00
「METAL BUILD エヴァンゲリオン初号機」2/23に店頭登場!
「鋼の筋肉を持つ巨人」をコンセプトに、METAL BUILDが新たな地平を切り拓く!『エヴァンゲリオン』のエヴァンゲリオン初号機が、デザインの生みの親である山下いくと氏の手によるリファイン×驚異の設計・彩色によって立体化された。
初号機のもつ「強烈かつ不変の個性」「METAL BUILDだけのオリジナリティ」を、2回の製品サンプルレビューでご紹介。今回の【前編】では、初号機本体を中心に基本的な商品仕様をご紹介しよう。

※2/19 文末に【後編レビュー】リンクを追加しました。
※画像は製品サンプルを撮影したものです。実際の商品とは異なる場合があります。



METAL BUILD エヴァンゲリオン初号機
01
こちらがパッケージ。商品名の「METAL BUILD エヴァンゲリオン初号機 EVA-01 TEST TYPE」の部分はグリーンメタリックの箔押しとなる。初号機のメインカラーである紫×黄緑×オレンジを組み合わせた、ビビッドなデザインが目印だ。

04
0203
パッケージを開封し、肩アーマーを組み立てると「素のエヴァンゲリオン初号機」が姿を現す。エヴァンゲリオンのデザイナーである山下いくと氏により全身がリファインされており、これだけで「今までに無かった、全く新しいエヴァンゲリオン初号機」であることが解るだろう。

05
実物を前にまず目を惹くのが、各関節部で露出しているダイキャストだ。まるで解剖図のようなデザインとカラーリングの上、動かすことで筋肉のようにその形状を変える。一方、背中などでは硬質感やメカらしいディテールがさらに強調され、「鋼の筋肉を持つ巨人」というコンセプトを互いに高め合っている。

インタビューで山下いくと氏も語っている通り、『エヴァンゲリオン』はもともと玩具・立体化前提のアニメではないため、そのメカニックデザインは非常に独特なものとなっている。今回は可動フィギュア化前提でのアレンジということで、後頭部など各部にディテールが追加されたのに加え、特徴的な肩の黒いパイロンが分割構造になったのも大きなポイントだ。

06
07
専用台座と可動支柱を使うことで、アクティブなポージングにも対応。支柱は角度だけでなく根元に設けられたロール軸によって向きも変えられる。『エヴァンゲリオン』の魅力のひとつといえば有機的でしなやかなアクション。まずは本体のみで、シルエットの美しさと可動範囲の広さを実感して頂きたい。(可動支柱を使用の際は転倒に注意の上、長時間のディスプレイ時は両足を接地させて下さい)

08
緻密なパーツ分割と構成により、象徴的な前屈姿勢や太ももを高く上げるポージングも難なくこなす。脇腹パーツなど先端が尖った装甲が多いので、説明書を参照の上でこの高密度と可動のコラボレーションを楽しもう。

09
顎部を一度下げてから口を開く構造により、大きく開口した暴走状態もダイナミックに再現可能。また、首と顎の間に喉パーツを別途設けることで、直立して顎を引くポーズ~前傾時までまっすぐに正面を見据えられる構造になっている。


特製懸架ステージ
11
台座には可動支柱のほかに固定支柱・武器ラックが付属し、組み立てると本アイテムオリジナルのステージが完成する。台座のプリントも『エヴァンゲリオン』の世界観を現したデザインとなっている。台座表面にある穴は、別途付属するパーツで塞いでフラットな状態にすることも出来る。

12
13
初号機本体を格納した状態がこちら。台座も本体に劣らない密度での作り込みとなっている。左右の武器ラックにはジョイントパーツを使用してパレットライフル、プログレッシブナイフ、ソード2種、ハンドガンが取り付けられ、整備ドッグや前線基地といった趣だ。

14
アンビリカルケーブルのジョイントは2種付属し、素立ちの状態に使用する「ジョイントA」と、下に可動支柱の差込口がついた「ジョイントB」が選べる。どちらのジョイントでも、固定支柱を組み立てたまま初号機本体~台座との接続が可能だ。ケーブル基部パーツの凸も、台座に設けられた各所凹に付け替えられる。

15
「ジョイントA」使用時は肩パーツを支柱の溝に挿し込み、手首を手錠状にロックすることも出来る。ディスプレイの安定感が高まるだけでなく、劇中設定でも大きな意味を持つ「拘束」のイメージが膨らむ仕様だ。

16
17
武器に取り付けた凸ジョイントパーツ(プログレッシブナイフの鞘のみ固定凸)は、左右18箇所に設置された凹ポイントの好きな箇所に取り付けられる。この凹凸ジョイントは初号機本体のアーマー類とも連動するが、そちらはレビュー後編で詳しく紹介するのでお楽しみに。


18
【画像クリックでレビュー後編へ】


次回の【レビュー後編】では、付属する多彩な武器やアーマー類で更に広がるプレイバリューを紹介!
「誰も見たことのないエヴァンゲリオン」だからこそ実現した、METAL BUILDならではの楽しみ方をさらに掘り下げていく。2/23の店頭発売までの予習としてお楽しみに!


banner
【METAL BUILD エヴァンゲリオン初号機 特設ページ】


©khara
photo by ハヤブサ