バンダイ コレクターズ事業部の商品ブランド・魂ネイションズのロボットフィギュア関連商品情報を発信する公式サイトです。

前回の記事で紹介した「タイラント2000&作業現場セット」に続き、ROBOT魂『機動警察パトレイバー』シリーズの機体解説&商品解説をお送りしてまいります。
今回は、TVシリーズで初登場し、シャフトの暗躍とともに印象的な活躍を見せたあの警備用レイバー!一般店頭7月発売アイテムとして店頭予約が解禁となっている「ROBOT魂 <SIDE LABOR> サターン」をご紹介します。


st_tv2 ■LABOR FILE : SR-70 SATURN
<機体解説>
かつて特車二課第1小隊用として警察への納入も検討された試作機「SRX-70」をベースに、シャフト・エンタープライズ社が開発した高性能レイバー。トヨハタオートにOEM供給され、民間警備会社HSSなどで運用されている。スタンガン付きのシールド「スタンベイル」やオートカノン、コマンドナイフを装備可能で、民間用機体とは思えないほどの戦闘力を誇る。
作中では、シャフトによる特殊工作に利用される形での活躍も多く、イングラムと幾度かの対決を繰り広げ、拮抗する性能を見せている。

st_tv1 st_tv3 st_tv4
※上記の解説、画像は作品中のものです。
<商品解説>
ROBOT魂 パトレイバーシリーズの第4弾ラインナップとして、新鋭警備用レイバー「SR-70 サターン」が登場。これまでに発表されたROBOT魂 <SIDE LABOR>シリーズの中では、イングラムに最も近いスマートなスタイリングの「サターン」ですが、外装から関節まで新規設計となっています。設定を忠実に再現したフォルムとディテールに加え、頭部カメラや背部・後部のウインカー部にもクリアパーツを使用して質感の高い仕上がりです。
001002003
また、豊富な武装類も一通り付属。オートカノン(拳銃)は、ボディからせり出してくる展開ギミックを、ハッチの開閉と内部メカパーツの取り付けにより再現。コマンドナイフは、左肩に装着した鞘から抜くことが可能で、引き出し可動が組み込まれた肩関節を生かして抜刀ポーズも決まります。
004 005
各部の関節は、イングラムの関節構造をベースに広い可動範囲を実現しており、付属の各種武器と組み合わせて作中の様々なポーズでディスプレイ出来ます。
006 007007
なお、HSS社などのマークは付属シールで再現する仕様となっており、民間の複数の警備会社に配備されていた設定にあわせてお好みの姿を再現可能。ナイフの鞘が2色あるのも、作中のバリエーションを再現したものです。
009010
さらに、<SIDE LABOR>シリーズの特徴のひとつである、世界観を演出するストラクチャーパーツとして同スケールの「パトカー」が付属。イングラムに付属の指揮車と一緒に並べたり、暴走レイバーにより蹴散らされた様子を再現したり……と組み合わせ方次第で多彩なシーンを生み出せます。
011012
013
>「ROBOT魂 <SIDE LABOR> サターン」商品詳細ページはこちら


続々登場のROBOT魂『機動警察パトレイバー』シリーズ。予約が始まったばかりの「サターン」「タイラント2000」に続く、さらなるラインナップにも期待が高まります。
patlaber_1080x400


そして……

<SIDE LABOR>に新たな風が吹き、が起動する。


zero_ban


©HEADGEAR/BANDAI VISUAL/TOHOKUSHINSHA

RT-TYRANT2000_2173
レイバー、それは産業用に開発されたロボットの総称である。
建設・土木の分野に広く普及したが、レイバーによる犯罪も急増。
警視庁は特科車両二課・パトロールレイバー中隊を新設してこれに対抗した。
通称「パトレイバー」の誕生である。
~ TVアニメ『機動警察パトレイバー』ナレーションより~

毎話、このナレーションとともに幕を開けた『機動警察パトレイバー』TVシリーズ。
その世界観を象徴する存在のひとつともいえる作業用レイバー「タイラント2000」が、ついにROBOT魂で商品化!魂ウェブ商店での受注販売・8月発送アイテムとして受注開始しました。

この「ROBOT魂 <SIDE LABOR> タイラント2000&作業現場セット」について、機体解説とともに、商品の内容も紹介してまいります。

ty_tv3■LABOR FILE : HL-96 TYRANT2000
<機体解説>
菱井インダストリー製の土木作業用レイバー。バビロンプロジェクトと共に普及したベストセラー機で、作中の1998年時点でも、旧式ながら現場で広く運用されている。機体後部の大型エンジンや可動域の狭い短めな脚部などから、重量バランスと機動力は最新の機体に劣るものの、パワーでは引けを取らない性能。
生産数の多さから、犯罪行為や暴走事故などで特車二課のお世話になることも多く、AV-98 イングラムが3機のタイラントを相手に立ち回ったこともあった。

ty_tv1ty_tv2ty_tv4
※上記の解説、画像は作品中のものです。
<商品解説>
シリーズ第5弾ラインナップとして、代表的な作業用レイバーである「タイラント2000」を商品化。人型メカというよりは重機に手足が生えた様な独特のスタイリングを忠実に再現しつつ、各部の可動も省略することなく組み込んだ初の本格アクションフィギュア化となります。
t01t02
t04t05t03
肩部分に備えられたヘッドライト等にはクリアパーツを使用。操縦席のキャノピー部分は、窓がガラスで覆われた設定通りのイメージを再現するものと、中が透けて見える作中の作画イメージを再現したものの2種が付属。キャノピー部を取り外すと、中には操縦席のディテールも再現されています。
t06
また、ボディ後部のエンジンブロックは外装が取り外し可能となっており、劇場版でイングラムと格闘線を繰り広げた際のイメージを再現する事も出来ます(実際の劇場版登場機体とは、本体カラーリングは異なります)。
t07t08
こちらの商品にもマーキングシールが付属しており、作中に登場した民間企業の名前を胴体や腕に貼りつけることが出来ます。
t16t17
さらに、この商品最大の特徴は、「タイラント2000&作業現場セット」という商品名が示す通り、タイラントの活躍シーンを様々に演出するストラクチャーパーツが豊富に付属する点です。
t12
レイバーサイズのツルハシやシャベルの他、鉄パイプ、鉄骨、岩やガレキ、そして三角コーンにフェンスまで付属する豪華ぶり。シーンを思い描きながらレイバーの周りに配置すれば、あっという間に作業現場のシチュエーションが完成しますので、ぜひシリーズアイテムと組み合わせてお楽しみください。
t09t10t11
t13t15
t14

bnr_rs_tyrant2000_constractionset_600x163



ラインナップの幅を一気に広げていく、ROBOT魂『機動警察パトレイバー』シリーズ。
発売中の「イングラム1号機」に続いて、受注販売された「イングラム2号機」もいよいよ3月発送予定。さらに今後、「ブロッケン」「サターン」「タイラント2000&作業現場セット」が続々登場となります。
次回記事では、「ROBOT魂 <SIDE LABOR> サターン」の機体解説&商品解説、さらに重大情報もお送りする予定ですので、ご期待ください!



©HEADGEAR/BANDAI VISUAL/TOHOKUSHINSHA

続々ラインナップされる「ROBOT魂 ver. A.N.I.M.E.」シリーズ。
その最新作として2月10日(金)にリリースされるのは、『MSV(モビル・スーツ・バリエーション)』シリーズから初の店頭発売となる「FA-78-1 フルアーマーガンダム」

ver. A.N.I.M.E.シリーズ第1弾の「RX-78-2 ガンダム」をベースにしつつ、全身のアーマー着脱ギミック各種エフェクトの付属により、まったく異なる魅力を放つアイテムとなっていますので、撮りおろし画像でじっくりと紹介していきたいと思います。
※記事中で使用している台座(魂STAGE ACT.5)は別売りです。


■パッケージ
001
これまでに魂ウェブ商店で販売された「G-3ガンダム」や「シャア専用リック・ドム」、「ザク・デザートタイプ」などをお持ちの方はご存じと思いますが、ver. A.N.I.M.E.『MSV』シリーズのパッケージは、箱の中を見せるウインドウの代わりに 、商品画像を使ってアーティスティックに仕上げられたデジラマ画像をメインに配置した構成となっています。
TVアニメには登場していないフルアーマーガンダムですが、MSV世代の脳裏に焼き付いている“あの活躍シーン”の一つを再現したビジュアルに、心が躍りますね……。


パッケージの中に納まった、本商品のセット内容はご覧の通り。
003
着脱式のアーマー類は全て、外された状態でブリスターに収まっています。
また、シリーズ第1弾「RX-78-2 ガンダム ver. A.N.I.M.E.」に付属したエフェクトパーツ類も一式付属するのが嬉しいところです。


■ガンダム本体
004 005
見慣れないカラーリングですが、フルアーマーガンダムから逆算したグレーホワイト、カーキ、オレンジの配色が特徴的なガンダム本体。基本的な外観は、発売中の「RX-78-2 ガンダム ver. A.N.I.M.E.」に準じていますが、アーマーの装着に対応するため一部が新造パーツとなっています(詳しくは後述)。

009 008
可動や付属品は通常版そのままですので、これだけでもバリュー満点です!

これまでにver. A.N.I.M.E.シリーズで発売された4タイプのカラーを並べてみました。
026
左から、フルアーマー版、「RX-78-2 ガンダム」(店頭販売・別売り)、「RX-78-3 G3ガンダム」(受注限定品・販売終了)、「劇場ポスターリアルタイプカラー」(イベント開催記念商品・販売終了)。本体の他、ハイパー・バズーカやガンダム・シールドもそれぞれ配色が異なるので、お持ちの方はぜひ見比べてみてください。


■アーマー装着
それでは、お待たせしました!
アーマーの装着に取り掛かりたいと思います。
010
こちらが、ガンダムに装着するアーマーパーツ一式となります。
同梱の説明書の順番通りに進めていきます。
011
まずは「胸装甲」。ガンダム本体側のコクピットハッチ部分に、装甲取り付け用の小さな凸が増設されているので、この装甲は他のカラーのガンダムに装着・固定することは出来ません。
012
 013
続いて「肩装甲」と「腰装甲(前・後)」。
腰装甲は、ガンダム本体側に取り付け用のくぼみが増設されており「パチッ」とはまる構造になっているので、こちらも他のカラーのガンダムには装着不可です(後ろ側も同様)。

014 015
キャノン砲を装備した、背部ユニット(「背部キャノン砲装甲」)を装着。先に取り付けた胸装甲と接合して、ガンダム本体を前後から挟み込むように固定されます。
ガンダム本体のランドセルを上から覆うように取り付ける構造となりますが、可動式のビーム・サーベル基部は、上画像の左側のように“開いた角度”にしておいてください(画像右側のような“まっすぐな角度”だと、装甲がぶつかって取り付けられません)。

016 017
続いて「腕装甲」。一度手首を取り外して、袖口側から着せるように取り付けます(側面の穴の位置が一致するように)。側面の穴に、右腕には「2連装ハンドビーム・ガン」、左腕には「シールド」を取り付けることで、腕装甲の位置をロックする構造となっています。
また、ビーム・ガンのグリップは持たせやすくするため着脱式となっていますが、持たせる際は先に手首に握らせてから、その後にジョイントを接続するようにしてください(逆の順番だと持たせにくく、細い部分が折れる恐れがあります)。

019 020
脚部の装甲は、見た目以上に細かく分割されています。「膝装甲」は、本体の膝関節(円筒部)をインナーパーツで左右から挟み込み、その上に被せるように正面側の装甲を取り付けてロックします。
021 022
さらに、内側・外側・前側の「脛装甲」を順に被せて、その後に脛外側の「脛噴射口」パーツを装着して脛まわりが装着完了。
最後に、足首部分の「つま先・かかと装甲」をそれぞれ取り付けて、これで全身すべてのアーマーパーツ装着が完了です。
023
完成! FA-78-2 フルアーマーガンダム ver. A.N.I.M.E. !!
※装着作業協力:RX-78-2 ガンダム ver. A.N.I.M.E.(別売り)

ちなみに、装着説明の中で他のカラーの「ガンダム ver. A.N.I.M.E.」への装着可・不可についても触れましたが、形状としては合わせられる部分の装甲をノーマルカラーのガンダムに取り付けた姿がこちらになります。
007c
設定上は存在しない姿ですが、「こういう装備もあったのでは?」という組み合わせを独自に楽しめるのもガンダムワールドの奥深さですね。


■フルアーマーガンダム本体
024 025
完成したフルアーマーガンダムの勇姿をご覧ください。
重装甲、重武装。宇宙世紀ガンダムワールドにおいて脈々と受け継がれる「フルアーマー」の原点が、イメージそのままによみがえりました。
029
基本的には、元になった「RX-78-2 ガンダム ver. A.N.I.M.E.」の可動性能を踏襲。一体型のアーマーで覆われてしまう胴体部分の可動を除き、広い可動範囲は健在です。
028 027
腕・脚の可動範囲は、アーマーを装着していてもほとんど変わらず。ver. A.N.I.M.E.独自の膝可動にも、アーマーが追従します!
もちろん、背部のキャノン砲も可動式。
042 043
また、腕は前腕に設けられたロール可動を生かす形でアーマーが装着されているので、フルアーマー状態でも前腕を回転させることが出来ます。


■エフェクト&オプション
さらに、フルアーマーガンダム用のエフェクトパーツも豊富に付属!
030
こちらはキャノン砲用エフェクト。

031
そして2連装ハンドビームガン用エフェクト。二条のビームが一体で造形されています。

032
ちなみにビームガンの砲口はガンダム本体用のビーム・ライフルと共通ですので、ビーム・ライフル用エフェクトを取り付けて単砲身での射撃状態とすることも出来ます。

033 034
胸装甲と膝装甲に内蔵されている設定のミサイルも、それぞれにハッチが開閉し、ミサイルがせり出した状態の再現用パーツ(各画像手前)と、発射時のエフェクトパーツ(各画像奥)とが付属しています。

これらを、ディスプレイのシチュエーションにあわせて使い分ければ、
035
“全砲門、正面の敵部隊各機をロック・オン!”
036
“全門掃射!!”
……といった戦闘シーンのイメージを演出することも可能です。

もちろん、ガンダム本体用の武装もそのまま持たせられますので、さまざまな装備の組み合わせで楽しむことが出来ます。
037
ハイパー・バズーカを装備して実体弾武装を強化!

038
ビーム・ライフルを装備してビーム兵器を強化!
皆さんも、付属の武装をお好みで組み合わせて、フルアーマーガンダムを強化してみてください!
 

■アクション!!
最後は、フルアーマーガンダム本来の装備に戻して、多彩なアクションをご覧いただきつつレビューを終えたいと思います。
044

040


045

「ROBOT魂 〈SIDE MS〉 FA-78-1 フルアーマーガンダム ver. A.N.I.M.E.」は、
一般店頭にて
2月10日(金)新発売!!




……そして!
ver. A.N.I.M.E.『MSV』シリーズはますます充実!

002
「ROBOT魂 〈SIDE MS〉 MS-06K ザク・キャノン ver. A.N.I.M.E.」が魂ウェブ商店で2月9日(木)16時受注開始となります!
なんと、要望の高かった「リアルマーキングシール」も付属予定とのことですので、続報にもご期待ください!!
bnr_rs_zakucannon-veranime_600x163


MSVシリーズの各機体は、書きおろしの解説記事や「MSV 開発・侵攻MAP」でもフィーチャー!

©創通・サンライズ

ROBOT魂に、ダイキャスト素材の強固な構造と質感を採り入れたハイエンドラインとして2015年に誕生した「METAL ROBOT魂」
  
第1弾の「Hi-νガンダム」は、発売済みの通常版ROBOT魂をベースに、関節等をダイキャスト素材に置き換え一部パーツをハイディテール化、彩色やマーキングを見直したまさしくROBOT魂のブラッシュアップ版というコンセプトで開発された。
第2弾「Ex-Sガンダム」は、カトキハジメ氏プロデュースによる「Ka signature」シリーズの新作として、METAL ROBOT魂の構造を採用しつつも、Ka signatureとしての統一感を意識した造形、彩色、マーキングとなっている。METAL ROBOT魂としては特別な立ち位置ともいえるアイテムだ。

これらに続いて第3弾として発売される「ダブルオーライザー+GNソードIII」は、実は「METAL ROBOT魂」として一から設計された初のアイテムということになる。
果たして、どのようなコンセプトで開発・設計されたのか?
既に公開中のスペシャルページでも詳細に解説しているが、ここで改めて、テストショット画像を使用して細部構造やギミックの紹介をしていきたい。


■本体 ―ダイキャストを多用したハイブリッド素材構造
まず、いきなり商品とは異なる派手な色のサンプルをご覧いただく形になるが、こちらが「METAL ROBOT魂 <SIDE MS> ダブルオーライザー+GNソードIII」の初期テストショットである。まだ商品の成型色のトライアルに入る前段階で、余った材料を使用しているため実際とはまったく異なる色味で工場から届けられた、ある意味レアな品物と言える。

スペシャルページや当記事では基本的にモノクロ処理して掲載しているが、ここでは敢えて、材質の違いを説明するために画像加工無しでご覧いただきたい。画像のシルバーに輝く部分(バックパックから伸びるGNドライヴ支持アーム、手足の各関節部、腹上段ブロック、スネGNコンデンサ等)がダイキャスト素材となっている。全高約130mmというサイズに、想像以上に多くの金属素材が組み込まれているのがよく分かる。

ABS、POM、ダイキャストといった素材を巧みに組み合わせて、外観と可動の両立を極限まで追求。
ここからは、各部の可動を詳しく見ていこう。


■頭部 ―独特のドラム構造を生かした首可動

頭部は、ドラム状の首関節が回転可動することで大きく前後にスイングし、さらにその付け根にボールジョイントが組み込まれる事で傾きの角度まで絶妙なポージングの表情付けが可能となっている。


■胴体 ―極限まで計算されたマルチ可動


スペシャルページでも紹介しているが、特に驚かされるのが腰部の前後・左右の可動だ。腹部のブロックが巧みにパーツ分けされており、それぞれの干渉を避けて大きく曲げたり捻ったりすることが出来る。


■腕部 ―多重引き出し関節が生み出すダイナミックなアクション

肩関節まわりに組み込まれた、多重の引き出し関節がこちらだ。関節が根元から大きくせり出して、腕可動のリーチを大きく伸ばすことが出来る。GNソードIIを両手に構えた際など、劇中通りのダイナミックなポージングを実現する。(上画像は、引き出した関節が見えやすい角度にしてあります)


■脚部 ―堅牢なダイキャスト構造で、忠実に再現された膝可動

ヒザ関節の可動も、ダブルオーガンダムならではの、デザインに即した二重関節可動が仕込まれている。ダイキャスト素材が目立つ箇所でもあり、手に取って動かした時の量感・質感にはご期待いただきたい。


これらの関節に組み込まれた可動ギミックが、人間のアクションを思わせる自然なポージングを実現する。ご覧のように、力の入った自然な立ちヒザポーズも難なく再現することが出来る。



■オーライザーをはじめとする充実の装備品
さらに、ダブルオーを完成させるために欠かせない「オーライザー」ももちろん付属。GNソードIIIを機体下に懸架することも可能で、装備状態でも単体でも付属台座のディスプレイアームに接続することが出来る。


ダブルオーガンダムとオーライザーが合体した姿、「ダブルオーライザー」の勇姿。付属台座は、ダブルオーガンダム、オーライザー、ダブルオーライザー、いずれの状態でもディスプレイ可能だ。

付属武器は、「GNソードII」×2(画像)、「GNビームサーベル」×2、「GNシールド」×2、そして「GNソードIII」。さらに、GNソードIIのソードモード用ビームエフェクト×2、GNソードIII用の大型ビームエフェクトも付属する。


劇中で多彩な活躍を繰り広げた「ダブルオーライザー」の姿を、存分に再現する事が出来る「METAL ROBOT魂 <SIDE MS> ダブルオーライザー+GNソードIII」
ぜひ、商品版を手に取って、そのクオリティを味わっていただきたい。

> METAL ROBOT魂 <SIDE MS> ダブルオーライザー+GNソードIII スペシャルページ

©創通・サンライズ

01
湾岸警備に向かう特車2課、イングラム1号機と2号機。
そこに居たのは……

02
純軍用レイバー「TYPE-7 ブロッケン」!

03
04
圧倒的な力を誇示するブロッケンに、立ち向かう特車2課!

05
ついに「敵レイバー」の存在も明らかになったROBOT魂<SIDE LABOR> シリーズ。
現在好評発売中の「イングラム1号機」に加え、魂ウェブ商店限定では
「イングラム2号機(通常版)」が11月21日(月)23時まで受注受付中!

そして……

06
「ROBOT魂 <SIDE LABOR> ブロッケン」発売決定!
商品詳細、予約解禁日など、近日中の情報公開を待て!



「イングラム2号機(通常版)」受注〆切は11月21日23時まで!

※【98式特型指揮車&ペイントガン付き限定版】の受注は終了しました。
※記事中の「ROBOT魂<SIDE LABOR>」シリーズ、「魂STAGE ACT.5 for Mechanics」はそれぞれ別売りです。


(C)HEADGEAR/BANDAI VISUAL/TOHOKUSHINSHA

↑このページのトップヘ

 魂ウェブ