にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 京都(市)情報へにほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログへ
いつも来てくれはって毎度おおきに、うれしおす
皆さまの応援でもってます♡ お好きなボタンを一日一回ポチッとお願いしますm(_ _)m

140716宵山1
京の7月は祇園祭一色。月半ばを過ぎて、行事もいろいろ行われてきた。そして、メイン行事である神幸祭と還幸祭が間もなく行われる。神幸祭の露払いともいえる山鉾巡行を見たのは、去年が初めて。それも仕事がらみでなのだが、宵々山か宵山にはほぼ毎年行ってる。ついっと出掛けやすいしねぇ。
今年も宵山に出掛けた。今年から祭りが50年前の形に戻り、山鉾巡行は神幸祭の前祭りと還幸祭の後祭りに分かれる。そやし人出が少ないかも? しかも平日やし・・・と思うたのもなんのその。去年の4割増しやったそうである。歩行者天国が2日間だけになったし、集中したんかもしれんね。
私らは、まず家の方角から一番近い四条綾傘へ。昭和60年に再興されたんで、全体に新しい感じがする。
ここでお世話になってる方のご一家にばったり。この人ゴミで!京都は狭い。

140716宵山2
しかぁし。私ら、散歩がてらに出てきたんで、犬連れなのだ。人がどんどん多なってきたし、西洞院通りから向こうは無理!迷惑がかかるので、南へ下がった。たどり着いたんは伯牙山。写真はクリックで大きぃなるのよ。

140716宵山3
前は代表的な町家の杉本家。赤い提灯が風雅な町家に華を添える。

140716宵山4
もちろん、そこかしこの町家も素敵なたたずまい。提灯を掲げたり、幕を張ったり、屛風祭をしてはる。

140716宵山5
芦刈山の前懸は山口華揚さんの「凝視」が原画。凝視というにはやさしいライオンである。

140716宵山6
ちゅうことで、ライオンカットの犬も記念撮影。

140716宵山7
途中、浴衣のお姉さんに「かわいい」と頭を撫でられ、まんざらでもない表情のムサ。
お前、普段は無愛想なくせに、きれいなお姉さんにはそういう顔を見せるんやな(苦笑)

140716宵山8
芦刈山は、芦を刈る翁がご神体。前懸と胴懸の間に置かれているのも芦である。

140716宵山9
祇園祭の達人、しぇる様が見に行かはったときは、ご神体を見て「恐い顔しとるじいさんがネギもっとる」と言うてたにいちゃんがいたそうやけど、た、たしかに・・・。ご神体の横に置かれた、たぶん以前のご神体のお顔がめちゃくちゃ恐い。

BlogPaint
浴衣のお嬢さんがちまきやお守りを授与してくれはる油天神山。天神さんやし、ご神体の前には鳥居が。

140716宵山11
太子山の会所は、これまた由緒ある町家の秦家。やっぱり赤い提灯があでやかである。

140716宵山12
何度もおじゃまさせていただいてる店の間に、ご神体と胴懸などの装飾が展示されている。
ちらっと見えるご神体は聖徳太子。

140716宵山13
表には、近年、江戸時代のものを復元しはった荷(にない)茶屋が。
明日はこれで、役員さんにお茶を点ててあげはるんやね。

140716宵山14
だんだん日が暮れてきて、四条烏丸から離れたエリアにも人があふれてきた。

140716宵山16
会所が表に面してるので、ご神体の白楽天と道林禅師が間近で見られる白楽天山。

140716宵山15
これ以上はもうあかんなと、私らは白楽天山でおいとま。
けど界隈は、夜遅うまで賑やかやったろうね。