京都・町家ぐらし

京都の町家に暮らす玉葱屋ぽんが、食べもんやお酒、愛犬との日々をつづるトボけた四方山ブログ。ベタなまち徘徊、トホホな情景も織り込んでおとどけ!

料理教室

こどもの日は子どもと遊ぶ

190501GWミニ講座1
長い長い連休いうても6日間は仕事。ま、仕事があるんはありがたいことね。5月に入って3日までは、あじわい館でお子様向けのミニ料理教室をやらせていただいた。初日は1日、レシピにはきっちり令和の元号が。本来、こちらは西暦で表記しはるんやけど、せっかくなので記念にと元号表記にされたとか。良い記念になるね。

190501GWミニ講座2
190501GWミニ講座3
で、柏餅を作ったり、春巻き皮で鯉のぼりと兜を作ったり、酢飯で鯉のぼりをデコレーションしてもろたり。
どの日も子どもたちはとても楽しんでくれたみたい。良かった良かった(^_^)

190501GWミニ講座4
私らもごっつ楽しかった。あと、お茶の飲みくらべ体験などもやり、そちらは大人が楽しんでくださった。
見本に盛り付けたお寿司はあとでスタッフがおいしくいただきましたヨ。

★★一日一回、応援クリックよろしうお願いします★★
ブログ村 京都(市)情報
↑ 携帯・スマホの方はこちらをポチッとm(._.)m
にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 京都(市)情報へ
↑ いつも来てくれはっておおきに。ここを押してやってね(*゜∀゜*)

京ラフランで料理

190330枝垂れ桜
大好きな桜は八分咲き。ここはいつでも少し早いので、あっという間に見ごろが
終わってしまう。ちょうど今が見ごろやし、前で中国人観光客が彼女の動画を撮ってはった。

190328京ラフラン1
さて、そんな春の気配満点の3月28日、あじわい館で京ラフランの料理教室をやらせていただいた。年度末の平日、特に木曜はいつも来客が少ないそうで、野菜のなじみのなさもあってかお客様は少なかったけど、生産者や行政、市場の方も見に来られて気が引き締まる。おまけに野菜ソムリエのお仲間も(この方たちに一番緊張したのよ(^^ゞ)

190328京ラフラン2
京大が開発しはった、コールラビと大根のハーフの新京野菜「京ラフラン」。3月中旬から5月初めまで出回るが、出始めの今ごろが最もやわらかく甘みもあっておいしい。葉、茎、蕾それぞれに異なる食感や風味が楽しめるので、特徴を活かした調理法で楽しんでいただく。

190328京ラフラン3
出来上がった5品。ラフランピラフ・肉巻きラフラン・ラフランサラダのワンプレートに、ラフランクリーム煮と和風の梅じゃこラフラン。アスパラみたいな肉巻きが、一番評判良かったそうである。参加してくださった皆さま、野菜ソムリエのお仲間、どうもありがとう。まだなじみのない野菜やし、あんまり出回ってないけど、見付けたらぜひまた作ってみてくださいね。
そして先日の和菓子の会のあと、この料理教室のあと、土曜日と、夜は春休みのミニ講座を努めさせていただいた。初めての講座もあって、いずれも冷や汗をかきかき。新たな発見やスキルアップの必要性を感じたので、新年度もまた頑張らねば。サポートしてくださったM様、スタッフの皆さま、ものすご心強かったです、ありがとうございました。

★★一日一回、応援クリックよろしうお願いします★★
ブログ村 京都(市)情報
↑ 携帯・スマホの方はこちらをポチッとm(._.)m
にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 京都(市)情報へ
↑ いつも来てくれはっておおきに。ここを押してやってね(*゜∀゜*)

みずみずしい京ラフラン

190319ラフラン1
近年開発された新京野菜「京ラフラン」の畑を見学させていただいた。市内では上鳥羽と京北町、そして大原で栽培してはるそう。私らがおじゃまさせていただいたのは上鳥羽で、当日は天気が良いせいもあって濃い緑がわさわさ生い茂り、太陽の光を浴びている。ザ・春!という感じ。

190319ラフラン2
京ラフランは大根とコールラビを掛け合わせた野菜で、苦味の少ないアブラナ科野菜っていう風味がする。ある程度育ってきたら中心の蕾を切り取り、わき芽が伸びたらそれを収穫するそう。が、この日の天気は良かったのに、数日前の冷え込みがたたり、肝心のわき芽がほとんど伸びてなかった。あぁ・・・。周囲にようけ生えている大きな葉がうらめしい(試しにこれも頂戴したが、大きな葉は大根ぽくてやや苦味があったけど食べられる)。

190319ラフラン3
190319ラフラン4
それでもなんとか伸びたのを切って、分けてくださった。貴重なものを、ほんとにありがたい。茎の根元の皮をむき、生でかじってみたら・・・めちゃくちゃ甘い!サトウキビまではいかんけど、みずみずしい爽やかな甘み。

190328ラフランピラフ
分けていただいた京ラフランであれこれ試作。当日は、おいしい料理を覚えて帰っていただきますので、
新顔野菜に興味のある方、レパートリーを増やしたい方、ぜひ来てくださいね(^_^)

【新京野菜「京ラフラン」を使った春の料理教室】
日 時:3月28日(木) 14:00〜16:30
参加費:2,500円
場 所:あじわい館
(JR嵯峨野線「丹波口駅」下車、徒歩3分
 京都市下京区中堂寺南町130 京都青果センタービル3階)
TEL:075-321-8680(水曜休館)

【お申込受付期間】
表示は1月25日(金)8:30〜2月8日(金)17:00となっていますが、まだ大丈夫です(^^ゞ
下記サイトからお申込みフォームに必要事項を送信していただくと、必ずあじわい館より参加確定の連絡をくださいます。
♥お申込みはこちら♥
ではみなさま、お待ちしています!!



★★一日一回、応援クリックよろしうお願いします★★
ブログ村 京都(市)情報
↑ 携帯・スマホの方はこちらをポチッとm(._.)m
にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 京都(市)情報へ
↑ いつも来てくれはっておおきに。ここを押してやってね(*゜∀゜*)

勉強してきたあとで

190308福岡野菜料理
野菜ソムリエのお仲間が講師をされた料理教室へおじゃましてきた。教え方は人それぞれで、勉強になる。この日はナスとトマトをメインに使うた、ボリュームたっぷりの4品。トマトのくり抜きようが悪うて破ってしもたんで、トマトカップの仕上がりがダレてえらいことに(≧Д≦) ほんまはもっとおいしそうにできるはずが、ごめんよー。

190308福岡野菜アレンジ
お土産に頂戴したトマトとナスを使い、家でもおさらい。具だくさんパスタには玉子を落とし、ナスはちょっとだけゴマ油をきかせてアレンジ。出来合いの鱧フライ・鮪竜田と蛸のマリネに、蕾菜の味噌漬け、銀杏を添える。

190308志太泉
お酒は静岡の「志太泉 特別本醸造」。大吟醸を仕込む前に腕ならしに、米を50%まで磨いて造った贅沢な本醸造である。強すぎひんきれいな香り、口に含んだときは静岡のお酒らしい甘ぽちゃやけど、すーっと流れてゆく。アルコール感は少しあるけど、それがすっきりした口当たりをかもす。酒屋さんが勧めてくれはったとおり、コスパのええ、日常にぴったりのお酒やったわ。

★★一日一回、応援クリックよろしうお願いします★★
ブログ村 京都(市)情報
↑ 携帯・スマホの方はこちらをポチッとm(._.)m
にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 京都(市)情報へ
↑ いつも来てくれはっておおきに。ここを押してやってね(*゜∀゜*)

京ラフランの料理を習いにきてね

190328京ラフラン
新しい京野菜「京ラフラン」ってご存じですか? 大根とコールラビ(これ自体を知らない人もいてはるでしょうね。キャベツの仲間で、ぷっくり蕪のように肥大した茎の根本を食べる野菜)を掛け合わせて誕生した野菜。平成18年に京都大学で開発されたのよ。なんで大根とコールラビを掛け合わせようと思たんか、なんであの形状同士から、このアスパラや菜花みたいな形になったんか、どちらも謎やけど、上鳥羽や京北あたりで栽培が進められているそう。
京ラフランの旬は3月下旬から5月初めまで。短い旬を満喫するためにも、おいしい食べ方を覚えて帰ってね♥ 講師は私が務めさせていただきますので、皆さんとお目にかかれるのを楽しみにしています!

【新京野菜「京ラフラン」を使った春の料理教室】
日 時:3月28日(木) 14:00〜16:30
参加費:2,500円
場 所:あじわい館
(JR嵯峨野線「丹波口駅」下車、徒歩3分
 京都市下京区中堂寺南町130 京都青果センタービル3階)
TEL:075-321-8680(水曜休館)

【お申込受付期間】
表示は1月25日(金)8:30〜2月8日(金)17:00となっていますが、まだ思いっきり大丈夫です(^^ゞ
下記サイトからお申込みフォームに必要事項を送信していただくと、必ずあじわい館より参加確定もしくはキャンセル待ちを連絡してくださいます。
♥お申込みはこちら♥
ではみなさま、お待ちしています!!


★★一日一回、応援クリックよろしうお願いします★★
ブログ村 京都(市)情報
↑ 携帯・スマホの方はこちらをポチッとm(._.)m
にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 京都(市)情報へ
↑ いつも来てくれはっておおきに。ここを押してやってね(*゜∀゜*)

あんぽ柿で料理とな?!

190204あんぽ柿1
福島県伊達市はあんぽ柿の生産が日本一。とろけるような質感の製法を開発されたのも、旧梁川町五十沢ということで、伊達市は日本一のあんぽ柿のふるさとなのだ。けど、やはり震災の時は風評被害に遭い、かなり苦労されたそう。現在はだいぶ回復されているそうやけど、負けずに頑張っていただきたい。応援しています。

BlogPaint
そんなあんぽ柿を使った料理教室をやらせていただいた。正直、そのまま食べるのが一番おいしいのでは?と思たけど、とろりとした甘みで料理に深みが出る。ものすごーくカルトなテーマなので、集まってくださるか心配したけど、当日は生産組合のほうから研修旅行の方も来ておられ、賑やかに作って食べていただいた。

190204あんぽ柿3
あんぽ柿料理5品とデザート。中でもお寿司と春巻きが大好評やった。生産組合の方も喜んでお褒めの言葉も頂戴したし、やらせていただけて良かったわ。皆さん、ありがとうございました。

★★一日一回、応援クリックよろしうお願いします★★
ブログ村 京都(市)情報
↑ 携帯・スマホの方はこちらをポチッとm(._.)m
にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 京都(市)情報へ
↑ いつも来てくれはっておおきに。ここを押してやってね(*゜∀゜*)

あんぽ柿のおかず?!の料理教室、来てね♥

★一日一回、応援クリックよろしうお願いします★★
ブログ村 京都(市)情報
↑ 携帯・スマホの方はこちらをポチッとm(._.)m

にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 京都(市)情報へ
↑ いつも来てくれはっておおきに。ここを押してやってね(*゜∀゜*)

190204あんぽ柿
あんぽ柿、である。そのまま食べる和のドライフルーツであるが、なんと!これを使った料理を。「あえて!?」という気がしないでも無いけど、試作したらけっこうイケるのができたのよ。なのでぜひ、確かめに来てくださいな。
使わせていただくのは、日本一の生産量を誇る福島県伊達市のあんぽ柿♪ あんぽ柿の新たな魅力を発見できること間違いなし!よ♥ もちろん買うとお高いあんぽ柿のお土産もありますよ。

★あんぽ柿 創作料理教室★
開催日時:2019年2月4日(月) 9:30〜13:00
受講料:1,500円
場 所:京都青果センター3階「京の食文化ミュージアム あじわい館」
    〒600‐8813 京都市下京区中堂寺南町130‐2
アクセス:JR嵯峨野山陰線「丹波口駅」下車 徒歩5分

セミナー内容:講習会 約15分、実演&実食 約140分

180713福島野菜3
今回も、普段もお得な料理教室が、一段とお得になるキャンペーン実施中!
ご新規様・ご紹介者様はなんと!受講料1000円!!!
きゃーお得〜。初めてのお友だちを誘って来てね〜。
※キャンペーンは条件があるので、上の図をクリックで拡大してよく読んでね。

★お申込み・お問い合わせは下記まで! お待ちしてまーす\(^O^)/
京都青果合同株式会社 マーケティング部 担当:伊藤様
TEL:080-6194-2343
メールでのお申込み market1@kyoka.co.jp
電話での受付時間 水曜・日曜・祝日を除く午前8:00〜午後16:00

おつまみ料理教室、お酒も出るよ!

★一日一回、応援クリックよろしうお願いします★★
ブログ村 京都(市)情報
↑ 携帯・スマホの方はこちらをポチッとm(._.)m

にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 京都(市)情報へ
↑ いつも来てくれはっておおきに。ここを押してやってね(*゜∀゜*)

181211おつまみ教室
言うてる間に12月が来る、せわしないねぇ。そんなときでも飲みたい。けど、スーパーの惣菜ではいや!帰ってあるもんでぱぱっとアテを…ちゅうときに役立つ、レシピあれこれ。合わせ調味料や加工食品にひと手間加えるだけで作れる小粋なおつまみを、なんと1時間で10品作ります。
覚えておいてソンはないですよ〜。しかもちゃちゃっと作ったアテで、飲めます!お酒付きの講座、来てね。
※写真はあくまでも「イメージ」です。

↓↓お申込みは下記のリンクをクリック!↓↓


【日本酒の試飲付】日本酒に合うおつまみ教室
日 時:2018年12月11日(火)19:00〜20:30
受講料:3000円
難易度★☆☆☆☆ お料理が初めての方でもOK!

あじわい館へのお問い合わせは
8:30~17:00(水曜日休館)
TEL 075-321-8680

福島野菜で夏のアイデア料理教室♪

★一日一回、応援クリックよろしうお願いします★★
ブログ村 京都(市)情報
↑ 携帯・スマホの方はこちらをポチッとm(._.)m

にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 京都(市)情報へ
↑ いつも来てくれはっておおきに。ここを押してやってね(*゜∀゜*)

180713福島野菜1
またまた京果さんで野菜たっぷりの料理教室をやらせていただきます。今回のテーマは、福島県産夏野菜(きゅうり・トマト・なす等)。どれも今が旬!ツヤツヤに実った野菜たちをふんだんに使い、食欲がなくなりがちな夏でも美味しく食べられる料理をつくります♪

日 程:平成30年7月13日(金) 18:05〜20:45
受講料:1500円
場 所:京都青果センター3階「京の食文化ミュージアム あじわい館」

    〒600‐8813 京都市下京区中堂寺南町130‐2
アクセス:JR嵯峨野山陰線「丹波口駅」下車 徒歩5分
※福島の地酒の試飲があります。お車で来館の方は試飲ご遠慮願います。

150801福島野菜3
前回の福島野菜の料理教室では、こんな感じの料理を作って食べました。
お陰様で大好評♪ 今回も喜んでいただけるように、イロイロ考えますよ!

180713福島野菜3
今回も、普段もお得な料理教室が、一段とお得になるキャンペーン実施中!
ご新規様・ご紹介者様はなんと!受講料1000円!!!
きゃーお得〜。初めてのお友だちを誘って来てね〜。
※キャンペーンは条件があるので、上の図をクリックで拡大してよく読んでね。

★お申込み・お問い合わせは下記まで! お待ちしてまーす\(^O^)/
京都青果合同株式会社 マーケティング部 担当:伊藤様
TEL:080-6194-2343
メールでのお申込み market1@kyoka.co.jp
電話での受付時間 水曜・日曜・祝日を除く午前8:00〜午後16:00

四万十の香味野菜で料理教室

★★一日一回、応援クリックよろしうお願いします★★
ブログ村 京都(市)情報
↑ 携帯・スマホの方はこちらをポチッとm(._.)m

にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 京都(市)情報へ
↑ いつも来てくれはっておおきに。ここを押してやってね(*゜∀゜*)

180407四万十野菜1
先週土曜は、あじわい館で料理教室の講師を務めさせていただいた。

180407四万十野菜2
今回は、高知県・四万十農協さんが野菜を提供してくださった。高知と言えばピーマンと生姜の印象が強いけど、ミョウガ・ニラ・セリも全国きっての生産量なのよ。ナスやシシトウ、オクラもたんと作ってはるし、お米は四万十のブランド米「にこまる」。化学肥料や化学農薬の使用量を半分まで減らし、環境に配慮して栽培されたお米は、高知初の特Aランクに認定されたそう。粒が大きくて、炊きあがりはふっくら艶やかなご飯になる。

180407四万十野菜3
そんな野菜とお米を使ってこんなん作りました〜。ほぼ香味野菜ばっかりで、どんな料理にするかちょっと悩んだけど、皆さん喜んでくれはった。左の山盛りの野菜炒めは、高知で最もポピュラーに食べられているニラの炒め物「ニラとん」である。

180407四万十野菜4
そして今回は「お酒にも合う」というテーマで考えたので、四万十農協さんが地酒を持ってきてくださった。感謝、感謝m(._.)m 四万十町の小さな蔵元・文本酒造さんの「日乃出桃太郎」は晴れやかな銘柄の通り、元気いっぱいの子どもを思わせる、甘みのあるフレッシュな風味。香りもくどくないし、何よりぽっちゃりした飲み口がええ。あーこれはまさに私好み、大好きな味わいだ。辛口が多い高知にあって、女性に大人気のお酒なんだそう。

BlogPaint
ということで、皆さん満腹に。お土産もたっぷり出たし、ほんまに至れり尽くせりの料理教室やった。
京果さん、四万十農協さん、素敵な教室を担当させていただきありがとうございました。
楽天市場
Profile

玉葱ぽん

玉葱ぽんの本
洛中いぬ道楽 京都で犬と暮らす洛中いぬ道楽 京都で犬と暮らす
著者:玉葱 ぽん
販売元:幻冬舎ルネッサンス
(2009-09-15)
販売元:Amazon.co.jp
クチコミを見る
コメントおおきに〜
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ