たまりんの時々山日記

艱難辛苦 眺望絶大 山岳渉猟…森から尾根へ 尾根から峰へ 峰から峰へ… 山に行かない時はしばらく放置 北海道十勝出身 静岡県東部在住の山親爺です 四季を通じて 主に静岡・山梨・長野の山々を登っていますが たまに岐阜・富山・新潟の山々や故郷北海道の山々に出没致します 因みに『たまりん』は7歳女子の愛猫の名前です

クニマス

秩父の山犬(オオカミ)信仰

今回の武甲山と両神山登山で もう一つの楽しみは山犬たちに会うこと

山犬とは絶滅したとされているニホンオオカミのことですが 秩父地方では雲取山の登山口の三峰神社をはじめ両神神社 御嶽神社など山犬を神の使いとしている神社が多くあります

【武甲山御嶽神社里宮 一の鳥居一丁】
f464ab52.jpg

6946b957.jpg

【武甲山御嶽神社奥宮 山頂五十二丁】
8f03c614.jpg

b7cf3405.jpg


武甲山御嶽神社について?
http://www.google.com/gwt/x?client=ms-kddi-gws-jp&gl=JP&source=sg&u=http://www.raifuku.net/special/wolf/map/area/kanto/shrine/mitake_sai/mitake_sai.htm&ei=qP4IUfnfNsTtlAXsioHwAw&wsc=tb&ct=pg1&whp=30

続きを読む

クニマス その後(2)

こんばんは!
またしてもクニマスです


今日の朝日新聞夕刊にクニマスについての記事が再び掲載されましたので…


(以下ほとんど引用です)
国のレッドリストで絶滅種に指定され、約70年ぶりに生息が確認された魚「クニマス」。発見場所の西湖がある山梨県は「どれだけ生息するか分からない、むやみに捕獲してよいものか」と調査の進め方に悩む。


一方、レッドリストの見直し作業を進める環境省も、本来生息しない西湖に人の手で運ばれた経緯をどう評価すべきか、頭を抱えている。


地元 富士河口湖町は12月15日 役場内にプロジェクト準備チームを立ち上げ クニマスの保護にむけて環境省と西湖漁協の間を取り持つ狙いだという…


漁協ではクニマスが多く生息する区域が分かれば禁漁区する事などを検討している


また生息の実態が分からない中でむやみに網による捕獲調査は 生息状況を悪化させるおそれがあり まずは漁業関係者から詳しい聞き取り調査をしてから調査すべきだという慎重論が大勢をしめている


そしてもう一つ レッドリストで「絶滅」扱いのクニマスをどう見直すかも難問だ!


国のレッドリストでは他の地域から移入された魚類については 評価の対象から除くというルールがあり 厳密に適用すると「絶滅」のままにする事になるらしいが…


クニマスのためにレッドリストに新たなランクや規定を作る選択肢もあるという


また 本来の生息場所で滅び別の場所で生きているなら「野生絶滅」に指定すべきとの意見もある…



環境省は「クニマス」の位置づけが最終的に決まるのは 2012年度末になるとしている

クニマス その後(1)

一昨日の新聞報道によると…

「もともと秋田県の田沢湖のみに棲息し絶滅したとされていたクニマスが山梨県の西湖で見つかった。秋田では“再び田沢湖へ”という期待が日に日に高まっている。しかし、湖水を利用した戦前の開発により、田沢湖には今も絶滅の原因となった酸性温泉水が流れ込んでいる。故郷に戻るのは簡単ではない。」(1月4日付朝日新聞夕刊より引用)



ニュースに湧いた地元秋田では 県と田沢湖のある仙北市が12月21日急遽「里帰りプロジェクト」を発足させたという…

しかし その前途は多難な様です


かつて日本で最も深い湖 田沢湖は多くの生き物が棲む豊かな湖でした!

1930年代 国は「食料増産と電源開発」のため “玉川毒水”と呼ばれた玉川温泉の流れ込む玉川の水を田沢湖へ引き込んで希釈する計画を打ち出し…40年から導水 希釈された水で仙北平野は穀倉地帯となり 増えた湖水を利用して水力発電も行われています…


一方で田沢湖の酸度は上がり 水質が大きく変化 棲んでいた魚は1年足らずで死滅し「死の湖」と呼ばれる様になってしまいました

89年 国は玉川上流に石灰で中和する施設を建設しましたが かなり改善されたものの クニマスが生きられる水質に戻すのは 新たな中和技術が開発されない限り難しいという

仮に玉川からの導水を止めた場合は 下流域の穀倉地帯に与える影響は大きく 電力の供給も大幅に低下するだろう…


国と秋田県はこの難問にどう対応するのだろうか?


里帰りばかりが良いとは思えないが クニマス発見を契機に田沢湖がかつての生き物たちが溢れていた豊かな環境を取り戻せたら と願わずにはいられない


私達人間の叡智が試されているのだと思うが…

その後のクニマス 田沢湖に注目したいと思います!

果たして私にも 何か出来る事はあるのだろうか…

今年を振り返って

d743ac27.jpg
今日も最後の追い込みで忙しい一日になりそうです

早起きしてあたふたと記事投稿しております

今年もいろいろありましたが…

私の今年の5大ニュース

(1)親類の子がバンクーバーオリンピックに出場 頑張りましたが…

(2)福島千里選手がアジア大会で二冠に輝く あの華奢な体で偉大です!記者会見も良くなってきました

(3)小惑星探査機はやぶさの帰還!感情移入して私も泣きました


(4)クニマス奇跡の発見 さかなクンと天皇陛下にバンザイ!

(5)ナベヅル マナヅルの鳥インフルエンザ禍…気掛かりです!何とかこの危機を乗り越えてもらいたいと願うばかりです!


(追加
4か月半ぶりで山に登ってきた事…過酷な山行でしたが無事帰還終わり良ければ全て良しとしましょう


そんなこんなの一年でしたが 皆さんには大変お世話になりました本当にありがとうございました!


皆さん!
良いお年をお迎え下さいね!

西湖のクニマス

何とも驚きのニュースですね

はるか以前に秋田の田沢湖で絶滅したものと思われていたクニマスが遥か離れた山梨で発見されるとは

他にも放流されたのに 西湖で命を繋いできたのは 富士山の冷たい伏流水が湖底から湧き出し棲息に適していた事と 他の魚と棲み分けが出来て冷たい水を好むクニマスは湖底近くで世代を重ねてきたらしいのです


湖面近くに悪名高きブラックバス 中間層にアメマスが割りとお互いに干渉せず生活していたのです

地元の方は漁や釣りをしていたらしいのですが…誰にも気付かれず今日まできたという奇跡の様な話です

私も御坂の山に登るために西湖あたりはよくいきますが まさかそんなドラマティックな話を秘めていようとは思ってもみませんでした!

クニマスが里帰り出来たら 良いなぁ


絶滅したニホンオオカミやニホンカワウソも山奥で生き長らえていないだろうか?

そんな夢をみさせてくれる今年の大ニュースです

livedoor プロフィール
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ