79377531_2388213301279374_8222762304630947840_nサボエボじゃなくて、「サボイ」。
欧州で作られ続けてきたキャベツだそうです。
ロールキャベツとかポトフに向いている品種で、やっと日本で作られるようになったとか。

こちらは宮城で採れたもの。

普通のキャベツよりもさらに球形にちかくて、表面に細かいシワシワな模様が入っています。価格は気持ち高めだったけれど、興味津々で買ってきました。

シワシワな模様が良い感じで、ともかく葉を一枚一枚剥きやすい。サクサク剥けて、バネ指でも楽勝。

そして、さっとポトフを作ってみたら、キャベツのちょっと癖のある匂いがしなくて、ひたすら柔らかく美味しい。
すごく素直な味、だけれど、白菜ほど水っぽくない。
かなり気に入りました。

お野菜関係に詳しい専門家のお友だちによると、以前は「ちりめんキャベツ」の名前で作られていたものだそうです。
まぁなぁ「ちりめん」ってなると女性は「ちりめんジワ」とか気になるし、あえてちりめんを手には取りたくないかも。少し洒落て「サボイ」で再デビューのような印象でしょうか?
彼がいうには炒めてもかなり美味しいそうです。

「サボイ」みつけてみてくださいね。

※この病気のことを知っていただきたくてブログランキングにエントリーしました
ぽちっとお願いします。


1型糖尿病ランキング