ももちゃんのおうち

3歳でやってきたももちゃんとの日々をつづります。遡ってアップすることが結構あります(^_^;) 時々英文があるのはFBの海外の友人たち向けです。

体調管理は大変

ももちゃん前回の尿検査が5月で暫く採尿に失敗していて行けてなかったこと、最近トイレの回数が減っていること等もあり、悪夢から目覚めた朝、獣医さんへ。

IMG_20200729_104022
pH値も正常値、結晶も見られず問題なしでした。そして当然ながら血液検査を依頼。📹️恒例の大暴れ

この注射は針を折り、次も採らせず、3本目にして足を替えてなんとか終了。先生が下手なわけではありません。他の動物病院でもやらかしてます。この動画のあと私はももちゃんの前に座り、頭を撫でながら落ち着かせるよう声かけ続けていました💦

帰宅後はいつものかわいい声で📹️通常モードに戻っています🤣🤣🤣

夢見が悪かったので通常なら経費削減で往復のどちらかを地下鉄利用するんですが、今回は全てタクシー。今まで一度も猫が理由で断られたことはありません。今回も往復とも猫好きの運転手さんでした。往路はたまに動物が大暴れして病院にたどり着けない経験がある方(笑)。笑っちゃいけない。エキゾチックアニマル(爬虫類)を普通のポーチに入れたお客さんを乗せたこともあるらしい。復路は犬猫両方飼ってると言う高齢の運転手さん。わんこがもう12歳でいなくなったら仲良しのにゃんこもニンゲンも辛いなぁと仰っていました。


ももちゃんの血液検査の結果は以下の通り。
総コレステロール値が高く😢、若干の脱水症状が見られるのはいつものとおり。健康値から外れるものもあるけど心配な数値はありません、とのことでひと安心。

IMG_20200806_183723

ももちゃんの戦う姿勢はいつもながら素晴らしいものがありますが、、、先生、看護師さん、いつもスミマセン
DSC_7191







恐怖

猫と暮らしていて一番の恐怖は?と聞かれたら誰もがその命を見送るそのときをあげるかと思います。私もです。

その次は?

朝方夢を見ました。外にたくさんの猫が生活する入り組んだ路地のようなエリアをキャリーに入れたももちゃんを連れて通り抜けます。比較的平和そうに横たわる猫たちですが、羨ましくは思えません。外で暮らすなりの毛並みだったりするからです。

実家へは信号渡るだけの位置に到着し、信号待ちでなぜかももちゃんをキャリーから出してそれを誰かに貸し出し、ももちゃんを小脇に抱えます。

隣にまた誰かがやってきてモノを渡されたときにももちゃんが脇からスルリと抜けていなくなります。

ももちゃんは車が通る前方には進まず、通り抜けてきたエリアへと向かってしまいます。そして私はももちゃんを見失います。ももちゃんを小脇に抱えたときに、こんなんしてみんな行方不明になるんやんな。でもうちはもうすぐそこやし、ももちゃんは手離さへん。と考えたのです。そしてももちゃん視界の外へ。泣いて探し回りながら見当たらずに目が覚めます。

災害や事故で自宅の外に出てしまったりは残念ではあるけれど不可抗力として、出入り自由にしていたり散歩に出掛けて戻らなくなった子達のその後は想像しないのでしょうか。外でのんびりなんて都市部ではもう神話です。外で暮らす猫たちはこの茹だるような暑さの中木陰で日中を凌ぎ、涼しいとは言えない夜に食べ物を得る。ももちゃんにはこんなことはさせられないし、きっと1ヶ月ももたないかな。

いつまでも真ん丸なお顔のかわいいももちゃんが快適な場所で過ごせるように頑張らねば。
-rgl019


DSC_7191

そんな夢から目覚めて目の前で朝ごはんを吐かれたニンゲンは、大慌てでお休み取って採尿を済ませ、ももちゃんを獣医さんへ。血液検査に連れていかれました(^_^;)とんだとばっちりのももちゃんでした。

もちろん洗濯ネットに入れられ、キャリーはストールで結ばれ、往復タクシーの厳重警護で(笑)。

旅先にて

7月17日から和歌山県の熊野本宮大社に行き、湯の峰温泉で身体をほぐしてきました。

出発時はあいにくの雨でどうなることかと思いましたが、今回は歩くつもりもなかったのでまぁいいか、と思っていたら意外と現地では傘をさす必要もなく、湿度は高いながら雨で潤った緑を堪能することができました。
DSC_7018

DSC_7023

一番の目的は日本最古と云われる温泉。お宿の露天風呂、内風呂はもとより、つぼ湯にももちろん入ります。大雨が続いていたこと、平日であること、コロナ禍でもちろん人は少ないのですが、それでもバスツアーらしき団体も見かけ、つぼ湯の順番は3番目、最大90分待ちを告げられました。
DSC_7029

ここのお湯は少しだけ熱めなんだけど適度な時間入浴できてとにかく私には疲れがとれるとても良い湯。
DSC_7034
DSC_7026
宿はこのつぼ湯のすぐ上。24時間利用できる内風呂、露天風呂が快適で今回3度目の宿泊です。食事は熊野古道を歩く人たちのためかボリュームはたっぷり。いつも一番低価格のプランを利用しますが今回はもう一ランク上にしました。が量が多すぎて後悔する羽目に。食後即寝てしまい、日付が変わった頃に目覚めて入浴、シッターさんからの報告を確認したりやりとりしながら、持っていったハーフサイズのシャンパンを空けてはまた入浴、と朝までに3度の入浴を楽しみ、朝一番のバスで宿を出ました。

リンク先はシッターさんから送られてきたももちゃんのお出迎え風景です。ホントに申し訳ない😢おかげさまでのんびりと温泉を堪能できました。

ももちゃん

先代のチークにアニマルコミュニケーションをお願いしたことは先の投稿でも書きましたが、よりくわしく赤ツナギさんがまとめてくださりました。

よく聞かれるのです。何でももちゃんやったんか?と。ネットで見つけたことは最初の記事でも書いているので割愛するとして。チークと暮らしたからこそももちゃんとの生活があるのだといっそう強く思うようになりました。

仔猫はもちろん無条件にかわいい。でも私はももちゃんのあのまんまるのお顔が大好き。
DSC_6998

触らせてはくれないけどこのぽわんぽわんのお腹も大好き💕ルーズスキンはうちに来てから大きくなった気がします。
DSC_6978

ウザがられても毎日大好きと伝えて、毎日大切にする。
DSC_6972
今日もももちゃん愛が止まらないももちゃんちのニンゲンなのです😁

宴にて

先日猫友さんたちを招いてランチ会を開催しました。メインはカニ🦀総勢5人で少し量が心許なかったので鱧を一尾追加。あとはキノコ類たっぷりと緑の野菜は三つ葉とせり。前菜に焼き野菜マリネと煮卵、イカのとろろ昆布和え、桃と生ハム、薫製湯葉と鶏味噌を準備。その他にとてもたくさんのお総菜を持ち寄っていただき、13時から始まったお食事会は夜7時頃まで続きました😁
20-07-17-17-15-23-284_deco

いや、猫関係ないやん、と思われるかもしれませんがこの会はそもそも6月に猫家族を虹の橋に見送ったお友だちと楽しく過ごすための会でした。2人で食事をと思ったもののならいっそのことみんなで食事!に。ご家族置いてのご参加です😁

我が家に初めてなのはお一人だけ。あとの三名は何度か来られているのでももちゃんのことはよくご存じ。いや、そもそも来たことない人も多分よくご存じなくらい、来客にも遠慮なくシャー💢シャー💢20200717_173245

20200717_173137
20200717_173141
お客様の撮影したシャー💢シャー💢ももちゃんです。触んな❗️とか撮るな‼️とか言ってると思われますがパンチ🐾されても爪は出ていないそうです。
※来客前は必ず爪も切ります。

ももちゃんがシャー💢と言うとみんなが喜ぶため、ももちゃんも次第に引いてしまいます(^_^;)ひどい飼い主のようですが、ももちゃんは決して人のいる場所から逃げないのです。なんならお手洗いにいくお客さんを追いかけて待ち構えるほど💦

もちろんももちゃんはいつもの通りどのお部屋にも自由に出入りできるようになっていて、来客用の首輪に換えようとしたニンゲンから逃れようとベッド下にはいることもありました。でもそれ以外では特に隠れる素振りも見せず、基本的にお客様を見張っているのです。

カフェや保護主さん宅で過ごしていた猫さんたちもおうちの子になると隠れたりこっそり様子見したり様々。我が家の主として来客というより闖入扱いで監視を続けるももちゃん。

みなさんが帰られた後はいつもと同じくのんびりももちゃん。忙しくてお昼寝もできずに不機嫌になるんだよね。DSC_6946
翌日二度寝のももちゃん。よく寝てました。ももちゃんはカメラ嫌いなので実際にお会いいただくと絶対にかわいいのです。←あくまで親バカ目線

但しリスクを認識できる方限定になります(^_^;)毎回お昼寝できずに不機嫌になるももちゃんを見て、自分との類似性に驚愕するニンゲンなのです。
ギャラリー
  • 体調管理は大変
  • 体調管理は大変
  • 体調管理は大変
  • 恐怖
  • 恐怖
  • 旅先にて
  • 旅先にて
  • 旅先にて
  • 旅先にて
最新コメント
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

読者登録
LINE読者登録QRコード
  • ライブドアブログ