たまりんの時々山日記

艱難辛苦 眺望絶大 山岳渉猟…森から尾根へ 尾根から峰へ 峰から峰へ… 山に行かない時はしばらく放置 北海道十勝出身 静岡県東部在住の山親爺です 四季を通じて 主に静岡・山梨・長野の山々を登っていますが たまに岐阜・富山・新潟の山々や故郷北海道の山々に出没致します 因みに『たまりん』は7歳女子の愛猫の名前です

安倍奥

山行記;下十枚山(天津山)1732m(1)

週半ばに雨が降り 前夜も小雪がちらつく さて どうしたものか安倍奥か丹沢と思っていましたが 前日南部町に問い合わせると 何とか奥山温泉までは大丈夫な様なので 久しぶりに山梨側から新雪を踏んで十枚山を目指すことにする

朝 モタモタして ちょっと遅れて出発 外は強風が吹いていて 冬型が強まっているようだ

奥山温泉で日の出 相変わらず強い風が吹いているが 身支度を整えて出発 東海自然歩道でもある田代沢林道を辿って 細島峠への登山道に取り付く
f5a88d7a.jpg

杉の植林地の中を緩やかに登り 新たに開削された林道を横断して 尚も薄暗い植林地を登り 一旦南側の小沢の縁を登り やがてこれから離れて斜上して北側の涸れ沢との間の小尾根を急登する

体が重くて なかなかペースが上がらず 結構汗もかいてしまった これからが厳しいところで先が思いやられる

あまり歩かれていない細島峠へのルートですが 青笹山や十枚山に冬期に登る時は 雪の稜線歩きが楽しみで よく利用するルートです!静岡側からのルートは ちょっと物足りない気がするのですが…

次は中央の小尾根を離れて ゴーロ帯の北側の涸れ沢の急登をジグを切りながら詰めて行きますが ただでさえルートが分かりづらいのに新雪がうっすら積もって なかなか足が進みませんが 何とか赤テープに助けられながら 細島峠に到着
c689a39f.jpg

ここで予定より30分遅れ 先が思いやられるますが まずは峠のカエデの大木の下で燃料補給です 毎週末の登山で疲れが溜まっているのかもしれませんね

続きを読む

安倍東山稜からの富士山

安倍川は 静岡山梨県境の安倍峠近くを源頭に 静岡市で駿河湾に注ぎます

身延山地の七面山から南下した山稜は安倍奥の盟主八紘嶺で 一方で西に派生して大谷嶺を経由して白峰南嶺の山伏に接続し 片やもう一方は 安倍峠で一旦高度を下げますが 再び立ち上がり県境尾根を大光山 十枚山 青笹山などのピークを安倍川の左岸に立ち上げています!ここまでが広い意味での身延山地に含まれる東山稜ですが 更に南の静岡県分の真富士山 竜爪山までを加えて 広い意味での東山稜として 静岡市民に愛され 四季通じて登られている山域です

この山域の良いところは 何と言っても稜線上のあちこちから 東に富士山 西から北に南アルプス 南に駿河湾や伊豆半島を展望出来ることではないでしょうか

ブナと笹の稜線は 四季それぞれの楽しみがあり好ましいものですし 下山後の温泉にも事欠きません
そんな東山稜の中間部を今回歩いて見ました!あちこちから垣間見えた富士山をちょっと紹介してみます!

①細島峠への登りのゴーロ帯からブナの樹間越しに
8efb3fe7.jpg

②仏谷山からの下り 地蔵峠手前の大ブナの下から
3bb83911.jpg

③岩岳付近の樹間から
370fab4a.jpg

続きを読む

山行データ;④下十枚山(天津山)1732m

180c2d06.jpg


2月18日

安倍奥東山稜


仏谷山1503m
岩岳1652m
1682m峰
下十枚山(天津山)1732m



天候 快晴 気温-4℃ 北西の風2m 最大積雪30cm(下十枚山 12:00)


(行程)

自宅出発5:30
dda6db0e.jpg

奥山温泉6:40-50
田代沢林道登山口7:20
林道横断7:45
細島峠9:15-25
仏谷山9:45
地蔵峠10:00-05
岩岳10:50
1682m峰11:20
下十枚山11:40
笹原の展望地11:45-12:10

下十枚山12:15-20
1682m峰12:40
岩岳12:50
地蔵峠13:15-40
仏谷山14:00
細島峠14:15-20
林道横断15:00
田代沢林道登山口15:15
奥山温泉15:40-55

自宅帰還17:05



全行程 約18.5km

歩行時間 7時間40分

累積標高差
+1150m -300m


続きを読む

山行記;青笹山1550m③

さて下山です!
今日は暑いくらいの陽気で半袖になりました

ここから田代峠までは転げ落ちそうな急坂やガレ場があって慎重に下ります

辿り着いた峠には可愛らしいお地蔵様が待っていてくれました

ここからは田代川林道をを見ながらのんびりと奥山温泉を目指します

山行記;青笹山1550m②

細島峠から目指す青笹山まではブナやアセビの灌木と背丈ほどの笹のプロムナードです
左手に富士山 右に南アルプスの山々を眺めながら山頂を目指します!

最後は緩やかに登り詰めて広い山頂に到着です

360°の大展望です!とりわけ富士山と南アルプスの巨人達が惚れ惚れするほど立派です!まだがベッタリ付いて今年は雪解けが遅れている様です

さてここで燃料補給しましょう
プロフィール

たまりん3193

QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ