京都・町家ぐらし

京都の町家に暮らす玉葱屋ぽんが、食べもんやお酒、愛犬との日々をつづるトボけた四方山ブログ。ベタなまち徘徊、トホホな情景も織り込んでおとどけ!

月刊京都

月刊京都3月号は「仏像」…家呑みは最終回

190208月刊京都1
月刊京都3月号は「仏像に出会う」。お庭や建物もええけど、お気に入りの仏様と会いにゆくいうのは格別。私は永観堂の見返り阿弥陀さんに初めてお目に掛かったとき、なんて美しいお顔なんやろうと見とれた。絵とは違う、立体ならではの表情にハートをわしづかみにされたな。私もあんなお顔で「遅いぞ」って言われてみたい。ま、その前に信心せんといかんが。皆さんもお気に入りの仏様を見つけて会いに行ってね。

190208月刊京都2
さて、家呑みは「ちんまり」したもの・・・ちん「も」り(この理由は読めば解る)収まっていた『京で家呑み』であるが、4月号からのリニューアルに際し、これが最終回となった。しくしくしく(;.;)
今まで読んでくださった方々、おおきにでした。巻末に付いているハガキに「連載が終わって淋しい!再開してください!」などというコメントを書いて送ってくださったら、ひょっとして再登場もある?かも。
またお目にかかれるように、皆さまよろしくですm(._.)m


★★一日一回、応援クリックよろしうお願いします★★
ブログ村 京都(市)情報
↑ 携帯・スマホの方はこちらをポチッとm(._.)m
にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 京都(市)情報へ
↑ いつも来てくれはっておおきに。ここを押してやってね(*゜∀゜*)

月刊京都2月号はうどん・そば・寿司・鰻

★一日一回、応援クリックよろしうお願いします★★
ブログ村 京都(市)情報
↑ 携帯・スマホの方はこちらをポチッとm(._.)m

にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 京都(市)情報へ
↑ いつも来てくれはっておおきに。ここを押してやってね(*゜∀゜*)

190110月刊京都1
2月号の月刊京都は、えらい盛りだくさんなグルメ紹介。どれか単品でも成り立つのに、
大盤振る舞いである。が、なかなかに高級なお店が多いので、月刊京都の読者層がわかる。

190110月刊京都2
で、チープな家呑みも、今回ははりこんで高級食材ww 生麩のもっちりした食感は
煮ても焼いても揚げても良し。冬にはとりわけおいしいね。

月刊京都12月号は大人気の御朱印帳

★一日一回、応援クリックよろしうお願いします★★
ブログ村 京都(市)情報
↑ 携帯・スマホの方はこちらをポチッとm(._.)m

にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 京都(市)情報へ
↑ いつも来てくれはっておおきに。ここを押してやってね(*゜∀゜*)

181210月刊京都1
師走に入って慌ただしい時期やけど、雑誌はたいてい1月号。月刊京都のはれやかな特集は、御朱印帳。2018年1月号で特集したのが大好評やったとのことで、2019年もふたたび、とのことである。前回にも増してオシャレなんとかアートなんとか、いろんな御朱印帳が特集されている。

181210月刊京都2
今月の家呑みは、1月号やけど、暮れの慌ただしさがテーマ。今年こそあそこを片付けよう!と心に誓うたんであるが、半月ほど過ぎて、やっぱり例年通りになりそうな予感。あかんなぁ、根が無精なだけに。とほほほ

月刊京都12月号は紅葉のお約束

★一日一回、応援クリックよろしうお願いします★★
ブログ村 京都(市)情報
↑ 携帯・スマホの方はこちらをポチッとm(._.)m

にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 京都(市)情報へ
↑ いつも来てくれはっておおきに。ここを押してやってね(*゜∀゜*)

181110月刊京都1
はい。ということで、月刊京都の12月号は紅葉特集。京都は大原野で仕事やったんで、「そろそろ紅葉してるかな」と期待したが、ちらほら程度やった。もっとも、あのあたりは竹林が多いので、紅葉するような木がなかったせいかも。もう少し南へ行くと、柳谷さんとか名所があるんやけどねぇ。
毎度のことながらページをめくると、春は薄紅、秋は深紅に染まる誌面があでやか。

181110月刊京都2
そんな優雅かつ華麗な雑誌で、ひときわビンボー臭いのはスマヌm(._.)m コンニャクって味はないけど、独特の食感がおいしいよね。高校時代なにかにつけお世話になった、学校のお母さんみたいやったKちゃん、元気かな。久しぶりに会いたいな。

月刊京都11月号は、言わずと知れた紅葉

★一日一回、応援クリックよろしうお願いします★★
ブログ村 京都(市)情報
↑ 携帯・スマホの方はこちらをポチッとm(._.)m

にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 京都(市)情報へ
↑ いつも来てくれはっておおきに。ここを押してやってね(*゜∀゜*)

181010月刊京都1
月刊京都11月号は、紅葉特集。春は桜、秋は紅葉いうのは予告がなくてもわかるよね。こんだけ毎年特集してたらネタが尽きひんか心配になるけど、そこは京都。ゆったりと散歩しながら楽しみたい紅葉の散歩道と周辺グルメが載っている。

181010月刊京都2
今月の家呑みは、おから。大人になってから好きになった(それでも頻繁には食べへんけど)おかずの一つである。口の中の水分を全部持っていかれるような食品が苦手な私だけに、おからもしっとりしたんが好み。で、たまにはサラダもええよ。

月刊京都10月号は京の「ろーじ」

★一日一回、応援クリックよろしうお願いします★★
ブログ村 京都(市)情報
↑ 携帯・スマホの方はこちらをポチッとm(._.)m

にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 京都(市)情報へ
↑ いつも来てくれはっておおきに。ここを押してやってね(*゜∀゜*)

180910月刊京都1
月刊京都10月号は「路地の隠れ家」特集。京都に多い路地(ろーじ)や図子(路地は行き止まりの細い道、図子は抜けている細い道)にある素敵なお店が出ています。行ってみたいええとこばっかりなので、こんなに出たら「隠れ家」でなくなるかも(^^ゞ とはいえ私が行くにはちょっと上等すぎたりして。とほほ

180910月刊京都2
そんな、とほほな家飲みはこちら。見た目とは裏腹の、苦手な「甘うてポクポク」を
私でもおいしく食べられるようにしたおつまみは、我ながら絶品!お試しあれ〜

月刊京都9月号はお庭

★一日一回、応援クリックよろしうお願いします★★
ブログ村 京都(市)情報
↑ 携帯・スマホの方はこちらをポチッとm(._.)m

にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 京都(市)情報へ
↑ いつも来てくれはっておおきに。ここを押してやってね(*゜∀゜*)

180810月刊京都1
9月号の月刊京都はお庭の特集。さすがに来月に入ったらちょっと涼しくなるやろうし、
ちょっと散策に出掛けてみたいあっこやらここやら。もちろん近くのグルメスポットもあれこれと。

180810月刊京都2
今月の家呑みは、例のご神木きのこの話で(^^ゞ レシピが簡単すぎるけど、このシンプルさが
旨いのだ。照り焼きタレをかけてご飯にのせてもええよ。お試しあれ。

月刊京都8月号はちべたい甘味

★一日一回、応援クリックよろしうお願いします★★
ブログ村 京都(市)情報
↑ 携帯・スマホの方はこちらをポチッとm(._.)m

にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 京都(市)情報へ
↑ いつも来てくれはっておおきに。ここを押してやってね(*゜∀゜*)

180710月刊京都1
暑い暑い、このところの体温に近い暑さは消耗する。わんこもついに散髪して洗ってやった。が、ムサはもうおじいちゃんやし、毛の生え方が遅いため、今年はお腹だけ。見た目にはほとんどすっきりしてないので、見るたんびに暑苦しい。
さて、月刊京都8月号は、そんな暑さを食べて忘れる冷たい甘いもん。あれもこれもおいしそうであるが、私はケチなので、正直、甘味に1500円払うなら立ち飲みで引っかけたいなぁと思てしまう(^^ゞ 心底ビンボー人やな。

180710月刊京都2
そんなビンボー人は、豪華な食材を使わずとも毎日のテーブルを賑わせる。あるもんでアテ、あるもんでちゃちゃっと数品。ただし、どのような依頼にもほぼ「飲めるおかず」を出してしまうのがネックだ。夏休みはお子様向けの料理教室もあるけど、さて、どうすべぇかΣ( ̄□ ̄;)

月刊京都7月号は祇園祭

★一日一回、応援クリックよろしうお願いします★★
ブログ村 京都(市)情報
↑ 携帯・スマホの方はこちらをポチッとm(._.)m

にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 京都(市)情報へ
↑ いつも来てくれはっておおきに。ここを押してやってね(*゜∀゜*)

180610月刊京都1
今月の月刊京都は7月号やから、毎度おなじみ『祇園祭』。ここ数日、梅雨冷えでひんやりするけど、もうじき暑うてたまらん陽気になるなぁ。そして、祇園祭一色に染まる京都。月刊京都には鉾町の裏話や今年新たに加わったネタ、界隈のグルメも。鉾町の通りを詳細に紹介してある地図が見ものよ。

180610月刊京都2
今月の家呑みは、アテと違うて紫蘇仕事。生姜と紫蘇と、あれこれ面倒くさいけど、楽しみでもあるんよね。お隣の記事の「サワラだし」は、あっさり上品な風味のお出汁が取れる。これで炊いた大根やかぶは絶品!

月刊京都6月号はパン屋さん特集

★★一日一回、応援クリックよろしうお願いします★★
ブログ村 京都(市)情報
↑ 携帯・スマホの方はこちらをポチッとm(._.)m

にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 京都(市)情報へ
↑ いつも来てくれはっておおきに。ここを押してやってね(*゜∀゜*)

180510月刊京都1
月刊京都6月号は、パン屋さんの特集。京都人はパンが大好き。食パンだけやったら神戸にトップの座を譲るけど、菓子パン・惣菜パンの購入額では全国1位である。これは京都は職人や店屋が多く、家で夫婦共働きの家庭が多かったためと言われている。お昼はちゃちゃっとパンを食べて済まそうというわけで、おかずの要らんパンの売上が多い。そして、パン屋さんも多いというわけである。月刊京都には、老舗からニューフェイスまでいろいろ載ってるよ。

180510月刊京都2
そして家呑みのテーマは島らっきょう。もうずいぶん前になるけど、沖縄は良かったなぁ。たった3日しか居られへんかっのが残念やったが、当時は忙しかったのよ。今は、時間はあるけど金が無いww 犬連れで行くのが難しいので、老後の楽しみやね。
楽天市場
Profile

玉葱ぽん

玉葱ぽんの本
洛中いぬ道楽 京都で犬と暮らす洛中いぬ道楽 京都で犬と暮らす
著者:玉葱 ぽん
販売元:幻冬舎ルネッサンス
(2009-09-15)
販売元:Amazon.co.jp
クチコミを見る
コメントおおきに〜
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ