タマシギ♀のイケイケ日記

野鳥図鑑画家の夫と四半世紀。着物・きよしくん・演歌・“街森”・アメーバピグ、ときどきダイエット…。 AB型申年蟹座オンナの爆走の日々

一箱古本市

モンガ堂さんより愛の宅配便

84f53eed.jpg


ありがとうございますぅの3弾目は、モンガ堂さんからの本のお届けです。

モンガ堂さんは一箱古本市のお仲間です。そして、もと同じマンションの住人。
一箱の関係から、このブログを読んでくださって、登場するお店や景色から「近いところに住んでいるのかなぁ?」と思われていたんですって。で、その頃は顔もわからなかったので、わざわざ秋の一箱で「こちどり」を訪ねてくださって、あらびっくり!同じマンションってわかったのでございます。

7年間も同じ玄関を使って出入りしていたのに、一回もお会いしたことがなかったのにね〜
そのあとは電車の中や、西荻の裏道あたりで、お会いしたり、わざわざ神代植物園のイベントに訪ねてくださったりと、嬉しいご縁の方なのです。

モンガ堂さんが時々ぽろっとポストに入れて行ってくださる、鳥の関係の本は、私たちにとても元気をもらいます。

ありがとうございます(*'-'*)

なんちゃまぁ〜ナンダロウアヤシゲさまと再会

5037eece.jpg


一箱古本市の、こちどりのお楽しみは、なんちゃま、ことナンダロウアヤシゲ:南陀楼綾繁さんとの再会です。私たちが一番最初に一箱古本市に参加させていただいた時に、谷中珈琲店で肩を並べて箱を出した仲です。

この丸さ。可愛いですねぇ〜元気そうで安心。
ちょっと太った?あ、私に言われたくないね。

お約束のまん丸3姉弟の写真は、わざわざ杉並から遊びに来てくれたKちゃんに、撮ってもらいました。うふ。

ほかにも懐かしい方々と再会…

同じマンションの中に住んでいたときには7年間一回も会ったことがないのに、引っ越したとたんよく会うモンガ堂さん。昨日は店主さん、今日hは助っ人さんと大活躍です。
高司に可愛い鳥の本を持ってきてくださいました。いつもありがとぉ〜。戦利品を入れる紙袋が破れそうだったのでフクロウのトートバッグをお返しに。

もの静かぁににっこりしていたのは退屈男くん。彼はとってもマメ男くんで、一箱参加者の参加しましたよぉブログ一覧なんて、あっというまに拾い出してくれる人。
この頃わめぞ:早稲田・目白・雑司が谷エリアでいろいろと忙しいとのこと。セドちゃんこと古書現世のセドローくんとつるんでいるのね♪
肝心のセドちゃんは昨日は谷根千に出没したけれど、今日は来ないというので「ばかやろぉって言っておいて」と伝言を頼む。会いたかったなぁ、早稲田、行くしかないかしら、また大きくなってるかしら?

前に箱を出させてもらった「オヨヨ書林」のオヨちゃんも発見。オヨヨ書林が表参道のマンションの一室に引越したと本人から聞いてかなりびっくり!新天地、求めて、なのかしらん。うまくいきますように。

「秋も一箱古本市」を企画担当している青秋部のメインのお二人も立ち寄ってくれました。
「よかったまだ仲良くしているのね!」
「仲良くっていうか」「私たち結婚したんです!」
おめでと〜おめでと〜とても素敵なカップルなので、そうなればいいなぁと思っていました。
一箱の時はいつも疲れているので心配していたのですが、二人で力を合わせてリーフレット作ってくれたり、すごい箱数の大家さんとの調整もがんばってたりで、応援したくなる二人なのです。
もう親戚のおばさん目線。幸せになって欲しいです!!

もちろん、前に箱を並べていた方たちも尋ねてきてくださって、一日中ニコニコヘレヘレ笑って過ごしていたのでした。

一箱古本市、はじまり、はじまりぃ〜

73c0dd7f.jpg


場所取りじゃんけんぽんで、私がおめでたく一番勝ちをして、3人の大所帯なので一番端っこをいただいてっと。3人で箱をあぁでもない、こぉでもないと飾り付けをいたしまして…
2009年春のこちどり一箱は、こんな感じでございます。
妙に古本屋さん風な高司と一枚。

こちどりのおとなりは…
音楽系の本の渋い揃えの、飼っているコーギーちゃんがシンボルの「ゆず書房」さん。
その先は順に、
テーマを本と手紙に絞ってのオシャレな雰囲気「くちぶえブックセンター」さん
3人組の女性が笑顔で参加のパワーあふれる「あさひ庵」さん、
見た目ワイルドだけど実はシャイな店主さんの「四四庵」さん、
前回の反省にも関わらず強気な値段設定をし、それでも一番売れてにこっりの「オヤジ書房新社」さん。
自転車置き場をはさんで、
今朝8時に調達をしたフツーの段ボール箱に村上春樹本一本勝負で参加の「村上さん本舗」さん、
可愛い店名は語呂だけで決めたという「ボン・ボン・テレン」さん。

穏やかで和やかな8箱が並びました。

300d7a49.jpg





男衆

9fea7fc3.jpg


集合場所の往来堂書店さんから、今日、大家さんの「Gallery Jin」へ。一緒に軒先をお借りする8組のみなさんと、現地を目指して向かっています。
高司先生、大荷物を引っぱって、もう一頑張りです。
もちろん、こちどり姉妹は後方支援、心の中で応援しています。

こちどり始動

1edc4e8b.jpg


荷物を集合場所の往来堂書店さんに預けて、ちょいと根津神社までご挨拶。
つつじ祭りの最中で、とてもにぎやかでした。

乙女神社にもおまいり。お稲荷さんなので商売繁盛を高司&タカコのたかたかコンビがお祈りしています。

fe9fa311.jpg

いってきます

2f67e3eb.jpg


行ってきます!!今日はこれから谷根千一箱古本市です。
タカコさんは「今日は紬」と言っていたので、私も秘蔵の十日町紬の単で参戦します。
青梅街道のケヤキの緑があまりに美しかったので、一枚。

一箱古本市、準備ですぅ

BlogPaint

朝、母のところに立ち寄ってしばらく捕まったもののなんとか、タカコさんのところへ辿りつきました。

4日の谷根千一箱古本市の箱準備です。

今回お邪魔するのは「Gallery Jin+classico」です。はじめての大家さんのところです。
へび道にちかそうです。箱を出す皆さんとの出会い、お客様との出会い、そしてスタッフのみなさんとの再会、楽しみです。

共に老親の世話であわただしいタカコさんと元気注入「ねぎし」で昼ごはんです。食べなきゃもたん!

そのあと父のところに寄ったら、なんと!転んで後頭部に大きなこぶたんをつくって凹んでフテ寝しておりました。
トイレに行くときは看護婦さんに声をかけて…と言われていたのに、勝手に動いてやっちまったようです。

転んだ昨夜は頭部CTかけたり何なりで大騒ぎだったらしい。
父の足元にはなにやら茶色のシートがあって、最初状況を理解できなかったのですが…。直後に看護婦さんが飛んできてくれて、このシートが父がベッドから降りたときに感知してナースステーションのベルを鳴らすことがわかりました。
けっこう大きなシートで、踏むまいとしてもちょっと触っただけで、即、看護婦さんダッシュとなり心苦しいほどでした。
ゴキブリほいほいみたい…避けて通れないシートです。

父を見舞ってくれた長男と一緒に、自転車で実家経由で帰宅。
またしばらく、家・実家・病院の3点をつなぐ毎日になりそうです。
両のまぶた、チックでまくりです、長女、がんばります。





モンガさんからのご本

熱は下がったものの長く電話でお話しもできない状態。やはり頂いたタミフルを飲み終わるまでは、蟄居生活を継続することにしました。今夜のお教室でお会いできる予定だった皆様、ごめんなさい。お休みします!

とはいえ天気は快晴!洗濯物とかしちゃうのよね…何だかそのあたり掃除しているのよね…ご飯作るのも当たり前のように思ってる同居人もいるのよね…母親と同じようなことしている自分にジレンマです。母は長年の疲れがどっと出て38度8分の熱と足の腫れで車椅子、というのに。母を思いやることもせずに自分のことだけを主張する父のわがままに、さすがにプチンと切れました。父の体調は食べれば戻る、そこをしないで文句ばかり言ってるんじゃない!
お嫁ちゃんがわざわざ病院に連れて行ってくれるというのに、これ以上何を望むのか。

そんな中、私の癒しのもとモンガ様から本の差し入れを頂きました。
高司とっても嬉しそうです。

カチャ!

a97efc67.jpg



遠い場所にお仕事に行っているSちゃまに、自慢の写真を送った後に、陽だまりでしばし本を見入る高司であります。重ね重ね嬉しそうだ。
父のことで一番振り回されているのは、実は高司なので、今日はお嫁ちゃんに全部お任せして、夜のお教室に専念してもらいましょ。

549db91f.jpg



モンガ様!ありがとうございました〜

一箱のなごり

8d59b773.jpg


おはようございます♪爽やかな朝ですね〜
6時くらいに目が覚めて、暗いので雨かと思ったら、まだ夜が明けきってなかったの。どんどん日が短くなっているのですね。
で、もうちょっとウダウダして、今日はお昼Sちゃまのお付き合いで善福寺公園に行くので、よっとこしょ、っと起きました。

昨日の一箱のおみやげです。
悶我さんの箱の外にあった20年以上前の「銀花」庄内の鳥の、いい写真が写っています。50円まけてくれました。ありがと!
いまドキさんからは、キレンジャクの美しい写真が載っている弘前のタウン誌。Ritsu*さんの、手作り可愛いリーフレット。
もう一冊いしいひさいちさんの「これがワシらのプロ野球」も他所の箱から200円で買いました。

そして…じゃぁ〜ん!このポット。
df1c1e43.jpg



なんと!100円です。

ロンドンのおみやげ物やさんには、お店屋さんやら、テーブルまわりやら、ミシンまわりやら、キッチンやらを模した、いろんなかたちのクレージーポット(CrazyTeapot)売っています。ミニチュア&ドールハウスショーでも、1/12スケールのクレージーポットもあるくらい、英国の紅茶シーンでの「お遊び」にはマストアイテムのポットです。
このかなり無国籍な造りのポットも、クレイジーポットっていうのだろうか?

おやくそく、マミーズのアップルパイ

0e836762.jpg


早めの帰宅の高司には、一つ重要なミッションが。それはマミーズでアップルパイ買って帰ることです。いつものように、よみせ通りや夕焼けだんだんに近い会場なら、合間にタカコさんとお買い物、なのですが、今日の会場は白山に近いために、往復するのは、ちぃぃっと無理
それで高司に帰りに立ち寄ってもらいました。うっれしいなぁ!

同じテーブルのお仲間とにっこり

ca22a836.jpg


Rits*さんがセール価格にしたときに、みんなで撮ってもらいました。ほかに撮ってくれている乙女が一人、います。笑顔の素敵な方々のおかげで楽しい7時間を過ごすことができました。青秋部のお二人の努力と、お馴染みの皆さんの熱い心意気で、思い出深い秋の一日を過ごすことができました。
ありがとうございます。

お天気は雲が多くなっても降ることはなく、寒い風も吹かず、上々でした。
夕方はホントに大混雑。今までで一番多くのお客様にお立ち寄りいただき感謝です。お教室のHちゃんご夫妻やYくんご夫妻も、わざわざ遊びに寄ってくれてすごくうれしかったです。ありがと♪

17時、夕暮れ時に終了し、大急ぎで後片付け、電話で集荷をお願いしたクロネコさんを待って荷出し完了。みなさまにおいとまして、文京区のコミニュティバス「B−ぐる」で水道橋駅まで。
ヘロヘロのこちどり姉妹は帰路に着いたのであります。

ありがとぉね〜

a46d0a6d.jpg


去年、秋の一箱、宗善寺でご一緒だった、Hくんです。
彼の新潟に住むおばあちゃまが、アクリルタワシを編んで送ってきたとかで、「買ってくださいよぉ」というので一枚分けていただいたの。

それから一年。今回のこちどりの目玉は
「マサさん86歳、編みました。昭和アクリルタワシ 100円」は。Hくんのおばあちゃまにヒントをいただいて、マサさんに作ってもらったものです。Hくんのおばあちゃまもいろんな工夫をして、この春の一箱での新作は拍手ものでしたが、マサさんもいろいろ考えて編んでいます。
そしてそれが生きがいっぽくなってるし。

マサさん元気のヒントをくれたHくんともカメラ乙女が撮ってくれました。

カメラ乙女に撮っていただきました

6bc9c4b0.jpg


おとなりRits*さんのカメラ小僧ならぬカメラ乙女たち、なかなか味わい深いカメラをお持ちです。一杯写真も撮っていただきました。
ブログ用に!とお願いして携帯で一枚。
この時私達はかなりヘロヘロ、なんだけれどそうは写っていませんね〜。けっこう早起きが響いて、立ちながら寝ています!みたいな感じだったのです。お日様もギンギンだったので、日向のカバのような放心状態、なのにこの元気な雰囲気。これはカメラ乙女の腕ですね!
さんきゅ〜♪

てぬぐいは、こんな感じです、というのでかぶってますが、タスキにほっかむりじゃ、暮れの大掃除みたいよね。
17099398.jpg

はじまり

887b3ff1.jpg


今日は立派な組み立て式テーブルを3箱に一台、貸していただけくことができたので、思いがけなく余裕のレイアウトになりました。
今回は本は10冊以上入っていれば、あとは各箱の個性を打ち出す内容で、ということだったので、こちどりとしても本は選りすぐりの20冊ちょっとに抑えました。そして春の一箱で好評だったブックカバーに加えて、ティシュケースと、先日来高司がねじり鉢巻モードで作ったてぬぐい、そしてタカコさんのママ、マサさん手作りのアクリルタワシを並べました。

同じテーブル…お隣は、ちょっとオトナの笑い声がステキな、カメラ好きの女性グループ「Rits*」さん。名前からいって他人じゃない気がします。そしてもうお一方は、弘前から夜行バスで駆けつけた「いまドキ書房」さん。こちらも穏やかな笑顔のナイスガイです。弘前では昨日山の方で雪がふったとか。
背中は愛するモンガ堂さん。でなんだかとっても安心。モンガさんの値づけ手伝ってて「門我堂」「聞我堂」「紋我堂」それとも「悶我堂」どれがいい?と口ではいいながら、やっぱり「悶我堂」ね…と決めてしまいました。なんの値づけかわ秘密です。

磐石の布陣で11時スタートです。

なんちゃまぁ〜Love(・◇・)ゞ

cb0b5972.jpg


一箱古本市のお楽しみは、普段お会いすることのない、多くの方々とお話しができることです。初めての方、懐かしい方…そしてこの方!
愛しのなんちゃまこと、ナンダロウさん。南陀楼綾繁、というお名前で本もいっぱい書いておられる、本好きさんで、本の世界のカリスマです。
このまぁるい笑顔に会えるといっつも幸せ。
前は私たちの顔をみると、何故か逃げていたのですが、今日は大丈夫でした…って。深窓のワンちゃんじゃないんだから。

記念撮影したところで、今日は半分過ぎたも同然。


2efe5a50.jpg

きれい

102839bb.jpg
∞りつこ∞

今日の会場、こちどりは光源寺です

d8442915.jpg


思いのほか早く着いた、本日の会場、光源寺です。今回、軒先を貸してくださる大家さんは3軒。この光源寺では全50箱のうち25箱が並びます。
観音様が有名なお寺のようです。

秋の草花が朝日に映えてとてもきれいです。

102839bb.jpg

はい

7d94c955.jpg


c4146263.jpg


一箱古本市、派手な看板の一つもあったほうが良いかもしれない…と夜中にモソモソ原稿を打ってみました。
15僂曚匹△襯廛螢鵐人僂了罎了海涼罎髻▲僖薀僖蕕瓩っていたら、ぉぉおっと!コチドリ柄の紙が!世界堂で「コチドリイベント」用に、遠い昔に買っておいてすっかり忘れていた可愛い紙です。
もちろんこれでプリントして…お天気でありますように。

いただきもの

c3cc9d6a.jpg


さぁ寝るぞ寝るぞ〜と思って、昨日の夜は8時半には歯まで磨いて就寝モードだったのに、TBSの2時間ドラマを結局ずるずる見てしまった情けない私。
今朝も、一日中でろりんするぞぉ〜とか思っていたのに、7時過ぎには目がぱっちり覚めて、朝から下刷りチェックしたり、御苑のお礼の電話や、お仕事の電話したりしている、小心者なのも私。
でもある意味テンション高いうちに、どんどんいろいろしなければいけませんっ!

昨日は、ポストにモンガ堂さんが本を入れておいてくださいました。
ブログに届いたコメントに「郵便受けに…」とあります。そうそう、昔は家のポストのことを郵便受け、と言いました。ポストは町角に赤くぼっと立っているあのポストのことを指していたものですよね〜。
さらに「古いだけの本です」とご謙遜のコメント。

でも、でも、ね。高司、大興奮。
戦前、仏法僧の声を録音することにがんばった人の本らしい。

この鳥の本への高司のブログはこちら→◆

序文を中西悟堂が書いているので、悟堂フェチのSちゃまがパクッと食いついてくるか、今日のお楽しみ、でございます。
モンガ堂さん、ありがとうございました!また、秋の一箱古本市でお会いしましょうね!

元気、ださねばねば、ねばーぎぶあっぷ

0574749e.jpg


秋の一箱古本市、宗善寺会場で、近くに箱を出していたお兄さんに、こないだの一箱のとき古書ほうろうでばったり。彼らは今年忙しくて他を出せなかったけれど彼女が出してます…ということで箱をみると、カラフルなタワシが箱のぐるりいっぱいにかけてあります。アクリル毛糸を編んでつくるタイプのもの。これは彼の83歳になるおばあちゃまの作品です。
秋の一箱で売れたのが嬉しかったとかでおばあちゃま張りきって、今回も山のように編んでくれたそうです。秋は無難なパステルピンク&ブルーのお花モチーフがメインだったのですが、今回はすごいです。犬の手のような肉球がついているもの、ヒマワリっぽいはでなお花、そしてスイカも何色も。
その中の一枚がこれ。
とてもキュートなスイカでしょ?
可愛い孫のために冬の間、いそいそと編んでいたおばあちゃんの気持ちが伝わってきます。秋と同じものではなくて、若者に受けそうなものをちゃんと編む、という心意気が素敵です。

元気なお年寄りがいるかと思えば、使い物にならない前々々期高齢者の私。昨日の夜から思いっきり不調。風邪の引き始めか喘息の起きはじめか…微妙なのだけれど最悪です。
気は焦るけれど、何もできない、やだやだな一日。
記事検索
記事検索
Archives
  • ライブドアブログ