京都・町家ぐらし

京都の町家に暮らす玉葱屋ぽんが、食べもんやお酒、愛犬との日々をつづるトボけた四方山ブログ。ベタなまち徘徊、トホホな情景も織り込んでおとどけ!

ぱるぷんて

「洛中いぬ道楽」電子書籍で

★一日一回、応援クリックよろしうお願いします★★
ブログ村 京都(市)情報
↑ 携帯・スマホの方はこちらをポチッとm(._.)m

にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 京都(市)情報へ
↑ いつも来てくれはっておおきに。ここを押してやってね(*゜∀゜*)

洛中いぬ道楽
玉葱ぽん
幻冬舎メディアコンサルティング
2018-03-27

私が初めて犬を飼うことになったころの話。初代ぱる、二代目ぷんては、仲良しやったなぁ。神経質なぱると、のほほんとしたぷんての相性が良かったんやろう。犬を飼うことの喜怒哀楽と、まちなかで犬を飼うことの難しさも詰め込んで、泣かせて笑わせる一冊。と、拙ブログの古い読者様はご存じでしょうけど、こんな本を出してました。それがこのたび、ようやく電子に。ぜひ買うてくださいませm(._.)m

洛中いぬ道楽 京都で犬と暮らす
玉葱 ぽん
幻冬舎ルネッサンス
2009-09-15

書籍版はこちら。こちらもまだあります(^^ゞ どちらでもいかがですか〜♥

きょうの日に

にほんブログ村 京都(市)情報
 ↑携帯・スマホの方はこちらをポチッと♪

にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 京都(市)情報へ
いつも来てくれはって毎度おおきに(*゜∀゜*) 皆さまの応援でもってます、一日一回お願いねm(._.)m

08節分巻き寿司
1月17日。うっかり寝過ごしてしまい、黙祷したのはくだんの時の1時間後やった。あれからもう20年になるのか。最近の読者さんはご存じないやろうけど、かつてうちには「ぱるぷんて」という犬たちが居た。向かって右がぱる、左がぷんて。ドラクエファンなら、名前の由来はわかるよね?

08秋のぷんて
もこもこのほうの「ぷんて」は、おそらく阪神淡路大震災で親とはぐれたであろう犬で、
推定生後5ヵ月ぐらいのときに我が家へ来て、推定13歳で虹の橋のほうへ行ってしもた。
ちょっと足らんが、ええ子やった。ぷんてが逝ってしもてからも、震災の日が来るたびに思い出す。

地震が起きたときのことや、ぱるぷんてとの暮らしはこの本に書いたけど、京都でもそうとう揺れた。すぐに点けたテレビでは京都の震度は5。けど、いつまで経っても神戸には震度表示がなく、なんで?といぶかしがりながら支度をしてて、そのうち映し出された光景が信じられへんかった・・・・・うそやろ、うそやって言うて。
数日は、黒煙の上がる神戸の街と、倒壊した大きなビルや高速道路、脱線した電車、今まで見たこともなかった酷いシーンと、増え続ける死者の表示に愕然とした。そこから目覚ましく復興し、ぱっと見はすっかりきれいになったけど、5年ぐらい経ったあとで表通りから裏手に回ると、不自然な更地がいくつもあり、まだ震災は終わってないと痛感した。
20年と言えば、この年に生まれた子が成人する。が、いまだに震災の傷が癒えない人もおられるやろうし、人生が狂った人もおられるやろう。さらに広範囲で、津波や原発事故の影響がある東北は、どんだけたいへんか。
一日でも早い復興を祈りながら、しんどいことがあっても、今ここにぬくぬくと居られることの幸せを実感する。それだけでありがたいことやねんから、もっとちゃんと生きていかんとあかんな。

4年経って様変わりしたけど

ブログネタ
愛犬 に参加中!
にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 京都(市)情報へにほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログへ
いつも来てくれはってておおきに、めちゃうれしおす
ひゃぁ〜激減!お好きなボタンを一日一回ポチッとお願いします


08秋のぷんて
2008年2月18日未明。当時、ぱると一緒に飼うていた犬のぷんてが虹の橋へいった。推定13歳2ヵ月、ぱるに比べて丈夫でのほほんとした犬やったし、ガンでなければもっと長生きできたやろうに。
獣医さんに腹水を抜いてもらい、ちょっとラクになったかと思うた矢先。一晩中なんべんも寝返り打ってしんどそうにしてて、同居人に添い寝を代わって1時間後に息絶えた。
あれからもう4年も経つ。早いなぁ。
ぷんてを見送って、ぱるはめきめき老けていったが、あのサイズにしては長生きやった。

120220ムサ散歩中
一昨年の秋にぱるも見送って、去年の1月にムサが来て。

120220クー散歩中
3月にクーが来て。また2頭との生活になって間もなく1年になる。
飼い主バカを承知で言えば、ムサもクーも可愛くてしょがないし、元気で長生きしてほしいと願っている。

けど、ぷんては特別格別な犬やった。あんなに見た目も性格もキュートで、なついてくれた犬は。
写真で、ちょっと情けない顔を見るたびに、いつもご機嫌で天真爛漫であった様子を思い出すなぁ。
こうして見比べると、やっぱりぷんてにはチャウチャウの血が入ってたかもしれん。飼うてたときは、シェルティと秋田の雑種やなと思うてたが。性格的にも、頑固で、こっそり可愛がってもらおうと寄ってくるとこなんかがよう似てるし。
今は、ぱるとまた一緒にガフガフしてると思うけど、私もあっちへ行って再会できるかな。そのころには、たぶんムサ&クーも待ってるやろし、ワシワシと犬三昧できるな。老後は不安じゃが、死後は楽しみじゃ。

ぷんてのお陰で、こんな抱腹絶倒&喜怒哀楽全部盛りの本も書けたし。
新しいブログ読者さんで、昔の犬をご存じない方はぜひ読んでね。
ぷんてがどんだけ面白い犬やったか、わかっていただけると思います。
洛中いぬ道楽 京都で犬と暮らす
洛中いぬ道楽 京都で犬と暮らす
クチコミを見る
楽天市場
Profile

玉葱ぽん

玉葱ぽんの本
洛中いぬ道楽 京都で犬と暮らす洛中いぬ道楽 京都で犬と暮らす
著者:玉葱 ぽん
販売元:幻冬舎ルネッサンス
(2009-09-15)
販売元:Amazon.co.jp
クチコミを見る
コメントおおきに〜
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ