たまりんの時々山日記

艱難辛苦 眺望絶大 山岳渉猟…森から尾根へ 尾根から峰へ 峰から峰へ… 山に行かない時はしばらく放置 北海道十勝出身 静岡県東部在住の山親爺です 四季を通じて 主に静岡・山梨・長野の山々を登っていますが たまに岐阜・富山・新潟の山々や故郷北海道の山々に出没致します 因みに『たまりん』は7歳女子の愛猫の名前です

西臼塚

富士山西臼塚の森⑥

盛夏の森はミズナラ・ブナ・カエデ類などの広葉樹も葉を大きく広げ やや薄暗い森です!ミズキ・ヤマボウシ・ウツギ類などの白いを咲かせる中低木があちこちに目立ちます
ヒメシャラの白い花びらが散り敷いていますが…秋にに似た小さな実をつけるオオウラジロノキは今年もをあまり咲かせていない様でちょっと心配です
西臼塚の山の神のミズナラにはしめ縄がかけられています!杣人たちが大切に祭っているこの森の御神木です!
マウンドから5mくらい下って火口の底に降りてみます!森の小宇宙が展開する心地よい空間です晴れていれば突き抜ける様な青空がのぞめる筈ですが ちょっと残念です

に戻り静岡・山梨・神奈川だけに産するサンショウバラを探すと…今年はちょっと遅くて既に散ってしまった様ですが…代りに同じく富士山の特産種のフジイバラが可憐なを咲かせていました

富士山西臼塚の森⑤

眼底検査の結果 異常なしの御墨付きを頂き晴れて無罪放免

病的ではないとはいえ あのグニャグニャチカチカとは付き合わなくてはならないらしい白背景ではグニャグニャが…黒背景ではチカチカが…まぁ鬱陶しくもありますがやむを得ませんね

と言う訳で満を持して ややフライング気味に出発(点眼から6時間はの運転不可)したものの まだ瞳孔が完全に戻っていないためサングラスをかけ出発するも やはり眩しい

朝方はも7合目辺りからの上に見えていたのに…すっかりに覆われて全く見えず
富士山スカイラインも行楽のでいつもより賑やかです!

そしていつもの西臼塚のに到着!やはりまだ眩しいので昼なお暗い森の中にサングラスをかけたまま進入なんか怪しげなぁ

入口のミズナラの大木に挨拶して いつもの森を巡ります少しづつ弱っている木々も見られますがいつものメンバーです

富士山西臼塚の森④

今日は小さなお客さん達で賑やかな西臼塚です

先生に引率された30人位の小学生の自然観察のグループが新緑の木漏れ日の中ちょうどお昼でした

スッキリ晴れていればこのマウンドはを眺めながらお昼食べるのには絶好の場所なのです

そして裾野市からみえた10人ほどのグループといつになく華やいだ西臼塚です!


私がベンチで休憩していると 火口の底で何やら観察している方が…何かあるんですか?と問うと 面白い物があるからいらっしゃいと

私も底に降りて行くと…何やら不思議な植物が

後でアルバムのお友達に教えて頂いたのですが…ブナなどの木の根に寄生する葉緑素を持たないヤマウツボと言う摩訶不思議な植物でしたぁ

きょうのも楽しかったぁ



富士山西臼塚の森③

金時山登山を終え 昨日結婚式でゴタゴタしてすっかり忘れてしまったの燃料補給…往路警告ランプが付いてしまいハラハラのドライブそして私も燃料補給して富士山に向かって再出発です!

富士山スカイラインの道すがら前回はまだ枯れ木の森でしたが…今日は美しく瑞々しい若葉の森が出迎えてくれました

マメザクラやヤマザクラ ミツバツツジも咲き艶やかな春の沿道です

からいつものコースで西臼塚に向かいます!入ってすぐ芽吹いたばかりのミズナラの大木が小さな葉を広げて出迎えてくれました

カエデ広場 ミズナラの古木 ブナ広場と巡り 山の神のミズナラにご挨拶して西臼塚到着です



富士山西臼塚の森②

ブナやミズナラが萌えだす直前の今の時期林床ではニリンソウやヤマエンゴサクなどの春の妖精達が咲きだします

バイケイソウばかりが目立ちますが良く見ると小さな可憐な花々が見つけられます

マメザクラも咲いていますヤマシャクヤクも芽を出してもう小さな花芽を付けています

今月下旬には瑞々しく美しい森になります




プロフィール

たまりん3193

QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ