たまりんの時々山日記

艱難辛苦 眺望絶大 山岳渉猟…森から尾根へ 尾根から峰へ 峰から峰へ… 山に行かない時はしばらく放置 北海道十勝出身 静岡県東部在住の山親爺です 四季を通じて 主に静岡・山梨・長野の山々を登っていますが たまに岐阜・富山・新潟の山々や故郷北海道の山々に出没致します 因みに『たまりん』は7歳女子の愛猫の名前です

ブナ

位牌岳東尾根の森とアシタカツツジ

須山の山之神神社横の田向登山口から位牌岳に突き上げる東尾根を歩くのは初めてです


山神社から前岳北尾根経由で登り 周回コースにしようかとも思いましたが 車の回収のため道路を登り返すのもどうかと思いピストンとしました


登山口から下和田分岐 平坦地の端までは手入れのされた30年生くらいの桧の人工林を登って行きますが ヤマツツジの花が出迎えてくれました
768a692f.jpg

平坦地に入り前岳の手前までは大木の林立する美しい自然林が続きます!

98fc570e.jpg
【天然ヒノキ】
c5704648.jpg
【天然スギ】
6193eef8.jpg
【ミズナラ】

標高にして900~1200m辺りでしょうか ブナを主体にミズナラ カエデ ヒメシャラ リョウブ スギ モミ などの大木が林立し 樹下にはアセビが生え 涼やかな風が渡ってゆく気持ちの良い森です


続きを読む

早春の櫛形山

連休後半 喧噪を避けて人のあまり入らないであろう奥秩父の未踏のトレイル(雁坂峠~雁峠)か 以前真冬の深雪で苦労した和名倉山(白石山)でもと 思っていたものの いきなりの寝坊でやむなく予定変更

6月の○○○○○○ 7月のアヤメ 8月のレンゲショウマ 秋の や雪深い真冬など時期を変えて何度も登っている櫛形山ですが 春まだ浅い早春の頂稜を巡ってみることにします!
139ad2bd.jpg
【みはらし台より八ヶ岳】

花の多い北尾根登山道やアヤメ平はまだひっそりしています
6a5a4288.jpg
【イチリンソウ】
0bc422c8.jpg
【ヒトリシズカ】

434bcacf.jpg
【裸山より荒川三山 赤石岳 聖岳 上河内岳】

南アルプス主稜の山々は例年にも増して雪が多いようで真冬の様相です


続きを読む

山行データ;②三頭山1531m 檜原都民の森駐車場より周回

541981c3.jpg

adeb4bbb.jpg
【スポーツ祭東京2012 自転車競技開催記念像】
cce8e0c9.jpg
【三頭山の日の出】

93bfd6c4.jpg
【三頭山山頂(西峰)】

2013年2月10日

奥多摩

三頭山東峰1528m(三角点)
三頭山中央峰1531m(最高点)
三頭山西峰1525m
大沢山1482m

奥多摩三山(御前山 大岳山)
奥高尾縦走路・笹尾根北端の山

日本三百名山
山梨百名山
花の百名山(ハシリドコロ)

秩父多摩甲斐国立公園

東京都檜原村・奥多摩町 山梨県上野原市・小菅村境界

天候(三頭山西峰)8:00 快晴 気温-6℃ 無風 積雪20cm

【登山後の経路】
奥多摩周遊道路~都道33県道33上野原あきる野線~R20~中央道大月IC~河口湖IC~東富士五湖道路須走IC~R138~R469 檜原・上野原・大月・小山・裾野経由 131Km

9日10日の累計 312Km
続きを読む

山行記;下十枚山(天津山)1732m(3)

今から10年ほど前 同じ時期に このコースを歩きましたが 今日よりもかなり雪が多くラッセルを強いられた思い出があります 今日は新雪がわずかにもかかわらず 記録を比べると 下十枚山で1時間も遅れてしまいましたこのまま 十枚峠から十枚山に登っても 何とか日没には奥山温泉に戻れるとは思いますが 相変わらず体が重く 山頂から5分ほど下った笹原の展望地でターンする事にして大休止にします!

富士山は山陰で見えませんが 南アルプスなどの展望は本峰の(上)十枚山より優れていて 私の好きな場所です
山伏 大谷崩れ 大谷嶺 十枚山 笊ヶ岳
72b019ea.jpg

南アルプス深南部 大無間山 光岳 上河内岳
650503c0.jpg

駿河湾 中央に清水の港
71c09af4.jpg

赤石 荒川三山 白峰三山は雲で見えませんが 私の大好きな笊ヶ岳は十枚山の上によく見えています
2c36f96b.jpg

続きを読む

山行記;下十枚山(天津山)1732m(2)

地蔵峠から次なるピーク岩岳を目指して開放的な笹原の道を登って行きます 日が射して暑いくらいです南面のトレイルは ほとんど雪が溶けて地面が露出しています!

左手に安倍川右岸の山伏から続く平坦な稜線と 奥に深南部の大無間山や寸又峡の山々などが見えいます
cb9c9bba.jpg

歩いていると 暖かい風が吹いて ブナの枝から朝付いた霧氷が降り注いできますよく見ると 地面に針のような氷が一面に散り敷いています!
2e5fd185.jpg

傾斜が緩やかになり ブナの間を縫って先に進むと 大きな桧の大木の立つ岩岳山頂に到着!
0e02f1df.jpg

e1758567.jpg

樹間越しに富士山を見ながら 平坦な気持ちの良いブナの森を進んで 大岩に桧が絡みついて立っている小さなコブを一つ越えて行きます!

続きを読む
プロフィール

たまりん3193

QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ