ブログネタ
外食あれこれ に参加中!
にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 京都府情報へ←いつも来てくれておおきに、めちゃうれしおす
←一日一回ポチッと応援クリックお願いしますね

ひ〜〜〜〜〜ん。だだ下がりですぅ(泣) お助けポチッとよろしくですm(_ _)m


100814パクチー1
このところ、取材で昼間に出ることが多く、久々に外でランチ。前からいっぺん行ってみたかった河原町丸太町の『パクチー』へ。店名は思いっきり苦手ながら、気軽に入れる屋台風の造りがいかにもおいしそう。ビルの1階とは思えん、現地な感じがムンムン。

100814パクチー2
中の調理場も屋台風に作ってあり、その周りをL字型にチープな椅子と机が囲んでる。店員さんのいでたちとか簡素なインテリアはほんま、タイの食堂みたい。メニューもタイ語で書いてあって、どないしょ〜と思うたけど、ちゃんと日本語のもあった。ホッ。

ランチは4種類あり、グリーンカレーやタイラーメンにも激しく惹かれる。
が・・・・ここ、冷房ないねん。
この酷暑に扇風機が回ってるだけなんで、そんなもんを食べたら汗が噴き出すに違いない。もうかなり出てるけど。

100814パクチー3
ガッパオ飯にしよか、迷うたあげく、タイの焼きそば・パッタイに。この、平ぺったい米粉の麺が好きなんよね。

セットで頼むと、ほんのり辛い酢の物と鶏の南蛮漬けみたいなんとスープが付いてきた。パッタイはかなりのボリュウムである。これで830円はお値打ち。
店名でビビッたけど意外とパクチー率が低く、私でも難なく食べられる。
わりと素直な味。おいしい。
一緒に行ったクライアントさんはガッパオ飯を頼まはって、ホーリーバジルたっぷりのガツンとくる味やって言うてはった。
けど、ちょっと濃いめなんで、終いのほうは飽きてきた。白ご飯欲しいなぁ。本場みたいに調味料があれこれ据え付けてあるし、もうちょっと薄味やとうれしいのにな。

ここはテイクアウトもやってはるし、気候のエエ時期にこのあたりへ来ることがあったら、今度は飯を買うて鴨川で食べようっと。


100818いきいきうどん1
この4日後。今度はあんまり時間がない。で、ちょっと前から無性に讃岐うどんが食べたかった。ちゅうことで、御池通の烏丸を西へ入ったとこにある『いきいきうどん』へ。お土産の讃岐うどんでおなじみ、宮武讃岐製麺所が経営してはるお店である。ここはセルフ店ながら小ぎれいやし、座って食べられるんで、女性の一人客も多い。朝8時から晩8時までやってはる、時間の長さもうれしい。

100818いきいきうどん2
うどんはもちろん、讃岐らしくサイドメニューが豊富。天ぷらいろいろ、寿司におにぎり、おでん。どれにしよか迷うてしまう。
と言いながら暑かったし、ひやひやの小(麺も汁も冷たい1玉のうどん)と天ぷらを2個。お値段はうどんが220円で、天ぷらが100円と120円やったかな。
天ぷらは讃岐のデフォ、半熟玉子と好物のタマネギ。
ああ、しかし。天ぷら2個は重かった。半熟玉子は外せへんけど、もう1個はおでんかおにぎりにしといたら良かった。
讃岐へ行ったら、一日で7杯ぐらいは平気で食べられるのに、京都ではアカンな。もっとも、うどん巡礼するときは、うどんだけに絞るけど。

ちなみに、うどんはけっこうエッジの立った麺で、ゆがきたてのタイミングで行くと旨い。この日はあいにく、ちょっと時間が経ってやらかめやったけど。だしはイリコ。私はカツオのほうが好きながら、讃岐うどん言うたらイリコがしっくり来るんやねぇ。

ともあれ、ここは急いでるときささっと食べていくのに最適。讃岐うどん好きにはありがたいお店である。



さて、帰ったらやっぱり、やかましかった老犬・ぱるのお散歩雄姿は京都新聞で見てね。老犬介護ハーネスの話とぱるの様子は、こちらハーネス開発者ブログへ
老犬介護の日々「和柄アロハ屋奮闘記」

くだんの、ぱるがまだ元気やったころの話。普段着の京都を体感できる、京都の言葉で書いた京都のワンコ本はいかがですか?うちの犬たちを綴った爆笑・激怒・感涙をさそう
玉葱ぽんの『洛中いぬ道楽』。感想をブログにUPしてくれはったり、お買い上げいただいたとこでレビュー書いてくれはったらメチャクチャうれしいですっ
京都の大垣書店にも置いてくれたはりますが、全国書店ネットワークで注文し、最寄り書店で受け取っていただいたり、7&Y セブンアンドワイで注文してご近所の7−11で受け取っていただくか、アマゾンや楽天などでご注文もOKです。
洛中いぬ道楽 京都で犬と暮らす洛中いぬ道楽 京都で犬と暮らす
著者:玉葱 ぽん
販売元:幻冬舎ルネッサンス
発売日:2009-09-15
クチコミを見る

楽天ブックス
bk1 ビーケーワン
紀伊國屋書店
ジュンク堂