たまりんの時々山日記

艱難辛苦 眺望絶大 山岳渉猟…森から尾根へ 尾根から峰へ 峰から峰へ… 山に行かない時はしばらく放置 北海道十勝出身 静岡県東部在住の山親爺です 四季を通じて 主に静岡・山梨・長野の山々を登っていますが たまに岐阜・富山・新潟の山々や故郷北海道の山々に出没致します 因みに『たまりん』は7歳女子の愛猫の名前です

木曽駒ヶ岳

千畳敷 極楽平 三ノ沢岳からの山岳展望

菅の台からバスとゴンドラを乗り継いで千畳敷に降り立ったのが 既に8時半…

梅雨の晴れ間とは言え 早々とガスが上がってきています
a3ca55d8.jpg
【極楽平への登りの途中から宝剣岳と伊那前岳】

まだ ほとんど雪渓に覆われた登山道を登りつめて極楽平に到着!遠くは南アルプス 富士山 北アルプス 空木岳以南とほとんど雲の中です
8741fe42.jpg
【極楽平】
762301cb.jpg
【極楽平から三ノ沢岳】
de32531d.jpg
【極楽平から辛うじて御嶽山】
f94df3c0.jpg
【三ノ沢分岐から極楽平 島田娘 空木岳】
続きを読む

坊主岳からの展望①【 木曽駒ヶ岳・仏谷・御嶽山】

黄砂が飛来し 気温が急上昇するなか 大展望の坊主岳に登って来ました!

嬉しい誤算というか 予想外にかなりクリアにあちこちの山々を展望することが出来ました!

朝の気温は 伊那ICで6℃ 登山口のイノコ沢橋で-2℃ 山頂で5℃ 下山後の塩尻市で19℃ 帰宅後の静岡で夏日目前と 暑い1日でした

【木曽駒ヶ岳】
坊主岳からは真南に位置するため 木曽駒連峰とも言える複雑な山容が手に取る様に展望することが出来ます 但し木曽駒以南の中央アルプス主稜の山々を見ることは出来ません!

ef349522.jpg

55619ceb.jpg

caa7b291.jpg


標高1800m辺りから 樹間越しにすぐ隣り右手に仏谷が 左手に御嶽山が見え始め 振り返ると木曽駒連峰が立ち上がってきます

この複雑な山容の中に写っている山々は…

木曽駒ヶ岳本峰 中岳 伊那前岳 木曽前岳 麦草岳 一段前左に将棋ノ頭 将棋頭山 茶臼山 最前列の黒い三角が大棚入山でしょうか



続きを読む

山行データ;①坊主岳1961m 奈良井ダムイノコ沢橋より南西尾根往復

fb7d5edc.jpg


2013年3月9日

中央アルプス

小坊主1429m
坊主岳1961m
糠沢ノ頭

中央アルプス県立自然公園

長野県塩尻市・辰野町境界

天候(坊主岳9:10) 快晴 気温5℃ 西の風5m 積雪100cm

2ceda7b2.jpg
【坊主岳山頂から木曽駒連峰】
579326f7.jpg
【糠沢ノ頭展望地より坊主岳と木曽駒連峰】

【経路】
往路
R139~県道190~R52~中部横断道増穂IC~中央道伊那IC~R361~権兵衛トンネル~県道493姥神奈良井線(198Km)
増穂IC~伊那IC 1400円

復路
県道493~R19~長野道塩尻IC~中部横断道増穂IC~R52~県道190~R139(198Km)
塩尻IC~増穂IC 1250円

※登山口のイノコ沢橋は 通常3台ほど駐車可能ですが 除雪の雪溜まりで現在辛うじて1台のみ駐車可
他に奈良井ダムに5台ほど 県道の羽渕に20台ほど 但しともにイノコ沢橋まで徒歩30~40分を要すると思われる

※県道493姥神奈良井線は 今日現在気温が高く融雪が進み路面に傾斜があり雪解け水が流れる状態 今後の凍結によっては危険な状態になる可能性あり


続きを読む

2012年の山行を振り返って

今年の山行を振り返ってみると 年間の山行回数は27回 むらはあるものの ほぼ月2回のペースで登ることが出来た!

昨年の終わりから夏にかけては あまり納得のいく山行は出来なかった これはここ数年ずっと思っていたこと事でもあるが…お盆に帰省して 東大雪の石狩岳の急登をこなしてから 何となく火がついたように思う

かつて登った 雨畑老平から笊ヶ岳日帰り 鳥倉口から塩見岳日帰り 上高地から槍ヶ岳日帰り 広河原から北岳・間ノ岳日帰り 猿倉から白馬三山日帰り 笹ヶ峰から火打山・妙高山日帰り 三股から蝶ヶ岳・常念岳日帰りなどなど…どうもハードな日帰り山行が好きなようで困ったものです

テントを持たず(テントを買ったら山から帰って来なくなるかも)混雑した山小屋には出来るだけお世話になりたくないとなると…畢竟体力と気力の限りを尽くしての日帰り山行となる訳です

そんなこんなで 今年の晩夏から初冬にかけて そんな山行が続いているわけで 久しぶりに“やったなぁ”と充実感に浸る事ができ 新たな目標を立てる事も出来そうです!

a0c6e56c.jpg
【甲斐駒ヶ岳山頂手前の岩に突き立てられたら鉄剣】

今年最も厳しく思い出深い山行は 竹宇駒ヶ岳神社から黒戸尾根(日本三大急 登標高差2200m)を辿って念願の甲斐駒ヶ岳登頂を果たす事が出来た事
25efb72b.jpg
【聖職の碑付近からの木曽駒ヶ岳】

伊那の桂小場から江戸時代から登られているというクラシックルートを辿って 真っ盛りの将棋頭山~木曽駒ヶ岳~濃ヶ池を巡る事が出来た事

続きを読む

紅葉の木曽駒ヶ岳

先日10月8日 伊那谷より江戸時代から登られてきた古典的コース( 桂小場から木曽駒ヶ岳)を巡って参りました

中央アルプスの北部縦走路の起点 桂小場から良く整備されて歩きやすいコースを登ります! 将碁頭山から木曽駒ヶ岳に向かう稜線は展望が素晴らしく この日はこの上ない晴天に恵まれ 御嶽山 乗鞍岳 槍穂連峰 浅間山 八ヶ岳 南アルプス 富士山と飽くことがありません!

美しい森を辿り 分水嶺(茶臼山分岐)で森林限界を超え 稜線通し(冬道 直登ルート)で将碁頭山を越え 紅葉に彩られた馬の背から 木曽駒ヶ岳に登頂しましたが ロープウェイでやってきたハイカーで休憩する場所もないほどの激込み 写真撮影も諦め ほうほうの体で 中岳から宝剣山荘に離脱 そのまま休まず紅葉に彩られた谷を下降して 濃ヶ池を目指しました

桂小場から登られた方は10人ほど 馬の背から下山される方も10人ほど 宝剣山荘から濃ヶ池までに会った方も10人ほど…山頂の喧騒とは 全く別世界の静寂のコースです

帰路は 将碁頭山分岐(天水岩)から夏道のトラバース道を辿り 西駒山荘で大休止 ここで信大(信州大学農学部の演習林)ルートの情報を得て 正規ルートを下山することとする

ぶどうの泉 馬返し 弘法石 津島神社(ヒカリゴケ自生地)聖職の碑 駒飼ノ池 濃ヶ池…と見どころの多いパノラマコースです

f7519fd4.jpg

(分水嶺から奇岩 行者岩が佇立する茶臼山)
246bd5c9.jpg

(天水岩と聖職の碑の間の紅葉するナナカマド)


続きを読む
プロフィール

たまりん3193

QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ