00
4月27日(土)、偉大な勇者がMETAL BUILDとなり店頭に降臨!
2018年公開の映画『劇場版 マジンガーZ / INFINITY』にて、冒頭から衝撃の戦闘シーンを展開したグレートマジンガーが、マジンガーZに続いてMETAL BUILD化、ついに発売を迎える!TV版『マジンガーZ』『グレートマジンガー』の正当後継作品である本作の開始数分で、「剣鉄也ここにあり」といった演出に痺れたファンも多いだろう。立体となり極限まで追求されたディテールと迫力のアクションを、製品サンプルの撮り下ろしでご紹介しよう!


【2018年2月17日発売「METAL BUILD マジンガーZ」製品サンプルレビューはこちら】


METAL BUILD グレートマジンガー

01
パッケージはこちら。鋭く敵を見据えるグレートマジンガーの勇姿と、金で箔押しされた「G」の文字が目印だ。

02
ブレーンコンドルは飛行状態のもの(画像左上)と、グレートマジンガーの頭部に合体するもの(画像右上)の2種が付属。どちらもコクピットやブースターなど細部まで作り込まれており、合体前の方はジェット戦闘機らしいシャープなフォルムが魅力的だ。まずは梱包状態からグレートマジンガーとブレーンコンドルを取り出し、君の手でファイヤーオン!

03
04
鋭角で構成された攻撃的なラインを全身に秘め、生まれ変わったグレートマジンガーがついに姿を現す!映像本編では戦いから退いたマジンガーZと兜甲児に代わって、世界の平和を守るために統合軍の最前線に立ち続けていた。
本アイテムは本編メカニックデザイナーを努めた柳瀬敬之氏が監修、さらに立体映えを考慮してブラッシュアップが加えられている。同シリーズ「マジンガーZ」(別売り・2018年2月発売)と比較して、グレートマジンガーならではのアレンジの方向性を探ってみるのも醍醐味のひとつだ。

05
06
この量産の限界に挑むハイディテールこそ、METAL BUILDの真骨頂!胸部高熱版は設定通りの二重構造を再現し、クリアパーツから透ける内部まで再現されている。頭部やボディ部分も全身にわたってヘキサゴン(六角形)を基としたモールドが施され、ダイキャストの重厚感に加えて圧倒的な密度感を漂わせる。

07
このディテールは単に外観を作り込んだだけのものでなく、例えば関節の内側にあるプレート(上画像の赤部分)は中へ折り込まれることでひじ・ひざを90度以上曲げられる。アクション解説の際にお見せするが、他にも可動に連動したディテールがいたる部分に仕込まれているので、お楽しみに。

08
台座の構造は同シリーズの「マジンガーZ」と同様だが、マーキングはグレートマジンガー専用のデザインとなっている。このデザインも柳瀬敬之氏ご本人によるもので、グレートマジンガーを象徴する胸部高熱版の形状と「G」の文字が鮮やかだ。

11
12
10
本アイテムの全高は約200mmで、同シリーズで全高約180mmの「マジンガーZ」との身長差を再現しているのと同時に、魂ブランドの完成品アクションフィギュアの中ではかなり大型の部類に入る。そこにスクランブルダッシュが展開されれば、その存在感は圧倒的だ!
スクランブルダッシュも細かなディテールとともに、面構成ごとに異なる赤の微妙な違いも表現。本体に劣らない高い再現度となっている。支柱に差し込むジョイントを差し替えれば、本体を倒した飛行ポーズでもディスプレイが可能だ。

14
さらに、グレートマジンガーの強力な武装グレートブースターも射出承認!本編では未登場となった武装だが、柳瀬敬之氏がMETAL BUILDのために元々存在していたデザイン画から新規設定を作成。初の商品化&超ディテールの立体化を実現した。スクランブルダッシュと同じく細かな面構成や色味の差異も再現され、先端部は着脱が可能。主翼は差し替えで前進翼・後退翼のどちらにもなる。

13
また、別途付属のクリア素材のディスプレイスタンドはグレートブースターやドリルプレッシャーパンチを浮かせてディスプレイする時に使用できる。

--------------------------------------------------------------------

『劇場版 マジンガーZ / INFINITY』本編では、冒頭からグレートマジンガーを駆る剣鉄也の凄まじい強さが炸裂!ここから先は公式PVとともに、映像とは違った角度や武装の組み合わせでのアクションシーンをご覧あれ!


【公式冒頭映像(YouTube)を別窓で表示】

15
グレートブーメラン!

16
敵に投擲する真紅のブーメランは、胸に装着している胸部高熱版とは別に「グレートブーメラン」パーツ&専用手首が付属する。また、胸部高熱版を外した後に露出する胸の接合部分も別パーツを嵌め込むことで、劇中イメージを再現できる。

17
バックスピンキック!

18
ニーインパルスキック!
「全身が凶器」とも言えるグレートマジンガーの武装の豊富さは、『劇場版 マジンガーZ / INFINITY』となっても健在!バックスピンキックはすね、ニーインパルスキックはひざ装甲の差し替えで再現可能だ。いずれも、今までの作品のグレートマジンガーよりさらに鋭利さを増している。

20
ドリルプレッシャーパンチ!!

21
ダブルマジンガーブレード!!

19
これら必殺技やアクションに、3種のエフェクトパーツがさらに迫力を添える!最も大きいドリルプレッシャーエフェクト、足裏に装着するバーニアエフェクト、スクランブルダッシュ/グレートブースター用のバーニアエフェクト(小)が付属する。ドリルプレッシャーエフェクトは、パーツの差し替えで腕に直接取り付けることも可能だ。

22
そして必殺のサンダーブレーク!!
このようにモールドを利用し練られたパーツ分割によって、腰をひねったり太ももを高くあげたりといった大胆なアクションポーズにも幅広く対応する。機械獣の大群にたったひとりで立ち向かった偉大な勇者・グレートマジンガーの戦いをその目で確かめよ!


23
24
単体でも無類の強さを誇るグレートマジンガーだが、マジンガーZ、それもMETAL BUILD同士で並べれば、その眺めはまさに圧巻の一言だ。本編では実現しなかったシーンも、METAL BUILDなら緻密なディテールとダイキャストの重厚感とともに”体感”することが出来る。
4月27日(土)、偉大な勇者の店頭降臨を見逃すな!


mb_event
METAL BUILDのすべてが結集するイベントが開催決定!
2019年6月22日(土)~23日(日)、秋葉原ベルサールにてMETAL BUILDをフィーチャーしたイベントを開催。『劇場版 マジンガーZ / INFINITY』など歴代のアイテムに加え、これから発売を迎える最新作や初公開となる試作品も多数展示!(上バナークリックで特設サイトへ)



【METAL BUILD グレートマジンガー 特設ページ】


©永井豪/ダイナミック企画・MZ製作委員会
※記事内の画像は製品サンプルを撮影したものです。実際の商品とは異なる場合があります。
photo by ハヤブサ