京都・町家ぐらし

京都の町家に暮らす玉葱屋ぽんが、食べもんやお酒、愛犬との日々をつづるトボけた四方山ブログ。ベタなまち徘徊、トホホな情景も織り込んでおとどけ!

醤油もち、バターもち、バターたっぷりおやつ

★一日一回、応援クリックよろしうお願いします★★
ブログ村 京都(市)情報
↑ 携帯・スマホの方はこちらをポチッとm(._.)m

にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 京都(市)情報へ
↑ いつも来てくれはっておおきに。ここを押してやってね(*゜∀゜*)

180508醤油もち2
いま遊んでいる、お風呂を沸かすゲーム。全国各地の温泉地の名物が出てくるんやけど、その中に愛媛の「醤油もち」がある。茶色いねじっとした形なんで、醤油風味のお団子みたいなもんとは解るけど、食べてみたいなぁ。と思うてたら、生協の共同購入に出ていた♪ イラストのまんま、ねじっとした形と小ぶりなサイズが愛らしい。背後霊のおつう、迫りすぎっ。

180508醤油もち1
こんな感じで袋に入り、それが5個入りで500円やったかな。坊っちゃん団子や一六タルトと並ぶ、松山の銘菓らしい。モチモチした食感で、甘さを醤油の香ばしさと生姜の風味が和らげる。みたらしのタレを練り込んだような味である。これ、好きー♥ 「あたいも好きー」と寄ってきたおつうには、もったいないのでやらんぞ。

180525バター餅1
こちらは秋田のバター餅。これも漫画に出ていて、食べたいと思うてた。一度、秋田の物産展で買うたんは、めちゃくちゃ甘すぎて「うへぇ」な感じやったけど、生協に出ていたんでリベンジで注文してみた。

180525バター餅2
そしたらこっちはそんなに甘すぎることなく、くにゅくにゅの口当たりにバターがきいていておいしい。ひょっとしたら他府県へのお土産用に、甘さ控え目やったんかも。バターのニオイ(もちろん味も)が大好きなムサが寄ってくる。ムサもあかんよ。

180130バタークリームサンド
バターと言えば、バタークリームのケーキが好きだ。昔のこっぺりしたバタークリームの薔薇が載ったデコレーションケーキなんて、今は食べたくても売ってないしね。そしたら八百一に、こんなん売ってた!うれし〜。包装には「懐かしい味」と書いてあったし、やっぱりノスタルジックなお菓子なんやな。スポンジが薄くて、クリームが2段になってるとこもうれしい。これまた想像通りのシンプルなおいしさやったんで、八百一へ行ったら買うの(^_^)

180330ナカムラ2
こちらはハワイ仕込み、ナカムラジェネラルストアのマフィンやスコーン、タルト。ざっくり素朴な、いかにも手作りの風合い。「これは絶対に太るな!」というバター感たっぷりの味なんやけど、縁のカリッとしたとこ、中のやらかいとこ、どっちを食べてもおいしい。

180330ナカムラ1
室町押小路の西にある、レトロキュートなお店。早い目に行かんとあれもこれも
売り切れているので、昼間、運良く通りかかったら立ち寄るのよ。

宵山は鉾町でお茶をいただく

★一日一回、応援クリックよろしうお願いします★★
ブログ村 京都(市)情報
↑ 携帯・スマホの方はこちらをポチッとm(._.)m

にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 京都(市)情報へ
↑ いつも来てくれはっておおきに。ここを押してやってね(*゜∀゜*)

180715祇園祭1
180715祇園祭2
祇園祭の前祭、朝散歩のときの函谷鉾と長刀鉾。
朝から快晴で暑かったし、写真もギラギラやね。

180715祇園祭3
180715祇園祭4
蟷螂山はカマキリが羽で○をつくっている紋がかわいい。雨除けのビニールシートに包まれてたんで、
からくりはミニチュアをパチリ。ガラス越しなんで、こちらもあんまり写りはようないね(^^ゞ

180715祇園祭5
夜になって宵山の風情。駒形提灯はやっぱり灯りの点ってるほうがエエ感じ。
とはいえこの周囲は人がびっしりぎっしり。余計に暑い。

180716宵山1
伯牙山の会所はザ・町家な杉本家。赤い傘と提灯がいっそう艶やか。

180715祇園祭6
傘に入ると厄除けになるという綾傘鉾。

180715祇園祭7
綾傘鉾の棒振りも人垣でほとんど見えず。

180715祇園祭8
180716宵山2
綾傘鉾の会所は大原神社で、会長さんのお宅にはミニチュアが飾ってあった。

BlogPaint
こちらでしぇる様がお釜を懸けておられたので、お邪魔してきたのだ。
藍の浴衣姿、天の川をイメージした室礼と梶の葉が涼しげ〜。

180716宵山4
お菓子も綾傘鉾の鱗紋と七夕の織姫で。

180716宵山5
私がよばれたんは倉敷ガラスのお茶碗。すっきりした意匠に小さな斑がこれまたいちだんと涼しげ。

180716宵山6
お隣の方は船鉾やった。ちょっとひしゃげた形、素朴な筆が和みをもたらす。細かいところにまでさすがのお心遣いで、同席させていただいたお客様のお話も楽しくて、祇園祭の一時をなごやかに過ごさせてもろうた。しぇる様、ありがとうございます。

わんこの祇園祭散歩

★一日一回、応援クリックよろしうお願いします★★
ブログ村 京都(市)情報
↑ 携帯・スマホの方はこちらをポチッとm(._.)m

にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 京都(市)情報へ
↑ いつも来てくれはっておおきに。ここを押してやってね(*゜∀゜*)

180715祇園祭散歩1
大雨のあとの炎暑は辛い。被災地の方々はどんだけしんどいことか。
が、毎年、祇園祭のころが一年で一番暑い。午前中にもう気温は30度を
超えてしまうので、朝の散歩も早めにゆく。たまたま連休やし、鉾町まで歩こか。

180715祇園祭散歩2
午前7時前でも、そこそこ人が歩いてはる。さっそく犬好きさんから撫でられるムサ。

180715祇園祭散歩4
「あたいもいるよー」

180715祇園祭散歩3
さすがにこの時間は、四条烏丸も空いている。しかし、140万都市のど真ん中の道路に山鉾が
並び、お祭りをするってすごいなと、毎年思う。ま、大都市のお祭りってそういうもんやろけど。

180715祇園祭散歩5
てくてくてくてく。

180715祇園祭散歩6
「ゼェハァ。くたびれた」

180715祇園祭散歩7
「あたいはまだ元気だけど、ちべたいもんが食べたい!」

180715祇園祭散歩8
ハイハイ、ほなちょっと休憩しよか。帰り道、アイスを買うてマンションの花壇のヘリに腰掛ける。
期待に目がギラギラ、舌なめずりする犬。

180715祇園祭散歩10
180715祇園祭散歩9
何べんスプーンを出しても、おつうが我先に舐めにくる。おつう「スイーツは女子のもの!」

180715祇園祭散歩11
180715祇園祭散歩12
しゃがないし、おつうを引っ張っておいてムサに。ムサ「やっと当たったぁ」。喜びのあまり動くのでブレる。

180715祇園祭散歩13
「うまかったぁ。おかわり!」

180715祇園祭散歩14
「ちょっとしか食べてないよ。あたいもおかわり!」。もう終いや、さ、帰るで。しおしお〜

祇園祭の試飲会

★一日一回、応援クリックよろしうお願いします★★
ブログ村 京都(市)情報
↑ 携帯・スマホの方はこちらをポチッとm(._.)m

にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 京都(市)情報へ
↑ いつも来てくれはっておおきに。ここを押してやってね(*゜∀゜*)

180714オカヤマ試飲1
堀川六角の「リカーショップおかやま」さんで毎年、祇園祭の時期にやらはる試飲会。去年教えていただいてものすご良かったし、今年も待ってたん♪ 今年は14日〜16日の18:30〜22:00にオープン。19:40ごろに行ったら、すでにほぼ満席。立ち飲みなので満員かな。冷蔵庫に囲まれているけど、ここんとこの酷暑と皆さんの熱気でけっこう暑い…ビール飲みたいけど、ガマンガマン(お店にはビールもありますよ!)

180714オカヤマ試飲2
おかやまさんは、蔵元さんごとにいろんなスペックのお酒を揃えてはるとこが素晴らしい。が、こんだけ有るとどれを飲もうか迷うねぇ。試飲会やし70ml200円〜のほぼ原価で飲めるんやけど、こちらのキャパがこのところヘタレなので。飲めるなら、何杯でも飲みたいのに。

180714オカヤマ試飲3
おつまみも出してくださる。枝豆は黒豆やし、ちょこっと付いてる黒いのはたぶん豆乳と黒練りゴマの寒天寄せ。食べ残しを放置とか汚いことしたらあかんけど、自分でアテを持参するのもOK。

180714オカヤマ試飲4
まずは雁木のスパークリングに始まり、気になる銘柄を順番に。雁木はやっぱり安定の味わい♪ ところがそれ以外、私がチョイスしたお酒はカプカプ系ばっかりで、どひゃー。そんな中で好みにハマると美味しさ倍増。

180714オカヤマ試飲5
180714オカヤマ試飲6
スペシャルなお酒も1杯500円で飲める。しかもタイムサービスがあり、この日は「雁木 純米大吟醸 鶺鴒」1升瓶で1万円するお酒が1杯200円。「飲む人〜」という店主の声に、そこに居たほぼ全員が「はーい」と手を挙げる。このほか高級ラインはほぼ赤字とのこと。そこまでして飲ませてくださる店主が神様に見えてくる。結局、2人で10杯飲んで終わりにしたけど、あー美味しかった楽しかった。また今晩も行こうっと。

福島の野菜で夏メシ

★一日一回、応援クリックよろしうお願いします★★
ブログ村 京都(市)情報
↑ 携帯・スマホの方はこちらをポチッとm(._.)m

にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 京都(市)情報へ
↑ いつも来てくれはっておおきに。ここを押してやってね(*゜∀゜*)

BlogPaint
昨日はあじわい館で、料理教室やった。福島県は農業県であり、中でも夏野菜の生産量が多い。特に夏キュウリの生産量は日本一!(通年では宮崎県が1位)。そんなわけで、旬のキュウリをたっぷり使うた料理をメインに提案させていただいた。今回、京果さんの料理教室では初めての夜開催やってんけど、たくさん集まってくださった。市場で働く方は平日の昼間開催の教室には参加できひんので、こういう機会を待たれていたらしい。ありがたいね。

180713福島野菜6
夜の部は昼間より時間が短いため、短時間で完成するものを考える。時短夏メシである。皆さん手際が良かったので、わりと余裕で5品できた。盛り付けが雑であるが(^^ゞ また、器持っていくのを忘れてん。

180713福島野菜5
今回も、JAさんが地元のお酒を持ってきてくださった。私はどちらも初めてなので、生徒さん以上に興奮する。廣戸川純米吟醸は、爽やかな青リンゴ系の香りにすっきりした切れ味。一歩己純米原酒は乳酸系の香りと熟成したような風味があるのに、飲み応えの後にさらりと切れてゆく。今日は全体にさっぱりした料理やから廣戸川のほうが相性よさげやったけど、ご飯物には一歩己やね。
大雨でキュウリが高騰している中、キュウリをたんと提供してくださり、お土産までいただいて、感謝感謝。京果さん、福島の方々、おおきにありがとうございました。

月刊京都8月号はちべたい甘味

★一日一回、応援クリックよろしうお願いします★★
ブログ村 京都(市)情報
↑ 携帯・スマホの方はこちらをポチッとm(._.)m

にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 京都(市)情報へ
↑ いつも来てくれはっておおきに。ここを押してやってね(*゜∀゜*)

180710月刊京都1
暑い暑い、このところの体温に近い暑さは消耗する。わんこもついに散髪して洗ってやった。が、ムサはもうおじいちゃんやし、毛の生え方が遅いため、今年はお腹だけ。見た目にはほとんどすっきりしてないので、見るたんびに暑苦しい。
さて、月刊京都8月号は、そんな暑さを食べて忘れる冷たい甘いもん。あれもこれもおいしそうであるが、私はケチなので、正直、甘味に1500円払うなら立ち飲みで引っかけたいなぁと思てしまう(^^ゞ 心底ビンボー人やな。

180710月刊京都2
そんなビンボー人は、豪華な食材を使わずとも毎日のテーブルを賑わせる。あるもんでアテ、あるもんでちゃちゃっと数品。ただし、どのような依頼にもほぼ「飲めるおかず」を出してしまうのがネックだ。夏休みはお子様向けの料理教室もあるけど、さて、どうすべぇかΣ( ̄□ ̄;)

犬ヶ島

★一日一回、応援クリックよろしうお願いします★★
ブログ村 京都(市)情報
↑ 携帯・スマホの方はこちらをポチッとm(._.)m

にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 京都(市)情報へ
↑ いつも来てくれはっておおきに。ここを押してやってね(*゜∀゜*)

180615犬ヶ島
(C)2018 Twentieth Century Fox Film Corporation

ポスターを見た瞬間から観たいと思うてた「犬ヶ島」、ものすご短期間しかやってなかったけど、ギリギリ最終日に行ってきた。猫ブームの昨今であるが、犬派なら見逃せんっ。日本のメガ崎市で犬インフルエンザが流行し、先祖代々猫派で犬に恨みを持つ小林市長(背中に猫の刺青あり)が、すべての犬をゴミの島=犬ヶ島へ追いやる。列車事故で孤児になり、小林市長の養子となった12歳のアタリ君は、孤独をなぐさめてくれる唯一の親友スポッツを探すため、単身飛行機で犬ヶ島へ。そこで出会った5頭の犬、中でも野良犬のチーフと仲良くなり、スポッツを探しに行く…。というあらすじを読んだだけで「コレは泣くな」と思てたんやけど、実際はずっと目を見張り、時々にんまり。楽しい映画やった。ハッピーエンドがわかってると、安心して観られるな。
冒頭、太鼓を叩くシーンや相撲のシーンは「??!!」やったし、そこかしこにヘンテコな日本趣味があふれてたけど、まぁそれはウェス・アンダーソン監督のセンスの愛嬌ということで。しかし、なんで下駄履いて飛行機に乗ってくるのだ、アタリ君よ(^^ゞ アタリ君がまったく可愛くなかったところもいい(人間すべてが可愛くない)けど、なにより犬の質感が素晴らしい。これをストップモーションアニメで作ったって、どんだけの手間と時間がかかったのか…と思ってメイキングを観たら、もう気が遠くなりそう。ふわっとゆらぐ毛の感じ、瓦礫の一つ一つまで、丁寧に作り込んであり、圧巻。もう一度、隅々までゆっくり観てみたい。声優も贅沢で、それについてはちょっと苦笑したけどね。

三条会の七夕夜店

★一日一回、応援クリックよろしうお願いします★★
ブログ村 京都(市)情報
↑ 携帯・スマホの方はこちらをポチッとm(._.)m

にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 京都(市)情報へ
↑ いつも来てくれはっておおきに。ここを押してやってね(*゜∀゜*)

BlogPaint
降りに降った雨がいったん止んだけど、またけっこう降り出した7日。これでは織姫と彦星は会えへんな。と、呑気なことを言うてる間にも災害がどんどん大きくなっていた。三条会では毎年、七夕の夜店が開かれるけど、当日の昼までこんな状況でやってええもんかと悩んでおられた。結局、地域の子どもたちも楽しみにしているので開催することに。そしたらやはり、雨であちこちのイベントが中止になってるし、屋外へは遊びに行けへんし、アーケード街はいつもより人が多いような気がした。端から端までぎっしり。

180707三条会夜店2
青年部?の皆さんは、鶏出汁の冷たい麺。ええ味のお出汁がうまい。

BlogPaint
ランディ先生のお店はお酒とピザ。私が行ったときは運良く最後の一枚ゲット。
お手伝いのきれいどころのおかげで、売れ行きが良かったんやろうね。

180707三条会夜店3
180707三条会夜店4
鰻の馬場商店さんは、煙もうもう汗だくで焼いてはる。今日は鰻ではなく、鮎を。立ち飲みもしてはったので、腰を落ち着けてよばれた。焼きたての鮎で佐々木酒造の冷酒、うんまかったな。商店街の皆さま、雨の中お疲れさまでした。

京都×パリ、停電

★一日一回、応援クリックよろしうお願いします★★
ブログ村 京都(市)情報
↑ 携帯・スマホの方はこちらをポチッとm(._.)m

にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 京都(市)情報へ
↑ いつも来てくれはっておおきに。ここを押してやってね(*゜∀゜*)

180706京都パリ1
7月6日 「京都・パリ友情盟約締結60周年記念シンポジウム」があった。昭和32(1957)年、京都市長がパリ市会議長に姉妹都市提携の希望を伝え、翌年に友情盟約締結したそう。還暦なのね。ちなみに現在、9都市ある中で最も古い姉妹都市(中国の西安だけは「どちらが姉でも妹でもない」という理由で友好都市やったかな)。
で、このパネルがやけに暗いのは、当日は例の大雨の最中で、受付を済ませたとたんバチッという音とともに停電したからなのだ。

180706京都パリ2
あの雨にも関わらず、ほぼ満席。しばらく待ってたけれど、いつまでたっても電気が復旧しないため、予定時刻を20分ほど過ぎた時点で開始。薄暗い非常灯の下、パネリストは拡声器で話すという珍しい光景やった。終盤、ようやく復旧し、力を入れて(つーよりお金をかけて)制作されたであろう映像が流された。

180706京都パリ3
悪天候にもかかわらずほぼ満席やったのは、後で立食ビュッフェの懇親会があるから。フランス国旗をイメージした水牡丹は一瞬でなくなったので、同じテーブルの取ってきた人に写真だけ撮らせてもらう。年配の方が多いのにものすごい食欲なんは前回と同様であるが、今回はいっそう強力なおばちゃんがいた。ペットボトルを持って各テーブルを回り、乾杯時に手を付けてなかったグラスの日本酒を集めてはる。すごい、中には飲みかけもあったろうに…。同じテーブルのおばちゃん3人組は、牛肉の炒め物みたいな汁気のあるものと、サンドイッチなど汁気のないもんをそれぞれ手分けしてお皿にてんこ盛り。汁気のある物だけ食べて、サンドイッチ・キッシュ・スイーツ・唐揚げなどはペーパーナプキンに包んでカバンへ。相当な量がカバンへと消えていったが、私のお皿のロールケーキを見て「それ、いらんかったら頂戴」と言われんにはたまげた。お持ち帰りにこうしてキープしはるから、デザートは後で食べるように取り置いてるのよ。パリの人も、おばちゃんはこんなんなんかなぁ??

故郷の地酒で家飲み

★一日一回、応援クリックよろしうお願いします★★
ブログ村 京都(市)情報
↑ 携帯・スマホの方はこちらをポチッとm(._.)m

にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 京都(市)情報へ
↑ いつも来てくれはっておおきに。ここを押してやってね(*゜∀゜*)

180530鮎など酒のアテ
ここ数十年、経験したことがないような大規模水害で、雨が止んでも痛ましい被災の報告が止まらん。被災された方にはお見舞い申し上げ、早い復旧をお祈りします。
東の方からはお見舞いメールを頂いたりしたけど、京都のまちなかは申し訳ないくらいどうもなかった。堀川や二条城のお堀も氾濫しそうな鴨川や桂川に比べたら、普段よりちょっと水かさが多いくらいやった。唯一の困りごとは古家の雨漏り。かなり漏れてきて通り庭の壁が一部はがれた。が、そんなことぐらいどうってことない。で、この写真は少し前のアテ。長良川の鮎の燻製や新見市哲西町のお酒・・・地元の方々は無事やったろうか。

180530三光正宗
同居人の故郷に近い、義母の出身地の三光正宗。この界隈のお酒では一番好きなのだ。特に原酒はこっくりした飲み応えが好もしく、ポテサラとか燻製みたいなアテにも合う。お隣の高梁はひどいことになってたみたいやけど、蔵元さんは大きな被害は無かったらしい。義実家でも、義母が生まれたこの方、そうそうないほどの降りやったみたいで、近所では土砂崩れで道が埋まったとこもあるそうやけど、みんな無事やった。が、まんじりともせん夜を過ごさはったやろなぁ。

180612オリオンパインビール
こちら、オリオンビールのパイナップル風味カクテル。ベタベタに甘くない、でもパイン風味のビールはおいしい。パイン味好きなので、昼間汗をかいたときに飲んだりするのにちょうど良い。その沖縄には台風が近づいている。ここ数年、自然災害が多すぎて不安であるが、もう「未曾有の」ちゅうセリフは出ませんように。祈るしかない。
Profile

玉葱ぽん

玉葱ぽんの本
洛中いぬ道楽 京都で犬と暮らす洛中いぬ道楽 京都で犬と暮らす
著者:玉葱 ぽん
販売元:幻冬舎ルネッサンス
(2009-09-15)
販売元:Amazon.co.jp
クチコミを見る
コメントおおきに〜
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ