ブログネタ
大阪やねん に参加中!
にほんブログ村 地域生活ブログ 京都情報へみなさま毎度おおきに 今日もよろしゅうm(_ _)m
いつもうれしいあなたの愛 応援クリックを毎日1回ポチッとおたのもうします
[散歩] ブログ村キーワード

090408空堀1090408空堀イカ焼きぐちゃぐちゃ音をさしながら、南へ歩いていった私ら(今日も写真はクリックして見てな)。
次なる目的地は、空堀町である。ほんまはもっと早うに、松屋町を冷やかしてから行こうと思てたんやけど、博物館で長居したんと雨模様なんとで直行。
と言いつつ、私が道を間違えて「人形と結納の・・・」界隈まで行ってしもたけど
これで一段と足元が冷とうなったが、小さい祠が石段脇にひっそり立ってるような風情ある坂道を下がって来れたし、良しとするか
時間はもう4時を過ぎて、小腹がすいてる(ホンマは昼抜きやったんし大腹)。屋根があってこれ幸いと飛び込んだアーケード商店街で、ヨボヨボのおじいちゃんがやってはる和菓子屋さんを見つけ、桜餅を購入して数秒で完食。次いで鳥屋さんの店頭で焼き鳥を買い、これまた一瞬で完食。
あかーーーーん。虫がわいてきた
水茄子のどぼ漬けとか韓国海苔をお土産に買いつつ、「瀬戸内海産の生イカを使用」というPOPに惹かれてイカ焼きも。

090408空堀2この店のおっちゃんは昔から住んではる人のよう。ここらあたりは「上町台地」という古い町で、空襲の爆弾がうまいこと逸れてこのへんだけ焼け残ったとか、再生された町家複合ショップへの行き方とか、親切に教えてくれはった。
足が冷えてしもておしっこが近い私は、お向かいのスーパーで用を足し、3軒の町家複合ショップへ急ぐ。

最初に寄ったんは『練(れん)』で、大正末期に神戸から移築したお屋敷を改装した建物。母家に立派な蔵もつき、門構えがいかめしい。ここにはチョコレートショップの支店や雑貨店などが入り、3軒の中では一番立派でにぎやかな感じがした。

090408空堀3090408空堀42軒目は『惣(そう)』。ここは路地のように細長い家が複合ショップになってるんで、練と比べるとややコンパクト。アクセサリーやドーナツの店、カフェバーもあったけど、2階の小さいスペースが美容室になってた。アンティークでまとめた空間で、美容師一人にお客も一人。こんなとこで髪を切ってもらうのは、プライベートなお抱えちゅう感じでエエねぇ
最後の『萌(ほう)』は、直木三十五の住まいを復元した記念館を併設してあり、本屋カフェとかリラクゼーションのお店、文化サロンみたいなスペースもある。3軒のうちで、外観が最もモダンに改装してあるけど、中はノスタルジック(レトロやのうて)やったわ。

090408空堀5090408空堀6しかし、こういうテナントを見るといつも思うけど、皆さんちゃんとお商売できてるんかなぁ。土曜やというのに閉まってる店も多いし、品数の少ない趣味でやってるようなお店が過半数。買い食いしたドーナツも、冷え切ってちょっと油回ってたしなぁ。
せっかく入っても、ペイせんと出て行くハメにならんかったらエエのやけどと、余計な心配をしてしまう

古い町家はここだけと違うて、エリアの随所にたんと残ってる。それをお店に改造してるところもあれば、左の写真みたいに古いまま住み継いではるとこ、ちょっと手を入れて住んではるとこもかなりある。

090408空堀7090408空堀8ちべたい足でしょっちゅうおしっこに寄りながら、1時間ばかし徘徊したけど、大通りへ出る道の手前に、ごっつ細い路地があった。行き止まりで引き返すハメもあるけど、取りあえずは入ってみたい
と、傘の幅ギリギリの路地をずんずん入っていくと、出た通りには廃業しはったお風呂屋さんがあった。浴場はガレージに改装して中はほんがらやったけど、表構えがエエ感じ。で、隣にくっついてる床屋がこれまた・・・・廃業して久しいと思われる店ながら、ほんま三丁目の夕日状態。
夕暮れで、電気の止まってる店の中。しかもガラス戸はホコリで曇ってるし、なんやホラーぽい写真になってしもたけど、よくぞこの路地を見つけてくれましたkasparekさん

とまぁ、ノスタルジーを満喫アートイベントや着物でお散歩みたいな企画もやってはるそうやし、足元が良かったらもっとゆっくり歩きたい町である。