たまりんの時々山日記

艱難辛苦 眺望絶大 山岳渉猟…森から尾根へ 尾根から峰へ 峰から峰へ… 山に行かない時はしばらく放置 北海道十勝出身 静岡県東部在住の山親爺です 四季を通じて 主に静岡・山梨・長野の山々を登っていますが たまに岐阜・富山・新潟の山々や故郷北海道の山々に出没致します 因みに『たまりん』は7歳女子の愛猫の名前です

大菩薩嶺

山行データ;①倉岳山990m・①高畑山982m 上野原市浜沢スポーツ広場駐車場より周回

0f2e4642.jpg

8759c0c1.jpg
【倉岳山山頂より富士山】

2013年2月17日

中央線沿線の山々
桂川山系

倉岳山990m山梨百名山
天神山876m
高畑山982m

山梨県上野原市・大月市・都留市境界

天候 (倉岳山8:00)晴れ薄曇り 気温-5℃ 無風 積雪5cm
a94f4c86.jpg
【倉岳山山頂より 手前に権現山の頂稜 中ほどに三頭山と笹尾根 奥に御前山】
3f4f0824.jpg
【倉岳山山頂より大菩薩連嶺】

【経路】
県道24~R469~R138~東富士五湖道路須走IC~山中湖IC~R138~R139 富士見BP都留BP~県道35 (須山 山中湖 富士吉田経由)往復

走行距離 172Km

須走IC~山中湖IC 260円×2

※都留BPは 新設された走りよい道 秋山に至る県道35は山間の狭隘屈曲路 走行注意!

はアオゲラの森キャンプ場手前の浜沢スポーツ広場駐車場利用
続きを読む

山行データ;①権現山1312m・①扇山1138m 浅川登山口より両山往復

f9f1e584.jpg
【浅川登山口より長大な頂稜を東西に伸ばす権現山】
ad281b75.jpg
【権現山山頂】

2013年2月3日

桂川山系
北都留三山(権現山 扇山 百蔵山)

権現山1312m
扇山1138m

山梨百名山

山梨県大月市

天候(権現山9:00) 快晴 気温-3℃ 西の風4m 積雪5cm
59c5bcdc.jpg
【権現山山頂より富士山 手前に御正体山 杓子山 三ッ峠山 左最前に扇山】
5cdfe261.jpg
【真北に膨大な三頭山】

【経路】
県道24~R469~R138~東富士五湖道路須走IC~中央道河口湖IC~大月IC~R20~R139~県道511瀬戸浅川線

走行距離 193Km

東富士五湖道路須走IC~河口湖IC 520円×2

中央道河口湖IC~大月IC 暫定無料

浅川入口より浅川登山口までの林道は非常に荒れています!登山口周辺に2ヶ所5台ほど駐車可 普通車は県道上の路駐が賢明
続きを読む

山行記;滝子山1590m・大谷ヶ丸1644m(3)

滑りやすいトレイルを慎重に下って 鎮西ヶ池の先の大谷ヶ丸への尾根道に入ります
5046f8da.jpg

薄いトレースを追ってアモウ沢乗越に急下降 緩やかに次なる小ピークに登り返した辺りから トレースは途切れ途切れ 鹿道が縦断して 完全な藪道になります 左手はカラマツの植林地 右手は自然林が切れ落ちています!

明るい疎林からは南側に雪の付いた大谷ヶ丸のピークが見え隠れしています 更に小ピークを超え 進路を西にとって 山頂下の鞍部に到着!ここで分岐から初めての道標 ここまで目印のテープなどは一切なし 大菩薩南嶺では最も人の入らないルートですが 常に尾根を意識して歩けば大丈夫かと思います!

ここから急坂を直登して 曲沢峠と湯ノ沢峠を結ぶ縦走路に出て わずかに南に登って大谷ヶ丸に到着です
f091a79d.jpg

山頂には 三等三角点が置かれ 大岩のベンチでお昼にします西の切り開きからは南アルプスの山々が中空に浮かんでいます!

さて下山に移ろうとしていると 鈴の音とともに 滝子山で会った青年がニコニコしながら到着

話を聞くと これから北上して 今晩は湯ノ沢峠の小屋に泊まり 明日黒岳から大峠に下り 雁ヶ腹摺山に登り返して帰るとの事 なかなか渋いルートです

先に辞して 南に急坂を下りますが 雪が溶けて落ち葉のトレイルになっていて その下は氷 危うくこけそうになりました

ここからは ほとんどトレースが消えています!コルから右に回り込むように 次の小ピークへ 更に左下に緩やかに下り 防火帯の切り開きを横断してコンドウ丸に向かいますが あちこち吹き溜まっています
続きを読む

山行記;甲武信ヶ岳2475m(1)

長坂ICで降り 八ヶ岳高原大橋で雲海に浮かぶ夜明けの富士山を見る八ヶ岳も赤く染まり始めました!

野辺山で日の出 気温は-13℃ 北海道並みです 川上村に入ってからは路面凍結状態 最後の林道は除雪もされていません
毛木平はひっそりと静かです 身支度を整えて出発 左に十文字峠の道をわけ 千曲川源流西沢を渓流の音を聞きながら進みます 北側の渓谷は日が射し込まず冷え冷えとして ちょっと応えます

ほぼ中間点のナメ滝はほぼ結氷しています!ここから水源地にかけてのトレイルは西沢に流れ込む小沢の水が凍り付いてスケートリンク状態です
868c4814.jpg


西沢を右岸 左岸と巻ながら高度をあげて 急坂を詰めると千曲川信濃川水源地標に到着!
3fa51365.jpg

b6c9bddf.jpg


ここが長野県を縦断し 新潟市に注ぐ日本一の大河 信濃川の最初の始まりです

ここから稜線出合にかけてはこのコース一番の急坂です!ジグを切りながらコメツガの暗い森を詰めています!
続きを読む

ブナの女王

a76e2fb9.jpg

26181052.jpg

c49182f3.jpg

9703b18f.jpg

今回 何回も訪れている大菩薩を何故選んだかというと…冬の大菩薩の天下一品の展望と待ちに待った新雪と…もう一つ ブナの女王に会いに行くためです


実は11日にBSフジで放送された「絶景百名山 第4回 大菩薩嶺 冬」を見て 電光石火で決定 を待って 満を持しての大菩薩です


何度も歩いているコースですが…まるかわ山荘のご主人が命名した“ブナの女王”に意識して対面するのは初めてです


コースのフィナーレ近く やっと女王様に会う事が出来ました!急な斜面にしっかり根を張って すっくと立った姿は この大菩薩で最大と言われるだけあって威風堂々としています!

樹齢200年位でしょうか…太く美しい幹から四方に枝を伸ばし 仰ぎ見ると その偉容に圧倒されます


色白の美しいブナの大木です!まさに“ブナの女王”と呼ばれるにふさわしい威厳に満ちています


帰りにそっと木肌に触れてみました何とも言えない暖かな木肌でした
livedoor プロフィール
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ