たまりんの時々山日記

艱難辛苦 眺望絶大 山岳渉猟…森から尾根へ 尾根から峰へ 峰から峰へ… 山に行かない時はしばらく放置 北海道十勝出身 静岡県東部在住の山親爺です 四季を通じて 主に静岡・山梨・長野の山々を登っていますが たまに岐阜・富山・新潟の山々や故郷北海道の山々に出没致します 因みに『たまりん』は7歳女子の愛猫の名前です

2010年05月

山の花図鑑④黒金山のアズマシャクナゲ2

アズマシャクナゲのギャラリーです






私が登ったでは奥秩父甲武信ヶ岳の十文字峠のアズマシャクナゲや天城山の石楠立のアマギシャクナゲが見応えがあって立派でしたが…

黒金山のアズマシャクナゲは登山道入口から牛首辺りまで2時間あまり登山道の両脇がギッシリとシャクナゲなのです

私が知っている限りこんなにボリュームのある群落は他に類をみないほどですまさにシャクナゲロードなのです

山の花図鑑③黒金山のアズマシャクナゲ1



アズマシャクナゲ
(東石楠花)

花期 5~6月

分布 本州

関東地方に多いのでアズマの名前がつきました!深山の林内に生え高さは3mほどになりの多い斜面などでは根元の幹が弓なりに曲がります

花芽は前年の秋に完成して冬を越します 葉は革質で常緑 冬は葉を丸め表面積を小さくして越冬します

蕾の時は色は濃いですが花が咲くと淡くなります!花びらが5枚あるのが特徴で ひとつのは5

新緑の西沢渓谷②

西沢渓谷入口から笛吹川の流れを左に見ながら上流に向かい 東沢と西沢が落ち合う二股を過ぎ 東沢吊橋を対岸に渡って西沢に入り遊歩道を瀬や淵 滝を見ながら進みます

西沢の水は鉱毒を含むためコバルト色をしています 白い花崗岩と新緑の樹々に映えて独特の美しさがありますね!

遊歩道は七ッ釜五段ノ滝の上部で終り 帰りはトロッコ軌道跡の迂回路を戻ります!




ちょっと来ない間(5年振り位か)すっかり綺麗に整備され かなり掛けたなぁと驚いてしまいました

以前はかなり危険な場所があり事故もあった様です今日も前夜が降ったため 滑り易くなっていましたので足廻りはしっかりした物にした方が良いでしょう!

私がから渓谷の終点に下って来た時には沢山のハイカーの皆さんが広場で休憩されていましたが…をおんぶした若いもいて ちょっと驚いてしまいましたぁ10㎏のザックを背負っていると思えば良いのかも知れないけど危ないなぁ

まぁ何でもありの富士登山と同じで安易に軽装で入渓されるのは事故のもと くれぐれも事故の無い様慎重でありたいものですね!

新緑の西沢渓谷①


西沢渓谷は奥秩父連山の盟主国師ヶ岳の東面に源を発する笛吹川の上流部に位置し 奥秩父を代表する美しい渓谷です!

良く整備された遊歩道が沢沿いに付けられ 新緑やの時期は余りに多くの人でまともに歩けない程です

私は今朝一番で入りましたのでゆっくり楽しみながら歩く事が出来ました

4月~11月は上流に向けて一方通行 帰りはかつてのトロッコ軌道跡の迂回路で戻る事になります!




笛吹川は南アルプスの甲斐駒ヶ岳の近くの鋸岳に源を発する釜無川と市川三郷(旧市川大門)で合流し富士川となって駿河湾に注ぎます

皆さんのお住まいの近くの川がどこをどう流れて何処に注ぐのか?遥かに見えるに降ったがどんな旅をするのか?ちょっと分水嶺の事を考えてみるのも楽しいものですよ

山行記;黒金山2232m①

5月30日

奥秩父
黒金山2232m

秩父多摩甲斐国立公園
山梨百名山

山梨県山梨市

天候 気温8℃ 南の風3m

西沢渓谷~ヌク沢~ナレイ沢橋~西沢山荘~西沢渓谷入口~三重ノ滝~七ッ釜五段ノ滝~黒金山登山道入口~紅葉台~2021m地点~牛首のタル~黒金山~黒金山登山道入口~大久保沢~ナレイ沢橋~西沢渓谷

自宅出発2:15
西沢渓谷出発4:30
黒金山登山道入口6:20
黒金山9:35~10:00
黒金山登山道入口12:50
西沢渓谷下山13:50
自宅帰還16:30

本日の走行距離
(往路) 甲府 山梨経由 110
プロフィール

たまりん3193

QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ