たまりんの時々山日記

艱難辛苦 眺望絶大 山岳渉猟…森から尾根へ 尾根から峰へ 峰から峰へ… 山に行かない時はしばらく放置 北海道十勝出身 静岡県東部在住の山親爺です 四季を通じて 主に静岡・山梨・長野の山々を登っていますが たまに岐阜・富山・新潟の山々や故郷北海道の山々に出没致します 因みに『たまりん』は7歳女子の愛猫の名前です

冬山

冬の八ヶ岳⑤

奥秩父の金峰山 南アルプスの鳳凰三山と並んでよく行く大好きな冬山は八ヶ岳の天狗岳です

渋ノ湯からのコースも良いですが 私は東面の稲子湯から中山峠を経て天狗岳に登るのが好きです

しらびそ小屋から本沢温泉を経て天狗岳に登り 中山峠から下山する周回コースも良いです!

しらびそ小屋から本沢温泉の間の深い森も好ましいものですし 中山峠先の黒百合ヒュッテも通年営業していますから安心ですね


この他に紹介出来なかったの低山も簡単に紹介しておきましょう

奥多摩の御前山~大岳山・三頭山・陣馬山~高尾山

奥秩父の飯盛山~横尾山・唐松尾山・黒川鶏冠山

浅間山塊の黒斑山・篭ノ登山

中信高原の霧ヶ峰・美ヶ原

菅平から根子岳~四阿山(初冬)

御坂山塊の黒岳・三ッ峠山~本社ヶ丸

毛無・天子山塊の雨ヶ岳~毛無山・竜ヶ岳

愛鷹山塊の越前岳・袴腰岳

伊豆の天城山と伊豆山稜線

箱根の金時山・神山

安倍奥の青笹山・十枚山・八紘嶺
などなど


登っておきたいのは…
北アルプスの蝶ヶ岳・西穂独標・御嶽山・唐松岳・立山(厳冬期)

中央アルプスの木曽駒ヶ岳~宝剣岳(厳冬期)

南アルプスの仙丈ヶ岳・魔の山塩見岳(厳冬期)

あたりか

冬の八ヶ岳③

夏沢峠を境に北にはシラビソの森が広がり とりわけ冬は静かな山行がたのしめます

を踏み締め ゆっくり深い森の中のトレイルを巡るのは気持ちのよいものです

ところどころに展望出来るピークがあり 天気が良くトレースさえついていれば夏道と変わらず歩く事が出来ます

初めての方は…

①ピラタスロープウェイで坪庭から北横岳ヒュッテから北横岳を目指すのが良いと思いますアイゼンはヒュッテで6本爪を装着すれば十分です

大岳を往復したり ヒュッテから三ッ岳を経て雨池峠におり 縞枯山を往復するのも楽しいですよ!

②渋ノ湯から賽の河原経由で高見石 中山 にゅうを巡って黒百合平から下山

小屋泊まりで これに白駒池や天狗岳を加えると変化のある山行が楽しめます

③本沢温泉から夏沢峠で硫黄岳と天狗岳を周回

本沢温泉から夏沢峠はの量が増え厳しいところです風があると両ピークの登頂は注意が必要です

④渋ノ湯から黒百合平を経て天狗岳

渋ノ湯からのコースは必ずトレースがついていて 良く踏まれているので 稲子湯からのコースより楽だと思います


冬の八ヶ岳④

2008年1月に登った天狗岳のフォトギャラリーです




登ったコースは…
稲子湯屏風橋~しらびそ小屋~中山峠~天狗岳の往復です!

前日降ったのため しらびそ小屋から先にはトレースがなく 中山峠への最後の登りは腰までのラッセルとなりました例によってしらびそ小屋で待構えるラッセル泥棒さん達を引き連れての登高です

そして峠を乗越すのに 背丈の倍ほどの雪庇を切り崩してやっと稜線に出ました

ここからは一面の雪原の中を山頂を目指し 山頂直下の岩稜帯を慎重に登って気温-15℃北西の風5mの天狗岳の山頂に到着です

写真を撮るため手袋を僅か2分ほど脱いだだけで危く凍傷になるところでした

冬の八ヶ岳②

次に南端の編笠山…

観音平への道は冬期閉鎖になりますので初冬や残雪期に西側の不動清水から単独で登ったり 西岳とあわせて登ったりしていますが 難しいところはありませんが…一部ルートが不明瞭なところがありが多いと ちょっと迷いやすく注意が必要です!こちらは権現岳の眺めが素晴らしいですよ

そして 八ヶ岳ではありませんが 北隣りの蓼科山についても書いておきましょう

年末年始の蓼科山は初心者には最適なです

女神茶屋からの往復になりますが 年末年始なら新雪直後でなければしっかりトレースがついていて 夏道と変わらない時間で登頂出来ると思います!

単独峰で広大で平坦な山頂のため まさに360度の大パノラマが期待出来ます北アルプス 中央アルプス 南アルプス 富士山 八ヶ岳 奥秩父 浅間山と遮るもののない絶景ですしかし風があると蓼科山頂ヒュッテは営業していないので逃げ込むところがないので辛いところですまぁ晴れていても 無風という事はまずないので頑張りましょう


冬の八ヶ岳①

私にとって冬山というと何と言っても八ヶ岳になります

八ヶ岳は夏沢峠を境に岩稜帯の南八ヶ岳とシラビソの森に覆われた北八ツに分けられますが 比較的晴れた日が多く 冬期でも営業している山小屋が多い事から本格的な冬山を目指す方には良い山或だと思います!

まず南八ヶ岳で登ったは…

①天女山入口から前三ッ頭 三ッ頭を経て権現岳

12月中旬に登りましたがなかなか難しいルートです二度目は年末に登りましたが 格段に降雪量が増え 三ッ頭の登りで腰までのラッセルあまりのしんどさにここでリタイアでも権現岳や赤岳の神々しさは感動ものです

新雪直後の登山口に滞留していたラッセル泥棒を引き連れてのトレース作りにゲンナリした思い出があります
②行者小屋から地蔵の頭 赤岳を経て 文三郎道から下山

怖い怖い赤岳地蔵の頭への登り 赤岳南峰からの下りはじめ 文三郎道の鉄梯子下の下り…恐怖の連続阿弥陀岳にも登りたかったけどもはや戦意喪失状態冬山は凄いけど 美しさは一際 神の領域にちょっと足を踏み入れた感じがしました

③赤岳鉱泉から赤岩の頭を経て硫黄岳

こちらは天気さえ良ければ比較的簡単ですが樹林帯を抜けて赤岩の頭への登り 硫黄岳山頂は吹雪いたりすると目標物がないのでルートを見失い易いので要注意です!山頂には小さな岩室があり逃げ込んで大休止するには最適です南八ヶ岳の核心部や天狗岳の眺めが素晴らしいです

プロフィール

たまりん3193

QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ