たまりんの時々山日記

艱難辛苦 眺望絶大 山岳渉猟…森から尾根へ 尾根から峰へ 峰から峰へ… 山に行かない時はしばらく放置 北海道十勝出身 静岡県東部在住の山親爺です 四季を通じて 主に静岡・山梨・長野の山々を登っていますが たまに岐阜・富山・新潟の山々や故郷北海道の山々に出没致します 因みに『たまりん』は7歳女子の愛猫の名前です

富士山・愛鷹

山行データ;①前岳1336m・④位牌岳1458m 裾野市須山田向登山口より往復

5e7385f9.jpg

【南側崩壊地より袴腰岳】

2014年5月31日

愛鷹山塊

前岳1336m
袴腰岳1458m

静岡県裾野市

天候(袴腰岳8:30)快晴 17℃ 南の風2m

1035b2fa.jpg

【田向登山口】

【経路】
県道76~県道24~R469 往復47Km

※裾野市須山の田向登山口付近には 登山者用はありません!これがネックになって登山者が少ないようです… 私は事前に了承を得て公共施設のを利用させていただきました

大部分の方々は 山神社から大沢林道経由で登られているようですが こちらは林道歩きと北尾根取付からの急登が待っています!

田向登山口からのルートは山神社からのルートに比べて標高が低い分累積標高差があり 距離もありますが 危険の少ないルートだと思います!

32d917ba.jpg

【前岳手前のガレ場付近にあった注意標識


続きを読む

2013~14 年末年始の富士山

秋の天候不順と年末にかけての繁忙期で 全く山に行けない日々が続いていましたが やっと正月休みに入り すっかり萎えてしまった足を鍛えに富士山の周りをぐるっと3日(丹沢 奥多摩 御坂)歩いて参りました


12月30日 西丹沢

b343990c.jpg
【白石峠分岐付近より右手に御正体山と杓子山】
89ad3d86.jpg
【前大室付近より】
d34c2999.jpg
【加入道山手前より】


1月2日 奥多摩笹尾根

eadef9b9.jpg
【槇寄山より右手に三ッ峠山と御坂黒岳】
531125bd.jpg
【数馬峠より 左手に権現山】


続きを読む

甘利山・千頭星山からの富士山

いつもは未明の出発で登山というパターンがほとんどなのですが 寝坊の心配もあり より遠くに行くには前夜発もしなければ遅れをとってしまうことも多々あり 今回はパターンを変えて仕事を終えた後早めに出発してで車中泊することにしてみます

今回は高速も使わなくても良く かつて毎回のように通った懐かしい下道ルートでのアクセス 中部横断道の開通で市街地はすっかり車の流れが変わって ひっそりしていますが コンビニは随分増えました!

真っ暗な甘利山公園線を登りつめて標高1640mの広河原に到着!下弦の月がかかり満天の星空 甲府盆地の町明かりが一望です

には私の車一台 ビールを仕込んでさっさと就寝

朝 4時前に起きると 富士山撮影のカメラマン氏のが十台ほど…皆さんもう出発されたようです私も日の出に間に合うように 大急ぎで身支度を整えて出発

辺りはすっかり明るくなり 甘利山山頂に10分ほどで到着ですが カメラマン氏は1人だけ…他の皆さんはどちらへいかれたのでしょうか?他に良いスポットがあるらしいですね

6f6679b9.jpg
【4:35 甘利山山頂より夜明けの富士山】

紅富士を期待したのですが あまり焼けませんでしたね

13510a2c.jpg
【6:35 千頭星山を過ぎ 大ナジカ峠への下降点より先の大規模崩壊地から】

正面の鳳凰三山と八ヶ岳ばかり気になりますが 南に回り込んでみると見えました!こちらも切れ落ちたガレ場ですので要注意です
続きを読む

山行データ;⑬越前岳1504m 忘年山行で十里木高原より往復

641bc6b4.jpg

2012年12月29日

愛鷹連峰

越前岳1504m

日本二百名山
静岡の百山

静岡県富士市・裾野市境界

天候 ガス時々晴れ 気温3℃ 南東の風3m 積雪5~10cm

【経路】
県道24~R469(往復)

走行距離 35Km

65bd6d97.jpg
(帰りの馬の背よりチラッと富士山)

【行程】
自宅出発9:40

十里木高原10:05-15
展望台10:25
馬の背10:45-55
勢子辻分岐11:40
越前岳11:45-12:05

勢子辻分岐12:10
馬の背12:35-45
展望台13:10
十里木高原13:25-35

自宅帰還14:10



全行程 約5.4Km

歩行時間 2時間40分

標高差 約630m


※十里木高原は30台程駐車可 使用可

※R469の富士市勢子辻~裾野市須山間は路面凍結に注意!


山行記;愛鷹山1188m(2)

展望地からトラバース気味にひと登りで 愛鷹明神奥宮の鳥居が見えてきます

後ろに回り込むと 一等三角点のおかれた愛鷹山の山頂に到着です

d339526b.jpg


5722f19d.jpg


山頂からは北側が切り開かれていて 真北に初冬の富士山が真下に愛鷹山塊の最高峰越前岳を従え聳えています その手前に 大岳の小さな高まりが西に 中央に袴腰岳から馬場平のなだらかなスカイラインが 東奥に南面にガレた顔を見せる位牌岳の高まりが望めます

89091e5e.jpg


体調が良ければ 隣りの袴腰岳あたりまで行ってみる予定でしたが 久々の登山でペースも上がらず 楽しみにしていたブナの黄葉も終わってしまったようなので 無理をしないで 今日はここまでとします



続きを読む
livedoor プロフィール
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ