damage

戦闘獣との戦いで、絶体絶命のピンチを迎えたマジンガーZ!
このまま世界は暗黒大将軍の手に落ちてしまうのか!?



00
偉大な勇者、D.C.シリーズに満を持して降臨!
2017年1月に衝撃のデビューを果たした「超合金魂 GX-70 マジンガーZ D.C.」(以下文中「マジンガーZ D.C.」)、6月23日から魂ウェブ商店受注開始の「GX-70D マジンガーZ ダメージver.」に続き、「GX-73 グレートマジンガー D.C.」(以下文中「グレートマジンガー D.C.」)が6月24日ついに店頭発売!マジンガーZを超える性能を持つ脅威のスーパーロボットを、製品サンプルでレビューです。「マジンガーZ D.C.」のレビューと一緒にどうぞ!

mazinger_banner
・ロボットフィギュアブログ「超合金魂 GX-70 マジンガーZ D.C.」

※記事内の「超合金魂 GX-70 マジンガーZ D.C.」は別売りです。


01
本アイテムは「マジンガーZ D.C.」と同サイズ、同フォーマットのパッケージが目印です。数多くのダイナミック作品を手掛けたアニメーターであり、本アイテムの総合監修もされた、越智一裕氏によるグレートマジンガー&鉄也さんの描き下ろしイラストが輝きます。(初回特典付きのものは、箱前面にシールが貼られています)


02
03
梱包時では「マジンガーZ D.C.」同様、細かいパーツは台座の中に収納されています。その中から目の光った「起動フェイスパーツ」「ブレーンコンドル(合体用)」を取り出し、換装・合体させてファイヤーオン!グレートマジンガーを起動させるのは、鉄也さんとあなたの力です!
また、取扱説明書とは別にフルカラー解説書も付属します。永井豪先生のイメージスケッチ、戦いの軌跡と使用した技の解説、本アイテムの開発画稿など、『グレートマジンガー』ファンにとって資料性の高いものとなっています。


04
これが「超合金魂 GX-73 グレートマジンガーD.C.」!
1998年の「GX-02」から19年を経て、グレートマジンガーが超合金魂ブランドに再び登場。マジンガーZよりも鋭角的に、よりマッシヴになった全身のフォルムを、D.C.クオリティで完全立体化です。1年以上放映したTVアニメ、複数の劇場作品に登場したグレートマジンガーには様々な作画バリエーションが存在しますが、本アイテムはそれらを総括したイメージと仕様で商品化されています。


05
0708
スクランブルダッシュの表裏での色の違い、青い手足など「マジンガーZ D.C.」から受け継いだアニメ再現度の高さはそのままに、腕のフィンや指関節の黒など「グレートマジンガーならではの彩色の違い」も完全再現。ふくらはぎ裏の補助翼も、差し替え無しで展開・収納を可能にしました。番組初期に見られた「収納状態のスクランブルダッシュ」も付属します。


06
20
スクランブルダッシュも翼パーツが全4枚付属し、差し替えによって前進翼/後進翼の状態をそれぞれ再現。また映画『グレートマジンガー対ゲッターロボ 空中大激突』に登場したグレートブースターも付属します。


09
マジンガーZ以上に複雑なデザインの頭部も、設計用3Dデータに越智氏が修正を入れていく形で立体化。曲線の微妙なカーブや全体のバランスなど、アニメのイメージを可能な限り立体で再現しています。2種付属するブレーンコンドルのキャノピー部分も、合体用はクリア、単体では水色に塗装、とそれぞれに合わせた仕様となっています。

10
11
12
14
パーツの差し替えで「アトミックパンチ」「ドリルプレッシャーパンチ」「ネーブルミサイル」「ニーインパルスキック」「バックスピンキック」が再現可能!肩装甲、ひざ裏の装甲はポージングに合わせて可動し、腰装甲を差し替えることで太ももをより高く上げることが出来ます。「マジンガーZ D.C.」で培われた可動範囲の広さは、多彩な技を持つグレートマジンガーでさらに活用されています。

17
18
13
グレートマジンガーを象徴するもうひとつの武装「マジンガーブレード」も2本付属。こちらはTVアニメをイメージしたカラーリングです。
「グレートブーメラン」は、本体の胸部高熱版を外すと内部のスプリングによって自動的に穴が埋まる、取り付ける時はそのまま挿す構造になっています。パーツを外しても劇中のイメージを大きく崩さない、これも「D.C.」で初めて実現したポイントです!


15
16
そしてグレートマジンガーの代名詞といえば、天を指差し稲妻を呼ぶサンダーブレーク!
うなじアーマーを首と背中の隙間に入れることによって、頭部を真上に向かせられます。これでサンダーブレークのポーズはもちろん、飛行ポーズなどもアニメのイメージに近づけてポージングできるのです。


21
22
ディスプレイ台座は「マジンガーZ D.C.」と同じ仕様のものが付属し、。本体を固定するスタンドも、2種のアーム×2種の先端パーツで組み合わせられます。収納状態のスクランブルダッシュを背中に装着した状態でディスプレイしたい場合は、先端をクリップにして腹部を固定(画像右端)するのがオススメです。


23
24
「グレートマジンガー D.C.」には初回特典として、「マジンガーZ D.C.」とともに使える「握手用右手首パーツ」が各1個付属!実際にこの2体を並べてみると、身長差だけでなく体格や顔つきといった、それぞれの個性がきちんと反映されているのがよく解ります。
超合金魂20周年を迎えた2017年に「マジンガーZ D.C.」が誕生し、空から攻める「対デビルマンオプションセット」(魂ウェブ商店/受注終了)があり、戦闘獣にやられた際の「ダメージver.」が商品化決定……となったら、当然このシーンの再現は絶対に欠かせないのです!


6月は24日に「グレートマジンガー D.C.」店頭発売、同日に「マジンガーZ D.C.」再販、6月23日には魂ウェブ商店「対デビルマンオプションセット」の発送(予定)と、ダイナミックなアイテムが続々集結!「ゲッター1 D.C.」「マジンガーZ D.C. ダメージver.」とこれからもリリースが続きますが、まずはこの2体で超合金魂の最新技術をご堪能下さい!


26
27
「超合金魂 D.C.」シリーズでは、「GX-73 グレートマジンガー D.C.」と「GX-74 ゲッター1」の2体をご購入&ご応募頂いた方に「ダイナミック三連格納庫」をプレゼントするキャンペーンを開催予定!
3個1セットの組み立て式で、「マジンガーZ D.C.」「グレートマジンガー D.C.」「ゲッター1 D.C.」が台座ごと格納できます。まずはこの2体を格納してみました!

格納庫のイラストは、『マジンガーZ』をはじめ数々の東映アニメーション作品で美術監督を務めてきた辻忠直氏による描き下ろしです。越智一裕氏のタッチを立体再現した「超合金魂 D.C.」シリーズと、辻忠直氏の背景が奇跡の邂逅を果たします。格納庫については、7月の「ゲッター1 D.C.」発売前により詳しくご紹介しますのでお楽しみに!



【「ダイナミック三連格納庫」キャンペーン詳細はこちら】

※詳しい応募方法は、各商品同梱の「キャンペーン申込み方法のご案内」でご確認下さい。
※本キャンペーンの対象商品は「GX-73 グレートマジンガー D.C.」「GX-74 ゲッター1 D.C.」の2商品です。「GX-70 マジンガーZ D.C.」(再販分含む)は対象外となります。


shoutenbnr
「超合金魂 GX-70D マジンガーZ ダメージver.」魂ウェブ商店で6月23日から受注開始!



©ダイナミック企画・東映アニメーション