↓ 引き続き一日一回、応援クリックよろしうお願いしますm(._.)m
にほんブログ村 京都(市)情報
↑携帯・スマホの方はこちらをポチッとよろしく♪

にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 京都(市)情報へ
いつも来てくれはっておおきに。1日1回、ここを押してやってね(*゜∀゜*)

170503竜宮1
まずはおちょぼさんを目指して行ったのであるが、京都から海津市へ行く手前、輪之内町を走っていたら突如現れる稲荷神社。明治の初めに、地元の事業主であり、地方自治と水防に貢献した名士が、伏見稲荷から分霊して祀られたそう。京都のお稲荷さんみたいに、参道には鳥居がトンネルをつくっている。
しかし輪之内町って、思いきり輪中のまちってまんまの、わかりやすい町名やね。

170503竜宮2
お社は小さいけど、両側の灯籠がど迫力。お狐様よりでかいし、龍が巻き付いている。
龍神燈というそうで、向かって右手には白馬(おそらく神馬)も5頭いてはる。

170503竜宮3
ぐりぐり〜っ

170503竜宮4
ぐるぐる〜っ

170503竜宮9
鳥居横の公園には、なぜかパンダさんも(パンダのみ既製品のようで、表面がつるんとしてる)

170503竜宮5
そして鶴さんもいる・・・・もんのすごく背が高いのよ。5mぐらい。
これらすべてが、おそらくコンクリートのハンドメイド。そして、鶴と言えば

170503竜宮6
亀。上に乗っているのは浦島太郎さん。なんで、海に面してないこの町に浦島さんが?!
その目線の先には・・・

170503竜宮7
身長10mはある、美しい(かどうかはみなさんの判断に任せます)乙姫様がっ。ここは乙姫公園といい、先の名士が子どもたちの遊びの場にと造られたそう。なんでもこのあたりには浦島伝説が残っているそうな。近くの淵にはすごく深いところがあり、そこは竜宮につながっているのだとか。昔、若者が引きずり込まれるように入ったら、赤髭のおじいさんと美しい娘が迎えてくれたけど、「帰りたかったら帰してやるが二度と近づくでない」と言われたそう。ちなみにお供は鯛や平目ではなく、鮒や鯉や鯰だったとか。川だけに。

170503竜宮8
池の傍らに置かれた、懐かしいポスト。ここにお手紙を出すと、乙姫様からお返事が届くそうよ。VOWぽいスポットや思てたけど、町をあげての観光名所やったのだ。ある意味おちょぼさんより見応えあり!・・・さらに旅は続く