72454352_2261206967313342_1848189930015031296_o息子たちが家にいる時は、パスタは3日に一回はテーブルに乗る大活躍な食材でした。

でも1型糖尿病とわかった日に、食生活を先生から聞かれて、パスタを良く食べるとお話ししたら
「んんんんん、ちょっと控えてみようか?」
といわれて、びぇ。

先生に
「新米の美味しいこの時期にお米を食べられないのは辛いです!」
って訴えて、先生が、さささと計算をして
「ごはんはね、150gまで食べていいよ、だいじょうぶ」
といってくださったのに、何故、パスタがダメ!?と思ったものでした。

糖質といっても様々で、ご飯の糖質は血糖値を急速に上げる訳ではないけれど。パスタは、パンと上がるので、だめ、という意味だったのですね。

ということで、その日を境にパスタは我が家の食卓にはあまり乗らなくなりました。
1kg買ったディ・チェコがけっこうもつ。
前だったら1週間ももたなかったのに、かなりもつ。

こないだ星乃珈琲店に行ったとき、連れが温玉パスタのメニューに心動かされていたので、なら、うちでお野菜いっぱいのを作ろかなって。
今日は大サービス。

午前中、おでかけだった連れが帰ってくるのを待って、遅いランチをパスタにしました。
生バジルを山盛り、温玉の替わりに乗せました。
温玉苦手なんだもん。

パスタの量は二人で120gくらい。
あとはシメジ・ナス・ピーマン・玉ねぎをどさっと。
お野菜多目どころではない、両でできあがり。

食後、さほど上がった気がしなかったのは、お野菜多目効果だったかもしれませんね。

発病後、まる5年過ぎると、かなり図太くなっている気がしています。

※この病気のことを知っていただきたくてブログランキングにエントリーしました。
ぽちっとお願いします。


1型糖尿病ランキング