アーカイブ

2016年03月

朝早くからお出かけのときは…

12919687_793732527394134_7695248520864375784_nふだんは家で仕事をしているのだけれど、野外観察会があるときはとんでもなく早起きをすることが時々あるのです。

1型糖尿病を発病してすぐは、それまでよりも30分以上早起きしても、血糖値測って、注射2種打って、朝ごはん食べてって、目が回る忙しさで、仕事に出かける前にヘロヘロでした。

で、一応学習する女としては…

だいたい集合場所は大きな駅が多い。もしくは大きな駅を通過する場合が多い。
例えば、品川
例えば、上野
例えば、東京
とすると駅ナカの充実度は半端なく高くなっている。
当然、モーニングをやっている飲食店もある。

といういことで、前の晩でかける準備をしておいて、当日朝、着替えが終わったら、冷蔵庫からおもむろにインシュリン2種取り出して、詰める。
だけにして、何も食べずにおでかけ。
目的駅に着いたら、美味しそうなお店を選んでモーニング頼んで、おもむろに血糖値を測り、インシュリンを打つ。

朝ごはん直後に観察会がはじまるから、早朝に食べてしまって観察会で歩き回って後半低血糖を心配するリスクも少なくなるし、余裕をもって集合場所にも行かれるし、いいことずくめ。

ちなみに写真は高尾駅中のカフェ。
こだわりのメニュー、このモーニングで500円。いいよね!

※この病気のことを知っていただきたくてブログランキングにエントリーしました。
ぽちっとお願いします。

防災用白飯

12417556_793402620760458_8824761576422902780_n

防災用の白飯。
賞味期限がちょっとすぎていたので、あららら、とかいいながらチャレンジ。
炊き立てとはいえないけれど、十分食べられました。

おじやにしてみたら、けっこうだいじょぶ。

ある意味、非常時の訓練かな。

でもこのパックは170g。この頃の一食あたりの白飯は150g目安なので。今日のところは家人に押し付けましたが。
さて万一その時が来たら…その時が来たら、ご飯をいただけるだけでも幸せ、ということになるのでしょうね。

保存用のお米としては、お水か熱湯でもどす方が好きかもだけど。

※この病気のことを知っていただきたくてブログランキングにエントリーしました。
ぽちっとお願いします。

長男の嫁ミッション

12670675_792197707547616_6025489874062968436_n小平の空とサクラ。
長男の嫁ミッションの墓掃除敢行のご褒美かしら?

お彼岸のさなかはお線香がすごくて喘息起きちゃうし、
の時期は花粉もなんだしで、行かずじまいだったのですが、昨日の夜の雷雨とヒョウで、今日来ることを決めました。
雨の直後は草むしりもしやすいし、花粉も飛ばないでしょう?

クシャミ一回もでなかった~よかった。

ただ、お昼に寄ったお店で血糖値測ろうとしたら、チップ、残り2本。
おでかけポーチ、ここ1週間お出かけしてなくて、チェックし忘れてました。
いけないいけない。
いまから再装備です。

ま、いよいよとなればヒューマログ+ナノパス
あれば何とかなるとは思うのだけど。

役にたたないものを持ってちゃいかんもんな。

※この病気のことを知っていただきたくてブログランキングにエントリーしました。
ぽちっとお願いします。

咳しすぎて血糖値65まで下がってた

12821584_791798117587575_1520259381844307239_n朝起きたときはかなりご機嫌な気分だったし、崩れるという天気を気にしないようにしていたのだけれど。
午後は起きていられないくらいしんどくなって、夕方は咳がとまらなくなって、雷鳴ってヒョウが降ってきた辺りがピーク。

なんだかしんどいなと思ったら、血糖値こんだけ低くなってた。

私史上のいままでの最低は68だったと思うから、これは奥さん事件です、レベルだわね。

とりあえず冷蔵庫にしまっておいた榮太楼の一口羊羹を開封して、1本食べて糖質チャージしたのだけれど。
いつのまにか、6本あったはずが3本に。
食った奴、出てこい!

こういう天気はとんでもなく苦手。
今晩寝られるかちょっと心配。

それにしても…発病後初めて食べた羊羹、かなり美味しく感じたわ。
いままで羊羹とか全然LOVEじゃなかったのに。不思議。

※この病気のことを知っていただきたくてブログランキングにエントリーしました。
ぽちっとお願いします。

大豆たんぱく、再び

12923383_791021354331918_4271115555078087246_n私の通院している病院は、入院患者に大豆たんぱくの食事を出すのでも有名な病院です。いわゆる、ベジダリアン食。
通院患者も、きちんとお金を払うと、カフェで同じ食事を頂けます。

おそらくこの病院はその世界ではパイオニアなのでしょう。
糖尿病道場でも大豆たんぱくの特性を教えて頂いたり、病院の売店でも、挽肉状、薄切り状、カレー用状など、さまざまなかたちの大豆たんぱくも扱っています。
病院に行くたびに、買ってきていたのですが、やはり戻す時間を考えたりすると、忙しい時は少し無理。

でも、こないだヒレ肉を下処理しているうちにむちゃくちゃ気持ち悪くなったので、備蓄していたものに再登板してもらいました。
ホントはぬるま湯でゆったり戻すと良いのでしょうが、時間がなかったので熱湯で10分ほど。
かなり独特なにおいがしますが、水にさらしながら何回か洗って絞って、を繰り返すとにおいは消えます。
最後よく絞ってから、お酒とお醤油をまぶして、回鍋肉にいれてみたら、バッチリ。

次男には本物の豚肉湯通ししたものを、私たち夫婦はこの大豆グルテンを、キャベツと一緒に炒めて、美味しくいただいたのでした。

胃もたれ感とか全然違うし、お肉を触った時のぶるっと感もないので、今後は青年チーム、肉、親チーム大豆たんぱくにシフトしていこうかと思います。
何たって買い置きできるのがとでも便利。常温保存でいいのですものね。

そうだ、前に「しょうが汁を下味つけるときに入れると格段に美味しくなりますよ」と栄養士さんに教えて頂いたので、試してみようっと。

※この病気のことを知っていただきたくてブログランキングにエントリーしました。
ぽちっとお願いします。

このページのトップヘ

見出し画像
×