a5b20375.jpg

そうです!秋の一箱、私なりにかなり気合を入れた部分がありました。

まず着物…これは色違いのおそろいをヤフオクでゲット。私は黒地、タカコさんは柿渋色で参戦でございました。単だけど暑かったので丁度いい感じでした。でもおそろいって気づいてくれたのはY子ちゃんと、ナンちゃま夫人と、もうお一方、くらいでしたが。

そして帯!これはワタシ的には「キモ」でございます。
「橋本テル」という織り本さんの招き猫の名古屋です。ヤフオクで見つけたものの「お仕立てつき」ということは未仕立てということ。間に合うかなぁと思いながらも、気合で落札して、京都方面に念を送り続けていたら、昨日届いてぎりぎりセーフだったものです。パソコンの環境で色目が変わることってあるのですが、この帯も思ったよりも地が白かったのです、「汚れが…」とも思いましたが「エイ!」と気合で締めて行って大正解でした。皆様にとても誉めてもらって。着物は自分のために、帯は相手のために…というのはこういうことね、と実感した次第です。

ワクワクドキドキの秋の一箱古本市、企画してくださった若人のみなさま、助っ人さんありがとうございました。