たまりんの時々山日記

艱難辛苦 眺望絶大 山岳渉猟…森から尾根へ 尾根から峰へ 峰から峰へ… 山に行かない時はしばらく放置 北海道十勝出身 静岡県東部在住の山親爺です 四季を通じて 主に静岡・山梨・長野の山々を登っていますが たまに岐阜・富山・新潟の山々や故郷北海道の山々に出没致します 因みに『たまりん』は7歳女子の愛猫の名前です

丹沢

2013~14 年末年始の富士山

秋の天候不順と年末にかけての繁忙期で 全く山に行けない日々が続いていましたが やっと正月休みに入り すっかり萎えてしまった足を鍛えに富士山の周りをぐるっと3日(丹沢 奥多摩 御坂)歩いて参りました


12月30日 西丹沢

b343990c.jpg
【白石峠分岐付近より右手に御正体山と杓子山】
89ad3d86.jpg
【前大室付近より】
d34c2999.jpg
【加入道山手前より】


1月2日 奥多摩笹尾根

eadef9b9.jpg
【槇寄山より右手に三ッ峠山と御坂黒岳】
531125bd.jpg
【数馬峠より 左手に権現山】


続きを読む

山行データ;②加入道山1418m・②大室山1588m 道志の湯先の登山口より往復

3dc733c0.jpg
【加入道山頂】
bcb7b8b8.jpg
【大室山頂】

2013年12月30日

西(裏)丹沢

加入道山1418m
大室山1588m 山梨百名山

丹沢大山国定公園

神奈川県相模原市 山北町・山梨県道志村境界

天候 快晴 気温 登山口(8:00 -8℃)大室山頂(11:30 -4℃無風) 積雪 登山口より白石峠分岐までは10~30cm 主稜線上は降雪吹き溜まり多く30~100cm

a25e3833.jpg
【白石峠手前より富士山と御正体山 杓子山】
88f51d11.jpg
【大室山西の肩より聖~甲斐駒の南アルプス主稜】

【経路】
R469~R138~R413~村道

走行距離 144Km

本日の路面状況
R469の勢子辻~須山 R138の須走~山中湖 山中湖岸道路 R413の平野~道志間は断続的に凍結 特にR138の篭坂峠~山中湖間は完全なアイスバーン状態
続きを読む

山行データ;④菰釣山1348m・①中ノ丸1280m・①大界木山1246m・②畦ヶ丸1293m 道志の森キャンプ場より周回

a43414dd.jpg
【菰釣山山頂より富士山と山中湖】

2013年1月2日

丹沢山塊(裏丹沢)

菰釣山1248m
ブナ沢ノ頭1229m
中ノ丸1280m
城ヶ尾山1199m
城ヶ尾峠1160m
大界木山1246m
モロクボ沢ノ頭
畦ヶ丸1293m

丹沢国定公園

神奈川県山北町・山梨県道志村境界

天候 晴れ 気温2℃ 南西の風5m 積雪は菰釣山付近にわずか
5a70fef4.jpg
【菰釣山山頂】
0bd3b44d.jpg
【菰釣避難小屋】
b1f8c29b.jpg
【中ノ丸付近より富士山と菰釣山】

【経路】
県道21~R469~R138~R413~村道(往復)

走行距離 138Km

※R413は R137 R138山中湖を経由して相模原など神奈川県方面への抜け道として利用されているらしく極めて交通量多し

※道志の森キャンプ場(1日500円)を利用したが 正月のためか管理人がおらず 支払う事が出来なかった


続きを読む

山行データ;④蛭ヶ岳1673m・②袖平山1432m

5月20日

丹沢山塊(丹沢主脈)


蛭ヶ岳1673m
袖平山1432m

丹沢国定公園

神奈川県相模原市・松田町境界

天候 時々 気温17℃ 南の風2m


(行程)
自宅出発4:30

上青根釜立林道G6:45-7:00

黍殻避難小屋8:20-30
八丁坂ノ頭8:45
姫次9:00-10
地蔵平9:35
蛭ヶ岳10:40-11:05

地蔵平11:45
姫次12:10
袖平山12:35-50

姫次13:05
八丁坂ノ頭13:20
黍殻避難小屋13:30
上青根釜立林道G14:20-30

自宅帰還17:20


全行程 約16.0km

歩行時間 6時間20分

累積標高差 ±830m


(経路)
県道24~R469~R138~R413~上青根林道~釜立林道

走行距離 177km


※姫次手前の標高1433m地点は東海自然歩道コース中の最高地点

※釜立林道ゲート前のは10台程駐車可


※山行記は割愛させていただきます!



①二俣~小丸~金冷シ~塔ノ岳~日高~竜ヶ馬場~丹沢山~不動ノ峰~棚沢ノ頭~蛭ヶ岳(往復)

②上青根林道~八丁坂ノ頭~姫次~地蔵平~蛭ヶ岳(往復)

③日陰沢橋~風巻ノ頭~袖平山~姫次~地蔵平~蛭ヶ岳(往復)






山行記;鍋割山1273m・塔ノ岳1491m・丹沢山1567m(3)

e1e45a28.jpg

cd5141d8.jpg

a10d95cf.jpg

4c099c1d.jpg

塔ノ岳の北側の嫌な凍結路をこなした後は 登り返して日高(ひったか)へ…


この辺りからは背丈の低いミヤコザサが密生する気持ちの良いプロムナードが続きます

日高からわずかに下り 階段や木道が敷かれた手入れされた道を登ります!この階段の連続がジワジワ効いて来るのですね


またこの辺りは立ち枯れたブナが目立つところです…まばらな老いたブナの疎林と密生する小笹の独特な景観が続きます


長い木道を通過すると明るい笹原の斜面の竜ヶ馬場が見えてきます!


竜ヶ馬場からは一旦下って ひと登りで広々とした丹沢山の山頂に到着です周りは木が茂ってあまり展望は良くありませんが 山頂表示板辺りからは富士山や蛭ヶ岳を望むことが出来ます


さて ここが最終目的地という事で のんびりと昼食に致します小休止する度に行動食を補給してきましたので そんなにお腹が空いている訳ではないのですが…これから長い下山が待っていますので無理にねじ込んでしまいます


塔ノ岳の山頂と比べて こちらは行き交う登山者も少なく 山頂のテーブルに10人ほど 時折蛭ヶ岳に行き来人たちが通り過ぎるだけです!


そう言えば 山頂の山小屋みやま山荘が新築されて綺麗になっていたのには驚きました!丹沢山は今日で3回目ですが…かれこれ6~7年は来ていないかなぁ隣りの塔ノ岳には表から 蛭ヶ岳には裏から何度も登っているのですが ここは奥深いからね



さて ここから大返しで二俣に下山します!

塔ノ岳までは行き交う人もまばらなトレイルで快調に飛ばします

再び行き着いた塔ノ岳の山頂は 朝にも増して大混雑ですほとんどギッシリです!三連休の中日で晴れて暖かですので


塔ノ岳は何度も来ていますが 冬場にこんなに賑わうのは初めてです!中高年のみならず 家族連れ 若いカップルなども…だいたい5歳くらいから75歳くらいまで年齢幅の広い事


さて ここから本格的に下山です!階段状の道を 金冷シからはしばし大倉尾根を使って二俣への分岐の小草平まで一気に下ります

登りも辛いですが 下りも足に利いてしんどいです小草平の堀立山の家で最後の小休止をして ここからは暗く歩きづらい檜の植林地の中の急坂を小一時間下ってやっと二俣に到着ですが…最後の小草平ノ沢を横切る時に小滝があったので立ち寄って 顔や手を洗ってクールダウンです

二俣からは慎重に林道を戻り 西日射すR246を逆光のを見ながら家路を目指し 日没と同時に帰還しました


今日も一日楽しかったぁ

これで終わりです
livedoor プロフィール
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ