。
描いたのは六月。
cyclesでもキャンドルデコして下さった「灯遊」のイベントで描いたもの。
ここでまた共演できた不思議な偶然必然。

スティーブさんのサロード演奏。

慈愛、が。
静かな愛が。
熱い愛が。
くるおしい愛が。

目を閉じても開けていても実際にはそこにないはずの風景が見える。
わたしの中だけではなく生きて成長している想いと愛が。

音のつながりを楽しむ奏者の発する音に古典音楽が抱く繋がり伝えられて来た想いの永さが会場を包んだ。


素晴らしい奏者の音と共にOmoinokanataの絵と会場でお過ごし下さったみなさん、ありがとうございました。
  
Posted by tamalele at 14:28Comments(0)TrackBack(0)

2007年10月11日

あさ。いきる。ひかり。

てんつくまんの書き下ろし。ふたつ。


会場のみんなへの巨大な書き下ろし。

『今日もまた目が覚めたのは、
 
 誰かや何かがあなたを必要としているからなんだ。

 もう必要はない、役割が終わったならばもう目は覚めない。

 でも今日も生きているということは、あなたが今必要だということ。

 だから自分自身が大切なひとりであるということを忘れないで。

 あなたの一歩が、たとえば誰かを傷つけることもあるだろう。

 でも動きを止めないで。
 
 そのあなたの歩みは、これからもずっと未来までつながっていくのだから。

 歩むこと、そして歩みを止めないこと。
 
 あなたが感じたことを、あなたは笑顔で貫いてゆけばいい。

 あなたはあなたのままでいい。
 
                      てんつくマン』

仲間たちからの贈りもの。

『tamalele

 人は二度死ぬ

 一つは肉体からはなれる時

 2回目はすべての人が自分のことを忘れた時

 tamaleleは永遠に生きる

 tamaleleが今描いている光は

 永遠にこの地に残る

                      てんつくマン』



ありがとう。
なにも知らなくても全てを知っている人がいる感覚。
みんな繋がってるんだなと感謝した一日のできごと。  
Posted by tamalele at 12:21Comments(2)TrackBack(0)

2007年10月04日

まばたき

半分になった月を見ていました。

うす雲と月。

うす雲で霞んだ月光。星のひかり。

靄けていても目に映るやさしい光。


こんなに美しいものを見ることができてよかった。

生きているんだなあ。

感じることができるのだもの。


太陽は月は誰かのものではない。

あたたかくても美しくても。

こころに沁みたものは確かに自分のものなのに。


人もおんなじなんだろうね。


そんなことを思いながらまばたきをひとつ。

まばたきするたびに靄が晴れてくっきりとした光束をみた。


好きにならずにはいられない

太陽と月。

ふたつがいっしょの空に見えることが出来るのは

僅かな時間。


ああ、そうか。。。

そういうことか。

なにかに納得。


まばたきを意識してみるのも自分の中にしまってあったロジックを

ひきだすきっかけなのですね。


さてさて。
今夜は仕事がすむまで長いまばたきにならないようにしなくちゃです。



  
Posted by tamalele at 02:32Comments(0)TrackBack(0)

2007年09月19日

道恋

道具に恋して

作家さんや職人さんたちがつくったものたち。

魂のこもったものはいつか

恋が愛になり、

魅了され肌になじみ生活の中で

なくてはならないものに。。。


若い作家の作品はどこか未熟

完璧ではないからこその魅力

こればかりはしようと思ってできるものではなく

ほんものを目指していくということの過程の中でうまれたもの

その道程に恋した者は作家の遂をも愛すのだろう。


多くに愛される有名無名の名匠たち

完璧に限りなく近い彼等の作品

彼等にも道程があったであろう


かたちばかりの本物は世に沢山ある

よい品物だと思う。

味わい深く、虜になるような本物に出逢えたら

恋するだろう、愛するだろう。


最近お茶碗を買いました。

とてもおいしい器です。

新米の季節、お米とお茶碗の相思相愛をいただいています。

「おいしくってしあわせ」のひとときです。



  
Posted by tamalele at 15:56Comments(0)TrackBack(0)