柳緑花紅

*和訳英文に続く Japanese follows English

During WPCin 2016, Portland city was Parkinson's week.

I feel the whole city has co-operated with WPC.

The convention center is not so good location. But the public transportation was very nice and free during WPC. It remains me of the tram of switherland. 

Also, I could see the so many sign even I have moved between Hotel and Convention center.

I was smiled when I have found the card key of the hotel room mentioned about Parkinson.

So, how about Kyoto? As you may know, Japanese transportation is very expencive.
The subway run troughout  of the Kyoto-city.
2 or 3day thickets would be easier and cheaper.However, There would be the changes until WPC2019. 

 http://www.arukumachikyoto.jp/static.php?page=otoku_ticket&lang=en
 

2016年のWPCの間、開催地ポートランドは パーキンソンウイークになった。

市全体を挙げて協力している様子がうかがえる。

コンベンションセンターは良いロケーションとは言えないが、期間中公共交通機関は無料でとても使いやすかった。
会場とホテルの往復だけでも様々な表示を見かけ、ホテルのカードキーにそれを発見したときは、思わず微笑んでしまった。

さて、京都はどうだろう?日本の交通費は高い。京都は地下鉄が張り巡らされている。2デイパスなど利用した方が安くて便利なのだろうか。

尤も2019年までには様子も変わってしまうだろう。

DSC_0716
DSC_0334
DSC_0335

PWP: People with Parkinson's

First, I thought PWP stands for Patients with Parkinson's.
However,I heared that WPC does not use Patient and recognize as the specialist of Parkinson's.
So, WPC needs more opinions and attendance of PWP for the next congress.
I am glad to hear that. Can you imagine you will attend congress as one of patient or a specialist.
It is clear which gives motivation to PWP.
My Dr. adviced  suitable Japanese to Patients with Parkinson's.
That is kind and beautiful Japanese word.


This is a seminar information inTokyo for young on set patients.
One of my great friend Kato-san is just planning now.
We have to think about working with PD.

親友加藤さんが奔走してくれてます。
根深い問題です。

 

若年性及び現役世代のパーキンソン病患者さんの就労問題についてのセミナーのお知らせ

日時:2017年6月20日 火曜日
  12時30分~15時30分
場所:東京都難病相談支援センター
  東京都渋谷区広尾5-7-1...
最寄り駅:東京メトロ日比谷線広尾駅徒歩3分
参加費無料
第1回若年性及び現役世代のパーキンソン病患 者の為の就労問題セミナー
「いつまでも社会とつながりを」

●東京都就労コーディネーターによる、パーキンソン病患者の就労状況及び問題の説明
●実際の患者の体験談
●参加者によるグループディスカッション
収入は減るのか。職場の理解を得るには。配置換えについて。転職できるか。在宅ワーク。障害者雇用。障害者手帳等、就労問題は様々な問題があります。
障害者であっても、社会の一員です。
情報を共有し、同じ患者同士話し合いませんか?
参加ご希望の方は、加藤までメッセージお願いいたします。尚グループディスカッションで取り上げたいテーマ(就労に関してのみ)ございましたら、合わせてお知らせください。

このページのトップヘ