71701886_2257473924353313_4030404350017798144_n今の状態にマッチするお薬を、受診ごとに先生が考え抜いて処方箋を書いてくださる。

前回と同じこともあるけれど、けっこう私がアレルギー体質で、過敏にお薬に反応してしまうので、薬が変更になるのは、検査の数値云々だけではないのが辛いところ。

ルーティン&肺の様子での自己判断で飲んでいる喘息の薬と、ちょ違うので、糖尿病系のお薬が変わるとちょっと緊張。

先月26日からは朝4種類各1錠、夜そのうち2種類各1錠となりました。
それまでは朝3種類書く1錠、夜1錠だったのだけれど。
うううううむ。忘れんようにせねば。

 一昨年、バンコクで買った来た、1週間分のお薬を仕分けるタワー。
小さいケースの透明ボディに英字で曜日が、そしてフタは七色のアクリル製のもの。
それを透明の筒状に縦に入れてある。
つまり。虹色のタワーのようなイメージ。
あまりに可愛いので、飾っておいてもいいかしら?って帰国前日にショッピングモールで買ってきたものです。

もっともっと先になったら使うつもりだったけど、これが昨今大活躍。

今、100円ショップとかにもお薬飲んだかどうかわかるケースがいっぱいあるけれど「コンパクトに、縦にコンパクトに、美しく」というのにはお目にかかったことがない。

ただ、コンパクト、が通じるためには、中に入れるお薬もコンパクトにしなければならず。
気合入れながら錠剤シートの両脇を切り落して、ケースに入るようにする、その作業が、ちょっと面倒かな?

まずは薬を飲み忘れない。
なんてことを書くこと辺り、ちょっといろいろ疲弊しているのかもしれません。

※この病気のことを知っていただきたくてブログランキングにエントリーしました。
ぽちっとお願いします。

1型糖尿病ランキング