タマシギ♀のイケイケ日記

野鳥図鑑画家の夫と四半世紀。着物・きよしくん・演歌・“街森”・アメーバピグ、ときどきダイエット…。 AB型申年蟹座オンナの爆走の日々

もうひとつのゴール

19399325_1183120501788666_5144040638628912780_n

2月に開催を決めていた、私の主治医S先生と、1型糖尿病の患者のみなさんとのランチ会。
厳冬の根室から帰ってきた直後だったから、あれから4か月ちょっと。
燦々と耀く太陽のした、やっと開催にこぎつけました。

会場は、杉並公会堂斜め四面道よりのPOCOさん。
大きな窓が魅力的なほのぼのとしたCafeです。

S先生の盛りだくさんのリクエストにオーナーさんが応えてくださって、いっぱい協力してくださる方が居てくださって、事務局としてほんとうに助かりました。
っていっても一人事務局だったうえに、諸々ありすぎて、けっこう今回は余裕がなく。

なので無事に終わって、達成感というよりも、安堵感の方が大きいかな。

2次会はごめんなさいして帰ってきてしまったけど、ご容赦。

帰宅後シャワー浴びて、気づいたら5時間弱爆睡してしました。

写真は同じPOCOさんで会のはけたあと。
お手伝いくださった、お友だちの若いお嬢さんたちへの忘れ物を届けに来てくれた高司先生と一息いれているところ。
19399117_1183216918445691_5949728440090576762_n





アカヒゲ

19366493_1183062418461141_1650800815336704268_n

毎月第二金曜日夜は、谷口高司と野鳥を楽しむ会の夜間定例講座。
でも、5月は沖縄出張で、6月は三宅島出張で開講できなかったので、急きょ昨夜に開催することを先月決めました。
お題は、先日お世話になったジュンク堂書店那覇店のワークショップでのアカヒゲ。
背景をバージョンアップしたものを皆さまに挑戦していただきました。

新宿御苑の作品展以降、みなさま背景に果敢にトライしてくださるようになって、嬉しい限り。
昨夜も力作が続々誕生していました。

それにしてもこの笑顔。
こないだのやんばるで、高司だけ観てるのね、アカヒゲ。
なのでこの笑顔。

爽やかなものが欲しくなった、ので

19399032_1181892921911424_49597293009770996_n

先日、レモンとキウイのチタン台の可愛いピアスを買って、今日つけてみたら。
なんとなく。
爽やかな香りのモノが欲しくなりました。

マリアージュフレールでマルコポーロのティーバッグ。
ロキシタンでレモンの香りのハンドクリーム。
思いっきりフランスにかぶれそうになるところを、CHUMSのカラビナで中和。
これは2匹買って高司にもあげた。
こないだTちゃんご夫妻に頂いたバッグにつけるときっとものすごくご満悦な気分になれると思う。

高司が「また何か無駄遣いを?」とかいうので、この3カ月の私の存分なお働きぶりをみて、こんくらいのお買いものでとやかくいわれるとは思わんぞ、と瞬殺。
なんならでっかいダイヤの指輪でも?

それにしてもマルコポーロの説明「中国の魅惑のフルーツ花、チベットの不思議な花云々」とう不思議な花が超気にかかる。

阡鳥萬来てぬぐい新色っ!!

19400330_1181344241966292_6611362903927515282_o

阡鳥萬来てぬぐい、新色完成!
今日朝一番に届きました。

良かった、美しい色に仕上がって!
今回は「2017谷口高司古稀Ver.」で紫系にしました。
といっても茄子紺とか藤色の日本っぽい色ではなく、悩みに悩んで「DICフランスの伝統色」から「 PENSEE」という色をチョイス。

布に載せると色目が変わるので、そのあたり難しいのね。
「DIC日本の伝統色」にあるすみれ色だと、できあがりがちょっと沈むかなぁとおフランスに。
「 PENSEE.」はもちろん、お花。三色菫紫という名の色です。

できあがりをみて、高司先生、一言
「いい色だね、茄子紺?」

はぁ?おフランスの菫の色にしたっていった話を、全く聞いてなかったのかぃっ!?
と下顎呼吸をしながら咆えそうになりましたが、とりあえずはガマン。

東京衛生病院の糖尿病教室のあと、ベクトルさんに寄って、さらにHobby's Worldさんにこの手ぬぐいも納品してと、帰りは池袋ロフト徘徊と、今日も一日頑張りました。
ひとりでおでかけするのは久しぶりなので、極めて晴れやかな気分でした。

3か月目のゴール。

19400138_1180628598704523_390403074684794084_n
フェリシモにお誕生日月割引というのがあって、セール価格でもさらに20%引き、というので、こまごました便利そうなものを楽しくお買いもの。

今日届いたのはこれ。
「ごちゃごちゃ解消コロコロワゴン」
引っ越したばかりで家の中のフォーメーションがすっかり崩壊中なので とりあえず、これを使ってみようかと。

私は報告書や企画書つくるんで忙しいので、かまって爺の高司先生には、これを組み立ててもらっとこうと思ったら。
目の前で、あぁでもない、こうでもないとごちゃごちゃいって、かえってうるさいことに。

でも、上手にできたもん!というドヤ顔でございます。

思い起こせば、いろいろ急に動き始めたのが3月23日。
それ以降、諸々諸々あった嵐の3カ月が今日で終了。
三宅島まで辿り着くだろうかってマジ思っていた時期もあったけれど。
ほんとによく頑張りました。
誰も褒めてくれないけどね。

引っ越しや、引っ越しでNet繋がってなくて停滞していたことや、いろいろをまずは処理。

そのあと背中にそびえ立つ段ボールの山を何とかね。

久しぶりに母とお出かけ

19264326_1179715668795816_270515248093565986_o

今日は母の銀ブラおつきあい。
といっても銀座ではなくて。銀行系の用事。
けっこう煩雑な引き落とし屋お金の管理を、88歳、大昔、経理をやっていた婆子はきっちりと。
でも、さすがに銀行一人で行かせるのは怖いので、ずっとお付き合いしていたのですが。

先月は気づいたら5月が終わっていたので、母のこともすっかり置き去り。
でも母もその辺りは大丈夫とひょんひょん済ませてくれていて助かりました。

そんなこんなで、今日は早めにおでかけして荻窪を徘徊。
銀行、郵便局、つな八で天丼、Afternoon Teaできれいなものを愛でてっと。
ゴールは大好きな吟遊詩人さん。
この時間だとオールスターが揃っていて、母は大喜び。

午後は高司の用事に同行しないといけなかったので、慌ただしいおデートでしたが、母には楽しい一日になったかな?

お供のヒタメンは3冊目

19366194_1179042732196443_1539666002117411057_n


ヒタメン、直面と書くらしい。
同じ岩下尚史さんの著書『見出された恋ー「金閣寺への船出」ー』の、歌でいうところの、アンサーソングのような本。
作者本人が浄瑠璃仕立てという前作よりも、中身はずっと濃く、お名前も関係者ご本人の名前がきっちりと出ているのでよりリアル。

最初の本は引っ越しのどさくさで行方不明。
2冊目は、三島由紀夫の恋を共に語りたいタカコ姉に。
おさらい用にこの3冊目。
今年の夏は久し振りに三島由紀夫に挑戦かなとか思いつつ、今日の点滴のお供に。

昨夜、久しぶりに納豆を食べたら、口の中が腫れてしまって、ちょっとやな感じ。
とはいえ今日は天下の月曜日なので、お仕事やること済ませてから、中野坂上の病院に。
息苦しさもあったので点滴打ちたかったのね。

粘り系は、疲れとかの体調次第で、ちょっとトラブル起きるらこともあるらしい。
点滴はそういうものにも左右するらしく、打ったらいくらかスッキリとなりました。

ヒタメン、何度読んでも面白い。お気に入り!


39の父の日

19366243_1178133938953989_503239348429018434_n

父の日も、母の日もない我が家。
高司は私のお父さんではないけど、息子たちからは100%何もないと思うので、お散歩途中のご近所パン屋さんで、カレーパン買ってあげました。

3月以来、初めて家に居られる週末。
ではありましたが、昨日一日家に籠っていたらばさすがに飽きたので、今日はノアのアップルパイを予約。
そしてこないだ発見した丸亀製麺の出来立てのお店経由で、ノアをゴールという徘徊コース約5劼里散歩をしてきました。

途中ツバメの巣と一緒に素敵な出会いがあったり、カラスウリの花をみつけたり。
なかなかのんびりとした良いお散歩。
家を片づけるのも急務だけれど、やはり体と心を休ませるのがまず、と思っておりますの。

とはいえ、うちまで重要書類♪を届けに来てくれたAちゃんや、預かっていた荷物をとりにきた長男たちが、あがってお茶飲んで行ってもらえるくらいにはしないとなんだけど。
(激反省)

復活したピアノ

DCCzc2HVYAEoJo9

長男が独立するにあたり、本人が一番気をもんでいたのがピアノの処遇。

何方かのスタジオに預かっていただくことも思案していたようだけれど、何とか本人が持って行けることに。

でも、アート引越センターで手配してくれたピアノ業者さんから、中に黴が生えているとの指摘を受けて、オールメンテナンスに出すことになりました。
確かに彼の部屋は換気が悪かったし、実際、ピアノを弾く時間もなかったからしょうがないのね。

それがキラッキラになって戻ってきた様子。

父が四半世紀前、可愛い長男孫に70万以上出して買ってくれたピアノなので、とても嬉しい。
彼がこれからも歩むであろう音楽のある人生を、父や私たちにかわって併走してくれますことを。

今日はもう、ね、自分へのご褒美

19225245_1176555122445204_5737646802776602485_n

今日は、超久しぶりに、全部、自分のことで時間を使える♪って思っていたのに。
朝からいろいろあって、さらに、池袋へ2往復というミッションもあって、走れメロスの気分で行ったり来たり。
18時過ぎまでまともなご飯も食べる時間もなく、低血糖との闘いもあって、心底疲れた一日となりました。

ということで、問答無用の自分へのご褒美は、新宿高野の鉄板ケーキ「フルーツロワイヤル」
マリアージュフレールの紅茶と一緒に、洒落て食べてみました。

生きているって面白いって、思おうといつもしているんだけど、今日はさすがに「しんどいっす」って思ったぞ。

いまは吉幾三さんの「海に抱かれに」を聴いてご機嫌タイム。しみるわ。


感涙の頂き物

19105947_1175708822529834_5540593571166155673_n

お教室のあとは、お役所へ手続きに。
おうちが近所のAちゃんと一緒だったので楽しいプチ旅気分。

で、お役所着いたら、2時間待ちって、あらま。
ゆったり待ちましょうと本を開いた気がしてるけど、記憶にない。
思いきり爆睡しておりました。

Aちゃんが晩ごはん用にって美味しいパスタソースを作ってお教室に持ってきてくれて、それだけでも嬉しいのに。
お役所で待っている間に、お買い物にいっていろいろと美味しいお惣菜を買ってきてくれました。
泣けちゃうくらい嬉しい。

いろんな方に支えられて生きているなぁと思うことが多いこの頃。
Aちゃんに足むけて眠れないなぁ。

ほんとにありがと、ごちそうさま!

コアジサシBABY

19093095_1175704565863593_4360409542935594986_o

今日の楽しむ会は「コアジサシ」
親鳥は以前描いているので、今回は赤ちゃんを。
一番人気は真ん中のバンザイしているこ。
みなさん、可愛く描いてくださいました。
ありがとうございました。

一風堂で〆

19113554_1174657549301628_7602854164532202944_n

午前中は3時間ほどご近所爆チャリ。
何処にこんな元気が?とも思ったのだけれど、爽やかな風の中だと、ご機嫌よくチャリをこげるから不思議。
1.8厠イ譴討い詈貘陲砲2回も行ほど、スイスイ。

午後は、次男が来てくれて、パソコン周りの環境を整えてくれました。
やっとこれで引っ越し前に戻った感じです。
配線もだけれど、ちゃんといろんな線にカバーをかけてくれたのですごくスッキリ。
ありがたいこと。
とたんに、大急ぎでお仕事しまくる、小心者は私。

そのあとはヨドカメに家族で深夜徘徊。
今まで次男のPCに全部の曲を入れていたものを、スピーカーで聞いてたのだけれど。
別居後のいまは、それが難しいので、CDプレーヤーなどを次男に選んでもらう。
結局閉店までおりました。

そして、お約束の一風堂。
からか麺のほどよい辛さ、うまし。
次男とはそこで解散。
濃い一日はさらに続いております。

ニンニクの花

a1f21fa1.jpg新鼻荘の女将さんが、ご自身の畑から採ってきたニンニクの花。
洒落た洋花のような風情。
切り口からはニンニクの匂いがするけれど、花はさほど匂わない。
力強さを感じる花でした。

片や、力強さも何も。スカスカの私。
昨日でとりあえずの大きな予定が終了。
3月23日からずっと、ハレハレハレ?な展開の中、踏ん張ってきての今日。
ちょうどギリギリのタイミングで台風2号発生だし。
なにもしないで、がっつり寝る、寝たい。

でも、ガサゴソと何故かゴキブリのような音をたてる同居人氏。煩いし。あ、五月蝿いねほう?
女三界に家無し、という言葉を思い出す。

大路池でのスコールと迷子椎

19143362_1172683836165666_1131472972072808458_o

今日は楽しむ会のみなさま有志とSpecial鳥散歩三宅島。
朝5時集合なのに、4時50分には出発という、気合ののりっぷり。
アカコッコ、メジロ、カラスバト、ホトトギスなどの声と、緑の匂いを感じながら大路池を目指します。

タイミングが合えば地元のNくんが来てくれるかも、という期待の元、私だけ彼との集合時間まで、待ち合わせ場所で待機。
高司と会員のみなさまは先に池を目指して坂を下りて行きました。

結局時間を過ぎてもNくんは現れず。そりゃそうだなぁ、この2カ月、ものすごく頑張ってたんだもん。
と思いながら、私も先発隊を目指して坂を下りていくと、あらら?何やら怪しい気配。
花の匂いが急に強く感じた瞬間に、スコール。
半端ない雨音と一緒に、何もかも流してくれそうな勢いで、空から滝が降ってくるかのよう。

木々の影で雨宿りしていても、まるで滝行のような降りで、あっというまに全身全身びしょ濡れになりました。
でも、なんとか合流をと、まずたどり着いた、迷子椎。
島の人たちが、迷っても、この椎に着けば大丈夫といわれている、力強い木です。

雨の中にそびえ立つ古木の神々しさ。
いろんなものと交信できちゃうんじゃないかしらんと、不思議なエネルギーを感じた瞬間でした。

そのあとは大路池北桟橋へ。
ここも私一人で占領というう、なんというぜいたくな展開。
19105591_1172685779498805_1747708907547874788_n
結局私は大路池をほぼ一周して、アカコッコ館に辿り着いたら、先発隊は雨宿り中。
みんなは南桟橋で池をみていたら、カーテンのように雲が伸びてきて、その直後から雨が池の端から降ってくるという、素敵な景色をみながら、とりあえず撤退したらしい。

ともかく無事に再会できて何よりでした。

そんな冒険気分を味わった三宅島の朝。
不思議と「怖い」という気持ちにはならなかったなぁ。

カンムリウミスズメ

54b60455.jpg三宅島バードランドフェスティバル、最終日。
午前中は日本野鳥の会アカコッコ館で、初めての「カンムリウミスズメ」の鳥絵塾です。
内藤レンジャーからのカンムリウミスズメの現状を含むまとめのお話しとで、より、立体的に彼らの今が、参加者のみなさまに伝わったようです。

アカコッコとカンムリウミスズメ

b7a9db99.jpg今回の三宅島。
メインは、アカコッコ館主催の鳥絵塾で、3回開講となります。
毎年開催されるアカコッコフェスティバルの、締めのイベントということで、ここ3年お招き頂いていて、私たちもとても楽しみにしているのです。

今日は、今まで鳥絵塾を開講していなかった神着エリアで、保育園のお子さんを含むみなさまに、アカコッコのお絵描きを楽しんでいただきました。

始める前の緊張と、できあがったときの笑顔。こちらも思わずにっこり。
ご参加頂いたみなさま、ありがとうございました。

やった!橘丸!

何度か三宅島に伺っているのですが、ちょうどドッグ入りと重なってて、いつもさるびあ丸でした。
船の予約をしたときに、今年もさるびあ丸と聞いていたので、黄色い船が見えたときにはちょっとびっくりしました。
船内新しいだけあってとてもキレイ。
乗り込むときはスタッフ総出で笑顔のお出迎え。シェフの方がとても親切でした。
今回は、引っ越し疲れを理由に特二等。たっぷり眠れるかしら?などと思うまもなく、爆睡

モアの全身骨格

19030409_1169509686483081_1727044372268834606_n

こちらもサブエボもののモアの全身骨格。
それはもう嬉しかったらしいが、モアがもし生きてたら、それはそれは美味しそうに食べていたのではなどと。
モアは何でも食べたらしいからね。

始祖鳥さま

18951189_1169511019816281_6419038149346811055_n
小さい頃から化石大好きで、始祖鳥は「ロンドン標本」「ベルリン標本」の立派な標本が二つあるって知って、ずっと憧れていたという高司先生。

お教室のAさんが日曜日までですよ〜って教えてくれて、やはりこれは行きたいのでは?と何気なく行ってみると、行く気ムンムンに。
都区内フリーパスなら夜、浜松町に行くときも使えるしね〜っと、大急ぎで諸々準備して、上野に着いたのは午後でした。

まぁ圧巻の品ぞろえ。
大英博物館は1週間通ってもみきれないと聞いて、一回も行ったことはないけれど、大英自然史博物館は2回は行っているのに、もっぱら息子たちの趣味で恐竜しか見ていなかったので、私もある意味初めましての、いろいろがずらり。
いいよね、日本語で説明ついてるし、写真も撮っていいですよ〜だし。

高司先生の琴線に触れたのは、ダーウィンフィンチの標本と、モアさん、そしてこの始祖鳥、
拝んでおりましたからね〜。

まぁ、語る語る、いろんなことを嬉しそうに語っておりました。
博物館めぐりを、月二回ほどするようにしようかな?脳、活性化しそうだし。
記事検索
記事検索
Archives
  • ライブドアブログ