たまりんの時々山日記

艱難辛苦 眺望絶大 山岳渉猟…森から尾根へ 尾根から峰へ 峰から峰へ… 山に行かない時はしばらく放置 北海道十勝出身 静岡県東部在住の山親爺です 四季を通じて 主に静岡・山梨・長野の山々を登っていますが たまに岐阜・富山・新潟の山々や故郷北海道の山々に出没致します 因みに『たまりん』は7歳女子の愛猫の名前です

妙高戸隠・頸城海谷山塊

山の花図鑑⑫ムラサキヤシオ

df6c447c.jpg


ムラサキヤシオ【紫八汐】


ツツジ科
ツツジ属

分布;北海道 中部以北の本州

花期;5~6月


深山や高山に生える高さ1~2mの落葉低木

林縁や雪渓の縁など湿り気の多い場所に生えます!

花は直径4cmほどで花柄には腺毛が生えます
雄しべは10本あり 上の5本が短く 下の5本は長い

飯綱山では西登山道と表登山道の分岐の下辺り 飯綱山とメノウ山の鞍部に大群落を作っていました

89847175.jpg


山行記;飯綱山1917m(3)

戸隠スキー場の最高点でもあるメノウ山1748mから飯綱山の全貌が薄日の中に浮上っています!

c117447f.jpg


2a2e3d69.jpg

ここからはスキー場のゲレンデの草地を下り 怪無山下の分岐を左折 メノウ沢の九十九折りの急坂を下って行きます!

下部の分岐を右折し中社ゲレンデに戻ります この分岐からは人工的に作られたと思われる水路沿いの気持ちの良いトレイルが続きます

e73723e5.jpg

c1434df5.jpg


続きを読む

山行記;飯綱山1917m(2)

ムラサキヤシオの群落を過ぎ 右からの支尾根を合わせ 立木もまばらな草地の稜線をひと登りで一の鳥居から登ってくる表登山道と合流します

南峰直下の鳥居前を右に巻くと 飯縄神社奥宮が祭られた南峰1909mに到着します!
453557c7.jpg

7782ef12.jpg

本峰の北峰には稜線伝いに一旦下って緩やかに登って15分ほどで到着です
f0b4bab0.jpg

朝から霧で 晴れ間を期待して小一時間待ってみましたが 時々切れ間に近くの霊仙寺山やこれから行くメノウ山が垣間見えるだけです晴れていれば南に長野市街を俯瞰し 西から北に妙高戸隠連峰 日本海や佐渡も見渡せる様ですがちょっと残念です!


続きを読む

山行記;飯綱山1917m(1)

4日黒姫山登山を終えて 戸隠キャンプ場入口から明日の飯綱山登山に備えて登山口の下見を兼ねて 戸隠神社中社に参拝し 神告げ温泉で汗を流しました

62a3125f.jpg

その後翌日の朝食と行動食の調達と夕食のためを探しに信濃町まで戻り 戸隠キャンプ場入口に戻ったのは夕暮れ時…

は圏外で何もする事もないので 後部座席を倒してフラットにしてラジオを聴きながらで一日の疲れを癒します

8時前に就寝 暑くも寒くもなく快適に眠れました!3時半に起床 顔を洗って近くを散歩し身仕度を整えて 簡単に朝食を済ませ 中社の神告げ温泉に移動します

温泉のすぐ隣りの戸隠スキー場中社ゲレンデや温泉の先の林道にも2か所があります!

私は周回するため奥まで入らず林道を歩きます10分ほどで西登山道の短縮登山口に到着!急坂を登って本道に合流 新緑のカラマツ林を緩やかに登って行きます
続きを読む

山の花図鑑⑪サンカヨウ

e788b20f.jpg

サンカヨウ【山荷葉】

メギ科
サンカヨウ属

分布;北海道 中部以北の本州

花期;5~7月


山地から亜高山帯の林内に生える多年草で高さ30~60cm

下の葉は大きく楯状につき 広腎円形で幅20~35cm 上の葉は小さく無柄 どちらも中央部が深く切れ込み 不揃いの鋸歯があります

茎の先に2cmの白色の6弁花を数個つけます!
夏の終わりにブルーベリーに似た青色の実をつけます 食べられる様ですが…私はまだ食べた事がありません
ab0a3d56.jpg

87a0c02e.jpg




雪の多い山ではポピュラーな花です!シラネアオイ キヌガサソウと並んで私の大好きな高茎の高山植物です

livedoor プロフィール
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ