タマシギ♀のイケイケ日記

野鳥図鑑画家の夫と四半世紀。着物・きよしくん・演歌・“街森”・アメーバピグ、ときどきダイエット…。 AB型申年蟹座オンナの爆走の日々

干潟の鳥B

30073262_1456072174493496_1532887819852842024_o

今日の谷口高司と野鳥を楽しむ会は、6月末からの会員作品展を視野に「干潟の鳥B」に挑戦。
シロチドリとおおメダイチドリの2種4ポーズの中から2ポーズを描いて頂きました。

会員のみなさまに挙手で決まったのがこの2つ。
ふつうの真横を向いたものは、みなさまご自身で描けるだけの力をお持ちなので、このポーズに。
かたちをとるのが難しい鳥ですが、今にも紙の上からシロチドリやオオメダイチドリが走り出してきそうな、元気な作品がいっぱい仕上がりました。
本番、楽しみです。

ご参加いただいたみなさま、ありがとうございました。

ジュンク堂吉祥寺店で本!

30708952_1454384307995616_7076212672374895172_n

昨日は夕方、ジュンク堂吉祥寺店まで、歩いて行ってみました。
といっても2kmほどなので、そんなに大変でもなかったのが意外、
何時もバスをどんだけ気軽に使っているかと再認識。

こちらのジュンク堂の鳥の棚は三本。お馴染みのみなさまのおなじみの本がたっぷりで、嬉しくなります。

で、届きましたよ〜と連絡を頂いた、松原始さんの新著「にっぽんのカラス」を受け取って。
珍しい、カラスの写真集で、前のカラスのシリーズとは違う出版社なのですが、文字のフォントが、ちょっと似させていて、馴染やすいし、やはり彼の語り口がとっても魅力的。
さらに、調子づいて、何冊かをチョイス。

神社の本は、毎年受けようかなといっては、日程的に受けられなかった、神社検定が今年は受けられそうかなって。
BE-PALはいまなんとなく、CHUMSに冒されて自分の脳がBE-PAL小僧になってるので、本能で。
この本はデビューした時から買っているので、なんとなくテーマが気になると買ってしまいます。

そしてBIRDER。今回のはツバメのすごろくつき、らしい。ほぉ。

Amazonで買えば楽じゃない、とも思うけれど、私は小さい時から本屋さんのあの、、真新しい印刷物の匂いがバスの排気ガスよりも好物なので、できるだけ、本屋さんに行きたいと考えているのです。

で、いろいろ食材も買ったので、帰りはバス!と思っていたら、思いがけない展開で晩ごはんに天ぷら定食を食べることになり、びえ!!!となり。結局、荷物背負って、また、徒歩で帰宅。
6kmくらい徘徊したのでありました。

神社検定の本、読み終わるだろうか?



CHUMSのホットサンドイッチメーカー、きました!

30704462_1453994458034601_8808656117326092013_n

待っていたCHUMSからの荷物が届きました。
燕三条で生まれた #CHUMS のホットサンドイッチメーカーです。
こないだ表参道のお店でみかけて買って帰って来ようかと思ったけれど、カサもあるし、重さ以上に、みためが重くて通販から頼んでみたのです。

朝一番で、焼いてみました❣️
30171601_1453996028034444_4533893192428551932_o


野外だけじゃなくて家のガス台でも焼ける、というのが売りの、2018年春夏版製品。
直火で焼くとトースターとは違った美味しさがありますね。
何よりもMADE IN JAPAN 。
ジョイント部分外れるし、丸洗いできるし。乾きも早い💮

以前、うちにあった電気のホットサンドマシーンより、断然いい。

焼いてみたのは右から
〔軌のキーマカレーレトルトパックとチーズ
▲ッテージチーズと軽井沢の桃ジャム
生レタス+ハム+チーズ
外からじゃわかんないけども、なかなかのものでした。
パンが焼きたての味になる。

これは6枚切りで作ったのだけれど、明日からは8枚切りにして、控えめ方向で。
毎朝ブービーくんとおはよう!だと思うとワクワク

ゲームのローンにビビる

30712896_1453364421430938_7328391641829011603_n

真夜中にちまちま「どうぶつの森ポケットキャンプ」やってて。
何だか狭いからって、自分のキャンピングカーの2階を拡張したらば、20万ベルも請求が!
その時私は6.8万しか持ちベルがなくて、びえっ。
もう必死でいろいろ売ったり交換したりで、その場で叩き返してやりました。

あ〜片恋のサルサちゃん、超貧乏になっちゃって。

などとブチブチとやっているくらいの気力と体力の今日。

高司もスマホを変えたので、いろいろ教えて差し上げないと、途方にくれちゃうオーラ出すから。
私もけっこう必死、かな?

今年は5月が忙しいので、体力温存ということで。

美しい柘植

30051723_1452475404853173_8768466683602178565_o


1週間くらい前、何だ?と思った派手な山吹色の封筒が届いて、練馬区長選と区議補選があることが判明。
えええええええ?そうなの!?
とは思ったものの、区報ももらってないしなぁ。
でも参政権のなかった時代に女を張ってた姑さんが、選挙だけは這っててもいってたので、とりあえず投票に行くことに。
と外に出たら、ポストに選挙公報が入ってました。
え?当日かぃ?

斜め前の小学校に行き、投票を済ませ、そのままゆるゆる歩いて上石神井まで、いくつか買い物に。
オーガニックCafeでランチのあと、いなげやで日用品をどっさり買って。
カサも重さもあったので、歩くのは断念。
バネ指なりかけているので、帰りは西武バスで帰ることにしました。

15分に1本、でも成増−吉祥寺線は時間が読めないなぁ。
「俵星玄蕃を思い出しながら2回歌い終わったころには来るんじゃない?」
っていってたら、♪吉良の屋敷に来てみれば、今討ち入りの真っ最中、の直前でバス到着で、不完全燃焼。

バス停の脇の柘植の新芽、きれいだった。
けど。
このおじさんとおばさんは何をしてるの!?と思ったかも。

CHUMS熱冷めやらず

30656966_1450468771720503_1153490445774895913_n

CHUMSの回し者みたいですが、違います。

いまCHUMSでは表参道のお店に行くと、3000円以上のお買いもので、1日1回だけ有料のエコバッグが買える、ということがわかっり、ちょっと心がざわめき。
WEBショップも一緒だけど、送料無料になるには5000円以上のお買い物が必要。
悩む〜って思ったけど、だったら3000円分のお買いものして、エコバッグ2個になる?
行っちゃった方が早いや!と思って昨日、お教室の前に表参道のお店まで行くことにしました。

でもね、地図、わかり難くて、家から30分ちょっとで表参道に着いたのに、しばらく徘徊。
表参道のお巡りさんにすがったら
「どこからおいでですか?」
と真顔で聞かれちゃって。
どんだけ途方に暮れた顔をしてたのかしらん?
夫婦そろって東京から旅以外で一歩も外に出たことがありません、とかいえないやね。

で、やっと着いたCHUMS。

いやぁ楽しかった!
お店中アカアシカツオドリだらけで、スキップしたいほどでした。
カタログでみるのの何倍も商品がある感じ。
で、色目が明るいのも心が弾む。
しかも!
店員さんと話していたら、親友のお嬢さんと大学の同級生で知り合いってことがわかって、さらにびっくり!

店内くまなく見て回って、 米国製nalgene社の水筒と、ブービー足跡柄のボトルカバーを買うことに。
欲しいと思っていたカップが巨大だったリなんだりで、やはり実物をみて買うのは納得いくからいいね。

そしてレジへ。
きんちゃくになるXS100円〜どえらくでかいXL500円まで、5種類の中から選べるのです。
したきりすずめのお話しみたく、大きなつづら?大きなエコバッグ?と思ったけれど。
まずは、一番欲しかった、きんちゃく型エコバッグ:100円のXSサイズを買ってきました。

水筒、買う時には、気付かなかったのだけれど、長男が学生時代から10年以上何回か買い足しながらも絶賛愛用している水筒と同じブランドでした。何か嬉しい♪

今度行くときは迷わず行けるから、また行っちゃおうかな?

30424907_1451583211609059_3024723623149572905_o

干潟への思いを込めて

30705560_1450506101716770_8274383549390629801_n

今日の楽しむ会は、6月の会員作品展のイメージ作りもあって、干潟の絵に挑戦していただきました。
今日がA、来週がBで一枚の絵を仕上げて頂きます。

ハマシギなんて細かすぎる柄を、みなさん楽しみながら描いてくださって。
結果は♥お?と思うような出来栄えの作品ばかり。

先週のペンギンも「お!?」だったので、展示も工夫をして、群れのイメージをつくれるといいのかな。
6月の作品展、私もとても楽しみです!

以前借りていたお教室のある建物がなくなり、貸部屋事情は厳しいのですが、そこは気合でとらないと。

みなさま、今日はご参加ありがとうございました。
来週もぜひ!お待ちしています。

クォラッ!!

30629452_1449068105193903_643011689588938939_n
ここ1か月の高司先生、朝のお手伝いはヨーグルトをお皿に出すのがお仕事。

今日は
「ねぇ、このヨーグルト蓋が開いてるけどだいじょうぶかな?」
と真顔で聞きやがる💢ので、『え?昨日夕食後のヨーグルトが効果大、ってテレビでやってて、少し食べたろ!?』と思い、どのくらい昨夜のことを覚えてるのか、昨夜のメニューを述べろ、となりました。

脳の灰色の部分が広がってるとヤバヤバなので、全部思い出すまでは、ごはんお預けです。

最後の一皿が出てこないで「ケチャップ!」とかいうので一喝。

春の嵐で体調絶不調でご飯作ってるのにさ、何、その態度。
思い出せないようなら、今日からカップラーメンでも何でも、自分でどうぞ、といってやる。この、タコ!
と怒りMAXのときに、何とか思い出してましたが。
89歳の母キヨコだって覚えているのに、なぜ君は?
作っていないで食べるだけだから?

これは毎食、前のご飯は何でしたか?を確認しないとだな。と思った一日。

値段据え置きでサイズダウン

29983169_1448552401912140_7188977226132951929_o

値上げの春、あがったものもいっぱいあるようだけれど。
商品の値段をあげないで、大きさを小さくするメーカーも多い、のね。

銀座木村家の桜あんぱんは、2口分小さくなってた。
何かの間違いですか?と思ったほど、なんていうか品がいい?いや違うな、サギに近いような。

ユーハイムのバームクーヘンに至っては、おみやげに渡したら、大好物のはずの母が、
「これは何かしら?」
と確認したほど、姿かたちが違ってた。
袋がぶかぶか、明らかにサイズダウン、私が7号になったくらいの、小ささ。
なんだかさみしいよね。

私としては値段が上がってもいいから、このメーカーのこの〇〇に関してはちゃんと原型を維持して欲しいとおもうなぁ。
という話しをしたら、美味しいもの好きなAちゃんが激しく同意してくれて嬉しかったけど。

アベノミクスってこういうことだったのか?などと。

ふふふのできごと

29872689_1447523005348413_309619173999477586_o

ムーミンの絵がキャンバス風の台にプリントされていて、さらにイーゼルもついている小さなおもちゃ。

壊れかけていたPCのマウスを、歯医者さん帰りの次男が待ち合わせて一緒に探してくれて、そのお返しにねぎしのでランチをごちそうしたお返しに、次男がヨドカメで買ってくれたもの。
Re-Mentのガチャ、ていうか、中身が何かな?シリーズ。

8種が一箱に入っているので、外箱を封をして「フルコンプです」って書いてあるものを大人買いすれば、当然全種揃うけれど。そこをおねだりはさすがに、ずうずうしいし、第一、箱売りはなかったので、一個。

次男に、残っていた5個の中から好きなのを選んでもらったら、あ、私もそこの位置のを買うなという展開で、にっこり。
広いヨドカメで3回くらい彼のいる場所をぴたりとみつけて、高司もビックリしていたけれど、29年も付き合ってればね行動は予測できるし、ま、自分の動きに似てるしね。
そんなもん。

で、買ってもらったのが嬉しくて、ヨドカメのお店からでて、開けてみたら、ムーミンだった♥
「スナフキンじゃなくてごめんね」
というので
「このムーミンは欲しかったから嬉しい、ありがと」
と答えました。

だって、ムーミンって冒険したいんだけどビビリなあたり、次男にそっくりなんだもん。
あ、私はミー的な動きはするけど、体型はムーミンママね。
高司は、ニョロニョロかな?ヘムレンさんかな?うんちく好きなのはムーミンパパだけれど、あそこまでの勇敢さはないもんね。

つば九郎、頼むよ!

30414931_1446009032166477_6723960698675194011_n

我が家はヤクルトファン。
今年は今のところ4勝3敗。
なんと!あの広島さまに肩を並べて、同率首位という、落ち着かない展開。

土曜日の試合結果をみながら私が
「9年ぶりの15失点だって」
「え?ヤクルトが?」
と、速攻反応した高司先生。
いやいやいや、話しの主語の「巨人」が抜けていた私も悪いけど。
さっきテレビで14-7で勝ってる、7回をみてたでしょ?
と、総力で突っ込むくらい。 負け慣れてる球団一筋で過ごしていると、打たれ強くなるね。

そんななか、ご近所のローソンで、まぁたつば九郎が余計なことをしてました。
去年もシーズン初めにローソンで、どうでもいいことしてたろ、おまえは。
それでチームがズタボロだったんだから、今年は「社長」何て目指さんでいいから、まずはリーグ優勝お願いしますよ。
と、こちらも突っ込みまくり。

父は、巨人命だった人で、負けるとすこぶる機嫌が悪くなった。
とはいえ、負け慣れているチームを応援している高司も長男もスルーして日々を送っている辺り。
父より大人なのか、それとも体質なのか。激謎です。

善福寺公園上の池の市杵島神社祭事

29983061_1445459095554804_4131436690766605322_o
30051853_1445459735554740_7416454445070785254_o
4月8日は善福寺公園上の池にある市杵島神社のある島に、年一回橋がかかり、祭事が行われる日です。
次男から「来ても支障はない」といわれたので、いそいそとお出かけ。
引っ越した家からは初めてのお参りですが、斜め斜めに進んでいったら10分で到着しました。

狭い狭い島なのですが、日曜日ということもあるのでしょう、大勢の方がおみえで、島が沈むかと思いました。

上の写真は外からみた市杵島神社のある島。
同じところを島の中からみたのが、下の写真です。

善福寺公園には人の入ることができない島が上の池に2つ、下の池に1つあって、鳥たちのよい隠れ家になっています。
秋に渡ってきたカモたちにとって、羽が生え変わるためのベストな場所ですね。

一年に一回、カモや、サギの目に映るこの景色をみたくて、この日にお参りにくるのです。

おっと、マグロ!

bad2dfb4.png


私のことを、いつも元気に回遊しているから「暴れマグロ」と呼ぶ方が居るのですが。
実はそうでもない。
暴れる時は暴れるけれど、籠っている時は籠りきりだもの。

そんな私がポケ森でマグロを釣る。
これはなかなか心弾むできごとであります。
一カ月に1回くらいしか釣れないから、テンションはあがります。

今日はこれで起き上がって、一日それでも暮らせたし。

嵐の5月・6月を思ったらこういう日もあっていいのかなと。
自分を甘えさせて終えました。

あは

あれ?この時期に?

29791285_1443372182430162_6202943901490928781_n

4年近く使った高司のスマホがついに崩壊。
メールの送受信ができなくなったり、WEBみられなくなったりで、買い替えようとなりました。

一人で大泉学園のDocomoに行ってもらったら、何だか混んでいた上に「??????」な対応だったらしく、ひっくり返った声で電話があり。
え?私は昨日朝5時までぜいぜいいってて寝てないから、今日は何が何でも家に居たいモードだったのですが。
そうもいかず。
結局は吉祥寺のヨドカメにいって機種変更することになりました。

そのあとも長くて、データ移すのとかが。
結果、日が沈みきってからの帰宅となりました。
携帯変えるのってホントに手間。

写真は吉祥寺北口の三菱UFJ信託銀行の前の街路樹。
この木を中心に3本ほど、バッサバッサとハクセキレイが急降下してきて、賑やかでした。
秋から冬にかけての時期には良く観る光景だけれど。
繁殖期に入るこの時期に、まだねぐらとして使っているのかしら?
それとも何か儀式みたいなものかしら?

少し様子を見守りたいと思います。


三宅島LOVEなご飯

29983144_1442431942524186_1773014647647982933_o
昨日は夕方、吉祥寺までちょろっと出かける気になったものの。
今日は完全に撃沈日。
朝一番で枝豆を誤飲しかけて、激しい咳が出た時点で全てを放棄。
咳が出ないよう、むせないよう、安静に。
ひたすら家に「いるだけ」の一日を送っていました。

「いるだけ」の日にしようと決めると、何もしないことが苦痛にならなくなるのが不思議。
まぁ、いいじゃないの、的な、自分になぁなぁな一日は、録りためた2時間ドラマを3本みて、大満足な一日になりました。

晩ごはんは、三宅島LOVEなおうちごはん。
島のりを、熱々炊き立てのご飯にのせて、島唐辛子醤油をかけたものと
アシタバとたまごの炒めたのと
厚揚げを焼いたのと、トマト。

動いていないので、なんだかさっぱり系で終わらせてしまったけれど。
やっぱ、島唐辛子醤油は美味しいなってしみじみ。


ケヤキの新芽

29665221_1440699932697387_4789499268074620398_o

丸刈りだった阿佐谷中杉通りのケヤキ。
ホウキだったら何も掃けないのでは?というくらいばっさりやられていたのです。

土曜日に行ったときは一部の木だけ芽吹いていたのですが、3日経った今日はこんな感じ。

負けまいという気迫を感じる、芽吹きですね。

京都市の街路樹条例では

「都市の街路樹は,町並みに溶け込み景観に落ち着きを与え,通りに多彩な表情をもたらしながら,ひとときの安らぎと都市の暮らしに潤いをもたらしてくれます。
 また,春には若葉の緑に生命の息吹を感じ,夏の炎天下には緑陰を形成し周辺の気温上昇を抑えてくれ,秋の紅葉,冬の樹形は直に季節感を伝えてくれます。
 このように街路樹は,四季折々の変化を感じる最も「身近なまちの自然」と言えます。」(一部抜粋)

とあります。ものすごく基本的でシンプルだけれど、わかりやすい。

片や東京都の街路樹へのアプローチは、木の紹介やら、街路樹の役割やらけっこう事細かに書いてはいるのだけれど、まったく心に響いてこない。
お役人の書いた答弁もかくや、という感じのペナペナ感です。
街路樹をモノとしかみていない。

本来なら、街路樹の落ち葉も含めて活かし、生物多様性を語れるような、いのちの循環の道筋ができればいいなとは思うのです。
が、実際のところは、枯葉の時期の周辺住民の方のご苦労を考えると、キレイごとばかりでは済まない。そこでガッツリ伐採となるのでしょう。

ケヤキの芽吹きをみるたびに何とも複雑な思いに駆られるのです。




イワトビペンギン

29664768_1440241342743246_2308242070493090628_o

谷口高司と野鳥を楽しむ会でも、ペンギンはなかなかの人気者です。
仕草が可愛い。
立っている姿に胸キュン。
赤ちゃんをおまたに挟んでいるところもいいなぁ。
などなど理由はいろいろでしょうか。

4月最初の楽しむ会、お題としては2回目のイワトビペンギン登場となりました。

先日の鳥散歩、葛西臨海水族園で観てから描こうね♪といっていたのですが、何と前日から繁殖行動が始まり隔離。会えずに残念ではありましたが、でも、ヒナが生まれて元気に育ってくれれば何よりですものね。
秋の再会を楽しみに戻ってきたのです。

繁殖が成功するように、の想いを込めて頂いたのか、ご参加いただいたみなさま、力強く描きあげてくださいました。
狭い会場でご不自由おかけしました。
ありがとうございました。

キヨコのその後

29791006_1439273566173357_2417771913860987290_n

よっこらせと、やっと起きて今日は母の病院へ。

先週、プールのあと腰が痛いは熱はあるはで一人大騒ぎをして、娘にはいわずじまいで、あげく、原因は分かっているから病院はいかないと、いいはり。
いや、腰痛で熱出ることはないだろう、と叱り飛ばして、弟にも援護射撃を頼んでやっと病院に行くことにしたのです。

とはいえ、そんな遠い病院や大きな病院である必要はないかと、まずは、高司がお世話になった整形外科の先生へ。
先生とても丁寧に診てくださって、レントゲン、触診の結果、
・足首の腫れは石灰が原因→若い人は肩に溜まるらしい
・腰のホネが大きく湾曲しているので、腰痛はどの角度で起きても仕方がない
・熱は内科的原因では?→プールが原因ではなくむしろ運動はすべき。
とのことでした。

手術をしてうんぬんという話ではなく、対処療法で乗り切りましょうとのこと。
・湿布薬を貼る
・活動時には腰のベルト着用
で、様子をみることに。今度は一番ひどい時にしてくださいとのことでした。
食事をきちんととり、筋肉をきちんとつける努力をしてくださいともいわれました。
とりあえずはこのまま?

帰りは、一番近いところで木曽路で、
栄養をつける、ってまさに母みたいなことをいうのだわ。
ほんと、マジ、もう少し肥ってもらわないと、支える筋肉とかも心配だしね。

多摩市立グリーンライブセンター

29872330_1438683872898993_2938697677804624030_o

29790413_1438323496268364_8074129561837512346_n

今日は多摩市立グリーンライブセンターで、野鳥観察会とお絵かき教室を2回ずつさせて頂きました。
谷口高司と野鳥を楽しむ会設立のきっかけを作ってくださったOさんが、こちらをご紹介くださって、今回で4回目の開講となります。
毎年、この時期にこちらに伺っているのですが、昨年はダウンジャケットの上にさらにパーカーという重装備でも寒かったのです。が、今年は一転初夏の日差し。私には辛い台風も、観察会日和を連れてきてくれるのなら、ま、いいかぁと思えたほどでした。

大きな温室のような光の美しい会場で、双眼鏡の使い方、野外での観察ポイントをご教示したあと、小学生の回は「ルリビタキ」、大人〜中学生の回では「オナガ」を、描いていただきました。

こちらの施設はふだんから興味深い講座を数多く開催されています。
いろいろな講座を体験されている方も多いのでしょう、とても熱心にお話しに耳を傾けてくれます。
そして、集中力もすごいのです。
おかげさまで、今年もとても質の高い講座内容となりました。

ご参加いただいたみなさま、ありがとうございました。

企画、告知、当日のお手伝いをしてくださったTさまはじめ、多摩市立グリーンライブセンターのみなさまお世話になりました。またお逢いできる日を楽しみにしています。、


はな子のみたサクラをみよう

29573326_1437422563025124_7028661932685708185_n
今日は井の頭自然文化園に。
前から楽しみにしていた、はな子さんのゾウ舎に入れる日。
はな子さんのみたサクラを観にきませんか?と、まだあの日のままで残っている、ゾウ舎が一部限定公開されているのです。
はな子さんと同い年の高司先生、一応、ゾウの鼻のポーズをしたり、童謡の「ぞうさん」歌ったりして、たいそう嬉しそう。
でもま。ここまで感情移入きている人はいませんでしたけれど。

はな子の最晩年は一部SNSで「囚われのゾウ」と、騒がれて何とも切ないものでした。

檻の中からみる世界は、不思議なことに、自分を中心に動物園が広がっている、そんな感覚に陥る景色。
とても開放的な気分になりました。

はな子のためだけに動物園があるような、はな子を起点に井の頭自然文化園できている、そんな感じ。

とっても不思議な体験でした。

その体験をしたあとに、年度末駆け込み点滴に行き、プールに入ったから熱が出て腰が痛いとデーサービスを休んだ母に一喝を入れ月曜日の整形外科行きを約束させ、買い物に走り、関係各所とやりとりをし…
そんなあっというまの一日でありました。

さ、明日からは新年度。ぐわんばらないとね。

記事検索
記事検索
Archives
  • ライブドアブログ